”新車同様の中古車”なら新車より60万円以上安く買える!
スポンサーリンク

【ジェイド vs レヴォーグ vs インプレッサ】各車の違いを比較してみた【2019年版】

車の比較&試乗記

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

今回は、ステーションワゴンであるホンダ「ジェイド」と、2019年5月にF型となったスバル「レヴォーグ」、2019年10月にD型となった「インプレッサスポーツ」を試乗した上で徹底比較、評価(レビュー)します。

結論から言うと、車内が広いのは「ジェイド」、加速が鋭いのは「レヴォーグ」、コスパが高いのは「インプレッサスポーツ」です!

 

以下の記事で、「ジェイド」と同じ「1.5L VTECターボエンジン」が搭載されているホンダ「シビック」と徹底比較、評価(レビュー)していますので、興味のある方は是非ご覧になってください。

ホンダ ジェイドとシビックの違いを試乗した上で徹底比較してみた【Cセグメント おすすめ】
今回は、同じ「1.5L VTECターボエンジン」が搭載されているホンダ「ジェイド」とホンダ「シビック」の違いをご紹介します。同じエンジンでも最高出力と最大トルクすら異なります。その他、運転のしやすさ・燃費性能・車内の広さ・安全性能・価格など、各項目で徹底比較いたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ボディサイズの比較


SUBARU「インプレッサスポーツ」公式HPより
SUBARU「レヴォーグ」公式HPより
ホンダ「ジェイド」公式HPより

ボディサイズについて、比較していきます。

 

・ジェイド
全長(mm):4,650
全幅(mm):1,775
全高(mm):1,530~1,540
ホイールベース(mm):2,760
車両重量(kg):1,430~1,520
最小回転半径(m):5.5~5.7

・レヴォーグ
全長(mm):4,690
全幅(mm):1,780
全高(mm):1,490~1,500
ホイールベース(mm):2,650
車両重量(kg):1,540~1,570
最小回転半径(m):5.4~5.5

・インプレッサスポーツ
全長(mm):4,475
全幅(mm):1,775
全高(mm):1,480
ホイールベース(mm):2,670
車両重量(kg):1,300~1,400
最小回転半径(m):5.3

 

ボディサイズを比較すると、「ジェイド」と「レヴォーグ」がよく似ていることが分かりますね。

「ジェイド」と「レヴォーグ」のボディサイズの差異は、「ジェイド」は全高が1,500mmを超えている点、ホイールベースが100mmほど長い点でしょう。ホイールベースが長いため、最小回転半径が最も大きくなっています。

当然ですが、「インプレッサスポーツ」が最もコンパクトで、小回りがききます。視界性能が良く、運転しやすいことも「インプレッサスポーツ」の大きな魅力です。

 

スポンサーリンク

燃費性能の比較


ホンダ「ジェイド」公式HPより

燃費性能は、JC08モード、ユーザーが投稿した実燃費を集計したe燃費の値にて比較します。
※実燃費は季節や使用環境により異なります。

 

・ジェイド

・1.5Lハイブリッド(HYBRID X Honda SENSING 他)
24.2km/L(JC08モード)
17.49km/Le燃費より)

・1.5Lターボ(X Honda SENSING 他)
→18.0km/L(JC08モード)
→12.28km/L(e燃費より)

 

・レヴォーグ

・1.6Lターボ(1.6GT EyeSight)※インテリジェントモード
→16.0km/L(JC08モード)
→10.35km/L(e燃費より)

 

・インプレッサスポーツ

・1.6Lガソリン(1.6i-L EyeSight)※2WD車
→17.2km/L(JC08モード)
12.46km/Le燃費より)

 

「燃費性能」が最も優秀なのは、「ジェイド」のハイブリッド車です。

ガソリン車で比較した場合、「インプレッサスポーツ」が最も優秀ですが、「ジェイド」とほとんど差がありません。「ジェイド」の方が車両重量が100kg以上重いことを考えると、素晴らしいですね。

燃費性能が最も悪いのは、AWD車の設定しかない「レヴォーグ」です。

 

スポンサーリンク

エンジン性能の比較


SUBARU「レヴォーグ」公式HPより

エンジン性能について、比較していきます。

その前に「出力」と「トルク」の違いについて、簡単に説明します。

  • 出力:クルマの速さ
  • トルク:クルマの加速力

簡単に書くと、「最高出力」の値が高い車は速く走れる車で、「最大トルク」の値が高い車は加速が速い車ということですね。ただ、エンジンやモーターの特性、空力性能や車両重量などにより加速性能は全く異なりますので、単に”トルクの値が大きいから加速が速い”というわけではありません。

 

・ジェイド

・1.5Lハイブリッド(HYBRID RS Honda SENSING 他)
エンジン
→最高出力 96kW〈131PS〉/6,600rpm
→最大トルク 155N・m〈15.8kgf・m〉/4,600rpm
モーター
→最高出力 22kW〈29.5PS〉/1,313rpm~2,000rpm
→最大トルク 160N・m〈16.3kgf・m〉/0rpm~1,313rpm

・1.5Lターボ(RS Honda SENSING 他)
→最高出力 110kW〈150PS〉/5,500rpm
→最大トルク 203N・m〈20.7kgf・m〉/1,600~5,500rpm

 

・レヴォーグ

・1.6Lターボ(1.6GT EyeSight 他)
→最高出力 125kW〈170PS〉/4,800~5,600rpm
→最大トルク 250N・m〈25.5kgf・m〉/1,800~4,800rpm

・2.0Lターボ(2.0GT-S EyeSight 他)
→最高出力 221kW〈300PS〉/5,600rpm
→最大トルク 400N・m〈40.8kgf・m〉/2,000~4,800rpm

 

・インプレッサスポーツ

・1.6Lガソリン(1.6i-L EyeSight、1.6i-S EyeSight)
→最高出力 85kW〈115PS〉/6,200rpm
→最大トルク 148N・m〈15.1kgf・m〉/3,600rpm

・2.0Lガソリン(2.0i-L EyeSight、2.0i-S EyeSight)
→最高出力 113kW〈154PS〉/6,000rpm
→最大トルク 196N・m〈20.0kgf・m〉/4,000rpm

 

「エンジン性能」について比較すると、圧倒的に「レヴォーグ」が優秀であることが分かりますね。

「ジェイド」、「レヴォーグ」、「インプレッサスポーツ」の全グレードの中で、1番加速性能が優秀なのが「レヴォーグ」の2.0Lターボ車、2番目に良いのも「レヴォーグ」の1.6Lターボ車となっています。

「ジェイド」は、加速性能で比較すると間違いなく1.5Lターボ車の方が良いでしょう。「ジェイド」の1.5Lターボ車と「インプレッサスポーツ」の2.0Lガソリン車は数値的に近いものがありますが、「ジェイド」はターボ付きであるため、低回転域から高いトルクを発揮することができるため、「ジェイド」の方が鋭い加速性能があります。

そのため、「レヴォーグ」に次いで加速性能が優秀なのは、「ジェイド」の1.5Lターボ車でしょう。

 

■【補足】試乗にて「ジェイド」の気になった点
エンジン性能とは関係ないですが、「ジェイド」のタコメーターはデジタル表示となっており、個人的には「インプレッサスポーツ」や「レヴォーグ」のアナログ表示に慣れているため、違和感を感じました。

また、「インプレッサスポーツ」も「レヴォーグ」も電動パーキングブレーキなのに対して、「ジェイド」のパーキングブレーキは足踏み式でした。レバータイプよりは邪魔にならず良いですが、この辺りは電動パーキングブレーキにしてほしかったと個人的には思いました。

ちなみに同じホンダの「ヴェゼル」、「シビック」は電子制御パーキングブレーキ、オートブレーキホールド機能が装備されています。

 

スポンサーリンク

居住性(後部座席、ラゲッジスペース)の比較


ホンダ「ジェイド」公式HPより

居住性について、比較していきます。

 

■室内の広さ、後部座席の広さ
まずは、室内長を比較します。

「ジェイド」の室内長:2,200mm(2列シート車)、2,850mm(3列シート車)
「レヴォーグ」の室内長:2,005mm
「インプレッサスポーツ」の室内長:2,085mm

上記の数値だけみても、「ジェイド」が圧倒的に広いことがわかります。

実際、試乗にて確認しましたが、「ジェイド」は後部座席足元がかなり広くなっていること驚きました。高さも1,530mmあるため、頭上も余裕があります。「ジェイド」の室内の広さは圧倒的です。

広いだけでなく、「ジェイド」には後部座席用のエアコン吹出口が設定されている点が好印象です。後部座席はクーラーが効くのに時間がかかるため、後部座席に良く人が乗車する場合は嬉しい装備ですよね。この装備は「レヴォーグ」や「インプレッサスポーツ」にはありません。

また、「ジェイド」は後部座席の座面中央部分を反転させるとテーブルとなり、ドリンクホルダーやポケットも内蔵されています。この辺りはホンダらしい面白い機能となっています。

 

■ラゲッジスペース
ラゲッジスペースについて、比較していきます。

「ジェイド」は440ℓ、「インプレッサスポーツ」は385ℓ、「レヴォーグ」は522ℓ、となっていますので、ラゲッジスペースは「レヴォーグ」がダントツで広くなっています。

上記のとおり、「ジェイド」と「レヴォーグ」は、ボディサイズは似ていても明確な違いがあります。

 

■【補足】「ジェイド」の3列シート車について
「ジェイド」の3列シート車は、ラゲッジスペースの部分を3列目としているため室内長が広くなっています。ただ、3列目は大人が快適に座れるようなスペースではありません。そうなると、2列目はキャプテンシートとなっているため2人しか座れず、実質4人乗り車となってしまいます。これが「ジェイド」が全然売れなかった原因の1つであると言われています。

上記から2018年のマイナーチェンジで2列シート(5シーター)車を追加することになったと考えられます。

しかし、4人程度しか乗車する機会がない場合は、後部座席でリクライニングを使用できるなど、2列目はとても快適であるといえます。これは「レヴォーグ」、「インプレッサスポーツ」にはない大きな魅力でしょう。

ちなみに、3列シート車の2列目を後端まで寄せた時と、2列シート車の後部座席を比較すると、2列シート車の後部座席の方が20mm狭くなります。

 

■【補足】「ジェイド」の2列シート車について
前述の通り、後部座席(2列目)は3列シート車の方が僅かに広くなっていますが、2列シート車も足元は十分な余裕があり、座り心地が上質です。

「ジェイド」の2列シート車と、その他ホンダ車で足元空間を比較する、「レジェンド」より+10mm、「シャトル」より+70mm、「シビック」より+100mmも広いのです。

ジェイドの後部座席が圧倒的に広いことが分かりますね。

 

スポンサーリンク

安全性能の比較


SUBARU「インプレッサスポーツ」公式HPより

安全性能について、比較していきます。
下表に各車の安全装備を整理しています。同機能の装備を同行に示しています。

 

レヴォーグインプレッサスポーツジェイド
ハイビームアシストアダプティブドライビングビーム
警報&お知らせ機能警報&お知らせ機能先行車発進お知らせ機能
プリクラッシュブレーキプリクラッシュブレーキ衝突軽減ブレーキ
AT誤発進(後進)抑制制御AT誤発進(後進)抑制制御誤発進抑制機能
後退時ブレーキアシスト後退時ブレーキアシスト
ツーリングアシスト、車線逸脱抑制ツーリングアシスト、車線逸脱抑制路外逸脱抑制機能、LKAS(車線維持支援システム)、歩行者事故低減ステアリング
スバルリヤビークルディテクションスバルリヤビークルディテクション※ディーラーオプション「リアカメラ de あんしんプラス」
ステアリング連動ヘッドランプステアリング連動ヘッドランプ
フロント&サイドビューモニター フロント&サイドビューモニター フロント(コーナー)カメラシステム
※ディーラーオプションで取付可
全車速追従機能付クルーズコントロール全車速追従機能付クルーズコントロールアダプティブ・クルーズ・コントロール
スマートリヤビューミラーアドバンスドルームミラー
※ディーラーオプションで取付可
自動防眩ルームミラー自動防眩ルームミラー
標識認識機能

まず、自動ブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)を比較すると、「レヴォーグ」と「インプレッサスポーツ」は自転車や夜の歩行者も検知可能なため優秀です。

アダプティブクルーズコントロール(ACC)を比較すると、「レヴォーグ」と「インプレッサスポーツ」は0km/h〜約120km/hまでの幅広い車速域で動作するのに対して、「ジェイド」に搭載されているACCは追従機能はなく、30km/h以上でしか動作しません。

さらに、「レヴォーグ」と「インプレッサスポーツ」には、ACCと全車速域に対応した車線中央維持機能を組み合わせた「ツーリングアシスト」が搭載されているため、自動運転技術では「ジェイド」よりも圧倒的に優れているといえるでしょう。

ただ、2019年10月のマイナーチェンジ(年次改良)にて、「インプレッサスポーツ」に「アダプティブドライビングビーム」が搭載されたことにより、上位モデルである「レヴォーグ」より優秀になっています。「アダプティブドライビングビーム」は、対向車の部分的に遮光する「ハイビームアシスト」より先進的なライトです。

 

「ジェイド」で気になるのは、「Honda SENSING」の機能としてある「後方誤発進抑制機能」、「オートハイビーム」が設定されていないことです。

「レヴォーグ」や「インプレッサスポーツ」と比較すると、自動ブレーキやACCで負けており、後退時自動ブレーキが搭載されていない点でも劣っているため、せめて上記の装備くらいは設定してほしかったところです。

 

スポンサーリンク

価格の比較


SUBARU「インプレッサスポーツ」公式HPより

価格について、比較します。

 

ジェイドのおすすめグレード&価格

「ジェイド」のおすすめグレードは、「RS Honda SENSING」(約261万円)、「HYBRID RS Honda SENSING」(約295万円)です。

ナビ、ETC、リアカメラ代等を加えると、「RS Honda SENSING」が約283万円「HYBRID RS Honda SENSING」が約317万円となります。
※上記の価格は税金などの諸費用を足していません。諸費用を足すと+15~25万円程度の価格になります。

 

レヴォーグのおすすめグレード&価格

「レヴォーグ」のおすすめグレードは、「1.6GT EyeSight Smart Edition」(約300万円)、「2.0GT-S EyeSight」(約369万円)です。

安全装備、ナビ、ETC、リアカメラ代等を加えると、「1.6GT EyeSight Smart Edition」が約319万円「2.0GT-S EyeSight」が約405万円となります。
※上記の価格は税金などの諸費用を足していません。諸費用を足すと+25万円程度の価格になります。

 

インプレッサスポーツのおすすめグレード&価格

「インプレッサスポーツ」のおすすめグレードは、「1.6i-S EyeSight」(約224万円)、「2.0i-L EyeSight」(約224万円)です。

メーカーオプションの「アイサイトセイフティプラス」、ディーラーオプションのナビ、ETC、リアカメラ代等を加えると、1.6i-S EyeSight252万円2.0i-L EyeSight269万円となります。
上記の価格は税金などの諸費用を足していません。諸費用を足すと+25万円程度の価格になります。

 

価格比較 結果

上記の価格は税金などの諸費用を足していませんが、値引き額で相殺されるでしょう。また、「ジェイド」のハイブリッド車は諸費用が減税になりますので、ガソリン車よりお得になります。

価格を比較すると、「インプレッサスポーツ」が最もお手頃で、次に「ジェイド」が安く、最も高いのは「レヴォーグ」となります。

維持費を考慮しても、最も高くなるのは「レヴォーグ」です。「ジェイド」のハイブリッド車が最も維持費は安いですが、初期費用と合わせて考えると「インプレッサスポーツ」と同額程度となるでしょう。
※1年10,000km走行、ガソリン代140円、10年使用した場合

 

「インプレッサスポーツ」は、走りや車内の広さでは「ジェイド」や「レヴォーグ」に負けていますが、運転しやすく、安全性能も高く、なんと言っても”安い”ため、コスパが高いといえるでしょう。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】新車同様の中古車なら新車より60万円以上安く買える!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも多数あります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は”新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!

また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
新車同様の中古車を買う場合のメリットは何といってもその安さ!ですが、デメリットとしては、自分の付けたいオプションが選べないという点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

なので、中古車選びのポイントは、車のカラー及びメーカーオプションは妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数No1のガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数1位のガリバーがおすすめです。

中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何キロでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

気になった車、欲しい車がある方は、まずはガリバーに登録して探してもらいましょう!
※登録後、ガリバーから確認の電話連絡があります。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!

中古車買取サービスは、中古車の買取台数ランキング1位のガリバー無料査定がおすすめです。

買取台数No1なのには、それだけの高価買取実績サービスの良さ信頼性があります。

中古車販売台数も1位でしたが、中古車買取台数も1位のガリバーは、まさに中古車業界の”トヨタ”的存在です。

 

■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由
中古車買取台数が1位ということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。

  • 買取車両の在庫期間を短くする独自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減
  • 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映
  • ディーラーの下取りと異なり、オプションやアクセサリーを買取額にプラス評価!

 

■筆者の一括査定体験談
買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。

上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

何れにしも、無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。

査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

 

私は1台目の軽自動車を売る際、ディーラーで下取りに出し「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにもガリバー無料査定を行い、
現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう
※入力後、ガリバーから確認の電話連絡があります。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、ホンダ「ジェイド」・スバル「レヴォーグ」・スバル「インプレッサスポーツ」の違いを比較しながらご紹介しました。

 

3車はそれぞれの良さがあります。

  • 唯一3列シート車を選択でき、最も広い後部座席を備えた「ジェイド」
  • 価格は最も高くなるものの、圧倒的な加速性能、安全性能を備えた「レヴォーグ」
  • 最もお手頃な価格で、運転しやすく、安全性能が高い「インプレッサ」

結論としては、車内が広いのは「ジェイド」、加速が鋭いのは「レヴォーグ」、コスパが高いのは「インプレッサスポーツ」です。

車を購入する優先順位やこだわりによって、どの車が良いかは変わってくると思います。
あなたが最も欲しいと思った車を購入する様にしてください。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント