スバル インプレッサでアクセルペコペコを試してみた+燃費が良くなる方法7選

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。
今回は車の燃費を良くする方法をご紹介します。

最近の車はもともと燃費がいいですが、もっと燃費を良くしたい!という方は是非以下の方法を試してみてください!

  1. 発進時は、ふんわりアクセル
  2. 停車前は、早めにアクセルをはなす
  3. ブレーキのかける前に、エンジンブレーキを使う
  4. 不必要な荷物は積まない
  5. ガソリンは満タンにしない
  6. タイヤの空気圧の点検を定期的に行う
  7. 高速時は大型車の後ろを走行する

ちなみに私はスバルのインプレッサスポーツに乗っています。
スバル車だけの燃費改善方法(走り出しのモッサリ感改善方法)の裏技『アクセルペコペコ』について、最後にご紹介します。

それでは、燃費改善方法について順番に解説していきます。

スポンサーリンク

発進時は、ふんわりアクセル

車庫から車を出す際に、いきなりブーンと急発進される方は少ないかと思いますが、信号で停車中から発進するときは、

「私の車が一番早いぞ!」

みたいな感じでブーンと急加速される方・・・いるかと思います。
しかし、これは燃費にとても悪いです。

発進後、10秒くらいはでゆっくり発進して、徐々にアクセルを踏み足す!

エンジン音が大きくうならない程度にゆっくり発進することが大切です。私は目安として2,000回転未満になるように気をつけています。
特に都会の場合、信号から信号の距離も短いため、そもそも急発進する意味なんてないですよね。
これを毎回行うだけで結構燃費変わってきますよ。

停車前は、早めにアクセルをはなす

停車するときに、ギリギリまでアクセルを踏まれている方もいらっしゃるかもしれませんが、これも燃費に悪いですね。ガソリンの無駄使いです。

停車する前は、少し早目にアクセルをはなす様に心がける

あまり手前で離しすぎると後続の車に迷惑をかけるため、私は後続の車がいるかいないかで、アクセルを離すタイミングを分けています。

ブレーキのかける前に、エンジンブレーキを使う

ブレーキにはフットブレーキとエンジンブレーキがあります。アクセルの隣にあるのがフットブレーキですね。
走行中にアクセルを離すことで、車は自然と止まろうをします。これがエンジンブレーキです。

MT車の方の場合は、シフトダウンすることで、より強力なエンジンブレーキをかけることができます。AT車やCVT車でもパドルシフトの付いている車の場合、パドルシフトを操作し、シフトダウンさせることができます。

インプレッサスポーツにもパドルシフトが付いているので、停車前に少しずつシフトダウンを行い、極力フットブレーキを多用しない様にしています。

ブレーキを多用することでブレーキの各部品(ブレーキパッドやブレーキローター等)の寿命も削ることになるため、不要なブレーキは減らしましょう。

燃費とは関係ないですが、ブレーキを多用するとブレーキランプがチカチカして気が散るため後続車に嫌がられます。ブレーキが多いと「この車、運転ヘタクソだな」と思われてしまいますね。

不必要な荷物は積まない

当然のことですが、同じエンジンで車を動かす以上、車は軽い方が燃費は良くなります。
そのため、不必要な荷物をラゲッジスペースなどに入れっぱなしにしている場合は、下ろすことで多少の燃費改善につながります。

ガソリンは満タンにしない

先ほどの荷物と同じ理由ですが、ガソリンも満タンにすると重くなり、燃費が悪くなる原因となります。あまり少ない量すぎるとガソリンスタンドに行く回数が増え、その分ガソリンの無駄にもつながるため、半分~7割程度いれる様にしましょう。

タイヤの空気圧の点検を定期的に行う

空気圧は高すぎても低すぎてもいけません。タイヤを早く劣化させたり、偏摩耗を起こしたり、傷を受けやすくなり危険です。
また、運転中にハンドルを取られたり、燃費にも影響を与えます。
「日本グッドイヤー株式会社」より

タイヤの空気圧が不足していると燃費に影響してきます。
また、バーストやハイドロプレーニングなどが起き、重大な事故につながる可能性もあるため、定期的(月に1回)な点検をおすすめします。
自分でできない場合は、ガソリンスタンドやディーラーなどでお願いしましょう。

高速時は大型車の後ろを走行する

高速道路走行時に、大型車の後ろを走行すると、風の抵抗を減らすことができ、燃費を向上させることができます。
大型車の後ろだと、あまりスピードを出せない場合が多いので、飛ばす方はイライラしてしまうかもしれませんが・・・

過去に私のインプレッサスポーツでも大型車の後ろを時速80km程度で走行していたら、30.0km/ℓを超えたことがあります(ちなみにインプレッサスポーツはJC08モードのカタログ燃費で17.6km/ℓ)。

『スバル車だけの』燃費改善方法(アクセルペコペコ)

燃費改善方法とタイトルには書きましたが、燃費の改善以上に走り出しのモッサリ感をなくす(減らす)、アクセルレスポンスを良くすることができる方法のご紹介です。

スバル車共通かどうか分かりませんが、インプレッサスポーツについては出だしのモッサリ感があると、よくいわれます。実際私も感じます。特にエアコン使用時は普段とのトルク差もあるため、より感じます。
そこで以下の方法(アクセルペコペコ)を試してみてください。

  1. ブレーキを踏まず、プッシュエンジンスイッチを押しACC状態にする
  2. もう1度プッシュエンジンスイッチを押し、エンジンON状態にする
  3. アクセルを全開状態(ベタ踏み)にして、ゆっくりアクセルを戻す
  4. 上記3を20回程度繰り返す
  5. プッシュエンジンスイッチを押し、エンジンを切る

私もこの裏技を知ったときは半信半疑でしたが、試してみると、確かに走り出しの改善やアクセルレスポンスが良くなった様な気がします。そうすると、無駄なアクセルの踏みこみもなくなり、燃費改善にも多少はつながるかと思います。

どれくらいの周期でやるかは、ドライバーさんによってさまざまな様ですが、私は「またレスポンス悪くなってきたなぁ」と思ったらやっています。

【おすすめ】自動車保険一括見積もりを試してみたら『1万円/年』安くなった!

自動車保険は1年契約の商品はほとんどだと思います。
満期が近い方は是非無料の自動車保険一括見積もりサービスを利用して、あなたにとって1番お得な保険会社を選びましょう。

私も実際無料の自動車保険一括見積もりサービスを試してみました。
それまで「ソニー損保」で”車両保険なし”で約4万円だった内容を、「イーデザイン損保」に変更したところ、同額の約4万円で”車両保険付き”にすることができました。
仮に「イーデザイン損保」で”車両保険なし”とした場合だと、年間1万円安い約3万円にすることもできました。

保険料は、車種や走行距離、事故暦や、現在の等級、免許証の色、乗られる方の年齢等々によって計算されます。

そのため「常にこの保険会社が安い」という事はありません!

現在の各種状況によって、一番安い保険会社は異なります。
そこで複数の保険会社から見積もりを取れば、現在の状況に合った一番安くてお得な保険会社がわかります

ちなみに私が試したのは「SBIホールディングスのインズウェブ」。
インズウェブなら最短5分で、最大20社の見積もりが、一度に取り寄せられます。
各社の保険料、補償内容、サービスなどを簡単に比較して選ぶことができます。
もちろんサービスはすべて無料!

同じサービスなら少しでも安くして、お金を節約しましょう。
浮いたお金で車のパーツを買ったり、外食したり、貯金にまわしたりするなど、賢く保険を利用しましょう。


無料の自動車保険一括見積もりサービス

【おすすめ】下取り価格をアップさせるコツ!


ユーカーパック公式HPより

私は1台目の軽自動車を売る際、ディーラーでそのまま下取りに出し、大変後悔しました。

というのも、一括査定で査定をまとめて行えば、価格が上がるのは知っていたのですが、実際登録した途端、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい体験をしたため、諦めたのです。

しかし、その後Ucar査定なら上記の様な鬱陶しいこともなく、ディーラーよりも高値で売れることを知りました!!

ということで、私の愛車「インプレッサスポーツ」(購入2年、走行距離2万km程度)の現在の価格がいくらなのか調べてみました!

トヨタで試乗をした際に「インプレッサスポーツ」の下取り価格もみてもらったところ、
提示された価格が「91万円」でした。

そしてUcar査定で提示された価格が…「124万円!!」でした。

なんと33万円も高かったのです!!

これだけの差があることに愕然としました。

「ディーラーなんぼほど安いねん」と…

さらに他の一括査定サービスと比べて、Ucar査定は以下のメリットがあります。

■高く売れる確率が高い
一括査定の場合は多くて最大10社の競りですが、ユーカーパックなら最大2,000社が競って入札するので、一括査定よりも車が高く売れる可能性が高いです。

■営業電話が来ない
一括査定の場合、一度の申込で最大10社の買取業者から査定を受けることができますが、その分10社からの電話に対応し、10社の査定時間を確保する必要があります。
ユーカーパックなら上記の様なことがなく、かつ最大2,000社から入札を受けることができます。

■個人情報が流れない
ユーカーパックで査定を受けると最大2,000社から入札を受けることが可能ですが、2,000社に流れるのは、あくまで車両情報のみで個人情報は流れません。

■査定は提携ガソリンスタンドか自宅で1回のみ
査定はユーカーパックの査定提携店(ガソリンスタンド)や出張査定で一度受ければOK!
家に査定員が来て欲しくない場合は、お近くの査定提携店(ガソリンスタンド)で査定可能です。近くに査定提携店がない場合や、出向くのが面倒な場合は出張査定でぜひ査定を受けてみてください。

私のような後悔をしないためにも、車を下取りに出す場合は、Ucar査定がおすすめです!
査定を行い、現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう

査定だけならもちろん無料なので、あなたの車の価格がいくらなのか、是非チェックしてみましょう。

Ucar査定
・ユーカーパック 公式HP

中古車業界No1、最大手のガリバーもおすすめ!

中古車業界を買取台数のランキングでみると、ここ数年ダントツでガリバーが1位です。
中古車業界の最大手で知名度も高く、信頼性が高いためおすすめです。
ガリバーでの査定ももちろん無料です。


・ガリバー 公式HP

あなたの車の価格が今いくらなのか!?
無料でチェックしましょう

あなたの車の価格が今いくらなのか!?を把握しておくことは大切です。
もし高価で買い取りできた場合は、維持費の安い最新の車に乗り換えた方が長い目でみると安くなる可能性が高いからです。
上記でご紹介したUcar査定ガリバー無料で査定できますので、是非チェックしてみましょう!

もし買取価格がつかない様な事故車でも売却できる!


タウ公式HPより

ディーラーや中古車サービスでも買取価格がつかなかった場合、お金を払って廃車にしなくてはならない・・・なんてことはありません!大丈夫です。

以下の様な理由からです。

  • 日本で中古車として販売できない場合でも、海外なら価値がある場合がある
  • 車としてはボロボロでも、パーツ(エンジン、カーナビ等)には価値がある
  • そもそも車の素材(鉄)に価値がある

買い取ってもらえるだけでなく、車検時にまとめて支払っている自動車重量税や自動車税、自賠責保険も帰ってきます。

そこで事故車買取シェア圧倒的1位の株式会社タウがおすすめです。
売上高230億円(2017年9月末)の最大手であり、古くから事故車買取を行っているパイオニア的な企業、累計買取68万台を突破した実績もあり、安心です。

さらに他社と比較しても買取価格が高く、日本全国対応可能で、レッカー代などの手数料もすべて無料です。出張査定も無料で、大破した事故車でも売却可能、とりあえず査定するだけもOKです。

さらに高く売るためのコツとして、業界の繁忙期である12月~3月は避けて、閑散期である5月~7月を狙いましょう。高く買い取ってもらえる可能性が高くなるため、おすすめですよ。

お金を払って廃車なんてもったいないので、少しでもお金に変えて、車購入にあてましょう!



株式会社タウ

【おすすめ】新車同様の中古車なら新車より60万円以上安く買える!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

しかも、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも普通にあります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は、新車同様の中古車を探してみるという選択肢も大いにありだと思いませんか。

さらに中古車の場合は、納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。
人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

新車同様の中古車を買う場合のメリットは何といってもその安さ!ですが、デメリットとしては、自分の付けたいオプションが選べないという点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

なので、中古車選びのポイントは、車のカラー及びメーカーオプションは妥協しないようにしましょう。

中古車の検索は、中古車業界でここ数年ダントツ1位のガリバーで1度調べてみましょう。
中古車業界の最大手で知名度も高く、信頼性が高いためおすすめです。
中古車は基本的に1台限りのものですので、以前見つけた良い車も、早く問合せしないと売れてしまう可能性もあります。
気になった車はすぐに見積り問合せをしてみましょう!



・ガリバー 公式HP

まとめ

  1. 発進時は、ふんわりアクセル
  2. 停車前は、早めにアクセルをはなす
  3. ブレーキのかける前に、エンジンブレーキを使う
  4. 不必要な荷物は積まない
  5. ガソリンは満タンにしない
  6. タイヤの空気圧の点検を定期的に行う
  7. 高速時は大型車の後ろを走行する

私が思うには、同乗者にも優しく、車にも優しく、環境にも優しく、周りの人にも優しく運転すれば、燃費も良くなるんだと感じています。
ぜひ、皆さんも実践してみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。