”新車同様の中古車”なら新車より60万円以上安く買える!
スポンサーリンク

【トヨタ カローラツーリング 2.0L車】特別仕様車”ACTIVE RIDE”と”2000 Limited”の違い

モデルチェンジ情報

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

今回は、2021年4月19日に発売されたトヨタ「カローラツーリング」の特別仕様車「“ACTIVE RIDE”」と、2020年6月1日に発売された特別仕様車「“2000 Limited”」違いをまとめてみました。

同じ2.0Lガソリン車の両車は、一体どこが違うのか!?

「カローラツーリング」オーナーの筆者が徹底解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「カローラツーリング」の特別仕様車「“ACTIVE RIDE”」とは!?


トヨタ「カローラツーリング」公式HPより

2021年4月19日に発売されたトヨタ「カローラツーリング」の特別仕様車「“ACTIVE RIDE”」の特別装備を、以下にまとめてみました。

 

■ベース車

  • W×B

■パワートレイン

  • 2.0Lダイナミックフォースエンジン
  • Direct Shift-CVT(10速スポーツシーケンシャルシフトマチック)

■エクステリア

  • ブラック塗装の17インチアルミホイール
  • 専用チューニングされたフロント&リヤサスペンション
  • ばね上制振制御
  • ダークグレーメタリック塗装のルーフレール
  • 2ツーンのフロント&リヤバンパー
  • 2ツーン、専用ロゴ入りのロッカーモール
  • ボディカラー「アーバンカーキ」、「ブラックマイカ×アーバンカーキ」

■インテリア

  • 撥水加工を施したファブリックスポーツシート(サテン加飾メッキ付き)
  • オプティトロン3眼メーター+7.0インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ
  • 本革巻ステアリングホイールにシルバー加飾
  • インパネにレーザー刻印された“ACTIVE RIDE”専用ロゴ
  • インパネやセンターコンソール、ドアアームレストなどのオレンジステッチ
  • フロントコンソール部の専用ロゴ入りオリジナルコースター

■便利装備

  • シートヒーター(運転席・助手席)
  • ステアリングヒーター
  • エアクリーンモニター
  • ナノイー X
  • イルミネーテッドエントリーシステム
  • 9インチのディスプレイオーディオ
  • 6スピーカー

■安全装備、ドライビング装備など

  • ブラインドスポットモニター&リヤクロストラフィックオートブレーキ
  • カラーヘッドアップディスプレイ
  • ブラックマイカ塗装のサイドターンランプ付オート電動格納式リモコンカラードドアミラー(ヒーター・ブラインドスポットモニター付
  • パドルシフト

 

特別仕様車「“ACTIVE RIDE”」の特別装備の中でも、最大の特徴は2.0Lダイナミックフォースエンジン&Direct Shift-CVTが搭載されていることでしょう。

トヨタ「RAV4」のガソリン車にも採用されている上記のパワートレインは、CVT特有の走り出しのもっさり感が少なく、加速性能は一般的な2.0Lガソリン車よりも優れています。

「RAV4」だと少し重い印象もありますが、1,300kg台の「カローラツーリング」だと非常に軽快な走りを楽しむこことができるため、「カローラツーリング」の中で走りが最も面白いグレードとなっています。

 

また、専用チューニングされたフロント&リヤサスペンション、オプティトロン3眼メーター、パドルシフト、ナノイー Xなど、特別仕様車「“ACTIVE RIDE”」にしかない特別装備も魅力です。

17インチアルミホイールはパッと見「W×B」のアルミホイールと同じに見えますが、「W×B」がダークグレーメタリック塗装となっているのに対して、特別仕様車「“ACTIVE RIDE”」はブラック塗装となっている点で異なります。

 

その他、ノーマルグレードだとオプション設定となっているブラインドスポットモニター&リヤクロストラフィックオートブレーキ、ルーフレール、シートヒーター、ステアリングヒーター、カラーヘッドアップディスプレイなどが標準装備されています。

 

価格は266万円と、1.8Lガソリン車の「W×B」より30万円程度高く設定されていますが、各オプション合計が約22.7万円となっていますがので、実際の価格差は7万円程度であることがわかります。

パワートレインなどの特別装備を考えれば間違いなくお得なため、特別仕様車「“ACTIVE RIDE”」はガソリン車の中で最もおすすめなグレードといえるでしょう。

 

ただし、ネックなのは500台限定販売ということです。

どう考えても競争率は高く、既に入手できない可能性もあるでしょう。

 

スポンサーリンク

特別仕様車「“ACTIVE RIDE”」と「“2000 Limited”」の違い


トヨタ「カローラツーリング」公式HPより

特別仕様車「“2000 Limited”」の特別装備

まずは、2020年6月1日に発売された「カローラツーリング」の特別仕様車「“2000 Limited”」の特別装備を、以下にまとめてみました。

 

■ベース車

  • W×B

■パワートレイン

  • 2.0Lダイナミックフォースエンジン
  • Direct Shift-CVT(10速スポーツシーケンシャルシフトマチック)

■エクステリア

  • 切削光輝+ブラック塗装の17インチアルミホイール
  • ばね上制振制御
  • シルバーメタリック塗装のルーフレール
  • ボディカラー「レッドマイカメタリック」・「ブルーメタリック」

■インテリア

  • 撥水加工を施した上級ファブリックスポーツシート
  • オプティトロン3眼メーター+7.0インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ
  • 本革巻ステアリングホイールにシルバー加飾
  • インパネやセンタークラスターなどのレッド加飾
  • センターコンソールやドアアームレストのグレーステッチ

■便利装備

  • シートヒーター(運転席・助手席)
  • ステアリングヒーター
  • エアクリーンモニター
  • ナノイー
  • イルミネーテッドエントリーシステム
  • ブラック加飾を施した9インチのディスプレイオーディオ
  • 6スピーカー

■安全装備、ドライビング装備など

  • ブラインドスポットモニター&リヤクロストラフィックオートブレーキ
  • カラーヘッドアップディスプレイ
  • サイドターンランプ付オート電動格納式リモコンカラードドアミラー(ヒーター・ブラインドスポットモニター付
  • パドルシフト

 

特別仕様車「“ACTIVE RIDE”」と「“2000 Limited”」の違い

「“ACTIVE RIDE”」と「“2000 Limited”」は、パワートレインなど特別装備は似た内容となっていますが、以下の違いがあります。

 

■エクステリア

  • 17インチアルミホイールのデザイン
  • 専用チューニングされたフロント&リヤサスペンション(“ACTIVE RIDE”のみ)
  • ルーフレールの塗装色
  • 専用ボディカラー
  • 2ツーンのフロント&リヤバンパー(“ACTIVE RIDE”のみ)
  • 2ツーン、専用ロゴ入りのロッカーモール(“ACTIVE RIDE”のみ)
  • フロントコンソール部の専用ロゴ入りオリジナルコースター(“ACTIVE RIDE”のみ)

■インテリア

  • シートが上級ファブリック(“2000 Limited”) or サテン加飾メッキ付き(“ACTIVE RIDE”)
  • インパネのレッド加飾(“2000 Limited”) or “ACTIVE RIDE”専用ロゴ(“ACTIVE RIDE”)
  • センターコンソールやドアアームレストのステッチカラー

■便利装備

  • ナノイー X(“ACTIVE RIDE”のみ)
  • ブラック加飾を施した9インチのディスプレイオーディオ(“2000 Limited”のみ)

■価格

  • 約262万円(“2000 Limited”) or 約266万円(“ACTIVE RIDE”)

 

内外装で結構違いがあった「“ACTIVE RIDE”」と「“2000 Limited”」ですが、専用チューニングされたフロント&リヤサスペンションやナノイー Xなど、特別装備は「“ACTIVE RIDE”」の方が多い印象があります。

見た目や性能的に「“ACTIVE RIDE”」の方が優れていると個人的には考えます。

「“2000 Limited”」を購入できなくて悔しい思いをした方は、チャンスと考えて「“ACTIVE RIDE”」をゲットしたいところですね。

 

スポンサーリンク

「カローラツーリング」は本当におすすめのクルマ!

トヨタ カローラ ツーリング 外装 エクステリア
「カローラツーリング」のオーナーが言えることは、「カローラツーリング」は間違いなくおすすめだということです。

 

「カローラツーリング」に乗り換えて1年程度経過しましたが、「カローラツーリング」は燃費性能や安全性能、乗り心地や静粛性、見た目や質感、そして走りも優れたクルマとなっています。

購入してからトヨタ「ヤリスクロス」やスバル「レヴォーグ」、日産「ノート」などの新型車の多くに試乗してきましたが、それぞれ優れた点があり、全て良いクルマではあったものの、総合力では「カローラツーリング」が最も優れていると考えています。

もちろん、後部座席が狭いとか、リアドアの開閉角度が狭いとか、自動ブレーキは交差点右左折時の対向車や歩行者に対して作動しないとか、言い出したらいくつか欠点はありますが、それでも買って後悔したことは1度もありません。

 

【カローラツーリング購入記】インプレッサからカローラツーリングに乗り換えてみた~価格や値引き額、後部座席や荷室の広さ、乗り心地等を徹底評価!【Cセグメント おすすめ】
筆者が「インプレッサスポーツ」から「カローラツーリング」に乗り換えて良かったことや気になったこと、実燃費や価格、各装備の使用感などをご紹介します。筆者が購入したグレードは「HYBRID W×B」の「ホワイトパールクリスタルシャイン」です。写真も大量に掲載していますので、是非参考にしてみてください。
【カローラ(ツーリング・スポーツ)の欠点・デメリット】オーナーが後悔したこと3選~それでもおすすめな理由
今回は、2020年10月1日に一部改良が行われたトヨタ「カローラ」及び「カローラツーリング」、「カローラスポーツ」の欠点を、「カローラツーリング」オーナーの筆者がご紹介します。「カローラ」シリーズの購入を検討している方は要チェック!
カローラツーリングのセンターピラーガーニッシュをブラック艶有り塗装にしてみた
今回は「カローラツーリングオーナーが語る」シリーズ第3弾!トヨタ「カローラツーリング」のセンターピラーガーニッシュを”ブラック艶有り塗装”のパーツに交換した詳細を写真とともにご紹介します。「カローラツーリング」や「カローラ」のセンターピラーでお悩みの方は、是非参考にしてみてください。

 

そのため、特別仕様車「“ACTIVE RIDE”」の購入を検討している方には、是非「カローラツーリング」をゲットして、「カローラツーリング」の魅力を感じてもらいたいと思います。

とはいえ、500台限定と新車での購入は難しいため、購入できなかったという方は中古車も検討してみましょう。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】”新車同様の中古車”なら、新車より60万円以上安い!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも多数あります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は”新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!

また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
”新車同様の中古車”を買う場合のメリットは何といってもその「安さ」が魅力ですが、デメリットは「自分の付けたいオプションが選べない」という点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

そのため、中古車を選ぶ際は車のカラー及びメーカーオプションを妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数No1のガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数1位のガリバーがおすすめです。

中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何kmでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

■さらに!2021年7月~8月は”決算セール”でお得に購入できるチャンス!
ガリバーは、2021年7月1日~2021年8月31日の期間中、決算セールを開催しています。

期間中はセール車両が大放出され、お得なクルマを購入しやすくなっています。

ただし、セール車両は先着順につき売り切れる場合があるため、お得に購入したい方はお早めに!

 

気になった車、欲しい車がある方、セール車両を購入したい方はガリバーに登録して探してもらいましょう!

※中古車の販売金額は申込完了ページには表示されません。登録後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!

中古車買取サービスは、中古車の買取台数ランキング1位のガリバー無料査定がおすすめです。

買取台数No1なのには、それだけの高価買取実績サービスの良さ信頼性があります。

中古車販売台数も1位でしたが、中古車買取台数も1位のガリバーは、まさに中古車業界の”トヨタ”的存在です。

 

■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由
中古車買取台数が1位ということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。

  • 買取車両の在庫期間を短くする独自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減
  • 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映
  • ディーラーの下取りと異なり、オプションやアクセサリーを買取額にプラス評価!

 

■筆者の一括査定体験談
買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。

また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。

上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

何れにしも、無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。

査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

 

私はスズキ「スペーシア カスタム」を売る際、ディーラーで下取りに出した後にガリバーの無料査定を知り、「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにもガリバー無料査定を行い、現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう

※愛車の査定金額は申込完了ページには表示されません。入力後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、トヨタ「カローラツーリング」の特別仕様車「“ACTIVE RIDE”」と「“2000 Limited”」違いをご紹介しました。

 

カローラツーリング」は、トップクラスの安全性能・比較的高い質感・優れた乗り心地・高い静粛性・圧倒的な燃費性能など、非常に優れたクルマとなっています。

ライバルであるスバル「インプレッサスポーツ」やマツダ「MAZDA3(マツダ3)」、同トヨタの「プリウス」と比較して、車内の広さや質感、走りなど劣っている部分もありますが、総合的に最も優れたクルマであると筆者は考えています。

「カローラツーリング」オーナーの筆者が言えることは、「カローラツーリング」は長く乗り続けられる”いいクルマ”であるということです。

「プリウス」や「インプレッサ」、「MAZDA3(マツダ3)」など、Cセグメントクラスの購入を検討している方は、是非「カローラツーリング」も検討してみましょう。

おすすめです!

 

カローラツーリングの内装(インテリア)開けれる所全部開けてみた【写真・画像】~カローラツーリングオーナーが語る
今回は「カローラツーリングオーナーが語る」シリーズ第6弾!「カローラツーリング」のインテリアを隅々まで、開けれるところを全て開けてご紹介します!また、「カローラツーリング」のインテリアで”気になるところ”も合わせてご紹介します。大量の写真とともに紹介していますので、是非参考にしてみてください。
カローラツーリングの外装(エクステリア)開けれる所全部開けてみた【写真・画像】~カローラツーリングオーナーが語る
今回は「カローラツーリングオーナーが語る」シリーズ第5弾!「カローラツーリング」のエクステリアを隅々まで、開けれるところを全て開けてご紹介します!また、「カローラツーリング」のエクステリアで”気になるところ”も合わせてご紹介します。大量の写真とともに紹介していますので、是非参考にしてみてください。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント