You Tube始めました!ひつじ茶屋のコンテンツを動画でお楽しみください!
スポンサーリンク

【新型レクサスUX】特別仕様車、モデルチェンジ2022まとめ

モデルチェンジ情報

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

今回は、2022年7月7日に行われた新型レクサス「UX」のマイナーチェンジによる変更点をまとめてみました。

また、今回の改良で新たに追加された特別仕様車「F SPORT Emotional Explorer」、及び「Graceful Explorer」と通常グレードの違いもまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型レクサス「UX」マイナーチェンジ2022による変更点


レクサス「UX」公式HPより

2022年7月7日に行われた新型レクサス「UX」のマイナーチェンジによる変更点は、以下のとおりです。

 

■ボディ剛性や静粛性の向上

  • サイドドア、バックドア周辺ボディ開口部のスポット溶接打点を計20点追加しボディ剛性を向上
  • ロードノイズを低減した新開発の18 インチランフラットタイヤを採用
  • 「version L」は標準装備の18インチタイヤをランフラットからノーマルへ変更、乗り心地と静粛性を向上
    ※ランフラットタイヤをメーカーオプション設定
  • 「F SPORT」はパフォーマンスダンパーとAVSを標準装備、ステアリングギアにブレースを追加することで操舵応答性を向上、アルミ製フットレストとスカッフプレートを新たに設定

■安全性能の向上

  • 「プリクラッシュセーフティ」は、交差点右折前に前方から来る対向直進車や、右左折時に前方から来る横断歩行者も検知可能となり、衝突回避操作時に車線逸脱抑制をアシストする「緊急時操舵支援」を追加
  • 「レーントレーシングアシスト(LTA)」は、支援範囲を拡大、よりスムーズで途切れにくい操舵支援を実現
  • 「レーダークルーズコントロール」は、カーブの大きさに合わせて減速する「カーブ速度抑制機能」を追加
  • 「レーントレーシングアシスト」使用中に体調急変などドライバーの無操作状態が継続している場合に車両を減速させ自車線内に停車させる「ドライバー異常時対応システム」を採用
  • 「パノラミックビューモニター」は、過去に撮影した路面の映像を車両直下に合成表示して車両下方の路面状況やタイヤ位置の把握を補助する「床下透過表示機能」を追加

■コックピットの使い勝手の向上

  • 大型化、高解像度化した12.3インチタッチディスプレイを全車標準装備、ディスプレイは設定位置を従来よりドライバー側へ移動、従来インパネセンターに搭載していたシートヒータースイッチ等をコンソール上部に配置することで空いたスペースに、充電用 USB コネクタ(タイプC)を2個新たに設定
  • 従来の車載ナビに加え、クラウド上の地図情報を活用したコネクティッドナビを新たに採用
  • あらかじめ設定された起動ワードを発話することで音声認識機能の起動が可能に
  • アップルカープレイは、従来の USB 接続に加え、Wi-Fi による無線接続にも対応
  • DCMにより、Web サイト、ストリーミング音楽、YouTubeを閲覧できるWeb ブラウザー機能を設定
  • スマートフォンでドアのロック/アンロックのほか、エンジンスタートも可能な「デジタルキー」を採用
  • 「マイセッティング機能」は、ナビやオーディオなどのマルチメディアの設定にも対応し、デジタルキーや スマートフォンなどでもドライバーの特定が可能。G-Link契約中は別の車両でも利用可
  • 「My LEXUS」は、乗車前にエアコンを始動できるリモートエアコンの他、「マイカー始動ロック」で任意の期間、車のエンジンを始動できなくすることが可能
  • DCMの無線通信でソフトウェアの更新(機能改善・性能向上・新機能の追加)が可能

■ボディカラーの設定変更

  • 「ソニックイリジウム」を新たに設定
  • 2021年発売の特別仕様車「F SPORT Style Blue」専用カラー「ソニッククロム」を全モデルに設定

 

上記のとおり、今回のマイナーチェンジでは、外装や内装の変更はほとんどないものの、先進装備が多く採用されたことが最大の変更点となります。

 

まず先進安全装備では、自動ブレーキや衝突回避システムが“ほぼ”トヨタ最新のモデルに換装されています。

というのも、最も最新の自動ブレーキが採用されているレクサス「NX」やトヨタ「ノア」・「ヴォクシー」の自動ブレーキは、交差点の出会い頭時でも作動し、今回新型「UX」に追加された衝突回避操作をアシストする「緊急時操舵支援」も、ドライバーの操舵をアシストするものではなく、システムが回避操舵そのものを行う先進的なシステムとなっています。

そのため、今回新型「UX」に採用されたものは、“ほぼ”トヨタ最新のモデルに換装された形になります。

とはいえ、右左折時に自動ブレーキが作動する車種はまだまだ少ないため、新型「UX」の安全性能はトップクラスの性能になったといえます。

予防安全性能は劇的に向上したといえるでしょう。

 

高速運転支援システムは、従来カーブでは設定速度のままで走行するため使い勝手が悪かった「レーダークルーズコントロール」に、カーブ前に減速する「カーブ速度抑制機能」が追加されています。

また、ステアリング無操作状態を感知して停止や緊急車両の手配まで行う「ドライバー異常時対応システム」などが追加されています。

高速運転支援システムについても、「NX」や「ノア」・「ヴォクシー」に採用されたハンズオフ走行が可能な「アドバンストドライブ」などが採用されていないため、“ほぼ”トヨタ最新のモデルに換装された形です。

 

安全装備だけでなくマルチメディアシステムも大幅に進化しており、中でも大型の12.3インチタッチディスプレイが全車標準装備された点が大きな特徴です。

ディスプレイサイズが大きくなっただけでなく、ナビデータはクラウド化されたことで常に最新状態を保持できるようになり、YouTubeを車内で閲覧できるようになるなど、利便性と快適性が大きく向上しています。

また、まだまだ採用例の少ないスマホがキーになる「デジタルキー」の採用など、装備は非常に先進的になっています。

 

今回の改良に伴い、車両本体価格は下位2グレード(UX200及びUX250h、「version C」)が3万円前後、「version L」が1万円前後、「F SPORT」が18万円前後と大きく上昇しています。

 

スポンサーリンク

特別仕様車「F SPORT Emotional Explorer」の違い


レクサス「UX」公式HPより

今回の改良で、新型レクサス「UX」に特別仕様車「F SPORT Emotional Explorer」、「Graceful Explorer」が追加されました。

まずは、特別仕様車「F SPORT Emotional Explorer」と通常グレードの違いをみていきましょう。

 

■ベース車

  • 「F SPORT」

■エクステリア

  • 225/50RF18 ランフラットタイヤ&アルミホイール
    (特別仕様車専用切削光輝+ブラック塗装+ブラックナット)
  • フェンダーアーチモール(カラード)
  • ドアミラー(特別仕様車専用ブラック塗装)
  • ルーフレール(特別仕様車専用ブラック塗装)※メーカーオプション

■インテリア

  • 特別仕様車専用L texスポーツシート(運転席・助手席ベンチレーション機能&ヒーター付)
  • シート(特別仕様車専用ブラック&フレアレッドアクセント・フレアレッドステッチ)
  • ステアリング(特別仕様車専用フレアレッドアクセント・フレアレッドステッチ)
  • シートベルト(特別仕様車専用フレアレッド)

■安全装備

  • パノラミックビューモニター(床下透過表示機能付)
  • ブラインドスポットモニター
  • パーキングサポートブレーキ(前後方静止物+後方接近車両)

■ボディカラー

  • 特別仕様車専用2トーンボディカラー

■価格

  • ベース車より+227,000円(実質+106,000円未満)

 

エクステリアは、ドアミラーやルーフレールがブラック塗装となることでアクセントとなる一方、フェンダーアーチモールはボディカラー同色となるため、この辺は好みが分かれそうですね。

ボディカラーは、選択できる全6色ともにブラックルーフの2トーンボディカラーとなります。

 

インテリアは、ステアリングやシートベルトを含め、各所がフレアレッドとなるため、見た目の印象はベース車と大きく異なります。

さらに、暑い夏場に快適なベンチレーションが装備される点は大きいでしょう。

ベース車だと本革シートとのセットオプションのため、設定するには25万円以上と高額になってしまいます。

 

安全装備は、ベース車だとオプション設定となっている装備が標準装備された形となります。

価格はベース車より+227,000円となっていますが、オプションの安全装備の価格が121,000円となっており、さらにベンチレーションなどが標準装備されているため、実際の価格差は10万円未満となるでしょう。

 

最大の違いは、スポーティで好みが分かれそうなフレアレッドのインテリア、そしてベンチレーションだと考えます。

そのため、約10万円かけてフレアレッドのインテリアにしたい、またはベンチレーションを設定したい方にはおすすめですが、おすすめできるユーザーは限定的だといえるでしょう。

 

スポンサーリンク

特別仕様車「Graceful Explorer」の違い


レクサス「UX」公式HPより

次は、特別仕様車「Graceful Explorer」と通常グレードの違いをみていきましょう。

 

■ベース車

  • 「version C」

■エクステリア

  • スピンドルグリル(特別仕様車専用シルバー塗装)
  • LEDヘッドランプ(特別仕様車専用アルミ蒸着[エクステンション・サイドマーカー])
  • 225/50RF18ランフラットタイヤ&アルミホイール
    (特別仕様車専用プレミアムメタリック塗装)
  • フェンダーアーチモール(カラード)

■インテリア

  • 特別仕様車専用L texスポーツシート(運転席・助手席ベンチレーション機能&ヒーター付)
  • シート(特別仕様車専用モーヴ&ブラックアクセント・モーヴステッチ)
  • アームレスト・ドアトリム(特別仕様車専用モーヴ)
  • インストルメントパネル(特別仕様車専用モーヴステッチ)

■安全装備・快適装備

  • パノラミックビューモニター(床下透過表示機能付)
  • ブラインドスポットモニター
  • パーキングサポートブレーキ(前後方静止物+後方接近車両)
  • ハンズフリーパワーバックドア(挟み込み防止機能・停止位置メモリー機能付)

■価格

  • ベース車より+285,000円(実質+51,500円未満)

 

エクステリアは、スピンドルグリルがベース車より明るいカラーとなり、フェンダーアーチモールがボディカラー同色となる点が大きな違いです。

さらに、タイヤとホイールはベース車より1インチ大きい18インチとなり、ランフラットタイヤが標準装備されます。

アルミホイールのデザインはベース車と同じなので正確な価格差は算出できませんが、ランフラットタイヤにするだけで+22,000円かかるため、少なくとも+3万円程度の装備が標準設定された形になるかと思われます。

 

インテリアは、シートやインパネなどのカラーがモーヴとなるため、見た目の印象はベース車と大きく異なります。

さらに、ベース車だとオプション設定すらできないベンチレーションが装備される点は大きいでしょう。暑い夏場に快適です。

 

安全装備及び快適装備は、ベース車だとオプション設定となっている装備が標準装備された形となります。

価格はベース車より+285,000円となっていますが、オプションの安全装備の価格が203,500円となっており、さらにランフラットタイヤやベンチレーションなどが標準装備されているため、実際の価格差は約5万円未満となるでしょう。

 

上記のとおり、ベース車との実質の価格差は比較的小さく、ベース車だと設定できないランフラットタイヤやベンチレーションが標準装備されているため、これらの装備を設定したい方には非常におすすめの特別仕様車だと考えます。

ベース車の「version C」自体がお得なグレードとなっていますので、その特別仕様車である「Graceful Explorer」も、比較的お得なグレードとなっています。

ボディカラー同色となるフェンダーアーチモール、インテリアカラーがモーヴとなる点は好みが大きく分かれるポイントかと思いますので、そこに問題がなければ“買い”だといえるでしょう。

 

スポンサーリンク

新型レクサス「UX」の価格・おすすめグレード


レクサス「UX」公式HPより

最後に新型レクサス「UX」の価格、おすすめグレードをご紹介します。

 

新型「UX」のおすすめグレードは、「UX250h“version C”」及び「UX200“version C”」です。

理由は、最廉価グレードだとシート表皮がファブリックとなり、パノラミックビューモニターなどの安全装備が設定できないため除外、「F SPORT」や「version L」にすればシート表皮の違いにより質感が向上、パフォーマンスダンパーやシートベンチレーションなどにより快適性や乗り心地も向上しますが、価格差が40万円以上もあるため除外しました。

筆者は「version C」が最もお得なグレードだと考えます。

 

オプションにパノラミックビューモニターなどの各種安全装備、ハンズフリーパワーバックドア、マットなど、合計約29.4万円を設定すると、諸費用込みで「UX250h“version C”」が約500万円「UX200“version C”」が約479万円となります。

 

ハイブリッド車の方が21万円程度高くなっていますが、ハイブリッド車の実燃費が19.0km/L程度、ガソリン車の実燃費が14.8km/L程度となっているため、年間走行距離8,000km、レギュラー158円、ハイオク169円の場合なら年間2.5万円ほど、ハイブリッド車の維持費が安くなります。
※年間ガソリン代(ハイブリッド車:約6.6万円、ガソリン車:約9.1万円)
※実燃費は走行環境や季節によって異なります。

リセールバリューはハイブリッド車の方が高くなる可能性が高いため、年間走行距離が上記程度、または上位以上ある方はハイブリッド車の方がお得になりやすいといえるでしょう。

“走りの面白さ”はガソリン車の方が優れていると感じたため、走り重視ならガソリン車がおすすめです。

 

レクサスで最も安い「CT」が2022年10月に生産終了となっため、レクサス車のエントリーモデルとなった新型「UX」。

レクサスの中では価格は安い部類に入るものの、Cセグメントクラスで500万円以上の価格となるため、他メーカーと比較すると割高です。

そのため、少しでも安く、お得に新型「UX」を購入したい方は“新車同様の中古車”も検討してみましょう。

走行距離5,000km未満、修復歴なしの「UX250h“version C”」が399万円で、「UX200“version C”」なら367万円で買えるクルマもありますよ!

 

スポンサーリンク

【おすすめ】”新車同様の中古車”なら、新車より60万円以上安い!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも多数あります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は”新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!

また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
”新車同様の中古車”を買う場合のメリットは何といってもその「安さ」が魅力ですが、デメリットは「自分の付けたいオプションが選べない」という点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

そのため、中古車を選ぶ際は車のカラー及びメーカーオプションを妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数No1のガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数1位のガリバーがおすすめです。

中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何kmでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

気になった車、欲しい車がある方はガリバーに登録して探してもらいましょう!

※中古車の販売金額は申込完了ページには表示されません。登録後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!

中古車買取サービスは、中古車の買取台数ランキング1位のガリバー無料査定がおすすめです。

買取台数No1なのには、それだけの高価買取実績サービスの良さ信頼性があります。

中古車販売台数も1位でしたが、中古車買取台数も1位のガリバーは、まさに中古車業界の”トヨタ”的存在です。

 

■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由
中古車買取台数が1位ということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。

  • 買取車両の在庫期間を短くする独自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減
  • 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映
  • ディーラーの下取りと異なり、オプションやアクセサリーを買取額にプラス評価!

 

■筆者の一括査定体験談
買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。

また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。

上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

何れにしも、無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。

査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

 

私はスズキ「スペーシア カスタム」を売る際、ディーラーで下取りに出した後にガリバーの無料査定を知り、「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにもガリバー無料査定を行い、現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう

※愛車の査定金額は申込完了ページには表示されません。入力後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、レクサス「UX」のマイナーチェンジによる変更点、特別仕様車「F SPORT Emotional Explorer」、及び「Graceful Explorer」と通常グレードの違いをまとめてみました。

 

今回のマイナーチェンジで安全装備やマルチメディアシステムが大幅に進化した新型「UX」。

安全性能で選んでも間違いないプレミアCセグメントSUVになったといえるでしょう。

前述のとおり、レクサス「CT」が2022年10月に生産終了となっため、新型「UX」が最も手軽にレクサス車を購入できるモデルとなりました。

レクサス車の購入を検討している方、トヨタ「C-HR」や「カローラクロス」では満足できない方は、是非新型「UX」を検討してみましょう。

おすすめです!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント