”新車同様の中古車”なら新車より60万円以上安く買える!
スポンサーリンク

テスラ「モデル3」発売!日産「リーフ」と加速性能や航続距離を比較してみた【電気自動車 比較】

車の比較&試乗記

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

今回は、アメリカの電気自動車メーカーTESLA(テスラ)の低価格セダン「モデル3」が2019年5月に日本で発売されましたので、日本だけでなく世界的に売れている電気自動車、日産「リーフ」とボディサイズ・加速性能・航続距離など、隅々まで徹底比較してみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【新型】テスラ「モデル3」情報

TESLA「モデル3」公式HPより

【新型】テスラ「モデル3」の駆動方式とバッテリー性能

「モデル3」のバッテリーラインナップは、54kWhの「スタンダードレンジ プラス」モデル、75kWhで前後デュアルモーターの「ロングレンジ」及び「パフォーマンス」モデルの2種類設定されています。

駆動方式は、「スタンダードレンジ プラス」モデルが後輪駆動(RR)、「ロングレンジ」及び「パフォーマンス」モデルが四輪駆動(AWD)となっています。

航続距離は、「スタンダードレンジ プラス」モデルが409km、「ロングレンジ」モデルが560km、「パフォーマンス」モデルが530kmです。

そして0-100km/h加速は、「スタンダードレンジ プラス」モデルが5.6秒、「ロングレンジ」モデルが4.7秒、「パフォーマンス」モデルが3.4秒という速さ!

最高速度は、「スタンダードレンジ プラス」モデルが225km/h、「ロングレンジ」モデルが233km/h、「パフォーマンス」モデルが261km/hです。

 

【新型】テスラ「モデル3」の価格

「モデル3」の価格は、「スタンダードレンジ プラス」モデルが約511万円、「ロングレンジ」モデルが約655万円、「パフォーマンス」モデルが約717万円で、これまでの「ロードスター」、「モデルS」、「モデルX」の価格が1,000万円以上したことを考えるとかなり安く設定されているのが印象的です。

 

【新型】テスラ「モデル3」のボディサイズ

「モデルS」や「モデルX」は全長5m、全幅2mと日本では大きすぎるサイズでした。

しかし、「モデル3」のボディサイズは、全長4,694mm、全幅1,849mm、全高1,443mmとなっており、これまでのモデルと比較すると日本向けなサイズ感となっています。

 

【新型】テスラ「モデル3」の安全装備、快適装備

「モデル3」の現時点で分かっている装備は、以下のとおりです。

■安全装備

  • 同一車線でアクセル、ブレーキ、ステアリングを制御する「オートパイロット」
  • 高速道路上で自動車線変更
  • 自動的に車両を車庫から出し入れ「サモン」
  • 自動駐車「オートパーキング」
  • 信号、標識認識機能
  • 8つのエアバッグ
  • 自動防眩機能、ヒーター付電動サイドミラー
  • LEDフォグライト

■快適装備

  • マップとナビーゲーションシステムを搭載した15インチタッチスクリーンディスプレイ
  • WiFi、LTEによるインターネット接続
  • FM、インターネットラジオ
  • 音声操作
  • モバイルアプリによるキーレスエントリー
  • 左右独立温度コントロールフルオートエアコン
  • USB端子2個付きセンターコンソール
  • 後席用USB端子2個
  • シートヒーター
  • 12wayメモリー機能付パワーシート

 

安全装備は日産の「プロパイロット」、「プロパイロット2.0」の様な部分自動運転システムが搭載されます。

ただし、「オートパーキング」や「サモン」、標識認識機能などはオプション装備で、価格は62万円と結構高価です。

インテリアのデザインは、横に大きい15インチの大型ディスプレイとステアリングホイールがあるだけで、かなりシンプルなデザインとなっています。

15インチディスプレイに全ての情報が表示され、ナビゲーションだけでなく安全装備の設定やエアコンの設定など、全ての操作が行えるようです。インターネットにも接続可能で、USB端子が多く設定されていることも特徴的です。

 

スポンサーリンク

テスラ「モデル3」・日産「リーフ」を比較

TESLA「モデル3」公式HPより

日産「リーフ」公式HPより

では、TESLA(テスラ)「モデル3」と日産「リーフ」を比較してみましょう。

 

ボディサイズの比較

・モデル3
全長(mm):4,694
全幅(mm):1,849
全高(mm):1,443
ホイールベース(mm):2,870
車両重量(kg):1,610~1,730
最小回転半径(m):-
ラゲッジスペース(L):425

・リーフ
全長(mm):4,480
全幅(mm):1,790
全高(mm):1,540~1,560
ホイールベース(mm):2,700
車両重量(kg):1,490~1,680
最小回転半径(m):5.2~5.4
ラゲッジスペース(L):435

 

ボディサイズを比較すると、全高を除いて「モデル3」の方が一回り以上大きいですね。

「モデル3」の最小回転半径は不明ですが、「リーフ」の方が小回りがきくでしょう。

ボディサイズは「リーフ」の方が小さいですが、ラゲッジスペースの容量は「リーフ」の方が広くなっています。

 

航続距離の比較

・モデル3
54kWh:409km
75kWh(ロングレンジ):560km
75kWh(パフォーマンス):530km

・リーフ
40kWh:322km
62kWh:458km

※「モデル3」は国際的なWLTP、「リーフ」は日本のWLTCモードによる数値

 

測定方法に若干の違いがありますが、やはり総電力量の大きいバッテリーを搭載している「モデル3」の方が航続距離も長くなっています。

電気自動車は、航続距離や充電時間がネックポイントでもあるので、総電力量の大きさはメリットの1つですね。

 

加速性能(0-100km/h加速)の比較

・モデル3
54kWh:5.6秒
75kWh(ロングレンジ):4.7秒
75kWh(パフォーマンス):3.4秒
※公式数値

・リーフ
40kWh:7.1秒
62kWh:-

 

0-100km/h加速は、あくまで参考程度ですが、やはり「モデル3」の方が速くなりそうです。「リーフ」の62kWhモデルがどこまで速いかは不明ですが、「モデル3」の50kWhモデル前後の速さとなるでしょう。

私は「リーフ」の40kWhモデルに150km程度試乗しましたが、40kWhモデルでも素晴らしい加速性能です。個人的には、これ以上の加速性能が日本の道で必要になるとは思えませんが、航続距離が伸びる点で総電力量の大きいバッテリーは魅力的ですね。

 

価格の比較

・モデル3
54kWh:約511万円
75kWh(ロングレンジ):約655万円
75kWh(パフォーマンス):約717万円

・リーフ
40kWh:約333万円~約419万円
62kWh:約441万円~約500万円

 

価格は「リーフ」の方が100万円以上安くなりそうです。

「リーフ」は、質感はあまり高くありませんが安全性能なら「モデル3」に負けていません。

走り・静粛性・車内の広さ・安全性能・価格など、総合力の高い「リーフ」に、「モデル3」が人気(販売台数)で勝つのは中々難しいのではないかと現時点では思います。

「リーフ」の維持費は月2,000円(税別)と圧倒的に安いため、普段使いだと「リーフ」はかなり良い車だと思います。

※2019年12月16日にZESP2(ゼスプ2)からZESP3(ゼスプ3)に改定となったことで「使いホーダイプラン」は廃止されています。

ZESP2終了!ZESP3になって改悪!?電気自動車(リーフ)のコストメリットは減少!?
今回は、2019年12月16日に「日産ゼロ・エミッションサポートプログラム」がZESP2(ゼスプ2)からZESP3(ゼスプ3)に改定となったことで、実質の値上げ、つまり改悪されたのでは!?と感じた理由をまとめてみました。日産「リーフ」のコストメリットは減少か!?

 

スポンサーリンク

【おすすめ】新車同様の中古車なら新車より60万円以上安く買える!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも多数あります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は”新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!

また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
新車同様の中古車を買う場合のメリットは何といってもその安さ!ですが、デメリットとしては、自分の付けたいオプションが選べないという点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

なので、中古車選びのポイントは、車のカラー及びメーカーオプションは妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数No1のガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数1位のガリバーがおすすめです。

中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何キロでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

■さらに!1月~2月は”ガリバー大決算セール2020”でお得に購入できるチャンス!
ガリバーは、2020年1月20日~2020年2月29日の期間中、大決算セールを開催しています。期間中はセール車両が大放出され、購入しやすくなっています。

ただし、セール車両は先着順につき売り切れる場合があるため、お得に購入したい方はお早めに!

気になった車、欲しい車がある方は、まずはガリバーに登録して探してもらいましょう!
※登録後、ガリバーから確認の電話連絡があります。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!

中古車買取サービスは、中古車の買取台数ランキング1位のガリバー無料査定がおすすめです。

買取台数No1なのには、それだけの高価買取実績サービスの良さ信頼性があります。

中古車販売台数も1位でしたが、中古車買取台数も1位のガリバーは、まさに中古車業界の”トヨタ”的存在です。

 

■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由
中古車買取台数が1位ということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。

  • 買取車両の在庫期間を短くする独自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減
  • 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映
  • ディーラーの下取りと異なり、オプションやアクセサリーを買取額にプラス評価!

 

■筆者の一括査定体験談
買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。

上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

何れにしも、無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。

査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

 

私は1台目の軽自動車を売る際、ディーラーで下取りに出し「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにもガリバー無料査定を行い、
現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう
※入力後、ガリバーから確認の電話連絡があります。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、TESLA(テスラ)「モデル3」と日産「リーフ」を徹底比較してみました。

これまでは電気自動車の中では圧倒的な人気を誇っていた「リーフ」ですが、「モデル3」だけでなく他メーカーの電気自動車も相次いで発売となりますので、電気自動車市場は激変することになるでしょう。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント