You Tube始めました!ひつじ茶屋のコンテンツを動画でお楽しみください!
スポンサーリンク

【T-Cross(Tクロス)】試乗で分かった意外な欠点~見積もり・値引きは!?

車の比較&試乗記

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

2019年11月27日に発売された新型フォルクスワーゲン「T-Cross(Tクロス)」にがっつり試乗してきました。

そこで今回は、「T-Cross(Tクロス)」の良かった点や気になった点を、同フォルクスワーゲンの「ゴルフ」や「ポロ」、BCセグメントクラスの国産SUVと比較しながらご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「新型T-Cross(Tクロス)」のエクステリア


フォルクスワーゲン「T-Cross」公式HPより

「T-Cross(Tクロス)」のエクステリアは、リアルーフスポイラーやセンターピラーなどにピアノブラック塗装が施されているため艶感があり、ウィンドウモールにもメッキ加飾が施されているなど、比較的質感高い印象です。

 

「T-Cross(Tクロス)」のボディサイズは、トヨタ「ライズ」やダイハツ「ロッキー」と似ていますが、全長が+12cm、全幅が+6.5cm大きいため、見た目の印象は「ライズ」や「ロッキー」より大きくなっています。
※全高は「ライズ」や「ロッキー」の方が+4cm大きい

上記のとおり、「T-Cross(Tクロス)」は「ライズ」や「ロッキー」より大きいですが、ホンダ「ヴェゼル」やトヨタ「C-HR」よりは小さくなっています。

※参考:ボディサイズ
・「T-Cross(Tクロス)」:全長4,115mm、全幅1,760mm、全高1,580mm
・「ライズ」:全長3,995mm、全幅1,695mm、全高1,620mm
・「ヴェゼル」:全長4,330mm、全幅:1,790mm、全高1,590mm
・「C-HR」:全長4,385mm、全幅1,795mm、全高1,550mm

 

印象的だったのは、ドアを閉めた音が重めで上質だったこと、マフラーが見えない(隠している)デザインになっていることです。

ドアを閉めたときの音については、同フォルクスワーゲンの「ポロ」や「ゴルフ7」は「バンッ」という軽めな感じだったのに対して、「T-Cross(Tクロス)」は重厚感のある「ボンッ」という感じでした。

好みはあるかと思いますが、個人的には重めな「T-Cross(Tクロス)」の方が好印象です。

 

スポンサーリンク

「新型T-Cross(Tクロス)」のインテリア、ラゲッジスペース


フォルクスワーゲン「T-Cross」公式HPより

「新型T-Cross(Tクロス)」のインテリア

「T-Cross(Tクロス)」のインテリアは、インパネやセンタークラスター、センターコンソールなどに艶があり、シンプルなデザインながらも質感高い印象です。

同時期、同店舗に展示してあった「ゴルフ7」や「ポロ」と比較しても完全に勝っている印象です。

ボディサイズや搭載しているエンジン排気量が同じ「ライズ」や「ロッキー」と比較しても、インテリアの質感では圧勝といえるでしょう。

 

ただ、「ライズ」や「ロッキー」、そして「ポロ」と同じくレバー式のパーキングブレーキとなっている点は非常に残念です。

レバー式のパーキングブレーキ邪魔になるというだけでなく、信号待ちの際やACC(アダプティブクルーズコントロール)での停止保持ができないため、利便性でも劣るといえます。

「ライズ」や「ロッキー」は、その価格の安さ故、仕方ないと思えなくもないですが、「T-Cross(Tクロス)」の価格は300万円以上するため、できれば電動パーキングブレーキにしてほしかったところです。

 

シートは、一部革が用いられていましたが概ねファブリックで、座り心地は「ポロ」と同程度で少し固めな印象です。

また、後席は14cmスライドすることが可能で、輸入車としては珍しい設定となっています。

ただ、後席を前にスライドさせると足元スペースがほぼなくなるため、個人的にはあまり使わない機能だと感じました。

USB端子は、前席に2個、後席(センターコンソールボックス裏)に2個設定されており、この点も「ライズ」や「ロッキー」と同じです。

 

室内の広さは比較的広い印象で、同クラスで後部座席足元スペースが広い「ライズ」や「ロッキー」よりは狭くなりますが、膝が持ち上がりにくいため好印象で、足を伸ばせる広さがありました。

「ライズ」や「ロッキー」でも感じましたが、昨今ボディサイズは大きいのに室内は狭いという新型車が多い中、ボディサイズは小さく室内は広いという素晴らしいクルマであると考えます。

 

「新型T-Cross(Tクロス)」のラゲッジスペース

「T-Cross(Tクロス)」は、何と言ってもラゲッジスペースが広い!

後席を一番前にスライドさせた場合になりますが、455ℓと大容量です。

BCセグメントクラスの国産SUVと比較すると、「ライズ」や「ロッキー」が369ℓ、「ヴェゼル」が393ℓ、「C-HR」が318ℓとなっていますので、「T-Cross(Tクロス)」が最も広いことが分かります。

また「ライズ」や「ロッキー」同様、アンダーラゲッジも広くなっています。

かなり深くなっているため、背の高い荷物の収納に便利です。

 

スポンサーリンク

「新型T-Cross(Tクロス)」の加速性能、走行性能、乗り心地


フォルクスワーゲン「T-Cross」公式HPより

「新型T-Cross(Tクロス)」の加速性能

「T-Cross(Tクロス)」のパワートレインは、直列3気筒1.0Lターボエンジンで「ライズ」や「ロッキー」と同じです。

しかし、スペックとトランスミッションが「ライズ」や「ロッキー」と全く異なります

 

「T-Cross(Tクロス)」・「ライズ」&「ロッキー」・「C-HR」のスペック比較

・T-Cross(Tクロス)

・1.0Lターボ
→最高出力 85kW〈116PS〉/5,000~5,500rpm
→最大トルク 200N・m〈20.4kgf・m〉/2,000~3,500rpm

・ライズ、ロッキー

・1.0Lターボ
→最高出力 72kW〈98PS〉/6,000rpm
→最大トルク 140N・m〈14.3kgf・m〉/2,400~4,000rpm

・C-HR

・1.2Lターボ
→最高出力 85kW〈116PS〉/5,200~5,600rpm
→最大トルク 185N・m〈18.9kgf・m〉/1,500~4,000rpm

 

上記のとおり、同じ1.0Lターボでも「ライズ」や「ロッキー」より「T-Cross(Tクロス)」の方が最高出力も最大トルクも大きく勝っています。

1.2Lターボの「C-HR」と同じ最高出力で、最大トルクについては「T-Cross(Tクロス)」が勝っています。

ただ、車両重量は「T-Cross(Tクロス)」が1,270kg、「ライズ」や「ロッキー」が1,000kg前後、「C-HR」が1,400kg前後と異なり、軽さという点では「ライズ」や「ロッキー」が有利です。

 

「T-Cross(Tクロス)」の加速性能を体感

「T-Cross(Tクロス)」は、踏み込むと一気に加速する様な加速感はありませんが、発進時は比較的スムーズで、上り坂も2,000回転程度で登ってくれます。

「ライズ」や「ロッキー」の場合、急な上り坂だと3,000回転程度になるところ、「T-Cross(Tクロス)」は2,000回転を超えるシーンがほとんどなく、「ライズ」や「ロッキー」より走りに余裕を感じました。

また、トランスミッションがCVTではなくDSGとなっているため加速のもたつきなどはなく、“走りの面白さ”では「ライズ」や「ロッキー」、「C-HR」に勝っていると感じました。

シフトアップやシフトダウンが行えるシーケンシャルシフトやパドルシフトが全車標準装備となっている点も好印象です。

 

「新型T-Cross(Tクロス)」の走行性能

「T-Cross(Tクロス)」で1点残念なのは、2WD(FF)の設定しかないことでしょう。

最低地上高の数値は不明ですが、悪路走破性が高いクルマでもありません。

一方、最小回転半径は5.1mと小回りが良く、視界も良好なため、非常に運転しやすい点は「T-Cross(Tクロス)」の大きな魅力です。

 

「新型T-Cross(Tクロス)」の乗り心地

「T-Cross(Tクロス)」は、静粛性が高い点も魅力の1つです。

走行時や停止時、アイドリングストップ時やエンジン再始動時も非常に静かで、極端かもしれませんが電気自動車の日産「リーフ」並の静かさだと感じました。

これは「ゴルフ」でも感じたことですが、静粛性や剛性は国産同クラスのクルマよりも高い印象です。

 

乗り心地については、「ポロ」と同レベルな印象で、乗り心地が非常に優れている「ゴルフ」より劣ります。

乗り心地はクラス標準な印象なため、路面によっては突き上げを感じることもあります。

 

スポンサーリンク

「新型T-Cross(Tクロス)」の安全性能


フォルクスワーゲン「ゴルフ」公式HPより

「T-Cross(Tクロス)」の安全装備は、前後の自動ブレーキやハイビームアシスト、駐車支援システムの他、時速210kmまでの速度域で車線維持支援機能とアダプティブクルーズコントロールが作動する「同一車線内全車速運転支援システム”Travel Assist”」が2021年9月2日の改良で追加されるなど、同じフォルクスワーゲンの「ポロ」より安全性能は優れています。

 

一方、同フォルクスワーゲンのCセグメント「ゴルフ8」には、「T-Cross(Tクロス)」にはない以下の装備が設定可能なため、「T-Cross(Tクロス)」より「ゴルフ8」の方が安全性能は優れています。

  • 高速道路走行中に急病などで運転操作ができなくなった際に車両を自動的に停止させる「緊急時停車支援システム”Emergency Assist”」
  • 隣車線後方から車両が接近中に車線変更を行おうとした際にステアリングを制御し軌道を修正する「レーンチェンジアシストシステム”Side Assist Plus”」
  • 対向車や先行車の部分的に遮光する先進ライト「ダイナミックライトアシスト」
  • ステアリングと連動して照射範囲が変わる「ダイナミックコーナリングライト」
  • 後方から車両や自転車が接近中にドアを開けるとブザーで警告する「エグジットウォーニング(降車時警告機能)
  • 自転車も検知できる自動ブレーキ「プリクラッシュブレーキシステム”Front Assist”」

 

また、BCセグメントクラスの国産SUVと比較しても、自動ブレーキの性能や、対向車や先行車の部分的に遮光する先進ライトがない点で劣ります。

 

スポンサーリンク

「新型T-Cross(Tクロス)」の燃費性能、価格、おすすめグレード


フォルクスワーゲン「T-Cross」公式HPより

「新型T-Cross(Tクロス)」の燃費性能

「T-Cross(Tクロス)」の燃費性能を、BCセグメントクラスの国産SUV(ガソリンターボ車)と比較してみましょう。

 

・T-Cross(Tクロス)

・1.0Lターボ
→16.9km/L(WLTCモード)
→14.05km/L(e燃費より)

 

・ライズ&ロッキー

・1.0Lターボ ※2WD
18.6km/L(WLTCモード)
→14.40km/L(e燃費より)

 

・C-HR

・1.2Lターボ ※2WD、CVT
→16.4km/L(JC08モード)
→13.90km/L(e燃費より)

 

燃費性能は、「ライズ」や「ロッキー」に軍配が上がります。

一方、実燃費では大きな違いはないため、燃費性能差はほとんどないといえるでしょう。
※実燃費は季節や使用環境により前後します

ただ、「T-Cross(Tクロス)」の使用燃料は多くの国産車と異なりハイオクとなっているため、維持費は国産車より高めになります。

 

「新型T-Cross(Tクロス)」の価格、おすすめグレード

「T-Cross(Tクロス)」のおすすめグレードは「TSI Active」です。

上位グレードの「TSI Style」とは、インテリアアンビエントライト・スポーツコンフォートシート・アルミホイール程度の違いしかなく、「TSI R-Line」とは前後バンパーやサイドスカート、ドアシルプレートなどの違いはあるものの、価格差が50万円以上あるからです。

やはり、「TSI Active」は「T-Cross(Tクロス)」を最もお得に購入できる点が最大の魅力です。

 

オプションに、Discover Proパッケージ・ セーフティパッケージ・ テクノロジーパッケージを設定して、諸費用込みで「TSI Active」が約335万円となります。

値引き額は20万円程度でした。

時期や店舗、設定するオプションによって、もっと値引き額を引き出すことも可能でしょう。

 

同フォルクスワーゲンの「ポロ」より20万円程度高く、「ゴルフ8」より20万円程度安い価格設定となっています。

BCセグメントクラスの国産SUVと比較すると、ガソリン車が250万円前後、ハイブリッド車が300万円前後で購入できるため、割高な印象は否定できません。

 

「T-Cross(Tクロス)」を少しでも安く購入したい!という方は、“新車同様の中古車”も検討してみましょう。

中古車なら、2022年式で走行距離1,000km未満、修復歴なしと好条件の「TSI Active」でも約280万円で購入できるクルマがありますよ!

もちろん、Discover Proパッケージ・ セーフティパッケージ・ テクノロジーパッケージ付き車です!

 

スポンサーリンク

【おすすめ】”新車同様の中古車”なら、新車より60万円以上安い!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも多数あります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は”新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!

また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
”新車同様の中古車”を買う場合のメリットは何といってもその「安さ」が魅力ですが、デメリットは「自分の付けたいオプションが選べない」という点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

そのため、中古車を選ぶ際は車のカラー及びメーカーオプションを妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数No1のガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数1位のガリバーがおすすめです。

中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何kmでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

■さらに!2022年10月は“ガリバースーパーセール”でお得に購入できるチャンス!
ガリバーは、2022年10月1日~2022年10月31日の期間中、創業月を記念した「大創業祭」“ガリバースーパーセール”を開催しています。

期間中は約3.5万台の在庫からキャンペーン限定の特選セール車両が大放出され、お得なクルマを購入しやすくなっています。

ただし、特選セール車両は先着順につき売り切れる場合があるため、お得に購入したい方はお早めに!

 

気になった車、欲しい車がある方、特選セール車両を購入したい方はガリバーに登録して探してもらいましょう!

※中古車の販売金額は申込完了ページには表示されません。登録後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!

中古車買取サービスは、中古車の買取台数ランキング1位のガリバー無料査定がおすすめです。

買取台数No1なのには、それだけの高価買取実績サービスの良さ信頼性があります。

中古車販売台数も1位でしたが、中古車買取台数も1位のガリバーは、まさに中古車業界の”トヨタ”的存在です。

 

■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由
中古車買取台数が1位ということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。

  • 買取車両の在庫期間を短くする独自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減
  • 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映
  • ディーラーの下取りと異なり、オプションやアクセサリーを買取額にプラス評価!

 

■筆者の一括査定体験談
買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。

また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。

上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

何れにしも、無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。

査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

 

私はスズキ「スペーシア カスタム」を売る際、ディーラーで下取りに出した後にガリバーの無料査定を知り、「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにもガリバー無料査定を行い、現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう

※愛車の査定金額は申込完了ページには表示されません。入力後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

新型「T-Cross(Tクロス)」は、扱いやすいコンパクトSUVで、走り・静粛性・インテリアの質感が高いことが大きな魅力です

先進安全装備や悪路走破性、そして価格では国産SUVには勝てないため、“走る楽しさ”に重きを置く方には非常におすすめであると考えます。

輸入車としては価格も安いため、輸入SUVに乗りたい方にもおすすめです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント