スポンサーリンク

超簡単おかず!簡単で美味しい「鶏もも肉」の絶品レシピ3品【節約主婦の料理ブログ】

献立・レシピ
スポンサーリンク

こんにちは!青空ひつじ(♀)です。

みなさんは毎日、「今日の晩御飯は何にしようかな?」と悩みませんか?

さまざまな家事に追われ、限られた時間と決められた予算のなかで、家族が毎日飽きないような献立決め…本当に大変ですよね。

献立に悩まず、そしてできるだけ簡単に、安く仕上げたい!

今回は、1人分約100円以内でできる簡単で美味しい「鶏もも肉」の絶品レシピ3品をご紹介します。

今回ご紹介する料理は以下のとおりです。

  1. 鶏もも肉の唐揚げ【値段目安:1人分約100円、作成時間目安:約30分】
  2. 鶏もも肉の天ぷら【値段目安:1人分約83円、作成時間目安:約30分】
  3. 鶏もも肉と大根の煮物【値段目安:1人分約87円、作成時間目安:約30分】

今回ご紹介する料理は、揚げ物と煮物なので時間はかかります。
ですが、3~4工程で作成できるため、料理が苦手な人でも簡単に作れます。

値段の目安は、100g68円で購入した場合を想定しています。
地域差はあると思いますが、鶏もも肉であれば、近所のスーパーで上記程度の値段で購入可能です。

それでは簡単で美味しい「鶏もも肉」の絶品レシピ3品をご紹介します。

 

スポンサーリンク
  1. 簡単で美味しい「鶏もも肉の唐揚げ」絶品レシピ
    1. 材料と分量
    2. 作り方(工程)とポイント
      1. 1.鶏もも肉を一口大に切り分ける
        1. 鶏もも肉を切るポイント
      2. 2.鶏もも肉に下味をつける
        1. 鶏もも肉に下味をつける時のポイント
        2. 鶏もも肉に衣をつける時のポイント
      3. 4.衣をつけた鶏もも肉を揚げて、完成
        1. 鶏もも肉を揚げる時のポイント
  2. 簡単で美味しい「鶏もも肉の天ぷら」絶品レシピ
    1. 材料と分量
    2. 作り方(工程)とポイント
      1. 1.鶏もも肉を一口大に切り分ける。
        1. 鶏もも肉を切るポイント
        2. 鶏もも肉に下味をつける時のポイント
      2. 3.鶏もも肉に衣をつける
        1. 天ぷら衣をサクサクにするポイント
      3. 4.衣をつけた鶏もも肉を揚げて、完成
        1. 鶏もも肉を揚げる時のポイント
  3. 簡単で美味しい「鶏もも肉と大根の煮物」絶品レシピ
    1. 材料と分量
    2. 作り方(工程)とポイント
      1. 1.鶏もも肉を一口大に切り分ける。
        1. 鶏もも肉を切るポイント
      2. 2.大根、人参、こんにゃく、ちくわ(油揚げ)を切る
      3. 3.こんにゃく、大根を下茹でする
        1. こんにゃくの下茹で
        2. 大根の下茹で
      4. 3.鶏もも肉、大根、こんにゃく、人参、ちくわ(油揚げ)を炒める
      5. 4.鶏もも肉、大根、こんにゃく、人参、ちくわ(油揚げ)を煮込んで、完成
  4. 【おすすめ】スーパーと「生協宅配」を使い分けると節約が簡単!
    1. 「食材宅配」を検討した理由
    2. 「生協宅配」を選んだ理由
    3. 「生協宅配」のメリット
    4. 「生協宅配」のデメリット
    5. 「生協宅配」の賢い利用方法
    6. 資料請求でもらえるサンプルで「生協宅配」のお試し
  5. 【おすすめ】楽天レシピで楽天ポイントを大量ゲット!
  6. まとめ

簡単で美味しい「鶏もも肉の唐揚げ」絶品レシピ

簡単で美味しい「鶏もも肉の唐揚げ」絶品レシピをご紹介します。
値段は1人分約100円、作成時間目安は約30分です。

 

材料と分量

材料と分量は以下のとおりです。

No.材料分量
1鶏もも肉2枚(約500~600g)
2溶き卵1個
3おろしにんにく
※チューブの場合 約4~5cm
1片(約8g)
4おろししょうが
※チューブの場合 約2~3cm
1片(約12g)
5大さじ3
6しょうゆ大さじ3
7ごま油小さじ1~小さじ2
8片栗粉大さじ2
9薄力粉大さじ2
10揚げ油適量

 

作り方(工程)とポイント

作り方(工程)とポイントは以下のとおりです。

1.鶏もも肉を一口大に切り分ける

鶏もも肉を一口大に切り分けます。

一口大にカット済みの鶏もも肉を購入した場合は、切る工程は不要ですが、カットされていない鶏もも肉の方が安く購入することができます。

鶏もも肉を切るポイント

・余分な脂肪(黄色いかたまり)を取り除く
・皮を使う場合は、フォークなどで数箇所刺す
・肉を広げて、大まかに繊維の方向に沿って切り分ける
・一口大の大きさで垂直に断ち切る

※カットされていない鶏もも肉を購入する場合は、正肉(骨や余分な脂肪などを取り除いた肉)を選ぶと、余分な骨や脂肪を取り除く手間が省けます。

 

2.鶏もも肉に下味をつける

厚手の袋(ジップロックなど)に、No.1~7を入れてよく揉み込み、15分ほど置きます。

No.材料分量
1鶏もも肉2枚(約500~600g)
2溶き卵1個
3おろしにんにく
※チューブの場合 約4~5cm
1片(約8g)
4おろししょうが
※チューブの場合 約2~3cm
1片(約12g)
5大さじ3
6しょうゆ大さじ3
7ごま油小さじ1~小さじ2
鶏もも肉に下味をつける時のポイント

・鶏もも肉に下味をつけて一晩置く、または冷凍保存する
※鶏もも肉にしっかりと味が染み込みます。さらに、食べる当日は、衣をつけて揚げるだけなので、時短になります。


3.鶏もも肉に
衣をつける

別の厚手の袋(ジップロックなど)に、No.8~9を混ぜ合わせ、汁気を切った鶏もも肉を一つずつ入れ、衣をつけます。

No.材料分量
8片栗粉大さじ2
9薄力粉大さじ2
鶏もも肉に衣をつける時のポイント

汁気を切った鶏もも肉一つずつ衣をつける
※カリッサクッと仕上がり、油ハネ防止にもなります。

・衣には片栗粉小麦粉を使う
※小麦粉は肉の旨味を閉じ込め、片栗粉はサクッとした食感に仕上がります。

 

4.衣をつけた鶏もも肉を揚げて、完成

中温(170℃~180℃)で2分ほど揚げ、一度バットに引き上げ、4分ほど置きます。
その後、高温(180℃~190℃)で1分ほど揚げて完成です。

鶏もも肉を揚げる時のポイント

2度揚げする
※カリッサクッとジューシーに仕上がります。

・オーブンやオーブントースターを使って焼くと、後片付けが楽になる
※オーブンやオーブントースターを使う場合は以下をご参考ください。
オーブン:220℃、約25~30分
オーブントースター:1000W、約15~20分
(使用機器によって異なります)

 

簡単で美味しい「鶏もも肉の天ぷら」絶品レシピ

簡単で美味しい「鶏もも肉の天ぷら」絶品レシピをご紹介します。
値段は1人約83円、作成時間目安は約30分です。

 

材料と分量

材料と分量は以下のとおりです。

No材料分量
1鶏もも肉2枚(約500~600g)
21個
3おろしにんにく
※チューブの場合 約4~5cm
小さじ2(約8g)
4おろししょうが
※チューブの場合 約2~3cm
小さじ2(約4~5g)
5小さじ2
6しょうゆ小さじ2
7塩コショウ少々
8片栗粉2/3カップ(約70g)
9薄力粉2/3カップ(約80g)
10120cc
11揚げ油適量

 

作り方(工程)とポイント

作り方(工程)とポイントは以下のとおりです。

1.鶏もも肉を一口大に切り分ける。

鶏もも肉を一口大に切り分けます。

一口大にカット済みの鶏もも肉を購入した場合は、切る工程は不要ですが、カットされていない鶏もも肉の方が安く購入することができます。

鶏もも肉を切るポイント

・余分な脂肪(黄色いかたまり)を取り除く
・皮を使う場合は、フォークなどで数箇所刺す
・肉を広げて、大まかに繊維の方向に沿って切り分ける
・一口大の大きさで垂直に断ち切る

※カットされていない鶏もも肉を購入する場合は、正肉(骨や余分な脂肪などを取り除いた肉)を選ぶと、余分な骨や脂肪を取り除く手間が省けます。

 


2.鶏もも肉に下味をつける

厚手の袋(ジップロックなど)に、No.1~7を入れてよく揉み込み、15分ほど置きます。

No.材料分量
1鶏もも肉2枚(約500~600g)
21個
3おろしにんにく
※チューブの場合 約4~5cm
小さじ2(約8g)
4おろししょうが
※チューブの場合 約2~3cm
小さじ2(約4~5g)
5小さじ2
6しょうゆ小さじ2
7塩コショウ少々
鶏もも肉に下味をつける時のポイント

・鶏もも肉に下味をつけて一晩置く、または冷凍保存する
※鶏もも肉にしっかりと味が染み込みます。さらに、食べる当日は、衣をつけて揚げるだけなので、時短になります。

 

3.鶏もも肉に衣をつける

別のボウルに、No.8~10をさっくりと混ぜ合わせ、衣をつけます。

No.材料分量
8片栗粉2/3カップ(約70g)
9薄力粉2/3カップ(約80g)
10冷水または氷水120cc
天ぷら衣をサクサクにするポイント

冷水または氷水を使う
混ぜすぎない(箸でさっくり3回ほど、粉のダマが残る程度まで)
※グルテンを発生させないことが最大のポイントです。

・下味をつけた鶏もも肉の水気をしっかり切る
※水気をしっかり切ることで油ハネ防止にもなります。

・(余力があれば)打ち粉をする
※余分な衣がつかず、薄く綺麗な衣に仕上がります。

 

4.衣をつけた鶏もも肉を揚げて、完成

中温(170℃~180℃)で3~4分揚げて、完成です。

鶏もも肉を揚げる時のポイント

・鶏もも肉を一気に入れず、1/3~1/4量ずつ揚げる
※油の温度を下げないためです。

・鶏もも肉を油に入れてすぐには触らない
※衣が剥がれたり崩れたりしないためです。

・鶏もも肉を揚げ終わったら、バット等でしっかりと油を切る
※余分な油を落とすため、天ぷら同士が重ならないように並べます。

 

簡単で美味しい「鶏もも肉と大根の煮物」絶品レシピ

簡単で美味しい「鶏もも肉と大根の煮物」絶品レシピをご紹介します。
値段は1人分約87円、作成時間目安は約30分です。

 

材料と分量

材料と分量は以下のとおりです。

No材料分量
1鶏もも肉1枚(約250~300g)
2大根1/2本(約500g)
3人参1/2本(約100g)
4こんにゃく1/2枚
5ちくわまたは油揚げ2本または2枚
6100ml
7和風だしの素小さじ1+小さじ1
8大さじ1
9みりん大さじ1
10砂糖大さじ2
11しょうゆ大さじ3

 

作り方(工程)とポイント

作り方(工程)とポイントは以下のとおりです。

1.鶏もも肉を一口大に切り分ける。

鶏もも肉を一口大に切り分けます。

一口大にカット済みの鶏もも肉を購入した場合は、切る工程は不要ですが、カットされていない鶏もも肉の方が安く購入することができます。

鶏もも肉を切るポイント

・余分な脂肪(黄色いかたまり)を取り除く
・皮を使う場合は、フォークなどで数箇所刺す
・肉を広げて、大まかに繊維の方向に沿って切り分ける
・一口大の大きさで垂直に断ち切る

※カットされていない「鶏もも肉」を購入する場合は、正肉(骨や余分な脂肪などを取り除いた肉)を選ぶと、余分な骨や脂肪を取り除く手間が省けます。

 

2.大根、人参、こんにゃく、ちくわ(油揚げ)を切る

大根、人参は約1.5cm厚のいちょう切りにします。
こんにゃくはスプーンで一口大に切ります。
ちくわは斜め切り、油揚げの場合は油抜きをして短冊切りにします。
※油抜きすることで、カロリーオフとなり、調味料を染み込みやすくします。
※油抜きの方法は以下のとおりです。
・熱湯をかける
・油揚げをキッチンペーパーで包んだあと、ラップで包み、電子レンジ(500W)でチン
→1枚なら約1分、2枚なら約1.5分チン

 

3.こんにゃく、大根を下茹でする

こんにゃくと大根を下茹でします。

こんにゃくの下茹で

沸騰したお湯にこんにゃくを入れ、再び煮立ってから2~3分ほど茹でます。
茹で終わったら、ざるにあげます。
※こんにゃくの臭みが抜け味も染み込みやすく歯ごたえもよくなります。

大根の下茹で

圧力鍋に大根、大根がかぶる程度の水、和風だしの素小さじ1を入れます。
蓋をして圧がかかってから3~4分加熱後、火を消し、圧が抜けるまで放置します。
圧が抜けたら、こんにゃくをあげたざるにあげます。
※大根に味が染み込みやすくなります。
※圧力鍋を使うと時短ガス代の節約になります。

 

3.鶏もも肉、大根、こんにゃく、人参、ちくわ(油揚げ)を炒める

フライパンに鶏もも肉を入れ、表面の色が変わるまで炒めます。
その後、大根、こんにゃく、人参、ちくわ(油揚げ)も加え、油が回るまで炒めます。

 

4.鶏もも肉、大根、こんにゃく、人参、ちくわ(油揚げ)を煮込んで、完成

3.で炒めたフライパンに水100mlを入れてから、圧力鍋にうつします。
※鶏もも肉を炒めた時に出る鶏もも肉の旨味を逃さないためです。
圧力鍋にうつしたら、No.6~11を全て入れ、蓋をして圧がかかってから4~5分加熱後、火を消し、圧が抜けるまで放置します。圧が抜けたら、完成です。

No.材料分量
6100ml
7和風だしの素小さじ1
8大さじ1
9みりん大さじ1
10砂糖大さじ2
11しょうゆ大さじ3

※圧力鍋を使うと時短ガス代の節約になります。
冷めた方が味が染み込むので、朝作って夜食べるとよりおいしくなります!

 

【おすすめ】スーパーと「生協宅配」を使い分けると節約が簡単!


多くの方は、近所のスーパーで買い物していると思います。
私もチラシで安い食材をチェックし、近所のスーパーを数件まわって購入していました。

ですが、1日に数件スーパーをまわったり、毎日買い物に行くことは大変です。
そこで「食材宅配」を検討し始めました。

 

「食材宅配」を検討した理由

「食材宅配」を検討した理由は以下のとおりです。

・子どもを連れての買い物ストレスを減らしたい
・1週間分のまとめ買いで節約したい
・買い物に行く時間を他のことに使いたい

食材宅配といえば、商品価格が高い。送料などがかかって高いというイメージがあります。
私も割高なイメージがあったので、いろいろな食材宅配を比較検討しました。

その中で、「生協宅配」の資料請求をして、利用し始めました。

 

「生協宅配」を選んだ理由

「生協宅配」を選んだ理由は以下のとおりです。

子育て世帯に送料の割引特典がある(地域によって異なる)
・実際に利用している人から、品質が良く便利だと聞いた

 

「生協宅配」のメリット

実際に利用してみて感じたメリットは以下のとおりです。

・買い物に行く時間を他のことに使える(例:子どもと遊ぶ、趣味など)
・スーパーに行く頻度が低くなることで余計なものを買わなくなり、節約になる
・カタログには食材と一緒にレシピも載っているため、献立を決めやすい
・冷凍カット野菜や時短調理品が多く載っているため、調理時間が短縮される
・食材をゆっくり選ぶことができる
・骨取り魚で、大人も子どもが魚をよく食べるようなった
・重たいものを玄関先まで持ってきてくれるので楽

 

「生協宅配」のデメリット

実際に利用してみて感じたデメリットは以下のとおりです。

・スーパーと比較して、商品価格が高いものが多い
・徒歩や自転車で行ける範囲にスーパーがある私にとって、送料がネック

 

「生協宅配」の賢い利用方法

何事にもメリット・デメリットはあります。
ですが、「生協宅配」を賢く利用すれば、家事の負担軽減につながり、さらには食費節約にもつながることを実感しました。

「生協宅配」の賢い利用方法は以下のとおりです。

・カタログに載っているレシピを参考に、1週間の献立を決める
冷凍カット野菜や時短調理品を購入する
・お米や飲料など、重たいものを購入する
送料がかからない方法を利用する(地域により異なる)
・スーパーより安い、もしくは変わらない商品を購入する

 

資料請求でもらえるサンプルで「生協宅配」のお試し

今なら、資料請求するだけで上記のサンプルがもらえます!もちろん無料です!
※もらえるサンプルはお住まいの地域によって異なります。
ぜひ一度、お試しください!

★便利がいっぱい!生協の宅配サービス★
玄関先までお届け、ご不在でも宅配
食品をはじめ多彩な商品
かんたんネット注文
詳しくはこちらから

 

【おすすめ】楽天レシピで楽天ポイントを大量ゲット!


「今日の晩御飯は何にしようかな?」と悩んだ時、みなさんは何を参考にしますか?
料理本、レシピサイト、いろいろあると思いますが、私は特にクックパッド、楽天レシピを参考にしています。

実際に作った人の「簡単で美味しい」という感想が多い(人気)レシピを選びます。

そこで、クックパッドは月額280円(税抜)のプレミアム会員にならないと、人気順検索ができません。
楽天レシピは無料会員登録すれば、無料で人気順検索ができ、さらにオリジナルレシピを投稿すれば楽天ポイント50ポイント、つくれぽを投稿すれば楽天ポイント10ポイントもらえます!


楽天レシピ 会員登録

 

まとめ

鶏もも肉はジューシー、そしてコクと旨味があります。
高カロリーだと思われがちですが、皮を取り除けば、低カロリーな食材です。

さらに、鶏もも肉は安く購入できることが多いので、節約おすすめ食材です!

今回ご紹介した料理は、3~4工程で作成できるため、料理が苦手な人でも簡単に作れます。
ぜひ試してみてください!

今後も、さらに鶏もも肉レシピのレパートリーを増やしていく予定です!
また、おすすめしたいレシピがあれば、ご紹介します。

さらに、「生協宅配」を賢く利用し、家事の負担軽減、さらには食費節約につなげましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント