スポンサーリンク

【Cセグメント おすすめ】カローラフィールダー・インプレッサを試乗、比較、評価してみた&フルモデルチェンジ(2018)情報

車情報
スポンサーリンク

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。
今回はおすすめのCセグメント車をご紹介します。
今回の車種はスバル インプレッサスポーツとトヨタ カローラフィールダーです!

私の愛車はスバル インプレッサスポーツですが、インプレッサスポーツとの違いについても徹底比較、評価(レビュー)します。

 

まず、各車のボディタイプについては、以下の通り。

  • スバル インプレッサは、ハッチバックタイプのインプレッサスポーツ、
    セダンタイプのインプレッサG4
  • トヨタ カローラは、ステーションワゴンタイプのカローラフィールダー、
    セダンタイプのカローラ アクシオ

また、2017年時点での、各社のマイナーチェンジ情報は、以下の通り。

  • スバル インプレッサは、2017年9月11日にマイナーチェンジ(B型)
  • トヨタ カローラは、2017年10月11日にマイナーチェンジ

スバルは毎年マイナーチェンジを行います。
カローラは同モデルが発売されてから2度目のマイナーチェンジであり、同モデルでは最後のマイナーチェンジになるかと思われます。

ちなみにカローラフィールダーは、2019年にフルモデルチェンジを行う見込みです。
試乗した際にディーラーから聞いた話では、2017年にフルモデルチェンジの予定があったそうですが、マイナーチェンジにとどまり、延期になったようです。

現在入ってきている最新のフルモデルチェンジ(次期カローラ)情報も、最後にご紹介します。

それでは、カローラ、インプレッサの違いについて、順番に解説していきます。

スポンサーリンク

Cセグメントとは


インプレッサやカローラは、Cセグメントとよばれる分類に該当します。

セグメントとは、車の分類のことで、A~Jのアルファベットで表記され、後半になるほど大型、高級な車となります。

Cセグメントとは、全長4350mm〜4600mmのセダンまたはステーションワゴン、全長4200mm〜4500mmのハッチバックが該当します。
ただし、明確な数値基準はないようです。

人気セグメントの代表的な車種は、以下のとおりです。

  • Aセグメント:ホンダ N-BOX、ダイハツ タントなどの軽自動車
  • Bセグメント:トヨタ アクア、ホンダ フィットなどのコンパクトカー
  • Cセグメント:マツダ アクセラ、トヨタ オーリス、トヨタ カローラ、スバル インプレッサ、フォルクスワーゲン ゴルフ、トヨタ プリウスなど
  • Dセグメント:トヨタ ヴォクシー、日産 セレナ、トヨタ カムリ、スバル レガシィなど
  • Eセグメント:トヨタ アルファード、ホンダ オデッセイ、トヨタ クラウンなど
  • Sセグメント:スポーツカー
  • Jセグメント:ホンダ ヴェゼル、トヨタ C-HRなどのSUV

 

ボディーサイズの比較


トヨタ「カローラフィールダー」公式HPより

カローラフィールダー、インプレッサスポーツ、それぞれのボディーサイズを比較します。

・カローラフィールダー
全長(mm):4,400(“W×B”は4,410)
全幅(mm):1,695
全高(mm):1,465~1,535(グレード、2WD or 4WDで異なります。)
ホイールベース(mm):2,600
車両重量(kg):1,110~1,200(グレード、2WD or 4WDで異なります。)
最小回転半径(m):4.9(“W×B”は5.5)

・インプレッサスポーツ
全長(mm):4,460
全幅(mm):1,775
全高(mm):1,480
ホイールベース(mm):2,670
車両重量(kg):1,300~1,400(グレード、2WD or AWDで異なります。)
最小回転半径(m):5.3

一見すると、両車似たようなボディーサイズですが、微妙に異なります。

カローラフィールダーはインプレッサスポーツと異なり、5ナンバーサイズなので、全幅は1,695mmに抑えられています。
全長やホイールベース、最小回転半径もカローラフィールダーの方が小さいのでカローラフィールダーの方が取り回しは良いです。
ただし、“W×B”は最小回転半径が5.5となるため、“W×B”と比較した場合はインプレッサスポーツの方が小回りが良くなります

車両重量は、カローラフィールダーの方が200kgほど軽いです。

 

■補足
今更ですが5ナンバーと3ナンバーの違いについて、
「全長4.7メートル以下」、「全幅1.7メートル以下」、「全高2.0メートル以下」、「ガソリン車の場合は総排気量が2000cc以下」を全て満たしていた場合5ナンバーとなります。
1項目でも上回れば3ナンバーとなります。

3ナンバーだから税金が高くなるということはありません。
最近の車は大きくなっていく傾向にありますので、5ナンバーの車は貴重な存在になっていくかもしれません。
日本の狭い道には5ナンバーの方が適しているでしょう。

 

運転のしやすさ、視界の良さの比較


トヨタ「カローラフィールダー」公式HPより

運転のしやすさ、視界の良さはとても重要です。
最近は自動ブレーキシステムなども付いているのが当たり前になってきてはいますが、基本的にはまだまだ人間の目視確認がほとんどです。

 

・カローラフィールダー
カローラフィールダーは、見やすさ、視界の良さはとても良いです。
実際に試乗した際も、マツダ アクセラスポーツやトヨタ オーリスよりも見やすいと感じました。
フロントノーズがマツダ アクセラスポーツやスバル インプレッサスポーツより若干短く、インパネに位置感覚の目安となるセンターマークの設置や、サイドミラーの位置を少し後方に配置するなど視界を良くする工夫が施されています。

 

・インプレッサスポーツ
インプレッサスポーツは、フロントガラスの傾斜具合は圧迫感もなく、ピラーの位置は視界の邪魔になりません。かなり見やすいです。

購入後も、見にくいと感じたことはありません。
リアについては、基本的にバックカメラを使いますが、見にくいと感じたことはありません。
スバルが「0次安全」と言って主張しているだけあって、視界は良いです。

 

「運転のしやすさ、視界の良さ」については、両車ともにとても良いです。
強いていうなら、インプレッサスポーツは「フロントノーズが少し長いな」と購入してから何度か思いました。慣れの問題であるかとは思いますが。

 

デザイン(エクステリア、インテリア)の比較


SUBARU「インプレッサ SPORT」公式HPより

デザイン(エクステリア、インテリア)は、人によって完全に意見が分かれるところだと思います。

 

・カローラフィールダー



トヨタ「カローラフィールダー」公式HPより

 

・インプレッサスポーツ



SUBARU「インプレッサ SPORT」公式HPより

 

インテリアは、カローラフィールダーはハイブリッドの“W×B”に試乗したのですが、シートは合皮が多用されているため、同クラスとして質感の高さを感じました。
“W×B”の場合、シートはファブリック&合皮が標準装備です。
インプレッサスポーツもオプションで本革シート(ブラックレザー・フロントシートヒーター付)を選択できます。

エクステリアは、インプレッサスポーツの方がスポーティーでカッコイイと感じました。
特に横から見た印象はインプレッサスポーツの方が良いと感じました。

しかし、デザイン(エクステリア、インテリア)は本当に人によって好みが分かれるところなので、購入される方の主観で決めていただくのが1番だと思います。

自分が最もカッコイイと思った車を購入するようにしてください。

 

燃費性能の比較

燃費性能について、比較していきます。
同グレードの中で、最も燃費性能の高いもので比較します。
また、ユーザーが投稿した実燃費を集計した e燃費の値もカタログ燃費の下に記載します。

 

・カローラフィールダー

・ガソリンエンジンモデル(1.5G、1.5X)
→23.0km/L(※2WD)
→17.27km/L(e燃費より)

・ハイブリッドモデル(HYBRID)
34.4km/L
21.87km/L(e燃費より)

 

・インプレッサスポーツ

・ガソリンエンジンモデル(1.6i-L EyeSight)
→18.2km/L(※2WD)
→12.46km/L(e燃費より)

 

「燃費性能」については、ガソリンモデルで比較するとカローラフィールダーの方が良いです。
さらにカローラフィールダーには、ガソリンモデルの約1.5倍の燃費性能のハイブリッドモデルがあるため、「燃費性能」のみでみれば、圧倒的にカローラフィールダーの方が優れています。

 

エンジン性能の比較


SUBARU「インプレッサ SPORT」公式HPより

エンジン性能について、比較していきます。
カローラフィールダーはハイブリッドモデル、インプレッサスポーツは1.6Lモデルで試乗比較した感想も記述します。

その前に「出力」と「トルク」の違いについて、簡単に説明します。

  • 出力:クルマの速さ
  • トルク:クルマの加速力

簡単に書くと、「最高出力」の値が高い車は、速く走れる車で、「最大トルク」の値が高い車は、加速が早い車ということですね。

高排気量のエンジンになればなるほど、出力とトルクの値が大きくなります。
ディーゼルエンジンやターボエンジンは、低回転域からトルクの値が大きいのが特徴です。
すぐにブーン!って走れるってことですね。

 

・カローラフィールダー

・ガソリンエンジンモデル(1.5G、1.5X ※2WDの値)
→最高出力 80kW〈109PS〉/6,000rpm
→最大トルク 136N・m〈13.9kgf・m〉/4,400rpm

・ガソリンエンジンモデル(1.8S)
→最高出力 103kW〈140PS〉/6,200rpm
→最大トルク 172N・m〈17.5kgf・m〉/4,000rpm

・ハイブリッドモデル(HYBRID)
エンジン
→最高出力 54kW〈74PS〉/5,200rpm
→最大トルク 111N・m〈11.3kgf・m〉/4,000rpm
モーター
→最高出力 45kW〈61PS〉
→最大トルク 169N・m〈17.2kgf・m〉

 

・インプレッサスポーツ

・ガソリンエンジンモデル(1.6i-L EyeSight)
→最高出力 85kW〈115PS〉/6,200rpm
→最大トルク 148N・m〈15.1kgf・m〉/3,600rpm

・ガソリンエンジンモデル(2.0i-L EyeSight、2.0i-S EyeSight)
→最高出力 113kW〈154PS〉/6,000rpm
→最大トルク 196N・m〈20.0kgf・m〉/4,000rpm

 

「エンジン性能」について、カローラフィールダーはハイブリッドモデル、インプレッサスポーツは1.6Lモデルを試乗した感想としては、インプレッサスポーツの方が加速も滑らかで、走っていて楽しいと感じました。

インプレッサスポーツは2.0Lモデルもあるので、高速域での加速や走る楽しさは圧倒的にインプレッサスポーツの方が良いといえます。

カローラフィールダーについては、やはり燃費重視の車という感じでした。

 

ラゲッジスペースの比較


トヨタ「カローラフィールダー」公式HPより

ラゲッジスペースについて、比較します。
両車6:4分割可倒となっていますが、積載できる荷物の容量が異なります。

カローラフィールダーが「407L」、インプレッサスポーツが「385L」となっています。

ラゲッジスペースの広さは、やはりステーションワゴンのカローラフィールダーの方が広いです。
ワンタッチでシートを倒せる機能もあるため、ラゲッジスペースの使い勝手はとても良いです。

 

居住性、後部座席の比較


SUBARU「インプレッサ SPORT」公式HPより

車の居住性、後部座席の広さについて、比較します。

まず室内長で比較すると、カローラフィールダーが「1,945mm」、インプレッサスポーツが「2,085mm」となっています。

実際試乗した際の感想としては、両車ともに同じくらいの広さかなという印象でした。
カローラフィールダーの場合は、後部座席中間の床がフラットになっていて、さらに後部座席にリクライニング機能もあるため、快適です。

 

安全性能の比較


SUBARU「インプレッサ SPORT」公式HPより

安全性能を比較します。
下表に各車の安全装備を整理しています。同機能の装備を同行に示しています。

 

カローラフィールダーインプレッサスポーツ
オートマチックハイビームハイビームアシスト
レーンディパーチャーアラート警報&お知らせ機能
プリクラッシュセーフティシステムプリクラッシュブレーキ
ドライブスタートコントロールAT誤発進(後進)抑制制御
インテリジェントクリアランスソナー後退時ブレーキアシスト
アクティブレーンキープ(車線中央維持・車線逸脱抑制)
 スバルリヤビークルディテクション
 サイドビューモニター
クルーズコントロール全車速追従機能付クルーズコントロール
ステアリング連動ヘッドランプ

 

・カローラフィールダー
カローラフィールダーは、機能が少なく、衝突回避機能も歩行者を認識できない等、明らかにインプレッサスポーツよりも劣ります。

トヨタには、カローラフィールダーに設定されている「Toyota Safety Sense C」よりも高機能な「Toyota Safety Sense P」があるのに、カローラフィールダーや価格の低い車種には設定されていません(プリウスなどには設定)。
2017年のマイナーチェンジで「ドライブスタートコントロール」、「インテリジェントクリアランスソナー」の機能を追加しています。
しかしながら、乗車している人間の命を守るための重要な機能なので、「Toyota Safety Sense P」を全車種標準にすべきだと、私は思います。

ただ、トヨタの同クラスのオーリスはSRSサイドエアバッグ+SRSカーテンシールドエアバッグがオプション装備なところを、カローラフィールダーは標準装備にしているところは、多少良くなっています。
※オーリスには「ドライブスタートコントロール」、「インテリジェントクリアランスソナー」もありません。

 

・インプレッサスポーツ
インプレッサスポーツは、「全車速追従機能付クルーズコントロール」が「0km/h~」から行えるところ、アイサイトの衝突回避機能の高さ、信頼性の高さが優れています。
また、歩行者保護エアバッグを標準装備するなど、他車にはない装備もあります。

安全性能は、スバル インプレッサスポーツの方が圧倒的に良いといえます。

 

価格の比較(カローラおすすめグレード)

価格について、比較します。

 

カローラフィールダーのおすすめグレード&価格

トヨタ カローラフィールダーは、1.5Lガソリンモデル、1.8Lガソリンモデル、ハイブリッドモデルがありますが、人気なのはやはり“W×B”のハイブリッドモデルと1.5Lガソリンモデルでしょう。

“W×B”と通常モデルの違いは、フロントロアグリルがメッシュパターン、メッキ加飾されたフロントフォグランプ、リヤロアガーニッシュ、シャークフィンアンテナ、シートに合皮が使用される等、かなりエクステリア、インテリアともに質感が高くなっています
社用車でもよく見かけるカローラフィールダーなので、社用車とは一味違うカッコイイフィールダーにしたいですよね。

上記から“W×B”を比較対象とすると、ガソリンモデルの「1.5G“W×B”」が約217万円、ハイブリッドモデルの「HYBRID G“W×B”」が約254万円となります。

さらに「インテリジェントクリアランスソナー」を追加するとガソリンモデルの「1.5G“W×B”」約220万円、ハイブリッドモデルの「HYBRID G“W×B”」約257万円となります。

 

インプレッサスポーツのおすすめグレード&価格

スバル インプレッサスポーツのおすすめグレードは、「1.6i-L EyeSight」が約195万円、「2.0i-L EyeSight」が約218万円となります。

さらに全ての安全性能や本革巻きなどのオプションを加えると、「1.6i-L EyeSight」約218万円「2.0i-L EyeSight」約235万円となります。

 

価格比較 結果

ナビ代を15万円ほどを足して、1.5Lガソリンモデル(インプレッサスポーツは1.6L)で比較すると、カローラフィールダーの「1.5G“W×B”」は約235万円、インプレッサスポーツの「1.6i-L EyeSight」が約233万円となります。

初期費用は「HYBRID G“W×B”」が最も高くなっていますが、燃費が圧倒的に良いため、10年間使用することを考えると、逆転する可能性は高いです。

 

ナビについて追記すると、トヨタのナビは、「T-Connectナビ」のみの選択、
スバルは、一般的に販売されているナビメーカーのナビ(ストラーダ、楽ナビ、サイバーナビ等)を選択することができます。

 

カローラフィールダーのフルモデルチェンジ情報


トヨタ新型カローラセダン ワゴン公式HPより

※上の写真は、新型「カローラ ツーリング スポーツ」

ワゴンの「フィールダー」は「カローラスポーツ」から遅れて2019年にフルモデルチェンジとなりそうです。

プラットフォームはTNGA(GA-C)となります。

 

■名称変更
これまでカローラのワゴンタイプは「カローラ フィールダー」という名称でしたが、どうやらフルモデルチェンジの際に名称が変更となり、ワゴンタイプは「カローラ ツーリング スポーツ」となります。

 

■パワートレイン
パワートレインは、「カローラスポーツ」と同じ1.2Lターボエンジン&1.8Lハイブリッドが搭載され、「カローラ ツーリング スポーツ」には1.8Lガソリンエンジンモデルも追加でラインナップされます。

さらに、システム最高出力184PSの2.0Lハイブリッドモデルもラインナップされます。

最新の情報では、2.0Lハイブリッドモデルは通常モデルから1年ほど遅れて、スポーツモデル「GT」として登場となりそうです。

 

■ボディサイズ
「カローラ ツーリング スポーツ」は、「カローラスポーツ」と比べてホイールベースは2,640mmから60mm延長の2,700mmとなり、前後シート間の距離を928mmに延長ラゲッジスペースも598L(VDA方式)に拡大されます。

これまでの5ナンバーサイズから3ナンバーサイズになるのは、ほぼ確定なようです。

 

■安全装備&コネクティッド技術
安全装備は、「カローラスポーツ」と同様の第2世代型「Toyota Safety Sense」が採用され、コネクティッド技術も採用されるものかと予想されます。

 

新しい情報が入りましたら、また更新いたします。

 

【おすすめ】新車同様の中古車なら新車より60万円以上安く買える!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

しかも、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも普通にあります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は、新車同様の中古車を探してみるという選択肢も大いにありだと思いませんか?!

さらに中古車の場合は、納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。
人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
新車同様の中古車を買う場合のメリットは何といってもその安さ!ですが、デメリットとしては、自分の付けたいオプションが選べないという点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

なので、中古車選びのポイントは、車のカラー及びメーカーオプションは妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数No1のガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数がここ数年ダントツ1位のガリバーがおすすめです。
中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらにガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

さらにディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何キロでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

■さらに!1月~2月は決算セール期間でお得に購入できるチャンス!
ガリバーは、2019年1月21日~2019年2月28日の期間中、ガリバー25週年目の決算セールを展開しています。
キャンペーン期間中は、セール車両を購入できるお得な時期
セール車両は先着順につき売り切れる場合があるので、お得に購入したい方はこのチャンスをお見逃しなく!

気になった車、欲しい車がある場合や、セール車両を購入したい方は、すぐにガリバーに登録して探してもらいましょう!
※登録後、ガリバーから確認の電話連絡があります。

 

【おすすめ】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!

中古車買取台数No1、最大手のガリバーがおすすめ!

新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!

 

中古車買取サービスは、中古車の買取台数ランキングでここ数年ダントツ1位のガリバー無料査定がおすすめです。

買取台数No1なのには、それだけの高価買取実績サービスの良さ信頼性があります。

中古車販売台数も1位でしたが、中古車買取台数も1位のガリバーは、まさに中古車業界の”トヨタ”的存在です。

 

■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由
中古車買取台数が1位ということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。

  • 買取車両の在庫期間を短くする独自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減
  • 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映
  • ディーラーの下取りと異なり、オプションやアクセサリーを買取額にプラス評価!

 

■筆者の一括査定体験談
買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシーの観点からみても良くありません。

上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

何れにしも、無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。

査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

 

私は1台目の軽自動車を売る際、ディーラーで下取りに出し「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにもガリバー無料査定を行い、
現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう
※入力後、ガリバーから確認の電話連絡があります。

 

もし買取価格がつかない様な「事故車」でも売却できる!


株式会社タウ 公式HPより

ディーラーや中古車買取サービスでも買取価格がつかなかった場合、お金を払って廃車にしなくてはならない・・・なんてことはありません!大丈夫です。

なぜ事故車でも買い取ってくれるのか?!以下の様な理由からです。

  • 日本で中古車として販売できない場合でも、海外なら価値がある場合がある
  • 車としてはボロボロでも、パーツ(エンジン、カーナビ等)には価値がある
  • そもそも車の素材(鉄)に価値がある

 

そこで事故車買取シェア1位株式会社タウが最もおすすめです。

売上高230億円(2017年9月末)の最大手であり、古くから事故車買取を行っているパイオニア的な企業、累計買取68万台を突破した実績もあり、安心です。
最近だと、2018年の西日本豪雨で被害にあった車も多く買い取った実績があります。

さらに他社と比較しても買取価格が高く、日本全国対応可能で、レッカー代などの手数料もすべて無料です。出張査定も無料で、大破した事故車でも売却可能です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

 

お金を払って廃車なんてもったいない!
少しでもお金に変えて、車購入にあてましょう!

 

高く売れる時期は1~3月、9~10月!ただし1日でも早く売るのがお得!

ガリバーの情報によると、高く売れる時期は1~3月、9~10月です。
しかし、あなたの車の価値は毎日下がっていくものなので、売却することが決まっているのなら1日でも早く売却することが最もお得です。

 

あなたの車の価格が今いくらなのか!?
無料でチェックしましょう

もし今すぐ車を売る気がなくても、自分の車の価格が今いくらなのか!?を把握しておくことは大切です。

あなたが考えているよりもずっと高額で売れるかもしれません。
そうなれば、今後の車の購入プランも変わってきますよね。

上記でご紹介した「ガリバー」、「株式会社タウ」はいずれも無料で査定できます。

是非チェックしてみましょう!

 

まとめ

燃費性能や荷物の積載量にこだわる人は、「カローラフィールダー」がおすすめ、
安全性能や走りにこだわる人は、「インプレッサスポーツ」がおすすめ、
という結果になりました。

ただ、車購入の最終的な判断基準は、購入される方の好みが最も大事です。
今回の記事を参考にしていただき、自分が1番ピンときた車を購入するようにしてください。

今回ご紹介した車が気になった方は、是非1度見積もりをとってみてください。
以下のリンクより、最短60秒で入力できる簡単見積もりが可能です。もちろん無料です。
・カローラフィールダー見積もり(オートックワン公式HP)
・インプレッサスポーツ見積もり(オートックワン公式HP)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント