”新車同様の中古車”なら新車より60万円以上安く買える!
スポンサーリンク

【新型】日産オーラ・ノート違いまとめ~オーラを買うメリットはあるのか!?

日産 ノート 外装 エクステリア車の比較&試乗記

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

今回は、2021年8月17日に発売された日産「ノート オーラ」と、2020年11月24日にフルモデルチェンジが行われた日産「ノート」の違いをまとめてみました。

 

「オーラ」は「ノート」をベースとした派生車種で、価格設定が「ノート」より高い上位モデルとなっています。

とはいえ共通している部分が多くあり、パッと見ではあまり違いはありません。

そんな「オーラ」と「ノート」の違いはどれだけあるのか!?

そもそも価格が高い「オーラ」を買うメリットはあるのか!?

徹底検証いたします。

 

【日産ノート】クロスオーバーの違い比較まとめ~どっちがおすすめ
2021年10月7日に発売された日産「ノート AUTECH CROSSOVER(オーテック クロスオーバー)」と、「ノート」の違いをまとめてみました。果たしてどっちがおすすめなのか!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ノートとオーラの違い】エクステリア(外装)

日産 ノート 外装 エクステリア日産 ノート 外装 エクステリア日産 ノート 外装 エクステリア
※「ノート X」(ピュアホワイトパール)


日産「オーラ」公式HPより

まずは、エクステリア(外装)の違いからみていきましょう。

 

フロントグリルは、角張った台形状の「ノート」に対して「オーラ」は丸みを帯び横に長い形になっています。

また、デザインパターンは格子状となっている「ノート」に対して、「オーラ」は菱形となっている点でも異なります。

フロントバンパーは、無塗装の「ノート」に対して「オーラ」は艶感があり質感高い印象があります。

「オーラ」のシグネチャーLEDポジションランプには、「ノート」にはないシーケンシャルターン機能、いわゆる”流れるウィンカー”が搭載されています。

 

リヤバンパーは無塗装の「ノート」に対して「オーラ」はボディカラー同色となっています。

リアコンビネーションランプは、ハロゲンとなっている「ノート」に対して「オーラ」は全てLEDとなっています。

 

タイヤサイズは15~16インチとなっている「ノート」に対して「オーラ」は17インチとなっており、アルミホイールが標準装備となっています。

アルミホイールのデザインも大きく異なっています。

 

上記のとおり、全体的に「ノート」より質感高い「オーラ」ですが、1つ残念なのは各ピラーが「ノート」と同様艶あり塗装ではない点です。

2トーンカラーやミッドナイトブラックを選択すれば「ノート」のスーパーブラック同様、ボディカラーと同色となるため艶感があり、他のボディカラーよりも質感高い印象になります。

上記の点からボディカラーは2トーンまたはブラック系がおすすめです。

ただ、プレミアムコンパクトというのであれば、「ノート」との差別化の意味でも艶あり塗装にしてほしかったところです。

ホンダ「フィット」は各ピラーが艶あり塗装となっており、その点では「フィット」の方が質感高いといえます。

 

スポンサーリンク

【ノートとオーラの違い】インテリア(内装)

日産 ノート 内装 インテリア日産 ノート 内装 インテリア日産 ノート 内装 インテリア日産 ノート 内装 インテリア
※「ノート X」(スーパーブラック)


日産「オーラ」公式HPより

次は、インテリア(内装)の違いをみていきましょう。

 

まず、インテリア(内装)で大きく異なるのはシート表皮です。

「ノート」のシート表皮はファブリック(トリコット)が標準装備となっていますが、「オーラ」はツイード調織物と合成皮革のコンビシートとなっています。

シートの座面部分と背中中央部分はツイード調織物となっていますが、その他多くの部分は合成皮革となっています。

 

また、シート表皮だけでなくドアトリムやアームレスト、インパネもツイード調織物となっており、電制シフト周辺や助手席前のインストロアなどは木目調フィニッシャーとなっているため、高級ソファーの様な印象で「ノート」より非常に質感高くなっています。

エクステリア(外装)も「ノート」より質感高い「オーラ」ですが、インテリア(内装)の方が質感差が大きい印象です。

 

そして、もう1つ大きく異なるのがメーターとサウンドシステムです。

メーターは、「ノート」が7インチ(左)と5インチ(右)のディスプレイを組み合わせたものとなっているのに対して、「オーラ」は12.3インチの大型ディスプレイが採用されています。

ディスプレイサイズが大きいだけでなく、「ノート」だとナビの表示は次の右左折点までの距離など簡易な表示しかできなかったのに対して、「オーラ」はナビの地図画面をメーターに表示できる様になっています。

フォルクスワーゲン「ゴルフ」やスバル「レヴォーグ」のデジタルメーターの様な印象です。

 

サウンドシステムは、国内初となるヘッドレストにBOSEスピーカーを搭載したプレミアムオーディオが設定されています。

合計8スピーカーとなるサウンドシステムは、標準で最大4スピーカーの「ノート」と比べて優れているだけでなく、他社コンパクトカーと比べても「オーラ」の大きな魅力といえます。

 

その他、「オーラ」にはフロントドアガラスに遮音膜が入ったラミネートガラスが採用されており、静粛性が「ノート」よりさらに高くなっています。

「ノート」には装着されていないダンパー(制震装置)により、振動による雑音も抑えられています。

 

上記のとおり、「ノート」よりかなり質感高く、装備内容も豪華な「オーラ」ですが、1つ残念なのはリヤドアアームレストが「ノート」と同じ素材で質感が低くなっていることです。

「ノート」より大きく質感を向上させているだけに、非常にもったいない印象があります。

 

とはいえ、「ノート」と「オーラ」の最大の違いはインテリア(内装)の質感差といえるでしょう。

 

スポンサーリンク

【ノートとオーラの違い】ボディサイズ、運転のしやすさ


日産「オーラ」公式HPより

次は、ボディサイズと運転のしやすさの違いをみていきましょう。

 

ボディサイズは、以下の違いがあります。

・ノート
全長(mm):4,045
全幅(mm):1,695
全高(mm):1,505(X FOURは1,520)
ホイールベース(mm):2,580
車両重量(kg):1,190~1,340
最小回転半径(m):4.9
最低地上高(mm):120(4WD車は125)

・オーラ
全長(mm):4,045
全幅(mm):1,735
全高(mm):1,525
ホイールベース(mm):2,580
車両重量(kg):1,260~1,370
最小回転半径(m):5.2
最低地上高(mm):130

 

上記のとおり、全長とホイールベースを除く全ての項目で「オーラ」の方が大きく(重く)なっています。

特に最大の違いは、全幅と最小回転半径でしょう。

全幅が1,700mmを超えているため「オーラ」は3ナンバー車となり、走行安定性が向上しています。

全幅が大きくなっていますが、室内の広さは変わりません。

 

また、最小回転半径が30cm異なるため、小回りは「ノート」の方が優れています。

最小回転半径5.2mというのは「フィット」の上位グレード「リュクス」と同じ値です。

運転のしやすさに大きな差はありませんが、山道や生活道路の様な細い道では全幅が小さく、最小回転半径が小さい「ノート」が有利なことは間違いありません。

 

スポンサーリンク

【ノートとオーラの違い】加速性能


日産「オーラ」公式HPより

次は、加速性能の違いをみていきましょう。

 

エンジン性能及びモーター性能は、以下の違いがあります。

・ノート

・1.2Lハイブリッド(e-POWER)
エンジン
→最高出力 60kW〈82PS〉/6,000rpm
→最大トルク 103N・m〈10.5kgf・m〉/4,800rpm
モーター(フロント)
→最高出力 85kW〈116PS〉/2,900~10,341rpm
→最大トルク 280N・m〈28.6kgf・m〉/0~2,900rpm
モーター(リヤ)
→最高出力 50kW〈68PS〉/4,775~10,024rpm
→最大トルク 100N・m〈10.2kgf・m〉/0~4,775rpm

 

・オーラ

・1.2Lハイブリッド(e-POWER)
エンジン
→最高出力 60kW〈82PS〉/6,000rpm
→最大トルク 103N・m〈10.5kgf・m〉/4,800rpm
モーター(フロント)
→最高出力 100kW〈136PS〉/3,183~8,500rpm
→最大トルク 300N・m〈30.6kgf・m〉/0~3,183rpm
モーター(リヤ)
→最高出力 50kW〈68PS〉/4,775~10,024rpm
→最大トルク 100N・m〈10.2kgf・m〉/0~4,775rpm

 

上記のとおり、同じEM47型のモーターを搭載していますが、フロントモーターの最高出力と最大トルクは「オーラ」の方が優れています。

車両重量は40kg程度「オーラ」の方が重くなっているものの、加速性能は「オーラ」の方が鋭くなっています。

 

とはいえ、「ノート」でも必要十分な加速性能となっており、0-100km/h加速は7秒後半とトップクラスの加速性能です。

そのため、加速性能は「ノート」と「オーラ」の大きな違いの1つではありますが、インテリア(内装)の質感差ほどの差はないかと考えます。

 

スポンサーリンク

【ノートとオーラの違い】燃費性能


日産「オーラ」公式HPより

次は、燃費性能の違いをみていきましょう。

 

燃費性能は、以下の違いがあります。

・ノート

・1.2Lハイブリッド(e-POWER) ※「S」・「X」2WD
→28.4km/L(WLTCモード)

・オーラ

・1.2Lハイブリッド(e-POWER) ※2WD
→27.2km/L(WLTCモード)

 

上記のとおり燃費性能差は1.2km/Lしかなく、大きな違いはありません。

維持費を年間走行距離8,000km、ガソリン代140円で計算すると、その差は年間1,740円しかありません。

そのため、燃費性能も「ノート」と「オーラ」の大きな違いとはいえないでしょう。

 

スポンサーリンク

【ノートとオーラの違い】価格


日産「オーラ」公式HPより

最後は、価格の違いをみていきましょう。
※安全性能の違いは差がないため割愛しています。

 

車両本体価格は、以下の違いがあります。

  • 「ノート X 2WD」:約219万円
  • 「オーラ G 2WD」:約261万円

 

車両本体価格だけで比べると、約42万円もの価格差があります。

しかし、両車ともに・・・特に「ノート」はセットオプション設定により、価格が相当吊り上がります。

 

「ノート」には以下のオプションを設定します。

  • NissanConnectナビゲーションシステムとプロパイロットのセットオプション(約42万円)
  • LEDヘッドランプとアダプティブLEDヘッドライトシステムのセットオプション(約10万円)
  • ETC車載器(約2万円)

 

プロパイロットの有無は意見が分かれるところかと思います。プロパイロットが不要であれば上記より約7万円価格を抑えることができます。

NissanConnectナビゲーションシステムを設定しないとインテリジェント アラウンドビューモニターやSOSコールなどの安全装備を設定できないため、これは必須でしょう。

今どき軽自動車でもLEDヘッドランプを設定することが多くなっているため、LEDヘッドランプも必須でしょう。

アルミホイールも設定しないと装備内容が合いませんが、本革シートとセットで価格は約34万円と高価なため、除外します。

 

「オーラ」にはNissanConnectナビゲーションシステムやプロパイロットなどのセットオプション(約40万円)を設定します。

「オーラ」の場合は上記のセットオプションを設定しないとプロパイロットやSOSコールを設定できないため、設定する方が多いでしょう。

BOSEパーソナルプラスサウンドシステムとセットになっているため、価格は高くなっています。

「ノート」と異なり、プロパイロットとSOSコールを除く安全装備は標準装備されているため、プロパイロットなどが不要であれば、ディーラーオプションの9インチナビとETC車載器を選択することで20万円程度価格を抑えることも可能です。

ただし、 便利なコネクティッドサービスを使用することはできません。

 

その他のオプションはマット(2.2万円)程度を設定し、再度価格を比較してみましょう。

  • 「ノート X 2WD」:約275万円
  • 「オーラ G 2WD」:約303万円

 

オプション設定前は約42万円もの価格差がありましたが、価格差は約28万円まで縮まりました。

「ノート」は本革巻ステアリングではないため、仮に本革巻ステアリングと前席ヒーター付シートのセットオプション(約7.4万円)を設定すると、価格差は約20万円まで縮まります。
※ただし「オーラ」もステアリングヒーターと前席ヒーター付シートはオプション設定のため、「オーラ」にセットオプション(約7.4万円)を設定すると価格差の減少はありません。

上記の場合、「ノート」のオプション総額は約64万円と高額で、セットオプション設定により価格が相当吊り上げられていることがわかります。

このセットオプション設定は「ノート」の欠点といえるでしょう。

 

話が少し脱線しましたが、「ノート」と「オーラ」の価格差は約28万円あるということです。

 

スポンサーリンク

【結論】価格が高い「オーラ」を買うメリットはあるのか!?


日産「オーラ」公式HPより

ここまで「ノート」と「オーラ」の違いを徹底比較してきましたが、最大の違いはインテリア(内装)の質感差と価格になるでしょう。

上記より、インテリア(内装)の質感や装備に約28万円分の価値を感じる方は、「ノート」ではなく「オーラ」を選択するメリットがあるといえます。

 

ただ、「ノート」も国産コンパクトカーの中では室内の質感はトップクラスで、特に運転席まわりの質感は国産コンパクトカートップと言っても過言ではないレベルです。

そのため、安く買える「ノート」の方がおすすめだと筆者は考えます。

コスパの高さでは間違いなく「ノート」が上でしょう。

 

「ノート」の方が安いとはいえ、300万円近い価格になるため、決して”安いクルマ”ではありません。

そのため、さらに安く、お得に購入したい方は、”新車同様の中古車”も検討してみましょう。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】”新車同様の中古車”なら、新車より60万円以上安い!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも多数あります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は”新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!

また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
”新車同様の中古車”を買う場合のメリットは何といってもその「安さ」が魅力ですが、デメリットは「自分の付けたいオプションが選べない」という点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

そのため、中古車を選ぶ際は車のカラー及びメーカーオプションを妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数No1のガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数1位のガリバーがおすすめです。

中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何kmでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

■さらに!2021年9月~10月は”25周年大創業祭セール”でお得に購入できるチャンス!
ガリバーは、2021年9月1日~2021年10月31日の期間中、25周年大創業祭セールを開催しています。

期間中はセール車両が大放出され、お得なクルマを購入しやすくなっています。

ただし、セール車両は先着順につき売り切れる場合があるため、お得に購入したい方はお早めに!

 

気になった車、欲しい車がある方、セール車両を購入したい方はガリバーに登録して探してもらいましょう!

※中古車の販売金額は申込完了ページには表示されません。登録後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!

中古車買取サービスは、中古車の買取台数ランキング1位のガリバー無料査定がおすすめです。

買取台数No1なのには、それだけの高価買取実績サービスの良さ信頼性があります。

中古車販売台数も1位でしたが、中古車買取台数も1位のガリバーは、まさに中古車業界の”トヨタ”的存在です。

 

■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由
中古車買取台数が1位ということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。

  • 買取車両の在庫期間を短くする独自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減
  • 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映
  • ディーラーの下取りと異なり、オプションやアクセサリーを買取額にプラス評価!

 

■筆者の一括査定体験談
買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。

また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。

上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

何れにしも、無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。

査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

 

私はスズキ「スペーシア カスタム」を売る際、ディーラーで下取りに出した後にガリバーの無料査定を知り、「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにもガリバー無料査定を行い、現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう

※愛車の査定金額は申込完了ページには表示されません。入力後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、日産「ノート オーラ」と日産「ノート」の違いをまとめてみました。

 

以下、「オーラ」に対する筆者の感想です。

「オーラ」は「ノート」より上質というだけでは、魅力として弱かったと考えます。

「ノート」にはない圧倒的な性能、装備、デザインのいずれかがあれば、もっと魅力的なクルマになった様に感じます。

 

特に「オーラ」で気になるのは、”価格の高さ”です。

「オーラ」よりCセグメントクラスのトヨタ「カローラ」やマツダ「MAZDA3(マツダ3)」の安く買えます。

例えば、「カローラツーリング」なら最上位グレードの「HYBRID W×B」でも約290万円で購入できます。

「MAZDA3(マツダ3)」も「15S Touring」で約250万円、「20S PROACTIVE Touring Selection」が約285万円で購入できます。

「オーラ」は、プレミアムコンパクトということで室内の質感は高めではありますが、「MAZDA3(マツダ3)」の内外装はさらに上質になっています。

また、乗り心地やコスト(車両価格+維持費)、ラゲッジスペースの広さでは「カローラ」の方が優れています。

 

さらに「オーラ」はボディサイズがコンパクトカーで、パッと見も「ノート」の見分けにくいため、車格的に廉価な印象を受けがちです。

個人的には、Cセグメントクラスまで全長を伸ばし、デザインも「ノート」から大きく変えた方が魅力的だったと考えます。

日産は国内では「リーフ」しかCセグメントクラスのクルマがないこともあり、「オーラ」がCセグメントクラスであれば「カローラ」や「MAZDA3(マツダ3)」の強力なライバルとなったでしょう。

 

「オーラ」は、”ほとんど「ノート」と同じ”見た目で価格が高いため、中途半端な存在になってしまった様な気がします。

そもそも「ノート」の販売台数がそこまで伸びていないのは、価格が安いガソリン車の設定がないことが理由の1つとなっているため、価格が高いモデルを出すより価格が安いモデルを出した方が良かったかもしれません。

とはいえ、真っ先に改善すべきはセットオプション設定だと考えます。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント