スポンサーリンク

【最新】Cセグメント,SUV,コンパクトカー,ミニバン,軽自動車 人気ランキング【2018年1月販売台数】

車情報
スポンサーリンク

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。
今回は2018年1月の新車人気(自動車販売台数)ランキングをご紹介します。

販売台数は一般社団法人「自販連」(日本自動車販売協会連合会)および一般社団法人「全軽自協」(全国軽自動車協会連合会)の統計をセグメント別、メーカー別に集計したものです。

2018年1月時点での新車の人気動向をセグメント別、メーカー別にみていきましょう。

スポンサーリンク

全セグメント(車種)人気ランキング【2018年1月】

ホンダ「N-BOX」公式HPより

2018年1月の全セグメント(車種)人気(販売台数)ランキングは以下のとおりです。

順位車種名メーカー名販売台数
1N-BOXホンダ19,309
2デイズ日産14,843
3ノート日産12,444
4タントダイハツ12,125
5ムーヴダイハツ11,342
6スペーシアスズキ10,399
7ワゴンRスズキ10,065
8プリウストヨタ9,264
9アクアトヨタ8,741
10セレナ日産7,823

2018年1月の全セグメント(車種)人気(販売台数)ランキング1位はホンダ N-BOXです。
2位の日産 デイズと5,000台近い差を付けての圧倒的な1位ですね。

また、1位および2位、4位から7位まで全て軽自動車となっています。
車の販売台数の統計でも、自動車全体としてみれば販売台数は減少傾向にありますが、軽自動車は増加傾向にあるのです。
日本の車社会は軽自動車だらけになってしまうのでしょうか。車好きとしては少し悲しい気もします。

メーカー別にみると、日産がコンパクトカーではノート、軽自動車ではデイズ、ミニバンではセレナがそれぞれ10位以内にランキングしており、幅広い車種で人気が高いといえます。

ちなみデイズはデイズとデイズルークスの合算の数字です。
ホンダ N-BOXはN-WGN、N-ONEと別集計になっていましたので、そう考えてもN-BOXの強さがわかりますね。
Nシリーズで合算したら26,006台!!驚異的ですね

ちなみに2017年の年間1位もN-BOXです。2位のトヨタ プリウスと6万台近い差を付けての圧倒的な1位です。

 

【番外編】全セグメント(車種)人気ランキング【2017年】


ホンダ「N-BOX」公式HPより

先程、少し触れましたので、番外編として2017年 年間全セグメント(車種)人気(販売台数)ランキングをご紹介します。

順位車種名メーカー名販売台数
1N-BOXホンダ218,478
2プリウストヨタ160,912
3ムーヴダイハツ141,373
4タントダイハツ141,312
5ノート日産138,905
6デイズ日産137,514
7アクアトヨタ131,615
8C-HRトヨタ117,299
9ワゴンRスズキ114,711
10スペーシアスズキ104,763

2017年年間の人気(販売台数)ランキング1位はホンダ N-BOXです。2位のトヨタ プリウスと6万台近い差を付けての圧倒的な1位ですね。

また、1位、3位、4位、6位、9位、10位が軽自動車となっており、10位の内6車種が軽自動車となっています。

ちなみにその他でみると、トヨタ プリウスがCセグメントで唯一10位以内に入っています。

Bセグメント(コンパクトカー)だと日産 ノートが5位、トヨタ アクアが7位に入っています。
ノートは「e-POWER」を装備したモデルを発売してから完全にコンパクトカーで首位となっていますね。

8位には2016年年末に発売されて人気爆発しているトヨタ C-HRがSUVとして唯一10位以内に入っていますね。
世界的なSUV人気はまだまだ続きそうです。

 

Cセグメント車 人気ランキング【2018年1月】

トヨタ「プリウス」公式HPより

2018年1月のCセグメント車人気(販売台数)ランキングは以下のとおりです。

順位車種名メーカー名販売台数
1プリウストヨタ9,264
2カローラトヨタ5,213
3インプレッサSUBARU4,435
4リーフ日産3,768
5シャトルホンダ2,415
6アクセラマツダ1,658
7シビックホンダ1,607
8レヴォーグSUBARU1,400

2018年1月のCセグメント車人気(販売台数)ランキング1位はトヨタ プリウスです。2位のトヨタ カローラと4,000台近い差を付けての圧倒的な1位ですね。

1位、2位とトヨタが独占しています。
日本国内においてトヨタ プリウスは圧倒的人気があるので、今後も1位が続くでしょう

3位にはSUBARUのインプレッサが入っています。個人的に嬉しいです笑。

ですが、6位のマツダ アクセラは2019年にフルモデルチェンジが行われる予定で、新しいアクセラには新型エンジン「SKYACTIV-X」が搭載されます。

この新しいエンジンを搭載されたアクセラはとても人気が出そうです。
インプレッサ大丈夫かな…

【Cセグメント おすすめ】アクセラ・オーリス・インプレッサを試乗、比較、評価してみた&フルモデルチェンジ(2018)情報
こんにちは!青空ひつじ(♂)です。 おすすめのCセグメント車をご紹介します。 今回はスバル インプレッサスポーツとよく比較されるマツダ アクセラスポーツとトヨタ オーリスとの違いについて、徹底比較、評価(レビュー)しながら...

4位には日産 リーフが入っています。
2017年にフルモデルチェンジして、見た目もスタイリッシュになり、アクセルペダルのみの操作で、発進、加速、減速、停止保持が可能な「eペダル」、自動運転の「プロパイロット」等先進的な装備もたくさんです。とても魅力的ですよね。

7位にはホンダ シビックが入っています。
発売前はまったく売れないと言われていましたので、大健闘ではないでしょうか。

 

SUV車 人気ランキング【2018年1月】


トヨタ「C-HR」公式HPより

2018年1月のSUV車人気(販売台数)ランキングは以下のとおりです。

順位車種名メーカー名販売台数
1C-HRトヨタ5,493
2エクストレイル日産4,822
3ハリアートヨタ3,497
4ヴェゼルホンダ3,411
5CX-8マツダ2,938
6ランドクルーザーWトヨタ2,636
7CX-5マツダ2,045
8CX-3マツダ1,323
9フォレスターSUBARU1,284
10アウトランダー三菱825

2018年1月のSUV車人気(販売台数)ランキング1位はトヨタ C-HRです。

2位は日産 エクストレイル、3位はトヨタ ハリアーとなっています。

SUVといえばホンダ ヴェゼルが2014年から2016年まで3年連続SUV新車登録台数1位と圧倒的な人気を誇っていましたが、2017年にトヨタ C-HRに倍近い差をつけられて抜かれてしまっています。

そんなホンダ ヴェゼルは4位とあまり勢いがありません。
2018年2月にホンダ ヴェゼルはマイナーチェンジしましたが、どこまで影響がでてくるか、2月の統計で確認してみましょう。

【SUV おすすめ】ヴェゼル マイナーチェンジ(モデルチェンジ)【2018】比較、変更点、評価&おすすめグレード
こんにちは!青空ひつじ(♂)です。 今回はおすすめのSUV、ホンダ ヴェゼルの2018年マイナーチェンジ(モデルチェンジ)の内容についてご紹介します。 また、ドケチ超節約家インプレッサスポーツユーザーの私が選ぶ、ホ...

また、ホンダは2018年にCR-Vの発売が控えています。
CR-Vがどこまで売れるかも気になるところです。

2017年12月に発売されたばかりのマツダ CX-8は5位となっています。

 

コンパクトカー 人気ランキング【2018年1月】


日産「ノート [NOTE]」公式HPより

2018年1月のコンパクトカー人気(販売台数)ランキングは以下のとおりです。
※コンパクトカーは厳密にはAセグメントの車種とBセグメントの車種がありますが、統合してご紹介します。

順位車種名メーカー名販売台数
1ノート日産12,444
2アクアトヨタ8,741
3フィットホンダ7,013
4ルーミートヨタ6,616
5タンクトヨタ5,637
6ヴィッツトヨタ5,127
7デミオマツダ4,098
8パッソトヨタ3,549
9ソリオスズキ3,342
10スイフトスズキ2,664
11クロスビースズキ2,442

2018年1月のコンパクトカー人気(販売台数)ランキング1位は日産 ノートです。2位のトヨタ アクアと4,000台近い差を付けての圧倒的な1位ですね。

先程も書きましたが、ノートは「e-POWER」を搭載したモデルを発売してから完全にコンパクトカーで首位となっています。

3位はホンダ フィットとなっています。

ダイハツ トールのOEM車となるトヨタ ルーミー、トヨタ タンク、SUBARU ジャスティの内、トヨタ ルーミーとトヨタ タンクそれぞれ4位と5位に入っています。

OEM車でありながら、ダイハツ トールよりもトヨタ ルーミー、トヨタ タンクの方が人気です。

類似車でダイハツ トール等より10年程前から発売されているスズキ ソリオは9位と完全に負けてしまっています。

そんなスズキですが、2017年12月に発売されたクロスビーが健闘しています。
クロスビーはSUVに入れようか少し迷いましたが、コンパクトカーでまとめています。
※SUVでみたら、7位となります。

 

「OEM車」とは
補足ですが「OEM車」とは、簡単にいえば、ダイハツ トールを例にしていうと、ダイハツが製造した車をトヨタとSUBARUが買い取って売る、ということですね。
買い取った側は製造工場などを持たずにすみますし、製造側は営業窓口が増えるから、販売数が増えるいった感じのWin-Winな関係ですね。

 

ミニバン 人気ランキング【2018年1月】


日産「セレナ」公式HPより

2018年1月のミニバン人気(販売台数)ランキングは以下のとおりです。
※ミニバンは厳密にはBセグメント、Dセグメント、Eセグメントの車種がありますが、統合してご紹介します。

順位車種名メーカー名販売台数
1セレナ日産7,823
2ヴォクシートヨタ7,284
3シエンタトヨタ6,635
4フリードホンダ6,050
5ステップワゴンホンダ4,953
6ノアトヨタ4,374
7ヴェルファイアトヨタ3,308
8エスクァイアトヨタ2,923
9アルファードトヨタ2,787
10オデッセイホンダ1,695

2018年1月のミニバン人気(販売台数)ランキング1位は日産 セレナです。
2位はトヨタ ヴォクシー、3位はトヨタ シエンタとなっています。

2017年年間ミニバン人気ランキングでは、1位がホンダ フリード(104,405台)、2位がトヨタ シエンタ(96,847台)、3位がトヨタ ヴォクシー(86,772台)、4位が日産 セレナ(84,433台)、5位がトヨタ ノア(58,729台)となっていました。

同じミニバンとして一括りにしていますが、ホンダ フリードとトヨタ シエンタはBセグメントのミニバンにあたり、小型のミニバンです。

Dセグメントのミニバンとしては、トヨタ ヴォクシー/ノアと日産 セレナの競争が続いていましたが、2018年1月では日産 セレナが1位となりました。

さらに日産 セレナは3月1日よりノートでも大ヒットとなった「e-POWER」を搭載したモデルを発売となりましたので、人気に拍車がかかるでしょう。

ホンダはフリードの人気も落ち着き、ステップワゴンは相変わらず人気がないので、ミニバンでは厳しい状態が続きそうですね。

 

軽自動車 人気ランキング【2018年1月】


ホンダ「N-BOX」公式HPより

2018年1月の軽自動車人気(販売台数)ランキングは以下のとおりです。

順位車種名メーカー名販売台数
1N-BOXホンダ19,309
2デイズ日産14,843
3タントダイハツ12,125
4ムーヴダイハツ11,342
5スペーシアスズキ10,399
6ワゴンRスズキ10,065
7ミラダイハツ7,498
8アルトスズキ5,839
9N-WGNホンダ5,225
10ハスラースズキ5,109

2018年1月の軽自動車人気(販売台数)ランキング1位はホンダ N-BOXです。2位の日産 デイズと5,000台近い差を付けての圧倒的な1位ですね。

1位のホンダ N-BOX、2位の日産 デイズ(デイズルークス)、3位のダイハツ タントと軽トールワゴンが1位から3位までを独占しており、人気であることがわかります。

軽自動車といえばスズキでしたが、軽トールワゴンでもスズキ スペーシアは5位、スズキ ワゴンRもダイハツ ムーヴより低い6位と元気がありません。

ダイハツ ミラとスズキ アルトで比較してもダイハツ ミラの方が上ですね。
ハスラーの人気も落ち着いてきた感じがあります。

 

メーカー別 人気ランキング【2018年1月】

これまでご紹介したランキングをメーカー別にみていきましょう。

トヨタ車 人気ランキング【2018年1月】

順位車種名メーカー名販売台数
1プリウストヨタ9,264
2アクアトヨタ8,741
3ヴォクシートヨタ7,284
4シエンタトヨタ6,635
5ルーミートヨタ6,616
6タンクトヨタ5,637
7C-HRトヨタ5,493
8カローラトヨタ5,213
9ヴィッツトヨタ5,127
10ノアトヨタ4,374
11パッソトヨタ3,549
12ハリアートヨタ3,497
13ヴェルファイアトヨタ3,308
14エスクァイアトヨタ2,923
15アルファードトヨタ2,787

 

日産車 人気ランキング【2018年1月】

順位車種名メーカー名販売台数
1デイズ日産14,843
2ノート日産12,444
3セレナ日産7,823
4エクストレイル日産4,822
5リーフ日産3,768
6キューブ日産1,078
7マーチ日産1,009

 

ホンダ車 人気ランキング【2018年1月】

順位車種名メーカー名販売台数
1N-BOXホンダ19,309
2フィットホンダ7,013
3フリードホンダ6,050
4N-WGNホンダ5,225
5ステップワゴンホンダ4,953
6ヴェゼルホンダ3,411
7シャトルホンダ2,415
8オデッセイホンダ1,695
9シビックホンダ1,607
10N-ONEホンダ1,472

 

マツダ車 人気ランキング【2018年1月】

順位車種名メーカー名販売台数
1デミオマツダ4,098
2CX-8マツダ2,938
3CX-5マツダ2,045
4アクセラマツダ1,658
5CX-3マツダ1,323

 

SUBARU車 人気ランキング【2018年1月】

順位車種名メーカー名販売台数
1インプレッサSUBARU4,435
2レヴォーグSUBARU1,400
3フォレスターSUBARU1,284
4レガシィSUBARU947

 

スズキ車 人気ランキング【2018年1月】

順位車種名メーカー名販売台数
1スペーシアスズキ10,399
2ワゴンRスズキ10,065
3アルトスズキ5,839
4ハスラースズキ5,109
5ソリオスズキ3,342
6スイフトスズキ2,664
7クロスビースズキ2,442

 

ダイハツ車 人気ランキング【2018年1月】

順位車種名メーカー名販売台数
1タントダイハツ12,125
2ムーヴダイハツ11,342
3ミラダイハツ7,498
4キャストダイハツ4,060
5ウェイクダイハツ3,083
6トールダイハツ1,549

 

【おすすめ】新車同様の中古車なら新車より60万円以上安く買える!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

しかも、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも普通にあります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は、新車同様の中古車を探してみるという選択肢も大いにありだと思いませんか?!

さらに中古車の場合は、納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。
人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
新車同様の中古車を買う場合のメリットは何といってもその安さ!ですが、デメリットとしては、自分の付けたいオプションが選べないという点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

なので、中古車選びのポイントは、車のカラー及びメーカーオプションは妥協しないようにしましょう。

 

中古車の検索は、中古車業界でここ数年ダントツ1位のガリバーで1度調べてみましょう。
中古車業界の最大手で知名度も高く、信頼性が高いためおすすめです。

中古車は基本的に1台限りのものですので、以前見つけた良い車も早く問合せしないと売れてしまう可能性もあります。

気になった車はすぐに見積り問合せをしてみましょう!

 

【おすすめ】車の下取り価格をアップさせるコツ!


ユーカーパック 公式HPより

私は1台目の軽自動車を売る際、ディーラーでそのまま下取りに出し、大変後悔しました。

というのも、一括査定で車の査定をまとめて行えば価格が上がるのは知っていたのですが、実際登録した途端、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい体験をしたため、諦めたのです。

しかしその後、タレントのローラさんが出演しているCMで有名ユーカーパックのUcar査定なら、上記の様な鬱陶しいこともなくディーラーよりも高値で売れることを知りました。

Ucar査定

ということで、私の愛車スバル「インプレッサスポーツ」(購入2年、走行距離2万km程度)の現在の価格がいくらなのか!?Ucar査定を使用して調べてみました!

トヨタで試乗をした際に「インプレッサスポーツ」の下取り価格もみてもらったところ、
提示された価格が「91万円」でした。

そしてUcar査定で提示された価格が…「124万円」でした。

なんと33万円も高かったのです!!

これだけの差があることに愕然としました。

「ディーラーなんぼほど安いねん」と・・・

 

さらに他の一括査定サービスと比べて、Ucar査定は以下のメリットがあります。

■高く売れる確率が高い
一括査定の場合は多くて最大10社の競りですが、ユーカーパックなら最大2,000社が競って入札するので、一括査定よりも車が高く売れる可能性が高いです。

■営業電話が来ない
一括査定の場合、一度の申込で最大10社の買取業者から査定を受けることができますが、その分10社からの電話に対応し、10社の査定時間を確保する必要があります。
ユーカーパックなら上記の様なことがなく、かつ最大2,000社から入札を受けることができます。

■個人情報が流れない
ユーカーパックで査定を受けると最大2,000社から入札を受けることが可能ですが、2,000社に流れるのは、あくまで車両情報のみで個人情報は流れません。

■査定は提携ガソリンスタンドか自宅で1回のみ
査定はユーカーパックの査定提携店(ガソリンスタンド)や出張査定で一度受ければOK!
出向くのが面倒な場合は出張査定で、家に査定員が来て欲しくない場合は、お近くの査定提携店(ガソリンスタンド)で査定可能です。

 

私のような後悔をしないためにも、現在の愛車を売る場合は、ユーカーパックのUcar査定がおすすめです!
査定を行い、現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう

査定だけならもちろん無料なので、あなたの車の価格がいくらなのか、是非チェックしてみましょう。

 

中古車業界No1、最大手のガリバーもおすすめ!

中古車業界の買取台数ランキングで、ここ数年ダントツ1位なのはガリバーです。

1位なのには、それだけの買取実績サービスの良さ信頼性があります。ガリバーはまさに中古車業界の”トヨタ”的存在です。

そんな中古車業界最大手のガリバーもおすすめです。

ガリバーでの査定ももちろん無料です。

 

もし買取価格がつかない様な「事故車」でも売却できる!


株式会社タウ 公式HPより

ディーラーや中古車サービスでも買取価格がつかなかった場合、お金を払って廃車にしなくてはならない・・・なんてことはありません!大丈夫です。

なぜ事故車でも買い取ってくれるのか?!以下の様な理由からです。

  • 日本で中古車として販売できない場合でも、海外なら価値がある場合がある
  • 車としてはボロボロでも、パーツ(エンジン、カーナビ等)には価値がある
  • そもそも車の素材(鉄)に価値がある

 

そこで事故車買取シェア1位株式会社タウが最もおすすめです。

売上高230億円(2017年9月末)の最大手であり、古くから事故車買取を行っているパイオニア的な企業、累計買取68万台を突破した実績もあり、安心です。
最近だと、2018年の西日本豪雨で被害にあった車も多く買い取った実績があります。

さらに他社と比較しても買取価格が高く、日本全国対応可能で、レッカー代などの手数料もすべて無料です。出張査定も無料で、大破した事故車でも売却可能です。
もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

また、買い取ってもらえるだけでなく、車検時にまとめて支払っている自動車重量税や自動車税、自賠責保険も帰ってきます

 

■高く売るためのコツ
さらに高く売るためのコツとして、業界の繁忙期である12月~3月は避けて、閑散期である5月~7月を狙いましょう。高く買い取ってもらえる可能性が高くなるため、おすすめですよ。

 

お金を払って廃車なんてもったいない!
少しでもお金に変えて、車購入にあてましょう!

 

あなたの車の価格が今いくらなのか!?
無料でチェックしましょう

もし今すぐ車を売る気がなくても、自分の車の価格が今いくらなのか!?を把握しておくことは大切です。

あなたが考えているよりもずっと高額で売れるかもしれません。
そうなれば、今後の車の購入プランも変わってきますよね。

上記でご紹介した「Ucar査定」、「ガリバー」、「株式会社タウ」はいずれも無料で査定できます。

是非チェックしてみましょう!

 

【おすすめ】自動車保険一括見積もりを試してみたら『1万円/年』安くなった!


保険の窓口インズウェブ 公式HPより

唐突ですが、毎年の自動車保険料、少しでも安くしたくないですか?!

自動車保険の保険料は、車種や走行距離、乗られる方の年齢や、保険会社のサービス内容の変更などによって毎年保険料は微妙に変わってきます。

そのため「これまでの保険会社でいっか」と思わず、最新の状況で各保険会社の保険料を比較することで保険料を安くできる可能性が高いんです。

 

そこで、「保険の窓口インズウェブ」の無料の自動車保険一括見積もりサービスがおすすめです。

サービスの内容は、車種や走行距離などの情報を入力すると、最大20社の保険料、補償内容、サービス内容を1度に比較することができます。

そのため、現在の状況に合った1番安くてお得な保険会社がわかります。

入力時間も5分程度で入力できるため簡単です。もちろんサービスは無料です。

 

■SBIホールディングスが運営しているので、安心!
「保険の窓口インズウェブ」は、SBIホールディングス株式会社が運営しているサービスです。SBIホールディングスとは、あのソフトバンクグループから金融関連企業として独立した超大手企業で、SBI証券とか住信SBIネット銀行、SBI FXトレードとかが有名ですね。

そんな超大手企業が運営しているので、個人情報保護の点から考えても信頼感があります。

 

■「保険の窓口インズウェブ」を試してみた
私も実際「保険の窓口インズウェブ」を試してみました。

それまで「ソニー損保」で約4万円だった保険料を、「イーデザイン損保」に変更したことで、年間1万円安い約3万円にすることができました!

かなり安くなったので、これまで保険料が高くて諦めていた”車両保険付き”にすることにできましたが、それでもこれまでと同額の約4万円という保険料です。めっちゃお得になりました。

 

同じサービスなら少しでも安くした方がお得ですよね。賢く保険を利用しましょう

 

まとめ

2018年1月の人気(販売台数)ランキングをみると、トヨタは依然として人気がありますが、日産の勢いがすごいことがわかります。

コンパクトカー、ミニバンで1位となっており、その流れはまだ続きそうです。

逆にホンダは軽自動車では圧倒的な人気を誇るものの、その他では元気がありません。

個人的には、今年はCセグメント車のフルモデルチェンジ(トヨタ カローラ、マツダ アクセラ)が続くので、非常に楽しみです。

次回は2018年2月の人気(販売台数)ランキングをご紹介します。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント