”新車同様の中古車”なら新車より60万円以上安く買える!
スポンサーリンク

【PEUGEOT(プジョー)308】208との違いを比較、評価してみた&商品改良(2018)の変更点

モデルチェンジ情報

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

今回は、おすすめのコンパクトカーをご紹介します。
今回の車種はフランス車のPEUGEOT(プジョー)「308」と「208」です。

 

■「308」は商品改良!「208」が特別仕様車が追加
「308」は、2018年12月17日に商品改良されました。最大の変更点は1.6Lディーゼルエンジンがダウンサイジングされ1.5Lとなった点です。その他詳細は後述いたします。
「208」は、2018年11月21日に特別仕様車「SIGNATURE(シグネチャー)」が発売されました。

そんな「308」の商品改良による変更点、変更内容の詳細、「208」の特別仕様車「SIGNATURE(シグネチャー)」の詳細情報をご紹介します。

合わせて、以前の記事でも比較した「308」と「208」の違いを改めて比較、評価(レビュー)いたします。

【PEUGEOT(プジョー)208】308との違いを比較、評価してみた&特別仕様車2018情報
今回はフランス車のPEUGEOT(プジョー)208の特別仕様車「SIGNATURE(シグネチャー)」の詳細情報と、同じPEUGEOT(プジョー)の「308」との違いを比較、評価(レビュー)しながらご紹介します。試乗した際の所感も合わせてご紹介します。

最新のフルモデルチェンジ情報については、以下の記事にまとめています。

新型PEUGEOT(プジョー)208フルモデルチェンジ情報~パワートレイン、ボディサイズ、安全装備を現行モデルと比較してみた
今回は、フランスのコンパクトカーPEUGEOT(プジョー)「208」の最新フルモデルチェンジ情報をご紹介します。また、新型モデルと現行モデルがどう違うのか!?現在分かっている情報でパワートレイン、ボディサイズ、安全装備などを徹底比較いたします。

 

以前の記事でもご紹介しましたが、PEUGEOT(プジョー)は輸入車(外車)でありながら比較的安めで、燃費性能も高く、コスパが良いのです。

しかも、中古車なら新車同様でも60万円以上安く買るケースは沢山あります!
実際、ナビETC付き(約24万円)の「208 TECH PACK EDITION」(約237万円)が走行距離10km程度で約199万円、「208 Allure」(約237万円)なら約190万円の車も多数見つけました!
中古車については後半で詳しくご紹介していますので、参考にしてみてください。

 

それでは、PEUGEOT(プジョー)「308」と「208」について、順番に解説していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

PEUGEOT(プジョー)208とは

PEUGEOT「208」公式HPより

PEUGEOT(プジョー)は、フランスの自動車メーカーです。
日本では、ドイツのMercedes・Benz(メルセデス・ベンツ)、BMW、Volkswagen(フォルクスワーゲン)、Audi(アウディ)、スウェーデンのVOLVO(ボルボ)などに隠れてそこまで人気はありません。
同じフランスでも、日産とパートナーシップを結んでいるため、RENAULT(ルノー)の方が有名かもしれません。

PEUGEOT(プジョー)「208」は、日本では2012年から販売されている車です。2016年のマイナーチェンジでグレード構成が一新されており、発売当初は1.6L NAモデルも設定されていましたが、現在(2018年)は1.2L NAモデルと1.2Lターボモデルという構成になっています。ディーゼルエンジンモデルは設定されていません。

今回ご紹介するハッチバックモデル以外にも、3ドア1.6Lターボモデルの「208GTi」やSUVの「2008」などのラインナップがあります。

 

グレード、価格

グレードは、以下の5種類となっています。

■1.2Lガソリン

  • 208 Style 5MT(約199万円)

■1.2Lガソリンターボ

  • 208 First Selection(約199万円)
  • 208 SIGNATURE(約210万円)
  • 208 Allure(約237万円)
  • 208 TECH PACK EDITION(約237万円)※400台限定車

 

スポンサーリンク

特別仕様車「SIGNATURE(シグネチャー)」詳細情報

PEUGEOT「208 SIGNATURE」公式HPより

2018年11月21日に発売されたPEUGEOT(プジョー)「208」の特別仕様車「SIGNATURE(シグネチャー)」ですが、「208 Style」をベースに以下の装備が特別装備されます。
※以下は、「208 First Selection」に対しての装備差でもあります。

  • ブルーステッチ入りのインテリア
  • 16インチスチールホイール&ニューデザインホイールキャップ
  • Apple CarPlayに対応したスマートフォン接続機能「ミラースクリーン」
  • バックアイカメラ、バックソナー
  • フロントグリルクロームアクセント
  • 革巻スポーツステアリングホイール

「ミラースクリーン」については、限定車の「208 TECH PACK EDITION」にしかなかった装備でしたので、特別感がありますね。

 

「208 Allure」との装備差が縮まりましたが、「208 SIGNATURE」にはなく「208 Allure」にのみある装備は以下となります。

  • フロントコーナリングランプ
  • スーパーティンテッドガラス
  • パノラミックガラスルーフ/ルーフクロームデコレーション
  • クロームサイドウィンドウモールディング
  • ドアミラー(クローム)
  • 左右独立調整式オートエアコン
  • フロントセンターアームレスト
  • フットランプ
  • LEDシーリングランプ
  • 照明付きバニティミラー
  • 16インチアロイホイール

結構装備差がありましたね。特に気になるのは「208 SIGNATURE」までのグレードは全てマニュアルエアコンなんです。これは質感の低さを感じてしまいますね。国産車だとマニュアルエアコンなんて最廉価グレードか社用車くらいでしか最近見かけないですよね。

 

さらに限定車の「208 TECH PACK EDITION」になると、縦列駐車のステアリング操作を自動でしてくれる「パークアシスト」やニューデザインのアロイホイール、スマートフォン接続機能「ミラースクリーン」が装備されます。

 

スポンサーリンク

PEUGEOT(プジョー)308とは

PEUGEOT「308」公式HPより

PEUGEOT(プジョー)「308」は、日本では2008年から販売されている車で、2013年に2代目へとフルモデルチェンジされています。
2代目のPEUGEOT(プジョー)「308」は、2014年のヨーロッパ カー・オブ・ザ・イヤーを受賞しています。

今回ご紹介するハッチバックモデル以外にも、ステーションワゴンモデルの「308SW」や1.6Lガソリンターボのスポーツモデル「308GTi」もあり、その他にもSUVの「3008」などのラインナップがあります。

 

2018年商品改良による変更点・変更内容

PEUGEOT「308」公式HPより

2018年12月17日に行われた商品改良による主な変更点、変更内容は以下のとおりです。

  • 1.6Lクリーンディーゼルエンジンが1.5Lに変更
  • 全車のトランスミッションを6速ATから8速ATに変更
  • 1.6L(1.5L)ディーゼルモデルの燃費性能が21.0km/Lから24.3km/Lに向上(数値はJC08モード)
  • 安全装備の設定変更
  • グレード構成の設定変更(主に特別仕様車の追加削除)
  • 一部グレードの価格設定の変更

 

なんと言っても、最大の変更点は1.5Lクリーンディーゼルエンジンにダウンサイジングされたことでしょう。トランスミッションの変更も伴い、燃費性能も向上されています。

しかも、燃費性能だけでなく、ダウンサイジングされたにもかかわらず、最高出力は88kW〈120PS〉/6,000rpmから96kW〈130PS〉/3,750rpmにパワーアップされているのです!
※最大トルクは従来のモデルと共通の300N・m〈30.6kgf・m〉

地味に嬉しいのが、従来のモデルでは最上位グレードの「GT」でなければ装備されなかった「アクティブクルーズコントロール」や「パドルシフト」が全車標準装備となったことです。
同じCセグメント車であるマツダ「アクセラ」やスバル「インプレッサ」は両装備ともに全車標準装備で、比較すると「308」のネックとなっていた部分でした。

グレード構成は、特別仕様車だった「Special Edition」や「TECH PACK EDITION」がなくなり、新しく「GT Line BlueHDi」が追加設定されています。

今回の商品改良に伴い、価格設定も変更されています。
「308 Allure」が約279万円から約284万円に、「308 Allure BlueHDi」が約299万円から約305万円に上昇しています。
逆に「308 GT Line」は約317万円から約309万円に下がり、「308 GT BlueHDi」は従来と変わらず約359万円のままです。

 

グレード、価格

グレードは、以下の5種類となっています。

■1.2Lガソリンターボ

  • 308 Allure(約284万円)
  • 308 GT Line(約309万円)

■1.5Lディーゼルターボ

  • 308 Allure BlueHDi(約305万円)
  • 308 GT Line BlueHDi(約330万円)

■2.0Lディーゼルターボ

  • 308 GT BlueHDi(約359万円)

 

上位グレード(「GT Line」、「GT」)になると、「アクティブブラインドスポットモニターシステム」や「パークアシスト」などの安全装備が追加されます。
エクステリアも17インチのアロイホイールとなり(「GT」は18インチ)、インテリアも各所にレッドステッチが入り、アルミペダルが装備されます。
センターコンソール上のスイッチをワンプッシュするだけでスポーツモードへと切り替わるドライバースポーツパックも装備されます。

 

スポンサーリンク

PEUGEOT 208、PEUGEOT 308の比較

ボディサイズの比較


PEUGEOT「208」公式HPより


PEUGEOT「308」公式HPより

ボディサイズについて、比較していきます。

 

・PEUGEOT 208
全長(mm):3,975
全幅(mm):1,740
全高(mm):1,470(GT BlueHDi は1,460)
ホイールベース(mm):2,540
車両重量(kg):1,040~1,160(グレードによって異なります。)
最小回転半径(m):5.4(Style 5MTのみ5.3)

・PEUGEOT 308
全長(mm):4,275
全幅(mm):1,805
全高(mm):1,470(GT BlueHDi は1,460)
ホイールベース(mm):2,620
車両重量(kg):1,290(ガソリン車)、1,330(ディーゼル車、GT BlueHDi は1,470)
最小回転半径(m):5.2

 

「208」は「308」の1クラス下になるので全て小さくなるのは当然なのですが、最小回転半径だけ逆転し、「308」の方が小さくなっています。これは意外ですね。

最小回転半径については、「308」は国産車並みですが、「208」は大きすぎるといえます。もう少し小回りがきくと良かったですね。

全幅は、両車ともに国産の同セグメント車と比較すると大きめにはなりますが、全長はコンパクトに収められています。

 

スポンサーリンク

燃費性能の比較


PEUGEOT「208」公式HPより

燃費性能は、JC08モード、ユーザーが投稿した実燃費を集計したe燃費の値にて比較します。
※実燃費は季節や使用環境により異なります。

 

・PEUGEOT 208

・ガソリンエンジンモデル ※NAモデル
(「208 Style 5MT」)
→19.0km/L(JC08モード)
→17.72km/L(e燃費より)

・ガソリンエンジンモデル ※ターボモデル
(「208 Allure」他)
→18.2km/L(JC08モード)
→13.07km/L(e燃費より)

 

・PEUGEOT 308

・ガソリンエンジンモデル ※ターボモデル
(「308 Allure」)
→18.1km/L(JC08モード)
→14.19km/L(e燃費より)

・ディーゼルエンジンモデル
(「308 Allure BlueHDi」)
24.3km/L(JC08モード)
18.03km/Le燃費より)

 

「燃費性能」については、最も優秀なのは、ディーゼルモデルの「308」です。

ガソリンモデルでみた場合は、「208」のMTモデルが優秀です。
同じ1.2Lターボモデルで比較すると、JC08モードだとほとんど差はありません。実燃費(e燃費)だと「308」の方が良い数値になっていますが、計測された環境やサンプル数によって数値は前後するため、あまり差はないと思って間違いないでしょう。

 

スポンサーリンク

エンジン性能の比較

PEUGEOT「308」公式HPより

エンジン性能について、比較していきます。

その前に「出力」と「トルク」の違いについて、簡単に説明します。

  • 出力:クルマの速さ
  • トルク:クルマの加速力

簡単に書くと、「最高出力」の値が高い車は速く走れる車で、「最大トルク」の値が高い車は加速が速い車ということですね。ただ、エンジンやモーターの特性、空力性能や車両重量などにより加速性能は全く異なりますので、単に”トルクの値が大きいから加速が速い”というわけではありません。

 

・PEUGEOT 208

・ガソリンエンジンモデル(「208 Style 5MT」)※NAモデル
→最高出力 60kW〈82PS〉/5,750rpm
→最大トルク 118N・m〈12.0kgf・m〉/2,750rpm

・ガソリンエンジンモデル(「208 Allure」)※ターボモデル
→最高出力 81kW〈110PS〉/5,500rpm
→最大トルク 205N・m〈20.9kgf・m〉/1,500rpm

 

・PEUGEOT 308

・ガソリンエンジンモデル(「308 Allure」)※ターボモデル
→最高出力 96kW〈130PS〉/5,500rpm
→最大トルク 230N・m〈23.5kgf・m〉/1,750rpm

・ディーゼルエンジンモデル(「308 Allure BlueHDi」)
→最高出力 96kW〈130PS〉/3,750rpm
→最大トルク 300N・m〈30.6kgf・m〉/1,750rpm

・ディーゼルエンジンモデル(「308 GT BlueHDi」)
→最高出力 130kW〈177PS〉/3,750rpm
→最大トルク 400N・m〈40.8kgf・m〉/2,000rpm

 

「エンジン性能」について比較すると、2.0Lディーゼルエンジンモデルがあるので当然ですが、圧倒的に「308」の方が優れています

1.2L NAエンジンが非力なのは当然としても、同じ1.2L PureTechガソリンターボエンジンで比較しても「308」の方が優れています。

燃費と走りを両方考慮しても、「308」が圧倒的に優秀です。

 

補足ですが、「308」にはスポーツモードに設定すると、エンジン音をスピーカーから出力する機能がついています。
あくまで”スポーツを演出する”機能ですが、他車にはない斬新で面白い機能です。

 

スポンサーリンク

居住性(後部座席、ラゲッジスペース)の比較

PEUGEOT「308」公式HPより

居住性について、比較していきます。

室内長の数値は両車ともに不明ですが、「308」の方が広いでしょう。

しかし「308」も国産のCセグメント車やBセグメント車と比較すると狭めな印象です。

 

■ラゲッジスペース
ラゲッジスペースについて、比較します。

「308」が285ℓ、「308」が420ℓとなっていますので、「308」の方が広いですね。

両車ともに後部座席を倒した際にフラットになりません。国産のCセグメント車はほとんどフラットになるため、使い勝手は比較的悪いといえるでしょう。
※「208」が属するBセグメント車は、ホンダ「フィット」くらいしかフラットにならないため、現時点(2018年)では一般的なレベルといえます。

 

その他ドライビング装備差として、「308」はエレクトリック(電動)パーキングブレーキですが、「208」はレバー式のパーキングブレーキです。

 

安全性能の比較


PEUGEOT「308」公式HPより

安全性能について、比較していきます。
下表に各車の安全装備を整理しています。同機能の装備を同行に示しています。

 

208308
インテリジェントハイビーム
レーンキープアシスト
アクティブシティブレーキアクティブセーフティブレーキ
アクティブブラインドスポットモニターシステム
バックソナー(「208 TECH PACK EDITION」のみフロントも装備)フロント&バックソナー
ドライバーアテンションアラート
クルーズコントロールアダプティブクルーズコントロール
自動防眩ルームミラー自動防眩ルームミラー
パークアシスト(「208 TECH PACK EDITION」のみ)パークアシスト

まず自動ブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)で比較すると、「308」は約5~140km/hで作動するのに対して、「208」は約5~30km/hでしか作動しません。また、「308」は歩行者も検知可能ですが、「208」は不可能です。

 

「308」にはあって「208」にはない装備が以下となります。

  • オートハイビーム機能(インテリジェントハイビーム)
  • 車線維持支援機能(レーンキープアシスト)
  • 斜め後方の車両を検知する機能(アクティブブラインドスポットモニター)
  • ふらつきや居眠り防止警告機能(ドライバーアテンションアラート)
  • 車間距離を保ちながら設定速度で走行できる機能(アダプティブクルーズコントロール)

その他安全機能で比較しても、装備差は歴然ですね。

 

スポンサーリンク

価格の比較


PEUGEOT「308」公式HPより

価格について、比較します。

 

208のおすすめグレード&価格

PEUGEOT(プジョー)「208」のおすすめグレードは、オートエアコンやアロイホイールが装備される「208 Allure」または「208 TECH PACK EDITION」で約237万円です。ナビやETCを加えると約261万円となります。

 

308のおすすめグレード&価格

PEUGEOT(プジョー)「308」のおすすめグレードは、最も走りが良く、安全機能も全て搭載できる「GT BlueHDi」で約359万円、ナビやETCを加えると約381万円となります。

次に走りが良くて、安全機能も概ね搭載できる「GT Line BlueHDi」は約330万円となります。

ガソリンモデルで安全機能も全て搭載できる「GT Line」は約309万円となります。
さらにナビやETCを加えるとを加えると「GT Line BlueHDi」約352万円「GT Line」約331万円となります。

 

価格比較 結果

「308」と比較すると「208」の方が70万円以上安く購入できます。「208」が圧倒的にお手頃です。

上記費用は購入時に必要な取得税や重量税などは含めていません。
その点は「308」のディーゼルモデルは免税になりますので、お得になります。

 

車の性能を考えると、燃費性能、エンジン性能、安全性能の何れも「308」の方が優れていたため、「308」の方が間違いなく良い車です。

しかし「208」は、なんと言っても安い!輸入車(外車)であるPEUGEOT(プジョー)を比較的安く購入できるということは大きな魅力でしょう。

 

記事序盤でも記述したように、中古車なら新車同様でも60万円以上安く買るケースは沢山あります。
「208」や「308」を賢く購入するには、中古車を選択する、というのもありだと思います。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】新車同様の中古車なら新車より60万円以上安く買える!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも多数あります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は”新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!

また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
新車同様の中古車を買う場合のメリットは何といってもその安さ!ですが、デメリットとしては、自分の付けたいオプションが選べないという点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

なので、中古車選びのポイントは、車のカラー及びメーカーオプションは妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数No1のガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数1位のガリバーがおすすめです。

中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何kmでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

■さらに!9月~10月は”27周年 大創業祭セール”でお得に購入できるチャンス!
ガリバーは、2020年9月1日~2020年10月31日の期間中、創業27周年目を記念した大創業祭セールを開催しています。

期間中は在庫台数25,000台からセール車両が大放出され、お得なクルマを購入しやすくなっています。

ただし、セール車両は先着順につき売り切れる場合があるため、お得に購入したい方はお早めに!

 

気になった車、欲しい車がある方、セール車両を購入したい方は、ガリバーに登録して探してもらいましょう!
※中古車の販売金額は申込完了ページには表示されません。登録後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!

中古車買取サービスは、中古車の買取台数ランキング1位のガリバー無料査定がおすすめです。

買取台数No1なのには、それだけの高価買取実績サービスの良さ信頼性があります。

中古車販売台数も1位でしたが、中古車買取台数も1位のガリバーは、まさに中古車業界の”トヨタ”的存在です。

 

■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由
中古車買取台数が1位ということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。

  • 買取車両の在庫期間を短くする独自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減
  • 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映
  • ディーラーの下取りと異なり、オプションやアクセサリーを買取額にプラス評価!

 

■筆者の一括査定体験談
買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。

上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

何れにしも、無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。

査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

 

私は1台目の軽自動車を売る際、ディーラーで下取りに出し「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにもガリバー無料査定を行い、現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう

※愛車の査定金額は申込完了ページには表示されません。入力後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回はPEUGEOT(プジョー)「308」の商品改良の変更点、変更内容の詳細と、「208」の特別仕様車「SIGNATURE(シグネチャー)」の詳細情報、「308」と「208」を改めて比較してご紹介しました。

今回の商品改良で「308」はより魅力的な車になったことは間違いありません。

予算に余裕があれば「308」の方が間違いなくおすすめですが、200万円台で購入できる「208」の価格の安さは魅力的です。

車を購入する優先順位やこだわりによって、どの車が良いかは変わってくると思います。

あなたが最も欲しいと思った車を購入する様にしてください。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント