スポンサーリンク

【500万円以下限定】国産スポーツカー一覧~新型トヨタ「スープラ」が発売されたからまとめてみた

○○車一覧
スポンサーリンク

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

今回は、国産スポーツカー一覧をご紹介します。しかも比較的購入しやすい500万円以下で購入できる車種に絞ってご紹介します。

今回一覧としてまとめる”スポーツカー”は、各メーカーが”スポーツ”とジャンル分けしている車種に限っています。そのため、2シーターの2ドアクーペ以外の車種も含まれています。

また、トヨタのGR/GR SPORT、日産のNISMOなど、ベース車をスポーツチューニングしたモデルも除外しています。

※2019年時点で三菱は対象車種がなく、レクサスは500万円以下の車種がありませんでした。

 

なぜ今回スポーツカーにスポットを当てたかというと、2019年1月11日~13日に開催された「東京オートサロン2019」、2019年1月14日~1月27日に開催された「デトロイトモーターショー2019」でダイハツ「コペンGR」やスバル「WRX STI」の特別仕様車「S209」などのスポーツカーが注目を集めたからです。

そして、何といっても2019年5月17日に17年ぶりに新型トヨタ「スープラ」が復活されたからです!

 

それでは、国産スポーツカー 一覧をご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

トヨタ スープラ


トヨタ「スープラ」公式HPより

2019年5月17日に17年ぶりに復活した新型トヨタ「スープラ」。

「スープラ」は、日本国内で1986年~2002年まで販売されていたスポーツカーです。
※「セリカXX」時代を除く

今回復活する「スープラ」は、直列6気筒3.0Lツインスクロールターボエンジンを搭載したモデル、直列4気筒2.0Lツインスクロールターボエンジンを搭載したモデルの2種類設定されています。

 

ボディタイプは、2ドアクーペで2人乗りです。

トランスミッションは8速ATで、駆動方式はもちろんFR(2WD)です。

グレードは、3.0Lターボモデルが「RZ」の1種類、2.0Lターボモデルが「SZ-R」と「SZ」の2種類設定されています。

また、今回の新型「スープラ」は車体がBMWの「Z4」と同じで、トヨタ「86」とスバル「BRZ」と同じ様な関係にあります。製造も日本ではなく、「Z4」と同じオーストリアのマグナ・シュタイヤー社 グラーツ工場で生産されます。

何れにしても、「RZ」の0-100km/hが4.3秒、「SZ-R」が5.2秒、「SZ」が6.5秒と、面白い走りを体感させてくれることは間違いありません!

 

プリウスと同程度の「Toyota Supra Safety」を搭載!


トヨタ「スープラ」公式HPより

スポーツカーといえば、安全装備が搭載されていない場合が多くなっていますが、新型トヨタ「スープラ」は違います。以下の「Toyota Supra Safety」の機能が搭載されています。

  • プリクラッシュセーフティ(歩行者[昼]・自転車運転者[昼]検知機能付)
  • レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御機能付)
  • ブラインドスポットモニター
  • アダプティブハイビームシステム
  • レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)
  • クリアランスソナー(後方緊急ブレーキ付)
  • リヤクロストラフィックアラート

装備内容としては、トヨタ「プリウス」と同程度の内容となっています。

 

スポンサーリンク

スープラ専用のコネクティッドサービスも利用可能!


トヨタ「スープラ」公式HPより

さらに「スープラ」には車載通信機DCMが全車標準装備されており、スープラ専用のコネクティッドサービス「Toyota Supra Connect」も使用することができます。

  • スマホアプリなどから車両の遠隔操作や確認(ロック及び解除、目的地を車両に送信、車両の位置を特定など)が行える「リモートサービス」
  • 車両の位置情報に基づき警察や消防などの緊急車両を手配してくれる「エマージェンシーコール」
  • 運転中に端末に触れることなくiPhoneを操作することができる「Apple CarPlay」

などを利用できます。

「リモートサービス」や「エマージェンシーコール」は無料です。しかし、地図更新や「Apple CarPlay」、オペレーターが対応する「ドライバーサポートデスク」などは3年間は無料ですが4年目以降は有料となります。この辺りはトヨタ「カローラスポーツ」や「クラウン」などと同じですね。

その他、デジタルスピードメーターやアナログタコメーター、ナビやオーディオ等の情報が表示されるTFT液晶式メーターが採用されており、「カラーへッドアップディスプレイ」や8.8インチHDDナビゲーションも標準装備されています。

 

安全装備は満載で、繋がる装備(コネクティッド)も搭載されている「スープラ」は、まさに先進のスポーツカーです!

 

スープラのスペック、価格、納車時期


トヨタ「スープラ」公式HPより

・ボディサイズ

全長(mm):4,380
全幅(mm):1,865
全高(mm):1,290~1,295
ホイールベース(mm):2,470
車両重量(kg):1,410~1,520

 

・エンジン性能

・「SZ」
→最高出力 145kW〈197PS〉/4,500~6,500rpm
→最大トルク 320N・m〈32.6kgf・m〉/1,450~4,200rpm

・「SZ-R」
→最高出力 190kW〈258PS〉/5,000~6,500rpm
→最大トルク 400N・m〈40.8kgf・m〉/1,550~4,400rpm

・「RZ」
→最高出力 250kW〈340PS〉/5,000~6,500rpm
→最大トルク 500N・m〈51.0kgf・m〉/1,600~4,500rpm

 

・価格帯

→「SZ」:約490万円、「SZ-R」:約590万円、「RZ」:約690万円

 

ボディカラー「マットストームグレーメタリック」の最上位グレード「RZ」については、5月17日(金)から6月14日(金)までの約1ヶ月間、Web限定で受け付け、24台限定の抽選販売となっておりますので、欲しい方は応募してみましょう。

ただ、どのグレードにしても、納車に最速で8ヶ月以上かかる見込みですので、要注意です。

 

スポンサーリンク

トヨタ 86 / スバル BRZ


トヨタ「86」公式HPより
スバル「BRZ」公式HPより

2012年から販売されているスポーツカー、トヨタ「86」とスバル「BRZ」。

2車はエンジンや車体が共通で、生産はともにスバルが行っています。

ボディタイプは、2ドアクーペで4人乗りです。

エンジンは、 水平対向4気筒 2.0L直噴エンジン(FA20型)の1種類のみ設定されています。

トランスミッションは6速MTと6速ATで、駆動方式はFRです。

2車の違いはフロントバンパーやエンブレム、インテリアのデザイン程度であまり差はありません。ただし、グレード設定(装備設定)は異なっています。

発売後、何度か一部改良やマイナーチェンジが行われ、特に2016年8月のマイナーチェンジでは動力性能(最高出力、最大トルク)の向上、装備内容やデザインの変更など、大幅に改良されています。

先程の「スープラ」と比較するとパワーが非力にみえるかもしれませんが、「スープラ」より「86」/「BRZ」の方がコンパクトなボディサイズで200kg程度軽い!しかも200万円代から購入できるため比較的”安い”というのもポイントです。お手頃なスポーツカーですね。

 

・ボディサイズ

全長(mm):4,240
全幅(mm):1,775
全高(mm):1,315~1,320
ホイールベース(mm):2,570
車両重量(kg):1,210~1,270

 

・エンジン性能

・6MT車
→最高出力 152kW〈207PS〉/7,000rpm
→最大トルク 212N・m〈21.6kgf・m〉/6,400~6,800rpm

・6AT車
→最高出力 147kW〈200PS〉/7,000rpm
→最大トルク 205N・m〈20.9kgf・m〉/6,400~6,600rpm

 

・価格帯

・「86」
→約262万円~約342万円 ※GR/GR SPORTを除く

・「BRZ」
→約243万円~約359万円

 

次期トヨタ 86 / スバル BRZ は2021年にフルモデルチェンジ!

そんなトヨタ「86」とスバル「BRZ」は2021年頃にフルモデルチェンジが行われるといわれています。

気になる変更点ですが、最大のポイントは水平対向4気筒 2.0L直噴エンジン(FA20型)から水平対向4気筒 2.4L直噴エンジン(FA24型)に変更されることです!

詳細なスペックは現時点では不明ですが、次期「86」と「BRZ」のパワーアップは間違いなさそうです!

 

スポンサーリンク

日産 フェアレディZ


日産「フェアレディZ」公式HPより

1969年から販売されている歴史あるスポーツカー、日産「フェアレディZ」。

2008年にフルモデルチェンジが行われ、現行(2019年時点)の6代目「フェアレディZ」となります。

ボディタイプは、2ドアクーペで2人乗りです。

エンジンは、 V型6気筒 3.7Lエンジン(VQ37VHR型)の1種類のみ設定されています。

トランスミッションは6速MTと7速ATで、駆動方式はFRです。

NAエンジンですが、「スープラ」の3.0Lターボ級の最高出力を誇ります。価格帯も類似しています。

 

・ボディサイズ

全長(mm):4,260
全幅(mm):1,845
全高(mm):1,315
ホイールベース(mm):2,550
車両重量(kg):1,500~1,550
※NISMOを除く

 

・エンジン性能

→最高出力 247kW〈336PS〉/7,000rpm
→最大トルク 365N・m〈37.2kgf・m〉/5,200rpm
※NISMOを除く

 

・価格帯

→約391万円~約521万円 ※NISMOを除く

 

フェアレディZは2019年マイナーチェンジ?!フルモデルチェンジ?!

そんな「フェアレディZ」は2019年秋頃に大規模マイナーチェンジを行われるといわれています。

2021年にフルモデルチェンジが行われるという話もありますが、何れにしてもV型6気筒3.0Lツインターボエンジンが搭載されそうです。

打倒「スープラ」!ということでしょうか。楽しみです。

 

スポンサーリンク

ホンダ シビック TYPE R


ホンダ「シビック TYPE R」公式HPより

1997年から販売されているスポーツカー、ホンダ「シビック TYPE R」。

2017年にフルモデルチェンジが行われ、現行(2019年時点)の5代目「シビック TYPE R」となります。

「シビック ハッチバック」同様、イギリスで生産されています。グレードも同様に1グレードです。
ただし、「シビック TYPE R」には安全装備「Honda SENSING」は付いていません。

ボディタイプは、5ドアハッチバックで4人乗りです。

エンジンは、 V型4気筒直噴 2.0L VTEC TURBOエンジン(K20C型)の1種類のみ設定されています。

トランスミッションは6速MTで、駆動方式はFFです。

2017年4月にドイツのニュルブルクリンクでFF市販車最速となったのは、話題を呼びましたよね。

個人的には「シビック」が大好きなので推しています。「VTEC TURBOエンジン」も非常に好印象です。

 

・ボディサイズ

全長(mm):4,560
全幅(mm):1,875
全高(mm):1,435
ホイールベース(mm):2,700
車両重量(kg):1,390

 

・エンジン性能

→最高出力 235kW〈320PS〉/6,500rpm
→最大トルク 400N・m〈40.8kgf・m〉/2,500~4,500rpm

 

・価格帯

→約450万円

 

スポンサーリンク

ホンダ S660


トヨタ「スープラ」公式HPより

2015年から販売されているスポーツカー、ホンダ「S660」。

ホンダの若手社員が中心となって開発したことも話題になりましたね。

ボディタイプは、2ドアオープンで2人乗りです。

エンジンは、 軽自動車「N-BOX」などと同じ直列3気筒 660ccターボエンジン(S07A型)の1種類のみ設定されています。

トランスミッションは6速MTと7スピードモード付CVTで、駆動方式はMRです。

安全性能は、安全装備「Honda SENSING」などよりは遥かに劣りますが「シティーブレーキアクティブシステム」という衝突軽減ブレーキと誤発進抑制機能が装備されています。

ちなみに実燃費は17.59km/L程度と、スポーツカーの中ではトップクラスの燃費性能でもあります。

 

・ボディサイズ

全長(mm):3,395
全幅(mm):1,475
全高(mm):1,180
ホイールベース(mm):2,285
車両重量(kg):830~850

 

・エンジン性能

→最高出力 47kW〈64PS〉/6,000rpm
→最大トルク 104N・m〈10.6kgf・m〉/2,600rpm

 

・価格帯

→約198万円~約228万円 ※Modulo Xを除く

 

スポンサーリンク

マツダ ロードスター/ロードスター RF


マツダ「ロードスター RF」公式HPより

1989年から販売されているスポーツカー、マツダ「ロードスター」。

2015年にフルモデルチェンジが行われ、現行(2019年時点)の4代目「ロードスター」となります。
また、翌年の2016年にリトラクタブルハードトップモデルの「ロードスター RF」が発売されます。

ボディタイプは、2ドアオープンで2人乗りです。

エンジンは、 「ロードスター」が直列4気筒直噴 1.5Lエンジン(P5-VPR [RS] 型)の1種類、「ロードスター RF」が直列4気筒直噴 2.0Lエンジン(PE-VPR [RS] 型)の1種類設定されています。

トランスミッションは6速MTと6速ATで、駆動方式はFRです。

「ロードスター」は「2015-2016 日本カー・オブ・ザ・イヤー」や2016年の「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞するなど、数々の受賞実績があります。

2018年の商品改良で動力性能や燃費性能が向上され、安全装備「交通標識認識システム(TSR)」や「ドライバー・アテンション・アラート(DAA)」も新たに採用されています。

「ロードスター」と「ロードスター RF」の違いはエンジンだけでなく、「ロードスター RF」は電動格納式ルーフの開閉をフロントコンソールのスイッチ操作だけで行うことができ、世界最速レベルの開閉動作となっています。

 

■ロードスターは安全装備が満載!
「ロードスター」/「ロードスター RF」は、他のスポーツカーと比較して安全性能がダントツで高くなっています。

「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート」や「スマート・シティ・ブレーキ・サポート[後退時]」、「AT誤発進抑制制御[前進時][後退時]」、「ブラインド・スポット・モニタリング(RCTA機能付)」など、マツダ「アクセラ」やマツダ「CX-5」と比較しても「マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール」を除くほとんどの先進の安全装備が搭載されています。

他のスポーツカーは、トヨタ「スープラ」やスズキ「スイフトスポーツ」を除いて、安全装備がほとんと搭載されていないか、全くない場合もあります。その点「ロードスター」/「ロードスター RF」は、走りも楽しめて”安全である”というメリットがありますね。

ちなみに実燃費は「ロードスター」が15.92km/L程度、「ロードスター RF」が14.23km/L程度と、スポーツカーの中ではかなり良い燃費性能でもあります。

 

・ボディサイズ

全長(mm):3,915
全幅(mm):1,735
全高(mm):1,235~1,245
ホイールベース(mm):2,310
車両重量(kg):990~1,130

 

・エンジン性能

・「ロードスター」
→最高出力 97kW〈132PS〉/7,000rpm
→最大トルク 152N・m〈15.5kgf・m〉/4,500rpm

・「ロードスター RF」
→最高出力 135kW〈184PS〉/7,000rpm
→最大トルク 205N・m〈20.9kgf・m〉/4,000rpm

 

・価格帯

・「ロードスター」
→約255万円~約326万円

・「ロードスター RF」
→約337万円~約381万円

 

スポンサーリンク

スバル WRX STI


スバル「WRX STI」公式HPより

1992年から販売されているスバル「インプレッサ WRX STI」から2010年にスバル「WRX STI」としてインプレッサシリーズから独立したスポーツカー。

2014年に現行(2019年時点)モデルへとフルモデルチェンジされています。

ボディタイプは、4ドアセダンで5人乗りです。

エンジンは、 水平対向4気筒 2.0Lツインスクロールターボエンジン(EJ20型)の1種類のみ設定されています。

トランスミッションは6速MTで、駆動方式はAWDです。

「WRX STI」にEyeSightは装備されていませんが、アドバンスドセイフティパッケージとして「スバルリヤビークルディテクション(後側方警戒支援システム)」、「ハイビームアシスト」、「フロント&サイドビューモニター」、「ステアリング連動ヘッドランプ」が装備されています。

「WRX STI」といえば、2015年に発売された「S207」や2017年に発売された「S208」など、台数限定の特別仕様車が人気で即完売してしまいますが、「デトロイトモーターショー2019」で発表された歴代STIモデル最高出力となる約346PSを発生する「S209」も話題を呼んでいます。「S209」はEJ25型エンジンを搭載した米国市場向けということなので、日本には導入されないかもしれませんが、是非日本でも発売してほしいものですね。

 

・ボディサイズ

全長(mm):4,595
全幅(mm):1,795
全高(mm):1,475
ホイールベース(mm):2,650
車両重量(kg):1,490

 

・エンジン性能

→最高出力 227kW〈308PS〉/6,400rpm
→最大トルク 422N・m〈43.0kgf・m〉/4,400rpm

 

・価格帯

→約387万円~約406万円

 

スポンサーリンク

スズキ スイフトスポーツ


スズキ「スイフトスポーツ」公式HPより

2003年から販売されているスポーツカー、スズキ「スイフトスポーツ」。

2017年にフルモデルチェンジが行われ、現行(2019年時点)の4代目「スイフトスポーツ」となります。

ボディタイプは、5ドアハッチバックで5人乗りです。

エンジンは、 直列4気筒直噴 1.4Lターボエンジン(K14C型)の1種類のみ設定されています。

トランスミッションは6速MTと6速ATで、駆動方式はFFです。

 

■スイフトスポーツはお手頃価格で実用的なスポーツカー!
「スイフトスポーツ」といえば、街で最も見かけるスポーツカーではないでしょうか。

価格は1.4Lターボでありながら200万円前後で購入可能で、燃費性能も実燃費15.48km/L程度と優秀です。

安全性能も「デュアルセンサーブレーキサポート」や「誤発進抑制機能」、「ハイビームアシスト機能」、「アダプティブクルーズコントロール(ACC)」などが装備されており、後側方警戒支援システムはないものの、かなり優秀であるといえます。

収納スペースは決して広くはありませんが、2ドアクーペなどに比べればかなり広く実用的です。

さらに車両重量は1トンを下回る軽さで、1.4Lターボのパワーは最高です。

コスパ最強のスポーツカーは「スイフトスポーツ」でしょう!

 

・ボディサイズ

全長(mm):3,890
全幅(mm):1,735
全高(mm):1,500
ホイールベース(mm):2,450
車両重量(kg):970~990

 

・エンジン性能

→最高出力 103kW〈140PS〉/5,500rpm
→最大トルク 230N・m〈23.4kgf・m〉/2,500~3,500rpm

 

・価格帯

→約184万円~約206万円

 

スポンサーリンク

スズキ アルト ワークス


スズキ「アルト ワークス」公式HPより

2015年に約15年ぶりに復活したスポーツカー、スズキ「アルト ワークス」。
※2018年11月に「アルト ターボRS」は生産・販売を終了

ボディタイプは、5ドアハッチバックで4人乗りです。

エンジンは、直列3気筒 660ccターボエンジン(R06A型)の1種類のみ設定されています。

トランスミッションは5速MTと5AGSで、駆動方式は2WDと4WDです。

「アルト ワークス」は、今回ご紹介する一覧の中で、”最も軽く”、”最も安く”、”最も燃費性能が良い”スポーツカーです。実燃費は18.46km/L程度となっています。

安全装備も、「デュアルセンサーブレーキサポート」や「後退時ブレーキサポート」、「誤発進抑制機能(前方&後方)」、「ハイビームアシスト機能」などが装備されており、比較的優秀です。

 

・ボディサイズ

全長(mm):3,395
全幅(mm):1,475
全高(mm):1,500
ホイールベース(mm):2,460
車両重量(kg):670~740

 

・エンジン性能

→最高出力 47kW〈64PS〉/6,000rpm
→最大トルク 100N・m〈10.2kgf・m〉/3,000rpm

 

・価格帯

→約151万円~約166万円

 

スポンサーリンク

ダイハツ コペン


ダイハツ「コペン」公式HPより

2002年から発売されているスポーツカー、ダイハツ「コペン」。

2014にフルモデルチェンジが行われ、現行(2019年時点)の2代目「コペン」となります。

ボディタイプは、2ドアオープンで2人乗りです。

エンジンは、直列3気筒 660ccターボエンジン(KF型)の1種類のみ設定されています。

トランスミッションは5速MTとCVTで、駆動方式は2WDのみです。

「Robe」、「XPLAY」、「Cero」と3つの顔があることが特徴で、丸目の「Cero」が若干価格が高く設定されています。何れも安全装備「スマートアシスト」は装備されていません。

実燃費は17.52km/L程度で、スポーツカーの中ではトップクラスの燃費性能です。

「東京オートサロン2019」では、ダイハツとトヨタ(GR)で共同開発された「コペンGRコンセプト」が世界初披露され、今後ダイハツとトヨタの両ディーラーで販売される予定とのことです。どの様な車になるのかも含めて楽しみですね。

 

・ボディサイズ

全長(mm):3,395
全幅(mm):1,475
全高(mm):1,280
ホイールベース(mm):2,230
車両重量(kg):850~870

 

・エンジン性能

→最高出力 47kW〈64PS〉/6,400rpm
→最大トルク 92N・m〈9.4kgf・m〉/3,200rpm

 

・価格帯

→約185万円~約214万円

 

スポンサーリンク

【おすすめ】新車同様の中古車なら新車より60万円以上安く買える!

車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

しかも、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも普通にあります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は、新車同様の中古車を探してみるという選択肢も大いにありだと思いませんか?!

さらに中古車の場合は、納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。
人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
新車同様の中古車を買う場合のメリットは何といってもその安さ!ですが、デメリットとしては、自分の付けたいオプションが選べないという点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

なので、中古車選びのポイントは、車のカラー及びメーカーオプションは妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数No1のガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数がここ数年ダントツ1位のガリバーがおすすめです。
中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらにガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

さらにディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何キロでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

気になった車、欲しい車がある方は、まずはガリバーに登録して探してもらいましょう!
※登録後、ガリバーから確認の電話連絡があります。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!

 

中古車買取サービスは、中古車の買取台数ランキングでここ数年ダントツ1位のガリバー無料査定がおすすめです。

買取台数No1なのには、それだけの高価買取実績サービスの良さ信頼性があります。

中古車販売台数も1位でしたが、中古車買取台数も1位のガリバーは、まさに中古車業界の”トヨタ”的存在です。

 

■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由
中古車買取台数が1位ということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。

  • 買取車両の在庫期間を短くする独自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減
  • 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映
  • ディーラーの下取りと異なり、オプションやアクセサリーを買取額にプラス評価!

 

■筆者の一括査定体験談
買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。

上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

何れにしも、無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。

査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

 

私は1台目の軽自動車を売る際、ディーラーで下取りに出し「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにもガリバー無料査定を行い、
現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう
※入力後、ガリバーから確認の電話連絡があります。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、500万円以下で購入できる国産スポーツカー一覧をご紹介しました。

購入しやすい実用的なスポーツカーから、超ハイスペックなスポーツカーまでいろいろありましたね。

個人的には、実用的で比較的購入しやすいホンダ「シビック TYPE R」やスバル「WRX STI」、スズキ「スイフトスポーツ」などに興味がありますが、新型トヨタ「スープラ」もめっちゃ欲しい1台です!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント