スポンサーリンク

スバル インプレッサでアクセルペコペコを試してみた+燃費が良くなる方法7選

車のお役立ち情報
スポンサーリンク

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。
今回は車の燃費を良くする方法をご紹介します。

最近の車はもともと燃費がいいですが、もっと燃費を良くしたい!という方は是非以下の方法を試してみてください!

  1. 発進時は、ふんわりアクセル
  2. 停車前は、早めにアクセルをはなす
  3. ブレーキのかける前に、エンジンブレーキを使う
  4. 不必要な荷物は積まない
  5. ガソリンは満タンにしない
  6. タイヤの空気圧の点検を定期的に行う
  7. 高速時は大型車の後ろを走行する

ちなみに私はスバルのインプレッサスポーツに乗っています。
スバル車だけの燃費改善方法(走り出しのモッサリ感改善方法)の裏技『アクセルペコペコ』について、最後にご紹介します。

それでは、燃費改善方法について順番に解説していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

発進時は、ふんわりアクセル

車庫から車を出す際に、いきなりブーンと急発進される方は少ないかと思いますが、信号で停車中から発進するときは、

「私の車が一番早いぞ!」

みたいな感じでブーンと急加速される方・・・いるかと思います。
しかし、これは燃費にとても悪いです。

発進後、10秒くらいはでゆっくり発進して、徐々にアクセルを踏み足す!

エンジン音が大きくうならない程度にゆっくり発進することが大切です。私は目安として2,000回転未満になるように気をつけています。
特に都会の場合、信号から信号の距離も短いため、そもそも急発進する意味なんてないですよね。
これを毎回行うだけで結構燃費変わってきますよ。

 

スポンサーリンク

停車前は、早めにアクセルをはなす

停車するときに、ギリギリまでアクセルを踏まれている方もいらっしゃるかもしれませんが、これも燃費に悪いですね。ガソリンの無駄使いです。

停車する前は、少し早目にアクセルをはなす様に心がける

あまり手前で離しすぎると後続の車に迷惑をかけるため、私は後続の車がいるかいないかで、アクセルを離すタイミングを分けています。

 

スポンサーリンク

ブレーキのかける前に、エンジンブレーキを使う

ブレーキにはフットブレーキとエンジンブレーキがあります。アクセルの隣にあるのがフットブレーキですね。
走行中にアクセルを離すことで、車は自然と止まろうをします。これがエンジンブレーキです。

MT車の方の場合は、シフトダウンすることで、より強力なエンジンブレーキをかけることができます。AT車やCVT車でもパドルシフトの付いている車の場合、パドルシフトを操作し、シフトダウンさせることができます。

インプレッサスポーツにもパドルシフトが付いているので、停車前に少しずつシフトダウンを行い、極力フットブレーキを多用しない様にしています。

ブレーキを多用することでブレーキの各部品(ブレーキパッドやブレーキローター等)の寿命も削ることになるため、不要なブレーキは減らしましょう。

燃費とは関係ないですが、ブレーキを多用するとブレーキランプがチカチカして気が散るため後続車に嫌がられます。ブレーキが多いと「この車、運転ヘタクソだな」と思われてしまいますね。

 

スポンサーリンク

不必要な荷物は積まない

当然のことですが、同じエンジンで車を動かす以上、車は軽い方が燃費は良くなります。
そのため、不必要な荷物をラゲッジスペースなどに入れっぱなしにしている場合は、下ろすことで多少の燃費改善につながります。

 

スポンサーリンク

ガソリンは満タンにしない

先ほどの荷物と同じ理由ですが、ガソリンも満タンにすると重くなり、燃費が悪くなる原因となります。あまり少ない量すぎるとガソリンスタンドに行く回数が増え、その分ガソリンの無駄にもつながるため、半分~7割程度いれる様にしましょう。

 

スポンサーリンク

タイヤの空気圧の点検を定期的に行う

空気圧は高すぎても低すぎてもいけません。タイヤを早く劣化させたり、偏摩耗を起こしたり、傷を受けやすくなり危険です。
また、運転中にハンドルを取られたり、燃費にも影響を与えます。
「日本グッドイヤー株式会社」より

タイヤの空気圧が不足していると燃費に影響してきます。
また、バーストやハイドロプレーニングなどが起き、重大な事故につながる可能性もあるため、定期的(月に1回)な点検をおすすめします。
自分でできない場合は、ガソリンスタンドやディーラーなどでお願いしましょう。

 

スポンサーリンク

高速時は大型車の後ろを走行する

高速道路走行時に、大型車の後ろを走行すると、風の抵抗を減らすことができ、燃費を向上させることができます。
大型車の後ろだと、あまりスピードを出せない場合が多いので、飛ばす方はイライラしてしまうかもしれませんが・・・

過去に私のインプレッサスポーツでも大型車の後ろを時速80km程度で走行していたら、30.0km/ℓを超えたことがあります(ちなみにインプレッサスポーツはJC08モードのカタログ燃費で17.6km/ℓ)。

 

スポンサーリンク

『スバル車だけの』燃費改善方法(アクセルペコペコ)

燃費改善方法とタイトルには書きましたが、燃費の改善以上に走り出しのモッサリ感をなくす(減らす)、アクセルレスポンスを良くすることができる方法のご紹介です。

スバル車共通かどうか分かりませんが、インプレッサスポーツについては出だしのモッサリ感があると、よくいわれます。実際私も感じます。特にエアコン使用時は普段とのトルク差もあるため、より感じます。
そこで以下の方法(アクセルペコペコ)を試してみてください。

  1. ブレーキを踏まず、プッシュエンジンスイッチを押しACC状態にする
  2. もう1度プッシュエンジンスイッチを押し、エンジンON状態にする
  3. アクセルを全開状態(ベタ踏み)にして、ゆっくりアクセルを戻す
  4. 上記3を20回程度繰り返す
  5. プッシュエンジンスイッチを押し、エンジンを切る

私もこの裏技を知ったときは半信半疑でしたが、試してみると、確かに走り出しの改善やアクセルレスポンスが良くなった様な気がします。そうすると、無駄なアクセルの踏みこみもなくなり、燃費改善にも多少はつながるかと思います。

どれくらいの周期でやるかは、ドライバーさんによってさまざまな様ですが、私は「またレスポンス悪くなってきたなぁ」と思ったらやっています。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】新車同様の中古車なら新車より60万円以上安く買える!

車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

しかも、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも普通にあります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は、新車同様の中古車を探してみるという選択肢も大いにありだと思いませんか?!

さらに中古車の場合は、納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。
人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
新車同様の中古車を買う場合のメリットは何といってもその安さ!ですが、デメリットとしては、自分の付けたいオプションが選べないという点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

なので、中古車選びのポイントは、車のカラー及びメーカーオプションは妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数No1のガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数がここ数年ダントツ1位のガリバーがおすすめです。
中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらにガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

さらにディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何キロでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

気になった車、欲しい車がある方は、まずはガリバーに登録して探してもらいましょう!
※登録後、ガリバーから確認の電話連絡があります。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!

 

中古車買取サービスは、中古車の買取台数ランキングでここ数年ダントツ1位のガリバー無料査定がおすすめです。

買取台数No1なのには、それだけの高価買取実績サービスの良さ信頼性があります。

中古車販売台数も1位でしたが、中古車買取台数も1位のガリバーは、まさに中古車業界の”トヨタ”的存在です。

 

■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由
中古車買取台数が1位ということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。

  • 買取車両の在庫期間を短くする独自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減
  • 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映
  • ディーラーの下取りと異なり、オプションやアクセサリーを買取額にプラス評価!

 

■筆者の一括査定体験談
買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。

上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

何れにしも、無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。

査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

 

私は1台目の軽自動車を売る際、ディーラーで下取りに出し「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにもガリバー無料査定を行い、
現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう
※入力後、ガリバーから確認の電話連絡があります。

 

スポンサーリンク

まとめ

  1. 発進時は、ふんわりアクセル
  2. 停車前は、早めにアクセルをはなす
  3. ブレーキのかける前に、エンジンブレーキを使う
  4. 不必要な荷物は積まない
  5. ガソリンは満タンにしない
  6. タイヤの空気圧の点検を定期的に行う
  7. 高速時は大型車の後ろを走行する

私が思うには、同乗者にも優しく、車にも優しく、環境にも優しく、周りの人にも優しく運転すれば、燃費も良くなるんだと感じています。
ぜひ、皆さんも実践してみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント