”新車同様の中古車”なら新車より60万円以上安く買える!
スポンサーリンク

【悲報】ついにトヨタ「マークX」生産終了!最後の特別仕様車「“Final Edition”」発売!

モデルチェンジ情報

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

今回は、”トヨタ「マークX」が2019年12月をもって国内生産を終了する”という残念なニュースをご紹介します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ついにトヨタ「マークX」生産終了!


トヨタ「マークX」特別仕様車 公式HPより

これまでも何度か”「マークX」消滅か!?”というニュースを見てきましたが、今回の発表はトヨタからの公式発表であるため確定です。

1968年に発売された「マークX」の前身「マークⅡ」時代から約51年の歳月を経て、ついに生産終了・・・

とても残念ですね。

 

先日、スバル「レガシィ B4」も同様の発表があったばかりで、国内のDセグメントセダンはどんどん消滅していく一方です。

【悲報】スバル「レガシィB4」が買えなくなる?!「レガシィB4」の国内生産が終了するようです
今回は、”スバル「レガシィB4」が国内生産を2020年秋頃に終了する”という残念なニュースをご紹介します。どうやら、生産拠点をアメリカに集中させることが目的で国内生産を終了する様ですが、最悪日本での販売が終了する可能性もあるようです。

 

スポンサーリンク

「マークX」最後の特別仕様車「“Final Edition”」発売!


トヨタ「マークX」特別仕様車 公式HPより

そんな「マークX」、2019年4月24日に2WD(FR)の特別仕様車「250S“Final Edition”」と4WDの特別仕様車「250S Four“Final Edition”」が発売されました。

特別仕様車には、以下の特別装備が設定されます。

  • スパッタリング塗装の18インチアルミホイール
  • ダークメッキのフロントバンパーモール
  • ブラックとレッドを配色したアルカンターラ+合成皮革シート表皮
  • レッドを配色したソフトレザードアトリム表皮
  • 本革巻き4本スポークステアリングホイール
  • シフトブーツ、インサイドドアグリップ、フロントコンソールボックスなどにレッドステッチ
  • 「クリアランスソナー&バックソナー」を標準装備

ボディカラーは、ホワイトパールクリスタルシャイン、シルバーメタリック、プレシャスブラックパールの全3色が設定されています

 

「250S“Final Edition”」の価格は、ベースグレードの「250S」より約12.7万円高い約339万円。
「250S Four“Final Edition”」の価格は、ベースグレードの「250S Four」より約3.7万円高い約355万円となっています。

ちなみに、この特別仕様車は台数限定ではありません。

ついに、本当に「マークX」が新車で購入できなくなってしまいますので、「マークX」ファンの方、FRセダン好きな方は、検討してみては如何でしょうか!

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、トヨタ「マークX」生産終了のニュースをご紹介しました。

日本国内で売れているセダンといえば、トヨタ「クラウン」や「カムリ」だけで、その他の車種はほとんど売れていません。「マークX」が売れていないというよりも、セダン全体の販売低迷が続いている状況です。

SUVやハッチバックも良いですが、セダンもおすすめです!

筆者はセダン人気の復活を応援しています。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント