”新車同様の中古車”なら新車より60万円以上安く買える!
スポンサーリンク

【2020年年間】新車 販売台数ランキング(Cセグメント/SUV/コンパクトカー/ミニバン/軽自動車/メーカー別)人気ランキング

車人気ランキング

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

今回は、2020年年間の新車人気(国産車販売台数)ランキングをご紹介します。

販売台数は、一般社団法人「自販連」(日本自動車販売協会連合会)、一般社団法人「全軽自協」(全国軽自動車協会連合会)の統計を、セグメント別、メーカー別に集計したものです。

各クラスの年間王者、”最も人気のあるクルマ”はどのクルマなのか!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

全セグメント(車種)人気ランキング【2020年年間】

ホンダ「N-BOX」公式HPより

2020年年間の新車人気(販売台数)ランキングは以下のとおりです。

順位車種名メーカー名セグメント販売台数前年比
1N-BOXホンダ軽自動車195,98477.3
2ヤリストヨタコンパクトカー151,766(20-2)
3スペーシアスズキ軽自動車139,85184.1
4タントダイハツ軽自動車129,68074.0
5ライズトヨタSUV126,038759.2
6カローラトヨタCセグメント118,276113.3
7ムーヴダイハツ軽自動車104,13384.8
8フィットホンダコンパクトカー98,210132.0
9アルファードトヨタミニバン90,748132.1
10ルーミートヨタコンパクトカー87,24295.2

 

2020年年間の新車人気(販売台数)ランキング1位はホンダ「N-BOX」です。

1位が「N-BOX」なのは恒例ですが、注目は2位のトヨタ「ヤリス」でしょう。

もちろん、普通車としては「ヤリス」が1位です。

約15万台の販売台数は「ヤリス」とトヨタ「ヤリスクロス」との合算値で、内訳は「ヤリス」が約11.5万台、「ヤリスクロス」が約3.5万台前後だと思われます。

そのため、「ヤリス」と「ヤリスクロス」を分けて考えれば、実質2位はスズキ「スペーシア」となります(スペーシアもギアなどがありますが・・・)。

また、普通車の1位はトヨタ「ライズ」ということになります。

 

前年比をみると、「ライズ」が759%という凄まじい数字になっていますが、これは発売が2019年11月なため2ヶ月間の数値との比較になっているからです。

次いで伸びているのがホンダ「フィット」とトヨタ「アルファード」になります。

2020年にフルモデルチェンジが行われた「フィット」は当然といえますが、大きなモデルチェンジが行われたわけでもない「アルファード」が大きく販売台数を伸ばしていることは、トヨタ系ディーラー全店で販売される様になったとはいえ驚きの結果です。

 

その他、TOP10の販売台数の約半分がトヨタ車となっており、トヨタ1強の状況がよく分かりますね。

 

スポンサーリンク

Cセグメント車 人気ランキング【2020年年間】

トヨタ「カローラツーリング」公式HPより

2020年年間のCセグメント車人気(販売台数)ランキングは以下のとおりです。

順位車種名メーカー名セグメント販売台数前年比
1カローラトヨタCセグメント118,276113.3
2プリウストヨタCセグメント67,29753.6
3インプレッサSUBARUCセグメント36,65883.7
4MAZDA3マツダCセグメント19,21577.9
5シャトルホンダCセグメント16,70354.1
6レヴォーグSUBARUCセグメント12,11195.2
7リーフ日産Cセグメント11,28657.0

 

2020年年間のCセグメント車人気(販売台数)ランキング1位はトヨタ「カローラ」です。

「カローラ」の販売台数は、「カローラ」・「カローラツーリング」・「カローラスポーツ」・「カローラアクシオ」・「カローラフィールダー」の合算値です。

「カローラ」の中で最も人気があるのはワゴンの「カローラツーリング」で、約6割程度を占めています。

次いで人気なのはセダンの「カローラ」、ハッチバックの「カローラスポーツ」と続きます。

主に営業車用として販売し続けていた「カローラアクシオ」と「カローラフィールダー」の販売は年内にも終了となる見込みです。

 

2位は元Cセグメントクラス王者の「プリウス」ですが、「カローラツーリング」単体と比較しても劣る販売台数にまで人気は減少している状況です。

3位はスバル「インプレッサ」となっていますが、「インプレッサ」は「SUBARU XV」との合算値で、実際の販売台数は約1.5万台前後を思われるため、実質の3位は「MAZDA3(マツダ3)」となります。

ホンダ「シャトル」は健闘していますが、その他のホンダのCセグメント「シビック」や「インサイト」はランク外となっており、寂しい限りです。

Dセグメント以上のクルマも加えると、トヨタ「クラウン」が22,173台で3位、トヨタ「カムリ」が12,085台でスバル「レヴォーグ」の下にランクインします。

 

Cセグメント市場は、新型「レヴォーグ」が若干上向き傾向にありますが、その他は「カローラ」を除くと全く元気がありません。

Cセグメント好きの筆者としては残念な状況です。

「カローラ」はSUVモデルの「カローラクロス」が2021年に日本でも発売されると言われていますので、発売されれば「ヤリス」同様、合算値で一気にドーン!とランキング上位にいくでしょう。

 

スポンサーリンク

SUV 人気ランキング【2020年年間】


トヨタ「ライズ」公式HPより

2020年年間のSUV人気(販売台数)ランキングは以下のとおりです。

順位車種名メーカー名セグメント販売台数前年比
1ライズトヨタSUV126,038759.2
2ハリアートヨタSUV66,067182.3
3RAV4トヨタSUV54,848101.6
4C-HRトヨタSUV33,67660.5
5ヴェゼルホンダSUV32,93158.9
6ロッキーダイハツSUV31,153399.0
7CX-30マツダSUV27,006297.8
8ランドクルーザーWトヨタSUV26,29692.3
9CX-5マツダSUV24,22276.8
10フォレスターSUBARUSUV24,05674.3
11エクストレイル日産SUV20,28055.6
12キックス日産SUV18,326(20-6)
13ジムニーワゴンスズキSUV16,603153.3
14クロスビースズキSUV15,54664.5
15CX-8マツダSUV14,04760.3
16UX250HトヨタSUV9,11663.3
17CX-3マツダSUV7,61777.0

 

2020年年間のSUV人気(販売台数)ランキング1位はトヨタ「ライズ」です。

「ライズ」の人気は「ヤリスクロス」発売後も衰えることがなく、依然としてぶっちぎりの人気があります。

「ライズ」の1位は当面続くでしょう。

 

2位は2020年のフルモデルチェンジで一気に人気に火が付いたトヨタ「ハリアー」、3位は若干人気が落ち着きぎみのトヨタ「RAV4」、前述の通りトヨタ「ヤリスクロス」の販売台数は約3.5万台前後だと思われますので、実質の4位は「ヤリスクロス」となるでしょう。

5位はトヨタ「C-HR」ですので、SUVのTOP5は全てトヨタ車であることがわかります。

 

その他、2020年に発売された日産「キックス」は12位にランクインしています。逆輸入車のため販売台数が抑えられており、人気はありながらも12位止まりとなっています。

前述の通り「SUBARU XV」は「インプレッサ」との合算値のため上記のランキングには載っていません。販売台数は約2万台前後だと思われるため、10位のスバル「フォレスター」の下あたりに入ってくるでしょう。

そのため、マツダ「CX-30」は「SUBARU XV」より人気があり、スバル車で1番人気があるのは「フォレスター」であることがわかります。

 

スポンサーリンク

コンパクトカー 人気ランキング【2020年年間】


トヨタ「ヤリス」公式HPより

2020年年間のコンパクトカー人気(販売台数)ランキングは以下のとおりです。

順位車種名メーカー名セグメント販売台数前年比
1ヤリストヨタコンパクトカー151,766(20-2)
2フィットホンダコンパクトカー98,210132.0
3ルーミートヨタコンパクトカー87,24295.2
4ノート日産コンパクトカー72,20560.9
5アクアトヨタコンパクトカー59,54857.4
6ソリオスズキコンパクトカー40,34290.7
7タンクトヨタコンパクトカー35,59147.8
8パッソトヨタコンパクトカー32,96880.4
9MAZDA2マツダコンパクトカー28,368253.9
10スイフトスズキコンパクトカー28,10884.6
11トールダイハツコンパクトカー19,69973.7
12ヴィッツトヨタコンパクトカー10,41912.8

 

2020年年間のコンパクトカー人気(販売台数)ランキング1位はトヨタ「ヤリス」です。

前述の通り「ヤリス」はトヨタ「ヤリスクロス」との合算値ですが、「ヤリス」単体の販売台数が約11.5万台だと思われますので、何れにしても1位です。

2位のホンダ「フィット」も健闘しましたが、「ヤリス」には1歩及ばずといった形でした。

3位のトヨタ「ルーミー」は2020年のマイナーチェンジで人気が後押しされた形になっています。

2020年にフルモデルチェンジが行われた6位のスズキ「ソリオ」は、今後どこまで「ルーミー」に迫れるか注目です。

 

2021年で最も注目なのは、何と言っても新型日産「ノート」でしょう。

「ヤリス」や「フィット」がフルモデルチェンジした後でも4位に位置付けているだけに、フルモデルチェンジで大幅に質感が向上し1クラス上のクルマへと進化した「ノート」が1位を奪還する可能性もありえるでしょう。

2021年のコンパクトカー1位は「ヤリス」か!?「ノート」か!?

 

スポンサーリンク

ミニバン 人気ランキング【2020年年間】


トヨタ「アルファード」公式HPより

2020年年間のミニバン人気(販売台数)ランキングは以下のとおりです。

順位車種名メーカー名セグメント販売台数前年比
1アルファードトヨタミニバン90,748132.1
2フリードホンダミニバン76,28389.1
3シエンタトヨタミニバン72,68965.6
4ヴォクシートヨタミニバン69,51779.0
5セレナ日産ミニバン68,64873.8
6ノアトヨタミニバン45,43486.2
7ステップワゴンホンダミニバン34,44165.4
8エスクァイアトヨタミニバン26,36862.1
9ヴェルファイアトヨタミニバン18,00449.1
10デリカD5三菱ミニバン11,15755.5
11オデッセイホンダミニバン9,71766.5
12ハイエースワゴントヨタミニバン8,67784.4

 

2020年年間のミニバン人気(販売台数)ランキング1位はトヨタ「アルファード」です。

2位はホンダ「フリード」で、久しぶりにライバルであるトヨタ「シエンタ」の上にランクインしました。

4位のトヨタ「ヴォクシー」は、トヨタ「ノア」に統合されるという話もでていますが、依然として人気です。

「アルファード」が人気の一方、トヨタ「ヴェルファイア」は人気が低迷しており、こちらは「アルファード」に統合される可能性が高いかもしれません。

 

何れにしても、ミニバンはフルモデルチェンジや新型車の投入がなく、ここ数年”最も代わり映えしないランキング”となっています。

そろそろフルモデルチェンジが行われる見込みの「ヴォクシー/ノア」ですが、発売されれば圧倒的1位となることが予想されます。

 

スポンサーリンク

軽自動車 人気ランキング【2020年年間】

ホンダ「N-BOX」公式HPより

2020年年間の軽自動車人気(販売台数)ランキングは以下のとおりです。

順位車種名メーカー名セグメント販売台数前年比
1N-BOXホンダ軽自動車195,98477.3
2スペーシアスズキ軽自動車139,85184.1
3タントダイハツ軽自動車129,68074.0
4ムーヴダイハツ軽自動車104,13384.8
5デイズ日産軽自動車87,02955.3
6ハスラースズキ軽自動車80,114138.5
7ミラダイハツ軽自動車73,46277.7
8ルークス日産軽自動車72,8202020-03
9N-WGNホンダ軽自動車69,353214.2
10ワゴンRスズキ軽自動車66,06173.4
11アルトスズキ軽自動車63,37188.0
12タフトダイハツ軽自動車42,9422020-06
13ジムニースズキ軽自動車38,056125.7
14eK三菱軽自動車33,20074.0
15キャストダイハツ軽自動車20,70151.3

 

2020年年間の軽自動車人気(販売台数)ランキング1位はホンダ「N-BOX」です。

「N-BOX」は2020年にマイナーチェンジが行われましたので、さらにイケイケ状態ですね。

スズキ「スペーシア」は2020年に一部改良が行われたとはいえ、2019年にフルモデルチェンジが行われたダイハツ「タント」を抑えての2位というのは、その人気の高さがうかがえます。これは「スペーシア ギア」の存在が大きいでしょう。

4位のダイハツ「ムーヴ」は「ムーヴキャンバス」との合算値で、主に「ムーヴキャンバス」が売れています。

そのため、軽トールワゴンの実質1位は日産「デイズ」ということになるでしょう。

一方で2020年にフルモデルチェンジが行われた日産「ルークス」は、人気TOP3の軽スーパーハイトワゴンの争いに加われていない形となっています。

その他、スズキ「ハスラー」や「ジムニー」が依然として高い人気が続いています。

 

スポンサーリンク

メーカー別 人気ランキング【2020年年間】


これまでご紹介したランキングを各メーカー別にみていきましょう。

 

ランキングの詳細は後述していますが、メーカー別ランキング1位はぶっちぎりでトヨタ、2位はホンダ、3位はスズキと続きます。

某メディアで”スズキが2位”みたいなことを記載していますが、それは貨物車やバスなどを含めた数字であって、乗用車のみだとホンダが2位です。

貨物車やバスを含めるなら、そもそも”レクサス”より”いすゞ”の方が販売台数は多くなるため、9位は”レクサス”ではなく”いすゞ”となり、ランキングそのものが異なってきます。
※いすゞは貨物車とバスの販売台数の合算で66,748台です。
※本記事では貨物車やバスの台数を抜いた数字で計算しています。

 

一方、最下位の9位はレクサス、8位は三菱、7位はスバルでした。

 

全体的に販売台数は減少しており、全体平均で前年比約83.9%と昨年と比較して2割程度減少しています。

最も減少したのは三菱で前年比約66.5%、次いでレクサスの前年比約78.6%、スバルの前年比約80.3%と続きます。

コロナウィルスの影響で一時期販売台数が大幅に減少したことが、主な要因です。

 

【1位】トヨタ車 人気ランキング【2020年年間】

■乗用車販売台数 合計:1,283,751台(前年比:94.8)

順位車種名メーカー名セグメント販売台数前年比
1ヤリストヨタコンパクトカー151,766(20-2)
2ライズトヨタSUV126,038759.2
3カローラトヨタCセグメント118,276113.3
4アルファードトヨタミニバン90,748132.1
5ルーミートヨタコンパクトカー87,24295.2
6シエンタトヨタミニバン72,68965.6
7ヴォクシートヨタミニバン69,51779.0
8プリウストヨタCセグメント67,29753.6
9ハリアートヨタSUV66,067182.3
10アクアトヨタコンパクトカー59,54857.4
11RAV4トヨタSUV54,848101.6
12ノアトヨタミニバン45,43486.2
13タンクトヨタコンパクトカー35,59147.8
14C-HRトヨタSUV33,67660.5
15パッソトヨタコンパクトカー32,96880.4
16エスクァイアトヨタミニバン26,36862.1
17ランドクルーザーWトヨタSUV26,29692.3
18クラウントヨタEセグメント22,17361.4
19ヴェルファイアトヨタミニバン18,00449.1
20カムリトヨタDセグメント12,08562.9
21ヴィッツトヨタコンパクトカー10,41912.8
22UX250HトヨタSUV9,11663.3
23ハイエースワゴントヨタミニバン8,67784.4

 

【2位】ホンダ車 人気ランキング【2020年年間】

■乗用車販売台数 合計:568,239台(前年比:85.9 )

順位車種名メーカー名セグメント販売台数前年比
1N-BOXホンダ軽自動車195,98477.3
2フィットホンダコンパクトカー98,210132.0
3フリードホンダミニバン76,28389.1
4N-WGNホンダ軽自動車69,353214.2
5ステップワゴンホンダミニバン34,44165.4
6ヴェゼルホンダSUV32,93158.9
7シャトルホンダCセグメント16,70354.1
8オデッセイホンダミニバン9,71766.5

 

【3位】スズキ車 人気ランキング【2020年年間】

■乗用車販売台数 合計:510,718 台(前年比:91.9)

順位車種名メーカー名セグメント販売台数前年比
1スペーシアスズキ軽自動車139,85184.1
2ハスラースズキ軽自動車80,114138.5
3ワゴンRスズキ軽自動車66,06173.4
4アルトスズキ軽自動車63,37188.0
5ソリオスズキコンパクトカー40,34290.7
6ジムニースズキ軽自動車38,056125.7
7スイフトスズキコンパクトカー28,10884.6
8ジムニーワゴンスズキSUV16,603153.3
9クロスビースズキSUV15,54664.5

 

スポンサーリンク

【4位】ダイハツ車 人気ランキング【2020年年間】

■乗用車販売台数 合計:450,877台(前年比:88.8)

順位車種名メーカー名セグメント販売台数前年比
1タントダイハツ軽自動車129,68074.0
2ムーヴダイハツ軽自動車104,13384.8
3ミラダイハツ軽自動車73,46277.7
4タフトダイハツ軽自動車42,9422020-06
5ロッキーダイハツSUV31,153399.0
6キャストダイハツ軽自動車20,70151.3
7トールダイハツコンパクトカー19,69973.7

 

【5位】日産車 人気ランキング【2020年年間】

■乗用車販売台数 合計:374,877台(前年比:80.3)

順位車種名メーカー名セグメント販売台数前年比
1デイズ日産軽自動車87,02955.3
2ルークス日産軽自動車72,8202020-03
3ノート日産コンパクトカー72,20560.9
4セレナ日産ミニバン68,64873.8
5エクストレイル日産SUV20,28055.6
6キックス日産SUV18,326(20-6)
7リーフ日産Cセグメント11,28657.0

 

【6位】マツダ車 人気ランキング【2020年年間】

■乗用車販売台数 合計:159,182台(前年比:87.6)

順位車種名メーカー名セグメント販売台数前年比
1MAZDA2マツダコンパクトカー28,368253.9
2CX-30マツダSUV27,006297.8
3CX-5マツダSUV24,22276.8
4MAZDA3マツダCセグメント19,21577.9
5CX-8マツダSUV14,04760.3
6CX-3マツダSUV7,61777.0

 

【7位】SUBARU車 人気ランキング【2020年年間】

■乗用車販売台数 合計:97,093台(前年比:80.3)

順位車種名メーカー名セグメント販売台数前年比
1インプレッサSUBARUCセグメント36,65883.7
2フォレスターSUBARUSUV24,05674.3
3レヴォーグSUBARUCセグメント12,11195.2

 

【8位】三菱車 人気ランキング【2020年年間】

■乗用車販売台数 合計:61,235台(前年比:66.5)

順位車種名メーカー名セグメント販売台数前年比
1eK三菱軽自動車33,20074.0
2デリカD5三菱ミニバン11,15755.5

 

【9位】レクサス車 人気ランキング【2020年年間】

■乗用車販売台数 合計:49,059台(前年比:78.6)

※2020年年間TOP50以内に登録者なし

 

スポンサーリンク

【おすすめ】”新車同様の中古車”なら、新車より60万円以上安い!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも多数あります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は”新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!

また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
”新車同様の中古車”を買う場合のメリットは何といってもその「安さ」が魅力ですが、デメリットは「自分の付けたいオプションが選べない」という点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

そのため、中古車を選ぶ際は車のカラー及びメーカーオプションを妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数No1のガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数1位のガリバーがおすすめです。

中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何kmでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

■さらに!2021年7月~8月は”決算セール”でお得に購入できるチャンス!
ガリバーは、2021年7月1日~2021年8月31日の期間中、決算セールを開催しています。

期間中はセール車両が大放出され、お得なクルマを購入しやすくなっています。

ただし、セール車両は先着順につき売り切れる場合があるため、お得に購入したい方はお早めに!

 

気になった車、欲しい車がある方、セール車両を購入したい方はガリバーに登録して探してもらいましょう!

※中古車の販売金額は申込完了ページには表示されません。登録後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!

中古車買取サービスは、中古車の買取台数ランキング1位のガリバー無料査定がおすすめです。

買取台数No1なのには、それだけの高価買取実績サービスの良さ信頼性があります。

中古車販売台数も1位でしたが、中古車買取台数も1位のガリバーは、まさに中古車業界の”トヨタ”的存在です。

 

■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由
中古車買取台数が1位ということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。

  • 買取車両の在庫期間を短くする独自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減
  • 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映
  • ディーラーの下取りと異なり、オプションやアクセサリーを買取額にプラス評価!

 

■筆者の一括査定体験談
買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。

また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。

上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

何れにしも、無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。

査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

 

私はスズキ「スペーシア カスタム」を売る際、ディーラーで下取りに出した後にガリバーの無料査定を知り、「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにもガリバー無料査定を行い、現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう

※愛車の査定金額は申込完了ページには表示されません。入力後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、2020年年間の新車人気(自動車販売台数)ランキングをご紹介しました。

「人気=良いクルマ」ではないので、人気ランキングはあくまで参考程度としていただき、あなたが最も良いと思ったクルマを購入する様にしてください。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント