”新車同様の中古車”なら新車より60万円以上安く買える!
スポンサーリンク

「スイフト/スイフトスポーツ」マイナーチェンジ2020!おすすめグレードがRSな理由

モデルチェンジ情報

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

今回は、2020年5月25日に行われたスズキ「スイフト」及び「スイフトスポーツ」のマイナーチェンジ(一部仕様変更)の変更点や違いをご紹介します。

一部仕様変更と書いていますが、内容的にはビッグマイナーチェンジです!

主な変更内容は、先進安全装備の採用とグレード構成の刷新。

そんな向上した安全性能をライバル車と徹底比較。「スイフト」の最新おすすめグレードもご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「スイフト」ビッグマイナーチェンジで安全性能が大幅向上!


スズキ「スイフト」公式HPより

「スイフト」マイナーチェンジ(一部仕様変更)の主な変更点

まずは、2020年5月25日に行われたスズキ「スイフト」及び「スイフトスポーツ」のマイナーチェンジ(一部仕様変更)の主な変更点を、以下にまとめてみました。

 

■安全装備の追加

  • 「後退時ブレーキサポート」の採用
  • 「後方誤発進抑制機能」の採用
  • 「リヤパーキングセンサー」の採用
  • 「アダプティブクルーズコントロール[全車速追従機能付]」の採用
  • 「車線逸脱抑制機能」の採用
  • 「ブラインドスポットモニター[車線変更サポート付]」の採用
  • 「リヤクロストラフィックアラート」の採用
  • 「標識認識機能[車両進入禁止、はみ出し通行禁止、最高速度]」の採用
  • 全方位モニター用カメラに、周囲を立体的に360°確認できる「3Dビュー」を追加

■グレード構成の刷新 ※スイフトのみ

  • ガソリン車2グレード(XG、RS)、マイルドハイブリッド車2グレード(HYBRID MG、HYBRID RS)、ハイブリッド車1グレード(HYBRID SZ)の5グレード構成に変更
    ※XL、HYBRID ML、1.0Lターボ車のRSt、HYBRID SLとSGの廃止
    ※HYBRID SZを新規追加

■エクステリアデザインの変更 ※スイフトのみ

  • 新意匠のフロントメッキグリルを採用
  • シルバー塗装の新意匠アルミホイールを採用(XG、HYBRID MGにメーカーオプション設定)
  • 切削加工とブラック塗装を施した新意匠アルミホイールを採用(RS、HYBRID RS、HYBRID SZ)

■便利装備の追加

  • フロント2ツイーター&リヤ2スピーカー(計6スピーカー)を全車に標準装備
  • マルチインフォメーションディスプレイにデジタル車速表示を追加
  • オートライトシステムを全車に標準装備

■ボディカラーの設定変更

  • フレイムオレンジパールメタリック ブラック2トーンルーフを新設定
  • バーニングレッドパールメタリック、スピーディーブルーメタリックにブラック2トーンルーフを新設定(RS、HYBRID RS、スポーツ)
  • ラッシュイエローメタリック シルバー2トーンルーフ仕様を新設定(スポーツ除く)

 

上記のとおり、今回のマイナーチェンジ(一部仕様変更)の最大の変更点は、先進安全装備の採用とグレード構成の刷新です。

追加される先進安全装備の種類が多く、グレード構成も大きく刷新されているため、まさにビッグマイナーチェンジといえるでしょう。

安全装備はこれまで、自動ブレーキ・車線逸脱警報・ハイビームアシスト・前方の誤発進抑制機能・アダプティブクルーズコントロール・全方位モニター用カメラ、などしかなかったことを考えると、今回のマイナーチェンジ(一部仕様変更)で主に後方の安全性能と自動運転装備が充実したことがわかります。

グレード構成は、ガソリン車・マイルドハイブリッド車・ハイブリッド車それぞれ各1グレード減少し、1.0Lターボ車の設定がなくなったことが大きな変更点でしょう。

選択できるグレードが減少したことで分かりやすくなった印象もありますが、1.0Lターボ車の設定がなくなったことは少し残念ですね。

上記の他、便利装備も改良されており、エクステリアも若干変更されています。

 

では、マイナーチェンジ(一部仕様変更)前後のエクステリアの違いを確認してみましょう。

■マイナーチェンジ(一部仕様変更)後

■マイナーチェンジ(一部仕様変更)前


スズキ「スイフト」公式HPより

フロントグリルとアルミホイールが変更されていますが、パッと見では中々分からないかもしれませんね。

個人的には、マイナーチェンジ(一部仕様変更)後のフロントグリルの方が立体感があり、カッコよくなったと考えます。

 

今回のマイナーチェンジ(一部仕様変更)により、エントリーグレードの「XG」の価格は各安全装備の標準装備などにより20万円程度上昇、その他のグレードの価格は5~10万円前後上昇、「スイフトスポーツ」の価格は15万円程度上昇しています。

価格は上昇していますが、安全装備が先進的な内容になり、カーテンエアバッグやサイドエアバッグなどを含めて全車標準装備となるのは、昨今の車業界の主な流れに沿った形といえるでしょう。

 

「スイフト」の安全性能をライバル車と徹底比較!


スズキ「スイフト」公式HPより

今回のマイナーチェンジ(一部仕様変更)で大きく向上した安全性能を、ライバル車であるトヨタ「ヤリス」・ホンダ「フィット」・日産「ノート」と比較してみましょう。

 

スイフトフィットヤリスノート
ハイビームアシストオートハイビームオートマチックハイビームハイビームアシスト
車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能路外逸脱抑制機能レーントレーシングアシストLDW(車線逸脱警報)
車線逸脱抑制機能路外逸脱抑制機能レーントレーシングアシストインテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)
車線維持支援システム(LKAS)レーントレーシングアシスト
ブラインドスポットモニター[車線変更サポート付]リアカメラ de あんしんプラス2 ※ディーラーオプションブラインドスポットモニター
リヤクロストラフィックアラートリヤクロストラフィックオートブレーキ
歩行者事故低減ステアリング
デュアルセンサーブレーキサポート衝突軽減ブレーキプリクラッシュセーフティインテリジェント エマージェンシーブレーキ
誤発進抑制機能、後方誤発進抑制機能誤発進抑制機能、後方誤発進抑制機能ドライブスタートコントロール踏み間違い衝突防止アシスト
後退時ブレーキサポート、リヤパーキングセンサー近距離衝突軽減ブレーキ、パーキングセンサーシステムインテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)踏み間違い衝突防止アシスト、フロント&バックソナー
全方位モニター用カメラフロントカメラシステム ※ディーラーオプションパノラミックビューモニターインテリジェント アラウンドビューモニター(移動物 検知機能付)
アダプティブクルーズコントロール[全車速追従機能付]渋滞追従機能付アダプティブ・クルーズ・コントロールレーダークルーズコントロールインテリジェント クルーズコントロール
アドバンスドルームミラー ※ディーラーオプションインテリジェント ルームミラー
先行車発進お知らせ機能先行車発進お知らせ機能先行車発進告知機能
標識認識機能標識認識機能ロードサインアシスト
アドバンストパーク
電子制御パーキングブレーキ、オートブレーキホールド機能
サイドエアバッグ・カーテンエアバッグサイドエアバッグ・カーテンエアバッグサイドエアバッグ・カーテンエアバッグカーテンエアバッグ

安全装備を比較すると、新型「ヤリス」と新型「フィット」が優秀です。

それぞれ優秀な点は、以下のとおりです。

 

■新型「ヤリス」が優秀な点

  • クルーズコントロールが作動中の全車速域で車線中央維持支援が可能(レーントレーシングアシスト)
  • 後側方から接近する車両を検知し、自動ブレーキが作動(リヤクロストラフィックオートブレーキ)
  • 自動ブレーキが交差点右左折時の歩行者も検知可能(プリクラッシュセーフティ)
    ※多くのクルマはハンドル操作中は自動ブレーキが作動しない(しない可能性がある)
  • アクセル、ブレーキ、ステアリングを自動操作する自動駐車機能(アドバンストパーク)

 

■新型「フィット」が優秀な点

  • アダプティブクルーズコントロールが先行車を検知し停止&再発進が可能(渋滞追従機能付ACC)
  • 「電子制御パーキングブレーキ」を搭載しており、アダプティブクルーズコントロールの停止保持が可能
  • 「オートブレーキホールド機能」があるため、赤信号などでの停止状態を保持
  • 40km/h以下の低速時、歩行者と衝突の危険性がある際にステアリングアシストが作動(歩行者事故低減ステアリング)

 

上記のとおり、安全性能は新型「ヤリス」と新型「フィット」が優れていますが、「ノート」と比較すれば「スイフト」しか搭載されていない装備もいくつかあります。

これまでの「スイフト」が、ライバル車と比較して安全装備の内容が圧倒的に劣っていた状況を考えると、今回のマイナーチェンジ(一部仕様変更)で安全性能はライバル車にある程度追いついたといえます。

主に、後退時ブレーキサポートやリヤクロストラフィックアラート、車線逸脱抑制機能や全車速追従機能付のアダプティブクルーズコントロール、などが搭載されたことで差が縮まっています。

あとは、自動ブレーキの性能を向上させ、車線中央維持支援機能を搭載し、電動パーキングブレーキとブレーキホールド機能が搭載されれれば言うことなしです。自動駐車機能があれば、尚良ですね。

 

何れにしても、今回のマイナーチェンジ(一部仕様変更)で「スイフト」の安全性能は大きく向上しましたので、安全性能を重視する方にもおすすめできるクルマへと生まれ変わりました。

 

スポンサーリンク

「スイフト」ビッグマイナーチェンジ後のおすすめグレードは!?


スズキ「スイフト」公式HPより

各グレードの主な装備差、価格差まとめ

今回のマイナーチェンジ(一部仕様変更)によりグレード構成が刷新されたことで、おすすめグレードも様変わりしたといえます。

 

まずは、各グレードの主な装備差をまとめてみました。

エントリーグレードである「XG」や「HYBRID MG」にはアップグレードパッケージ(約13万円)を装着した状態で、「RS」や「HYBRID RS」にのみある装備を以下にまとめています。

  • アダプティブクルーズコントロール[全車速追従機能付]
  • フロントマルチリフレクターハロゲンフォグランプ
  • リヤフォグランプ
  • リヤディスクブレーキ
  • 本革巻ステアリングホイール
  • パドルシフト
  • メッキフロントグリル[レッドセンターガーニッシュ]
  • フロントバンパー[エアロ形状]
  • リヤバンパー[エアロ形状]
  • サイドアンダースポイラー
  • ルーフエンドスポイラー
  • 欧州チューニング ショックアブソーバー
  • 欧州チューニング タイヤ
  • 欧州チューニング 電動パワーステアリングコントローラー
  • 16インチアルミホイール[切削加工&ブラック塗装]

 

やはり、全車速追従機能付のアダプティブクルーズコントロール、フォグランプ、パドルシフト、専用エクステリアが大きな違いです。

「HYBRID SZ」は「RS」とほぼ同じ仕様ですが、アダプティブクルーズコントロールが全車速追従機能付ではなく、欧州チューニングもありません。一方、PTCヒーターは唯一搭載されています。

全く関係ありませんが、運転席シートヒーターが全車標準装備というのは、同価格帯のクルマとしては非常に珍しい設定だと感じました。粋な計らいです。

 

上記の装備差に対して、「XG」や「HYBRID MG」、「RS」や「HYBRID RS」との価格差は116,600円です。

装備差をどう考えるかは人によって異なると思いますが、エクステリアの違いは画面で見る以上に大きく、全車速追従機能付のアダプティブクルーズコントロールやパドルシフトもあると非常に便利な装備です。

以上から、筆者としては上位グレードである「RS」や「HYBRID RS」がおすすめです。

 

ガソリン車か、マイルドハイブリッド車か、ハイブリッド車か!?

「スイフト」のグレード選びで迷うのがパワートレインの違いでしょう。

ガソリン車か、マイルドハイブリッド車か、ハイブリッド車か!?

これを考えるにあたって重要なのは、燃費性能と加速性能だと思います。

 

まず燃費性能ですが、各車の違いは以下のとおりです。
※全てCVT、2WD車の値

  • ガソリン車:(WLTCモード)20.0km/L、(実燃費)16.92km/L
  • マイルドハイブリッド車:(WLTCモード)21.0km/L、(実燃費)18.23km/L
  • ハイブリッド車:(WLTCモード)23.0km/L、(実燃費)20.07km/L

実燃費は使用環境や季節によって前後するため、あくまで参考値ですが、何れにしても各車1.0km/L~3.0km/L程度しか変わらないことがわかります。

では、1.0km/L程度の差で毎年の支払い額がどれくらい違うのか計算してみました。

1.0km/L程度の差なら、年間走行距離が1万km程度で約4,000円、5千kmなら半分の約2,000円です。2.0km/L程度の差なら倍、3.0km/L程度の差なら3倍になります。
※ガソリン代140円の場合

 

ガソリン車、マイルドハイブリッド車、ハイブリッド車の各最上位グレードの価格は、以下のとおりです。
※全てCVT(5AGS)、2WD車の価格

  • 「RS」:約179万円
  • 「HYBRID RS」:約188万円
  • 「HYBRID SZ」:約209万円

ちなみに、諸費用の減税は5千円以下で、次年度の自動車税減税を含めても2万円程度です。

1番安い「RS」と1番高い「HYBRID SZ」の価格差は約30万円ですが、年間走行距離が1万km程度なら10年間使用しても15万円程度しか差は縮まらないため、どう考えても「RS」の方がお得です。年間走行距離が倍の2万km程度なら差はなくなるかもしれません。

「HYBRID RS」と「HYBRID SZ」の価格差は約21万円ですが、年間走行距離が1万km程度なら10年間使用しても8万円程度しか差は縮まらないため、どう考えても「HYBRID RS」の方がお得です。

この時点で「HYBRID SZ」という選択肢はなくなります。

では「RS」と「HYBRID RS」ならどうなのか。

「RS」と「HYBRID RS」の価格差は約9万円ですが、年間走行距離が1万km程度なら10年間使用しても5万円程度しか差は縮まりません。そのため、「RS」の方がお得になる可能性が高くなります

 

走りについてはいろんな意見がありますが、モーターのアシストがあるハイブリッド車の方が重い分むしろ遅いという意見もあり、どちらかというとガソリン車の方が走りは有利だという意見が多い様に見受けられます。

筆者も、マイルドハイブリッド車は燃費性能的にも走り的にも効果は薄いと感じており、ハイブリッド車の優位性はないと考えています。

 

「スイフト」の最新おすすめグレードは「RS」!

以上から、「スイフト」の最新おすすめグレードは「RS」です。

全方位モニター用カメラパッケージ、マット、ナビ、ETC程度をオプション設定しても、値引き額込みで200万円前後です。

ガソリン車の最上位グレードながら、価格も今どきのコンパクトカーとしては安い点も魅力的です。

 

「スイフト」の中でのおすすめグレードは「RS」でしたが、筆者の1番のおすすめは「スイフトスポーツ」です。

価格は「RS」より30万円程度高く、維持費もハイオクなため高くなりますが、走りの楽しさは抜群で、コスパ最強のスポーツカーです。

少しでも安くお得に購入したい方は、”新車同様の中古車”も検討してみましょう。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】新車同様の中古車なら新車より60万円以上安く買える!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも多数あります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は”新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!

また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
新車同様の中古車を買う場合のメリットは何といってもその安さ!ですが、デメリットとしては、自分の付けたいオプションが選べないという点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

なので、中古車選びのポイントは、車のカラー及びメーカーオプションは妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数No1のガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数1位のガリバーがおすすめです。

中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何kmでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

■さらに!9月~10月は”27周年 大創業祭セール”でお得に購入できるチャンス!
ガリバーは、2020年9月1日~2020年10月31日の期間中、創業27周年目を記念した大創業祭セールを開催しています。

期間中は在庫台数25,000台からセール車両が大放出され、お得なクルマを購入しやすくなっています。

ただし、セール車両は先着順につき売り切れる場合があるため、お得に購入したい方はお早めに!

 

気になった車、欲しい車がある方、セール車両を購入したい方は、ガリバーに登録して探してもらいましょう!
※中古車の販売金額は申込完了ページには表示されません。登録後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!

中古車買取サービスは、中古車の買取台数ランキング1位のガリバー無料査定がおすすめです。

買取台数No1なのには、それだけの高価買取実績サービスの良さ信頼性があります。

中古車販売台数も1位でしたが、中古車買取台数も1位のガリバーは、まさに中古車業界の”トヨタ”的存在です。

 

■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由
中古車買取台数が1位ということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。

  • 買取車両の在庫期間を短くする独自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減
  • 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映
  • ディーラーの下取りと異なり、オプションやアクセサリーを買取額にプラス評価!

 

■筆者の一括査定体験談
買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。

上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

何れにしも、無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。

査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

 

私は1台目の軽自動車を売る際、ディーラーで下取りに出し「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにもガリバー無料査定を行い、現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう

※愛車の査定金額は申込完了ページには表示されません。入力後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、スズキ「スイフト」及び「スイフトスポーツ」のマイナーチェンジ(一部仕様変更)の詳細、最新のおすすめグレードをご紹介しました。

 

昨今のコンパクトカー市場は、新型「ヤリス」と新型「フィット」が中心で、次いで人気なのはトヨタ「ルーミー」やトヨタ「タンク」などのハイトール型のクルマが中心です。

しかし、「スイフト」も今回のマイナーチェンジ(一部仕様変更)で大幅に進化したといえます。

家族(多人数乗車)向きのクルマとは言えませんが、少人数での使用が中心の方で、コンパクトカーを検討中の方は、是非新型「スイフト」も検討してみましょう!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント