”新車同様の中古車”なら新車より60万円以上安く買える!
スポンサーリンク

【EJ20×WRX STI】現行モデルを2019年12月23日で生産終了!「EJ20 Final Edition」を抽選販売!

モデルチェンジ情報

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

今回は、2019年10月23日から開催された第46回東京モーターショー2019で出典された新型「レヴォーグ」のプロトタイプ、そしてEJ20型水平対向エンジンを搭載した現行モデル「WRX STI」が2019年12月23日で生産終了特別仕様車「EJ20 Final Edition」について詳細をまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型「レヴォーグ」プロトタイプが世界初公開!


スバル「レヴォーグ」公式サイトより

2014年に発売された「レヴォーグ」が2020年にフルモデルチェンジされることは兼ねてよりお伝えしていましたが、2019年10月23日から開催された第46回東京モーターショー2019で新型「レヴォーグ」のプロトタイプが世界初公開されました。

 

その他、2019年10月に改良され「アイサイト・ツーリングアシスト」が全車標準装備となる「インプレッサ」や「SUBARU XV」も出典されました。「SUBARU XV」については、e-BOXER搭載モデルのラインアップを拡大X-MODEを路面状況に合わせて2つのモード選択可能にし悪路走破性が強化されます。

【インプレッサ】マイナーチェンジ(2019)D型の変更点!おすすめグレードは!?D型とライバル車を比較!
今回は2019年10月10日に発表されたスバル「インプレッサ」のマイナーチェンジ(D型改良モデル)による変更点をまとめてみました。また、「MAZDA3」・「カローラスポーツ」・「シビック」と安全性能を徹底比較いたします!「インプレッサ」1.6L車オーナーの筆者がおすすめグレードもご紹介!
【スバル SUBARU XV】マイナーチェンジ(2019)C型の変更点!おすすめグレードは!?C型とライバル車を比較!
今回は、2019年10月10日に発表されたスバル「SUBARU XV」のマイナーチェンジ(C型改良モデル)による変更点をまとめてみました。また、マツダ「CX-30」・トヨタ「C-HR」・ホンダ「ヴェゼル」と安全性能を徹底比較いたします!「SUBARU XV」(C型)のおすすめグレードもご紹介!

 

スポンサーリンク

「WRX STI」現行モデルが12月末で生産終了!特別仕様車「EJ20 Final Edition」限定販売!


スバル「WRX STI EJ20 Final Edition」公式サイトより

1989年から生産されている「EJ20型水平対向エンジン」、そして2014年から販売されていた現行型「WRX STI」が2019年12月23日で生産終了となります。

そして、2019年10月23日から開催された第46回東京モーターショー2019で「WRX STI EJ20 Final Edition」のプロトタイプが出典され、詳細情報や抽選方法が公開されました。

そんな「WRX STI EJ20 Final Edition」は555台の限定販売となっています。

「EJ20 Final Edition」オーナメント(エンジンルーム内)、ゴールド塗装のBBS製19インチアルミホイール、シルバー塗装のブレーキキャリパーなどが特別装備されます。

さらに、RECAROフロントシート、スバルリヤビークルディテクション、ハイビームアシスト、フロント&サイドビューモニターなどが搭載された「WRX STI EJ20 Final Edition FULL PACKAGE」も設定されています。

「WRX STI EJ20 Final Edition」は約452万円、「WRX STI EJ20 Final Edition FULL PACKAGE」約485万円となっています。

間違いなく「WRX STI EJ20 Final Edition」は激レア車となりますので、欲しい方は2019年10月24日(木)~11月11日(月)の間にSUBARU販売店でエントリーしましょう!

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、第46回東京モーターショー2019で出典されたスバル車の情報についてまとめてみました。

 

「インプレッサ」や「SUBARU XV」の2019年改良型も楽しみですが、新型「レヴォーグ」や「WRX STI EJ20 Final Edition」も非常に楽しみです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント