”新車同様の中古車”なら新車より60万円以上安く買える!
スポンサーリンク

【フォレスター】マイナーチェンジ2019(B型)による変更点&おすすめグレード

モデルチェンジ情報

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

今回は、2019年6月10日に発表されたスバル「フォレスター」のマイナーチェンジ(B型改良モデル)による変更点をまとめてみました。

また、2.5Lガソリン車「X-BREAK」とe-BOXER搭載車「Advance」を共にがっつり試乗した上で、両車の違いやおすすめグレードも徹底検証してみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スバル「フォレスター」マイナーチェンジ2019による変更点


スバル「フォレスター」公式HPより

2019年6月10日に発表されたスバル「フォレスター」のマイナーチェンジ(B型改良モデル)による変更点は、以下のとおりです。

  • 後席への荷物の置き忘れをブザー・画面表示でお知らせする「リヤシートリマインダー」を新たに採用
  • 「Advance」のみの装備だった「LEDライセンスランプ」を全車標準装備に変更
  • ボディカラーに新色「マグネタイトグレー・メタリック」を採用

 

昨年(2018年)発売されたばかりの新型車ということもあり、かなり小改良となっています。最大の変更点は、「リヤシートリマインダー」を採用(全車標準装備)したことでしょう。

「リヤシートリマインダー」の仕組みは、後席のドアの開閉により人の乗車や荷物を積載したとシステムが判断、走行後エンジンを切ると警告音とインフォメーションディスプレイに警告表示されるというものです。この機能により、荷物や小さいお子さんの車内置き去り防止に役立つとのこと。実際に人の乗車や荷物の積載をカメラなどで判断しているわけではないので、誤警告になることもありそうですね。

「リヤシートリマインダー」は、トヨタ「シエンタ」が2018年9月のマイナーチェンジで日本初採用していますので、トヨタに続いてスバルも採用したということになります。

 


スバル「フォレスター」公式HPより

新色「マグネタイトグレー・メタリック」については、スバル「レヴォーグ」及びスバル「WRX S4/STI」も同様に2019年の改良にて採用されたボディカラーです。有料色ではありません。
※上の写真は新色「マグネタイトグレー・メタリック」の「フォレスター」

 

今回の改良による価格の変更はありません。

発売は2019年7月18日(木)からです。発売及びJNCAP衝突安全性能評価大賞受賞記念にともない2019年6月8~16日の期間中に店頭でデビューフェアが行われるとのことです。

 

スポンサーリンク

「フォレスター」:試乗でガソリン車とe-BOXER搭載車を比較


スバル「フォレスター」公式HPより

「フォレスター」のグレード別販売構成比では、e-BOXER搭載車「Advance」が最も高く、全体の約半数を占めている人気グレードとなっている様です。

そこで、2.5Lガソリン車「X-BREAK」とe-BOXER搭載車「Advance」を全く同じ道でどれくらい走りの違いがあるか、試乗にて試してみました!

2.5Lガソリン車とe-BOXER搭載車の最大の違いは「走り」です。

モーターによるアシストがあるとはいえ、間違いなく2.5Lガソリン車の方が走りは面白いです。

発進時のパワーはホンダ「CR-V」の「1.5L VTEC TURBOエンジン」に負けているかもしれませんが、伸びのある加速は同等だと感じました。時速100km以上となると、「フォレスター」の2.5Lガソリン車の方が上かもしれません。

e-BOXER搭載車は2.5Lガソリン車と比べて100kg以上重くなっているため、正直走りも重く感じ、面白いという感覚は感じられませんでした。「スポーツモード(S)」にすることで、回転数が上がり加速性能は向上しますが、それでも2.5Lガソリン車には及びません。

また、静粛性もそこまで差はありませんが、停車する直前にe-BOXER搭載車はエンジンを停止させモーターだけで走行するため、とても静かでした。発進時も緩くアクセルを踏み込めばモーター走行できましたが、数秒程度で短かめです。

上記のため、あまりモーターによるアシストを期待しているとがっかりするかもしれません。
e-BOXER搭載車の走りは、感覚的に日産「エクストレイル」やミニバンの2.0L車に近い感じでした。

 

その他、外観の違いは、メッキ加飾やシルバー加飾があるかないか程度なので、大きな違いはありません。ただ、「フォレスター」から装備された先進装備「ドライバーモニタリングシステム」はe-BOXER搭載車「Advance」でないと装備できません。

燃費性能は、2.5Lガソリン車の実燃費が10.5km/L前後、e-BOXER搭載車の実燃費が12.0km/L前後で、あまり燃費性能差はありません。ディーラーさんも言っていましたが、高速道路などではむしろ2.5Lガソリン車の方が燃費性能は良いです。車両本体価格もそこまで差はないため、維持費も含めて金額差はあまりないでしょう。

 

走りで選ぶなら2.5Lガソリン車、燃費性能で選ぶならe-BOXER搭載車、と言いたいところですが、あまり燃費性能差はないため、個人的には2.5Lガソリン車の方がおすすめです。

 

スポンサーリンク

最新!「フォレスター」で最もお得な、おすすめグレードは!?


スバル「フォレスター」公式HPより

「フォレスター」のおすすめグレードは、2.5Lガソリン車の「Touring」です。

「Touring」は最廉価グレードながら、装備は充実しており、「Premium」に装備されるLEDフロントフォグランプやアルミパッド付スポーツペダルなどはないものの、「キーレスアクセス」や「アイサイトセイフティプラス」を「Touring」にオプション装備させた方が「Premium」より5万円程度安く購入することができます。

上記より、少しでも安く購入したい場合は「Touring」が最もおすすめです。

 

ただ、街乗りが多く、先進装備「ドライバーモニタリングシステム」が絶対欲しいということであれば「Advance」という選択肢もありだと思います。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】新車同様の中古車なら新車より60万円以上安く買える!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも多数あります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は”新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!

また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
新車同様の中古車を買う場合のメリットは何といってもその安さ!ですが、デメリットとしては、自分の付けたいオプションが選べないという点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

なので、中古車選びのポイントは、車のカラー及びメーカーオプションは妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数No1のガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数1位のガリバーがおすすめです。

中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何キロでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

気になった車、欲しい車がある方は、まずはガリバーに登録して探してもらいましょう!
※登録後、ガリバーから確認の電話連絡があります。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!

中古車買取サービスは、中古車の買取台数ランキング1位のガリバー無料査定がおすすめです。

買取台数No1なのには、それだけの高価買取実績サービスの良さ信頼性があります。

中古車販売台数も1位でしたが、中古車買取台数も1位のガリバーは、まさに中古車業界の”トヨタ”的存在です。

 

■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由
中古車買取台数が1位ということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。

  • 買取車両の在庫期間を短くする独自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減
  • 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映
  • ディーラーの下取りと異なり、オプションやアクセサリーを買取額にプラス評価!

 

■筆者の一括査定体験談
買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。

上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

何れにしも、無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。

査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

 

私は1台目の軽自動車を売る際、ディーラーで下取りに出し「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにもガリバー無料査定を行い、
現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう
※入力後、ガリバーから確認の電話連絡があります。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、スバル「フォレスター」のマイナーチェンジ(B型改良モデル)による変更点、おすすめグレードをご紹介しました。

昨今、ライバル車の安全性能も向上しており、スバル「EyeSight」がダントツで安全性能が高いという状況ではなくなったものの、依然トップクラスの安全性能を誇ります。

そんな「フォレスター」は、以下のメリットがあると筆者は考えます。

  1. 視界が広く、運転しやすい
  2. 車内が広いため、ファミリー向け
  3. 安全性能はトップクラス
  4. 全車速域で作動する車線中央維持+ACCの「ツーリングアシスト」があり、長距離運転時に楽
  5. 悪路走破性が高い

個人的には、特に1と2が地味ではありますが素晴らしいと感じています。

SUVを検討されている方は、トヨタ「RAV4」も素晴らしいですが、これを機に「フォレスター」も検討してみては如何でしょうか。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント