”新車同様の中古車”なら新車より60万円以上安く買える!
スポンサーリンク

「アルファード/ヴェルファイア」マイナーチェンジ(一部改良)2019の変更点~どっちが人気!?

モデルチェンジ情報

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

今回は、2019年12月18日に発表されたトヨタ「アルファード」及び「ヴェルファイア」のマイナーチェンジ(一部改良)による変更点をまとめてみました。

また、「アルファード」と「ヴェルファイア」のどちらが人気なのか!?両車の人気状況を調査してみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

トヨタ「アルファード/ヴェルファイア」マイナーチェンジ(一部改良)2019による変更点


トヨタ「アルファード」公式HPより

2019年12月18日に発表されたトヨタ「アルファード」及び「ヴェルファイア」のマイナーチェンジ(一部改良)による変更点は、以下のとおりです。

 

■ナビゲーション

  • スマートフォンとの連携を可能にした9インチディスプレイオーディオ(DA)を標準装備
    ※「Executive Lounge」・「Executive Lounge S」はT-Connect SDナビゲーションシステムを標準装備
  • 車載通信機(DCM)を全車標準装備
  • T-Connect SDナビゲーションシステムのディスプレイサイズを10.5インチに大型化
  • リヤシートエンターテインメントシステムのディスプレイサイズを13.3インチに大型化

■安全装備、快適装備

  • バックガイドモニターを標準装備
    ※「Executive Lounge」・「Executive Lounge S」はパノラミックビューモニターを標準装備
  • 3眼LEDヘッドランプ、ウェルカムパワースライドドア&予約ロック機能の標準装備設定グレードを拡大
    ※「X」・「S」・「HYBRID X」・「HYBRID S」以外のグレードに標準装備
  • スライドドアの開閉に連動しステップが展開格納される電動サイドステップをオプション設定

■その他

  • ガソリン車の「S」に設定されていた「Aパッケージ」、「Z」に設定されていた「Aエディション」を廃止
  • 「ヴェルファイア」のフロントエンブレムがネッツ店専用のものからトヨタに変更

 

今回のマイナーチェンジ(一部改良)による最大の変更点は、ディスプレイオーディオ及び車載通信機(DCM)が標準装備されたことでしょう。

ディスプレイオーディオは、SmartDeviceLink・Apple CarPlay・Android Auto対応のスマホアプリをディスプレイに表示、操作が可能です。また、車載通信機が全車標準装備されたことにより、T-Connectナビを設定しなくてもコネクティッドサービスを使用できる様になっています。

ディスプレイオーディオが標準装備されたことによるメリットは次項にまとめています。

 

上記の他、快適装備の設定変更なども行われていますが、「ヴェルファイア」のフロントエンブレムがネッツ店専用のものからトヨタに変更されたことも大きな変更点かと思います。

エンブレムの変更は、ネッツ店だけでなくカローラ店でも販売される様になったためで、見た目の印象も多少変わってきます。

 

今回の改良により、下位グレード(「X」や「S」)は9万円程度、上位グレード(「SC」や「SR」、「G」など)は20~26万円程度価格が上昇しています。

改良された「アルファード」及び「ヴェルファイア」は、2020年1月6日に発売されます。

 

スポンサーリンク

「ディスプレイオーディオ」全車標準装備によるメリット


トヨタ「カムリ」公式サイトより

「ディスプレイオーディオ」が全車に標準装備されたことで、以下のメリットがあります。

 

  • 「SmartDeviceLink」が使用可能なため、トヨタのナビゲーションエンジンを搭載した「TCスマホナビ」、「LINEカーナビ」を使うなら、追加のナビ代が不要
  • 上記ナビが不満でも、オプション約3.3万円で「Apple CarPlay」、「Android Auto」が使用可能なため、Googleマップを使用できる
  • 従来のナビ機能を使用したい場合でも、6.6万円~11万円で使用可能
  • CD・DVDデッキはオプション設定だが、約4.1万円で使用可能

 

簡単に言えば、”ナビ代が安くなった”ということです。

TVやCD・DVDデッキなど、各オプション設定を細かくできるため、必要なものだけを設定すれば節約することも可能です。

仮に「Android Auto」等のセット、T-Connectナビキット、CD・DVDデッキをオプション設定しても追加で18万円程度なので、従来のT-Connectナビを設定するよりもお得感があります。

ただし、ディスプレイオーディオに「パノラミックビューモニター」と「インテリジェントパーキングアシスト」は設定できませんので注意が必要です。これらを設定したい場合は約72万円のT-Connect SDナビゲーションシステムを設定する必要があります。

 

スポンサーリンク

「アルファード」と「ヴェルファイア」の人気状況を確認!


トヨタ「ヴェルファイア」公式HPより

今回の商品改良により魅力が増した「アルファード」とヴェルファイアですが、2019年の人気状況はどうなっているのか!?

2019年7月~11月までの人気状況を、以下に整理してみました。

 

2019年7月 ミニバンランキング

順位車種名メーカー名販売台数
1シエンタトヨタ10,739
2セレナ日産8,791
3ヴォクシートヨタ8,044
4フリードホンダ7,608
5アルファードトヨタ6,228
6ノアトヨタ4,946
7ステップワゴンホンダ4,715
8エスクァイアトヨタ3,821
9ヴェルファイアトヨタ3,359
10デリカD5三菱1,412

2019年7月は、「ヴェルファイア」の約2倍「アルファード」が売れています。

ミニバン全体の1位は「シエンタ」ですが、大型高級ミニバンとしては「アルファード」が1位です。

「ヴェルファイア」は前年比約80%と販売台数が減少しているのに対し、「アルファード」は前年比約117%と増加しています。

 

2019年8月 ミニバンランキング

順位車種名メーカー名販売台数
1シエンタトヨタ8,745
2セレナ日産7,714
3フリードホンダ7,000
4ヴォクシートヨタ6,887
5アルファードトヨタ4,628
6ノアトヨタ3,956
7ステップワゴンホンダ3,548
8エスクァイアトヨタ3,040
9ヴェルファイアトヨタ2,065
10オデッセイホンダ1,262

2019年8月は、「ヴェルファイア」の2倍以上「アルファード」が売れています。

ミニバン全体の1位は「シエンタ」ですが、大型高級ミニバンとしては「アルファード」が1位です。

「ヴェルファイア」は前年比約71%と販売台数が減少しているのに対し、「アルファード」は前年比約106%と増加しています。

 

2019年9月 ミニバンランキング

順位車種名メーカー名販売台数
1シエンタトヨタ13,558
2ヴォクシートヨタ10,178
3セレナ日産9,224
4フリードホンダ8,108
5アルファードトヨタ6,523
6ノアトヨタ5,912
7ステップワゴンホンダ5,621
8エスクァイアトヨタ4,438
9ヴェルファイアトヨタ3,478
10デリカD5三菱2,227

2019年9月は、「ヴェルファイア」の約1.8倍「アルファード」が売れています。消費税増税前の駆け込み需要で販売台数が増加しています。

ミニバン全体の1位は「シエンタ」ですが、大型高級ミニバンとしては「アルファード」が1位です。

2019年9月は両車共に前年より販売台数を伸ばしており、「アルファード」は約115%なのに対して「ヴェルファイア」は約121%と大きく伸ばしています。

 

2019年10月 ミニバンランキング

順位車種名メーカー名販売台数
1シエンタトヨタ9,302
2アルファードトヨタ5,130
3ヴォクシートヨタ4,394
4フリードホンダ4,368
5セレナ日産4,313
6ステップワゴンホンダ3,127
7ノアトヨタ2,598
8エスクァイアトヨタ2,524
9ヴェルファイアトヨタ2,221
10デリカD5三菱868

2019年10月は、「ヴェルファイア」の2倍以上「アルファード」が売れています。

ミニバン全体の1位は「シエンタ」ですが、大型高級ミニバンとしては「アルファード」が1位です。2019年10月は「ヴォクシー」、「セレナ」、「フリード」よりも売れています。

駆け込み需要の反動による影響で全体的に販売台数が減少している中、「アルファード」は前年比約88%と比較的減少数が抑えられているのに対し、「ヴェルファイア」は前年比約59%と大きく減少しています。

 

2019年11月 ミニバンランキング

順位車種名メーカー名販売台数
1シエンタトヨタ10,331
2フリードホンダ6,444
3アルファードトヨタ5,748
4ヴォクシートヨタ5,570
5セレナ日産4,830
6エスクァイアトヨタ3,413
7ステップワゴンホンダ3,364
8ノアトヨタ3,135
9ヴェルファイアトヨタ2,477
10デリカD5三菱1,215

2019年11月は、「ヴェルファイア」の2倍以上「アルファード」が売れています。

ミニバン全体の1位は「シエンタ」ですが、大型高級ミニバンとしては「アルファード」が1位です。2019年11月は「ヴォクシー」、「セレナ」よりも売れています。

「ヴェルファイア」は前年比約67%と販売台数が減少しているのに対し、「アルファード」は前年比約103%と増加しています。

 

「アルファード」と「ヴェルファイア」の人気状況 まとめ

こうして整理すると、「ヴェルファイア」より「アルファード」の方が2倍以上人気であり、「アルファード」は前年よりも販売台数を伸ばしているのに対して「ヴェルファイア」は販売台数が減少傾向にあります。

販売チャネル制度廃止に伴い”「ヴェルファイア」は生産終了となり「アルファード」に統合される”とい噂も流れていますが、この結果を見ると統合されれても不思議はない印象です。

2020年5月よりトヨタ全販売店でトヨタ全車種の販売が開始されますので、それほど先の話ではないかもしれません。

そのため、「ヴェルファイア」を新車で購入したい方は少し急いだ方がいいかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

そもそも「アルファード」と「ヴェルファイア」の違いって!?


トヨタ「アルファード」公式HPより

「アルファード」と「ヴェルファイア」の違いについて確認してみましょう。

エンブレムや販売店(「アルファード」はトヨペット店、「ヴェルファイア」はネッツ店とカローラ店)も異なっていますが、両車の主な違いはエクステリア、特にフロントフェイスが異なります。

つまり、両車の販売台数の違いは”顔の好みの違い”といえます。

 

スポンサーリンク

「アルファード」や「ヴェルファイア」は高くない!


トヨタ「アルファード」公式HPより

「アルファード」や「ヴェルファイア」は高価なイメージですが、最廉価グレードから装備は比較的充実しており、オプションの安全装備を全て設定しても370万円前後で購入可能です。
※「アルファード」、「ヴェルファイア」はガソリン車「X」にナビキット、デジタルインナーミラー等を設定した場合の価格

「ヴォクシー」や「セレナ」のハイブリッド車と同程度か、むしろ少し安くなっています。
※「ヴォクシー」は「HYBRID ZS“煌Ⅱ”」にサイドエアバッグやナビ等を設定した場合の価格(約367万円)
※「セレナ」は「e-POWER ハイウェイスターV」にオートデュアルエアコン、プロパイロット、カーテンエアバッグ、ナビ等を設定した場合の価格(約400万円)

 

それでいて安全性能や質感は高く設定されていますので、”「アルファード」や「ヴェルファイア」は高いからやめておこう”と考えていた方は再検討した方が良いかもしれません。

さらに安く、お得に購入したい方は”新車同様の中古車”も検討してみましょう!

ちなみに、中古車としても「アルファード」の方が人気です!

 

スポンサーリンク

【おすすめ】新車同様の中古車なら新車より60万円以上安く買える!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも多数あります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は”新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!

また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
新車同様の中古車を買う場合のメリットは何といってもその安さ!ですが、デメリットとしては、自分の付けたいオプションが選べないという点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

なので、中古車選びのポイントは、車のカラー及びメーカーオプションは妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数No1のガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数1位のガリバーがおすすめです。

中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何キロでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

■さらに!1月~2月は”ガリバー大決算セール2020”でお得に購入できるチャンス!
ガリバーは、2020年1月20日~2020年2月29日の期間中、大決算セールを開催しています。期間中はセール車両が大放出され、購入しやすくなっています。

ただし、セール車両は先着順につき売り切れる場合があるため、お得に購入したい方はお早めに!

気になった車、欲しい車がある方は、まずはガリバーに登録して探してもらいましょう!
※登録後、ガリバーから確認の電話連絡があります。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!

中古車買取サービスは、中古車の買取台数ランキング1位のガリバー無料査定がおすすめです。

買取台数No1なのには、それだけの高価買取実績サービスの良さ信頼性があります。

中古車販売台数も1位でしたが、中古車買取台数も1位のガリバーは、まさに中古車業界の”トヨタ”的存在です。

 

■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由
中古車買取台数が1位ということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。

  • 買取車両の在庫期間を短くする独自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減
  • 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映
  • ディーラーの下取りと異なり、オプションやアクセサリーを買取額にプラス評価!

 

■筆者の一括査定体験談
買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。

上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

何れにしも、無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。

査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

 

私は1台目の軽自動車を売る際、ディーラーで下取りに出し「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにもガリバー無料査定を行い、
現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう
※入力後、ガリバーから確認の電話連絡があります。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、トヨタ「アルファード」と「ヴェルファイア」のマイナーチェンジ(一部改良)による変更点、両車の人気状況を調査してみました。

 

「アルファード」及び「ヴェルファイア」は、上質で安全性能も高い素晴らしいミニバンです。

「アルファード」の方が圧倒的に人気でしたが、個人的には「ヴェルファイア」のフロントフェイスの方が好印象です。

ミニバンの購入を考えていた方は、今回の一部改良を機に「アルファード」及び「ヴェルファイア」も検討してみては如何でしょうか。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント