”新車同様の中古車”なら新車より60万円以上安く買える!
スポンサーリンク

トヨタ「ハイラックス」マイナーチェンジ(一部改良)2019による変更点~安全性能が大幅レベルアップ!

モデルチェンジ情報

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

今回は、2019年6月4日に発表されたトヨタ「ハイラックス」の一部改良による変更点をまとめてみました。

「ハイラックス」といえば、耐久性の高さや悪路走破性に信頼性があり、トヨタ「ランドクルーザー」と並んで世界的人気車種です。国内ではピックアップトラックが超希少な存在であるため、唯一無二のクルマと言っても過言ではないでしょう。

そんな「ハイラックス」が、”ぶつからない”・”はみ出さない”クルマになりました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

トヨタ「ハイラックス」一部改良(2019年6月4日)の変更点


トヨタ「ハイラックス」公式HPより

2019年6月4日に発表されたトヨタ「ハイラックス」の一部改良の変更点は、以下のとおりです。

  • 自動ブレーキ「プリクラッシュセーフティ」が昼間の自転車、夜間歩行者の検知機能が追加
  • 「レーンディパーチャーアラート」に、車線逸脱抑制機能が追加
  • 「レーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付)」が追加(全車速追従機能はない)
  • 道路標識を認識し、ディスプレイに表示する「ロードサインアシスト」が追加
  • 「先行車発進告知機能」が追加
  • 「リヤデフロック」を全車標準装備に変更

 

今回の一部改良により、安全性能が大幅にレベルアップしています。

自動ブレーキは、昼間の歩行者しか検知できなかったところを、夜間歩行車及び昼間自転車も検知できる様になっています。これは、新型「RAV4」などに搭載されているシステムと同じ最新式の自動ブレーキです。

また、車線逸脱警報機能しかなかった「レーンディパーチャーアラート」にステアリングの制御が発生する車線逸脱抑制機能が追加されています。ただ、新型「RAV4」に設定されてある「レーントレーシングアシスト」と比較すると、車線維持支援機能がない点で機能的に劣ります。

さらに、「レーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付)」が新たに設定されていますので、長距離運転時の負担軽減となるでしょう。しかしこれも、約30km/h以上でしか作動しない古いシステムで、Cセグメント以上のクルマでは一般的な「全車速追従機能付きACC」ではないため、先進的とはいえません。

その他、「ロードサインアシスト」や「先行車発進告知機能」が追加されていますので、改良前の装備内容を考えると、安全性能は大幅にレベルアップしているといえるでしょう。

 

上記の安全装備の追加は、「Z」と特別仕様車「Z”Black Rally Edition”」のみです。「X」に自動ブレーキすら設定されていない点は変更されていません。

価格は、「X」が約6万円アップの約338万円、「Z」が約2万円アップの約383万円、特別仕様車「Z”Black Rally Edition”」が約2万円アップの約403万円となっています。

発売は、2019年6月24日からです。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、2019年6月4日に発表されたトヨタ「ハイラックス」の一部改良による変更点をご紹介しました。

今回の一部改良で予防安全性能も高くなった「ハイラックス」。これを機に、敢えて「RAV4」でも「ハリアー」でも「ランドクルーザープラド」でもなく「ハイラックス」を選択してみるのもありではないでしょうか。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント