スポンサーリンク

超簡単おかず!簡単で美味しい「鮭の炊き込みご飯」絶品レシピ【節約主婦の料理ブログ】

献立・レシピ
スポンサーリンク

こんにちは!青空ひつじ(♀)です。

みなさんは毎日、「今日の晩御飯は何にしようかな?」と悩みませんか?

さまざまな家事に追われ、限られた時間と決められた予算のなかで、家族が毎日飽きないような献立決め…本当に大変ですよね。

献立に悩まず、そしてできるだけ簡単に、安く仕上げたい!

今回は、1人分約100円作成時間目安約50分でできる簡単で美味しい「鮭の炊き込みご飯」絶品レシピをご紹介します。

炊き込みご飯は、具材を切って調味料を入れたら、あとは炊飯器にお任せ!
簡単なのに美味しくできるので、とってもおすすめです!

また、肉や魚を使った炊き込みご飯なら、メインのおかずに困らないので楽ちんです♪

簡単なのに美味しい、おすすめの一品!
今日の晩御飯・今日の献立に迷ったら、ぜひ炊き込みご飯を作ってみてください!

それでは簡単で美味しい「鮭の炊き込みご飯」絶品レシピをご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

簡単で美味しい「鮭の炊き込みご飯」絶品レシピ

簡単で美味しい「鮭の炊き込みご飯」絶品レシピをご紹介します。
値段は1人約100円、作成時間目安は約50分です。
※作成時間目安は炊飯時間を含みます。

材料と分量

材料と分量は以下のとおりです。

No.材料分量
12合
2
※生鮭、塩鮭など
2切
3人参1/4本(約50g)
4きのこ
(しめじ、まいたけ、えのき、しいたけ、エリンギ)
1パック(約100g)
5枝豆 お好みの量
6小さじ1/3~1/4
7しょうゆ大さじ2
8大さじ2
9米2合分
10和風だしの素小さじ1/2

作り方(工程)とポイント

作り方(工程)とポイントは以下のとおりです。

1.具材の下ごしらえ

  • 米を研ぎ、30分ほど吸水させます。
    ※研いだ米に吸水させずに調味料を入れて炊くと、塩分や糖分が邪魔で、米は十分に水を吸わないため、芯が残ったり、味が濃くなったりします。
  • 生鮭の場合は塩少々(分量外)をふっておきます。
    塩鮭の場合、塩少々(分量外)は不要です。
  • 人参は千切り、または粗みじん切りにします。
    ※できるだけ薄く小さく切った方が、ご飯とよく馴染みます。
  • きのこは、石づきを取り除き、手でさいたり、細切りにしたりします。

 

2.炊飯器に米、調味料、水を順に入れる

  • 吸水させた米はザルでしっかりと水を切ります。
    ※研いだ米に余分な水分が付いていると、仕上がりがベチャッとなります。
  • 炊飯器に米、No.6~11の調味料を入れたあとに、炊飯器2合の線まで水を入れます。
    ※水を炊飯器2合の線まで入れてから調味料を入れると、炊飯器2合の線より水分が多くなるので、仕上がりがベチャッとなります。
    炊飯器に米と調味料、水を入れたあとに軽く混ぜておくと、味や色にムラができにくくなります。

 

3.具材を入れ、炊飯し、完成

  • 下ごしらえした具材を、火の通りにくいものから順(鮭は一番上)に入れ、混ぜずに炊飯し、完成です。
    ※炊飯前に具材を米と混ぜると、炊飯中の対流を妨げるため、炊きムラができます。
    対流とは:炊飯中、沸騰したお湯が、下から上へぐるぐると動き出すこと。
  • 炊き上がったらすぐに具材と米を混ぜ合わせ、そのあと10分ほど蒸らします。
    ※香りが全体に行き渡り、よりおいしく仕上がります。

 

スポンサーリンク

まとめ

調味料と食材を入れ、あとは炊飯器にお任せ!
簡単で美味しくできる炊き込みご飯♪

子どもは、味が付いてるご飯だとよく食べます。
肉や魚を使った炊き込みご飯なら、メインのおかずに困らないので楽ちんです♪

また、多めに炊いて冷凍しておけば、忙しい時でも美味しいご飯が食べられます。
炊き込みご飯っていいことだらけ!

簡単なのに美味しい、おすすめの一品!
今日の晩御飯・今日の献立に迷ったら、ぜひ炊き込みご飯を作ってみてください!

今後も、さらに炊き込みご飯レシピのレパートリーを増やしていく予定です!
また、おすすめしたいレシピがあれば、ご紹介します。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント