スポンサーリンク

【車旅行】四国 観光 おすすめスポット(モデルコース)&おすすめグルメ(名物)

観光・旅行記
スポンサーリンク

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。
今回は四国のおすすめ観光スポット、おすすめグルメ(名物)をご紹介します。

私の旅行は車旅が基本なので、移動は車を前提としてご紹介しますが、電車などを利用される予定の方も是非参考にしてみてください。

四国の観光スポットは多々ありますが、私が実際行って「来て良かった」と思った場所をピックアップしてご紹介します。

 

私は四国に2回観光で行っていますが、どちらも1泊2日です(結構ハードスケジュールです笑)。
1泊2日のモデルコースも合わせてご紹介します。
時期は1回目も2回目も8月の夏休みシーズンです。

 

それでは、四国観光のおすすめスポットを順番にご紹介します。

スポンサーリンク

【徳島県】おすすめスポット

photo credit: alberth2 大鳴門橋 via photopin (license)

徳島県のおすすめ観光スポットをご紹介します。

鳴門大橋(鳴門の渦潮)

まずは、四国の入り口でもある大鳴門橋。
本州から明石海峡大橋を渡って淡路島に入り、そこから大鳴門橋を経由して徳島に入るルートの場合は、四国入りした最初のスポットになります。

そして大鳴門橋といえば、鳴門の渦潮が有名ですよね。
大きい渦が見れる時間はある程度決まっていて、見たい方は事前に調べてから行くと見れるかもしれません。私は時間的に見れなかったのですが、小さい渦はいくつも見れました。
大鳴門橋から見下ろせる「渦の道」は、迫力があるので、おすすめです!

※以下のサイトで「うずしおベストタイム」が確認できます。
「渦の道」公式HP

 

大歩危・小歩危、祖谷渓

photo credit: senngokujidai4434 IMG_1232 via photopin (license)

美しい渓谷の祖谷渓大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)。
祖谷渓といえば、有名な小便小僧があるところですね。
残念ながら私は、祖谷渓の秘境には行けなかったのですが、大歩危峡の遊覧船に乗りました。
渓谷の綺麗な景色を船から楽しめます。
お土産で購入した「祖谷そば」も美味しいのでおすすめです!

※以下のサイトで大歩危峡の遊覧船情報を確認できます。
「大歩危峡まんなか」公式HP

 

【香川県】おすすめスポット

photo credit: Kentaro Ohno エンジェルロード via photopin (license)

香川県といえば、小豆島エンジェルロードが有名ですが、小豆島以外のおすすめスポットをご紹介します。

五色台スカイライン

車で行かれた方にはおすすめの「五色台スカイライン」。
道もそれほど険しくなく、登りきったあとは絶景を見ることができます。

 

銭形砂絵

寛永通宝を模した巨大な砂絵。琴弾公園山頂の展望台から見ることができます。
山頂にも小さい駐車場があるのですが、私は知らずにふもとの駐車場にとめて、軽く山を登りました笑。ただ、多少疲れる分、感動もアップです!

 

【グルメ(名物)】讃岐うどん

香川といったら、何といっても「讃岐うどん」ですよね!
おそらく「うどん」で食べログのランキングをチェックして、行かれる方も多いかと思います。

しかし、食べログ上位のうどん屋さんは、どこも順番待ちの列でいっぱいです!!
私は、昼のど真ん中の時間に行って、入れなかったため、4~5件くらい回りました。
結局、行きたかった店には1つも行けず、たまたま見つけたお店に入ることになりました。

ただ、それでもやっぱり、「讃岐うどん」は美味しかったです!
これから行かれる方は、食べログ上位のお店に行くなら時間帯を大幅にずらすか、上位ではないお店を選択するのも有りだと思います。

 

【愛媛県】おすすめスポット

photo credit: cotaro70s Shikoku karst via photopin (license)

愛媛県のおすすめ観光スポットは、何といっても「四国カルスト」です!
正確には、愛媛県と高知県の県境にありますので、愛媛県と高知県ということになります。
まだ私は行けていませんが、「佐田岬メロディーライン」東洋のマチュピチュと呼ばれる「マイントピア別子」も有名です。

 

四国カルスト

photo credit: cotaro70s Shikoku karst via photopin (license)

もう絶景です!すごいです!感動です!
私が最もおすすめする四国観光スポットです!

牛も沢山放牧されており、子どもは牛に大喜びでした。

ただし、四国カルストに行く道の選択はとても重要です。
険しく、とても細い道を両面通行なんて道も多くあります。

そこで私は、高知県須崎市から国道197号で西へ進み津野山分署があるところから、四国カルスト「天狗高原」に行くルートを選択しました。
この道なら、道もほとんと片側1車線ずつあり、運転が苦手な方でも比較的走りやすい道となっています。
頂上の「天狗高原」に着いたら、そこから西へ「姫鶴平」へと向かいます。

 

しまなみ海道 &【グルメ(名物)】伯方の塩ラーメン

photo credit: mukarin Kurushima Kaikyo Bridge -来島海峡大橋- via photopin (license)

徳島県側の大鳴門橋からも絶景ですが、しまなみ海道から四国入りするのもおすすめです。

小さな島々を経由して見れる景色は絶景です。

特に「亀老山展望公園」はおすすめです。来島海峡大橋を一望できます。

また、伯方の塩で有名な伯方島で食べられる「伯方の塩ラーメン」は、本当におすすめです。

特におすすめなのは「さんわ 伯方島本店」。お昼はここで決まりです!!

食べログ「さんわ 伯方島本店」

 

【グルメ(名物)】愛媛の鯛料理(鯛そうめん、鯛めし)

photo credit: rhosoi Taimeshi via photopin (license)

愛媛の鯛は有名ですよね。
そんな愛媛の鯛を美味しくいただけるお店「郷土料理 五志喜 本店」がおすすめです。

他店より比較的リーズナブルで、「鯛そうめん」「宇和島鯛めし」「伊予和牛の炙り」など名産品を食べることができます。

珍しい「みかんビール」もおすすめです!美味しかったなぁ

食べログ「郷土料理 五志喜 本店」

 

【おすすめホテル】リーガロイヤルホテル新居浜

宿泊施設は、「リーガロイヤルホテル新居浜」がおすすめです!

私は四国に2回観光で行き、どちらも1泊2日でしたが、宿は2回とも「リーガロイヤルホテル新居浜」に宿泊しました。

1回目は部屋の空き状況や予算の関係で選択したのですが、部屋も綺麗で朝食のバイキングも楽しく、コスパがとても良かったので、2回目も「リーガロイヤルホテル新居浜」に宿泊しました。

隣に大きなイオンモールもあり、何か不足品の買い足しする場合も便利です。

また、朝食はバイキングとなっており、豪華とまではいきませんが、結構美味しくお腹いっぱい食べることができます。ウチの子は夜の海鮮料理よりも、朝の朝食のバイキングのウィンナーの方がテンション上がってました(笑)

なので、小さいお子さんがいる方や予算を抑えたい方には、特におすすめです!

 

 

【高知県】おすすめスポット

photo credit: alberth2 ひろめ市場 via photopin (license)

高知県のおすすめスポットといえば、「ひろめ市場」「四万十川」「足摺岬」「龍河洞」でしょう。

「ひろめ市場」は香川県の讃岐うどんと同じで、行く日にち、時間によっては、人が多すぎて席が確保できません。小さいお子さんと行く場合は、特に厳しいです。
私は1度行って、諦めて違うお店に変更しました(泣)。

「四万十川」、「足摺岬」、「龍河洞」は、残念ながらまだ行けていません。すいません。
東京、大阪方面から行く場合は高知県が最も遠く、1泊2日で行く場合はかなりハードです。
「龍河洞」はまだしも、「四万十川」、「足摺岬」に行くなら、高知県メインで計画を組む必要があります。

次回「四万十川」、「足摺岬」、「龍河洞」に行きましたら、更新いたします。

 

【グルメ(名物)】カツオのたたき、鍋焼きラーメン


四国カルストの帰りによりました須崎市の道の駅「かわうその里すさき」で「カツオのたたき」、そして高知県のB級グルメ「鍋焼きラーメン」を食べました。

 

photo credit: alberth2 明神丸 via photopin (license)

やはり高知県の「カツオのたたき」は美味しい!
本当は「ひろめ市場」で食べたかった想いもありましたが、美味しかったです。

そして高知県のB級グルメ「鍋焼きラーメン」もおすすめです。
四国カルストに行った際には、是非食べてみてください。

 

四国観光モデルコース

大鳴門橋から四国入りするパターン、しまなみ海道から四国入りするパターンの2種類をご紹介します。

 

モデルコース1(徳島県、香川県がメイン)

photo credit: hiropiro. Angel Road via photopin (license)

  1. 大鳴門橋(鳴門の渦潮)
  2. 祖谷渓(または大歩危・小歩危)
  3. ひろめ市場
  4. 小豆島

大鳴門橋から四国入りして、1日目は「祖谷渓」または「大歩危・小歩危」に行き、夜ご飯は「ひろめ市場」でカツオのたたきを食べる。
2日目は「小豆島」というパターンです。
※「小豆島」はフェリーの時間など、結構移動に時間がかかるため、1日かかります。
帰りは、しまなみ海道から帰るというのも有りだと思います。

 

モデルコース2(愛媛県と高知県がメイン)

photo credit: Shigeyama IMG_4235 via photopin (license)

  1. しまなみ海道(亀老山展望公園)
  2. マイントピア別子(または佐田岬メロディーライン)
  3. 四国カルスト
  4. 桂浜

しまなみ海道から四国入りして、1日目は東洋のマチュピチュ「マイントピア別子」または「佐田岬メロディーライン」に行く。
夜は愛媛県で「宇和島鯛めし」や「鯛そうめん」を食べる。
2日目は「四国カルスト」と「桂浜」というパターンです。
2日目の昼は、是非「鍋焼きラーメン」を食べてみてください。

 

【おすすめ】少しでも安く、お得にホテル・旅館を予約する方法

ホテルや旅館を予約する際、同じ部屋でも予約する旅行サイト(例:楽天トラベル等)によって料金が異なるのはご存知の方も多いと思います。サイトによっては、数千円から数万円異なる可能性もあるため、そんなもったいないことしたくはありませんよね。

しかし、1つ1つ全ての旅行サイトの料金をチェックするのは大変です。

そこでおすすめなのがテレビCMでも有名な「トリバゴ」です。

トリバゴ」は、検索した時点で各旅行サイトの料金を比較し、最も安い旅行サイト名及び料金が表示されます。そのため、1つ1つ自分で各旅行サイトの料金をチェックする必要がありません。

表示された結果をクリックすれば、旅行サイトへ遷移されるので「トリバゴを経由したから、わずらわしいことになった」などということは発生しません。

さらに、各旅行サイトに寄せられた口コミを総合したホテル評価も確認することができるので、料金以外の比較も行いやすくなっています。

 

その他、「トリバゴ」の簡単な説明は以下のとおりです。

■世界中8,000万人が利用するホテル検索サイト
国内旅行はもちろん、海外旅行のホテル探しも可能です。
楽天トラベルや、JTB、るるぶトラベル、エクスペディアなど国内外400社以上の旅行サイトが提供する180万軒以上のホテル宿泊プランを一度に比較、お得なの宿泊プランを検索できます。

■たったの数秒で希望に合ったホテル検索
検索はいたって簡単!旅行先と日付を入力するだけで各社が提供する宿泊プランを一度に比較、更に詳細な条件
検索や、並び替え機能を利用すれば予算や希望に合ったホテルをったの数秒で絞り込むことができます。

■出張や移動中のホテル探しも便利
トリバゴの最新版モバイルアプリ(無料)を利用すれば、出張や旅行先での急なホテル探しも簡単に。現在地やイ
ベント会場などの施設から周辺の宿を検索し、リアルタイムで空室状況を調べることができます。

 

トリバゴ」使用すれば、お得なプランや総合的なホテル評価を確認することができ、異なる予約サイトをひとつひとつ見比べる必要がなくなります。

少しでも安くホテル・旅館を予約して、お得に旅行を楽しみましょう!

 

まとめ

四国はとても良いところです。

食べ物も美味しいですし、ドライブも爽快です。

絶景スポットも多いので、景観が好きな方にはおすすめです。

まだまだ行けていない四国の観光スポットがあるので、行った際にはまた更新したいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント