”新車同様の中古車”なら新車より60万円以上安く買える!
スポンサーリンク

新型「三菱eKクロス スペース」より「日産ルークス」がおすすめな理由、2車の違い

車の比較&試乗記

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

今回は、2020年3月19日に発売された新型日産「ルークス」と新型三菱「eKスペース(eKクロス スペース)」の違い、新型「eKスペース(eKクロス スペース)」より新型「ルークス」がおすすめな理由をご紹介します。

筆者的には、全ての軽自動車の中で新型「ルークス」が最もおすすめだと考えており、その理由も合わせてご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型「ルークス」と新型「eKスペース(eKクロス スペース)」の違い


日産「ルークス」公式HPより


三菱「eKクロス スペース」公式HPより

主な違い

まずは、新型「ルークス」と新型「eKスペース(eKクロス スペース)」の違いとまとめてみましょう。

 

新型「ルークス」も新型「eKスペース(eKクロス スペース)」も日産と三菱の合弁会社NMKVが開発し、三菱自動車が生産しています。

そのため、ボディサイズなどの諸元はほとんど同じです。
※車両重量や最小回転半径は装備内容により異なります。

 

主な違いは、以下のとおりです。

  1. 販売店、及びそれに伴うエンブレム(日産 or 三菱)
  2. エクステリアデザイン
  3. 装備内容
  4. グレード設定やオプション設定、及びそれに伴う価格

 

エンブレムやエクステリアについては一目瞭然ですね。

エクステリアは、ノーマルモデル(eKスペース)はフロントフェイスが多少異なる程度ですが、カスタムモデル(ハイウェイスターとeKクロス スペース)は違いが大きくなっています。

新型「eKクロス スペース」はSUVテイストを強め、新型「ルークス ハイウェイスター」よりイカついフロントフェイスとなっていますので、好みが分かれるところかと思います。

では、装備内容や価格については、どれほど違いがあるのか!?

 

装備内容の違い

装備内容についても概ね同じですが、以下の点で異なります。

■新型ルークスのみの装備

  • SOSコール
  • ディスプレイ付自動防眩式ルームミラー

■新型eKスペース(eKクロス スペース)のみの装備

  • デジタルルームミラー
  • パドルシフト
  • ヒルディセントコントロール(eKクロス スペースのみ)

 

SOSコールや自動防眩式ルームミラー、デジタルルームミラーについては「デイズ」及び「eK」と同じですが、「eKスペース(eKクロス スペース)」にはパドルシフトとヒルディセントコントロールが追加されています。

個人的には、緊急時やエアバッグ展開時に自動通報してくれるSOSコール、自動で後続車のヘッドライトの眩しさを低減してくれる自動防眩式ルームミラーがある新型「ルークス」に魅力を感じますが、新型「eKスペース(eKクロス スペース)」にもパドルシフトがある点で魅力を感じます。

上記の他、インテリアカラーなどが異なっています。

 

スポンサーリンク

グレード設定・オプション設定・価格の違い

装備内容の違いは僅かでしたが、グレード設定やオプション設定、及びそれに伴う価格の違いは大きくなっています。

 

グレード設定やオプション設定は新型「eKスペース(eKクロス スペース)」が豊富!

■新型「eKスペース」の方が選択できるグレードの種類が多い!
まず、グレード設定ですが、新型「ルークス」はノーマルグレード設定が2種類しかなく、最廉価グレードについてはマニュアルエアコンや鍵式のエンジンスターターなど、社用車的な装備内容となっていますので、実質1グレードの設定といえます。

その点、新型「eKスペース」はグレードが3種類設定されており、「eKスペース」にはターボ車の設定があることが大きな違いです。

 

■新型「eKスペース」の方が「プロパイロット」を設定できるグレードが多い!
また、新型「ルークス」はプロパイロットエディションじゃないと設定できない以下の装備が、新型「eKスペース(eKクロス スペース)」ならオプションで最廉価グレード「M」を除くグレードに設定可能となっている点も大きな違いです。

  • 電動パーキングブレーキ
  • ブレーキオートホールド
  • プロパイロット

 

■新型「eKスペース」の方がノーマルモデルに設定できる装備が多い!
さらに、新型「ルークス」はハイウェイスターでないと設定されない以下の装備(セパレートシートは「ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション」のみ)が、ノーマルモデルである新型「eKスペース」にも設定されています。

  • 本革巻きステアリング
  • 撥水加工シート
  • セパレートシート
  • ニーエアバッグ
  • リヤシートベルトプリテンショナー

 

つまり、新型「ルークス」より新型「eKスペース(eKクロス スペース)」の方が幅広く装備を選択できるということがいえます。

 

人気装備を付けるなら新型「ルークス」の方が断然安い!

上記のとおり、新型「eKスペース(eKクロス スペース)」の方が”装備を選べる”設定になっていますが、新型「ルークス」(上位グレード)の方が標準装備されている装備内容が多くなっています。

 

先進装備や人気装備を設定した場合の、新型「ルークス」(ハイウェイスターX プロパイロットエディション)及び新型「eKクロス スペース」(G)の価格は、以下のとおりです。

  • 新型「ルークス」(ハイウェイスターX プロパイロットエディション):約213万円
  • 新型「eKクロス スペース」(G):約245万円

※値引き額を含めていない価格
※アダプティブLEDヘッドライト、運転席側ハンズフリーオートスライドドア、デジタルルームミラー(マルチアラウンドモニター表示機能付)、マイパイロット、リヤサーキュレーター(プラズマクラスター付)、9インチナビ、ETC車載器をオプション設定した場合の価格

 

何と、新型「ルークス」の方が約30万円も安い結果となりました!

オプション設定前の車両本体価格は「eKクロス スペース」の方が7万円程度安くなっているものの、前述の通り新型「eKクロス スペース」は”装備を選べる”設定のため、オプション設定する装備が多くなり、結果的に総額が高くなるということになっています。

 

ちなみに、「eKスペース」(G)に同様の装備を設定した場合の価格は約215万円となっています。

装備内容的にも、ハロゲンヘッドライト・アダプティブLEDヘッドライトなし・ウレタンステアリングホイール・インナードアハンドルなどのメッキ加飾なし、と新型「ルークス」のハイウェイスター プロパイロットエディションよりも劣る形となっています。

つまり、お得に購入したいなら間違いなく新型「ルークス」の方が良いといえます。

 

スポンサーリンク

新型「ルークス」がおすすめな理由


日産「ルークス」公式HPより

ここまで新型「ルークス」と新型「eKスペース(eKクロス スペース)」の違いをご紹介してきましたが、新型「ルークス」の方がおすすめな理由は、ずばり”安く、お得に購入できるから”です。

ノーマルモデルと同じ価格帯でカスタムモデルを購入できるなら、もはや迷い様がない気さえします。

ライバル車であるホンダ「N-BOX」やダイハツ「タント」と比較しても、新型「ルークス」は同価格帯ですが、新型「eKクロス スペース」は高めな価格設定となっています。

 

その他、エクステリア的にも無難で、SOSコールを設定できる、ということも理由の1つです。

SOSコールは普段使う装備ではありませんが、保険として設定してあると安心感があります。また、今後発売される新型車には搭載されていて当たり前の装備となるため、設定されていないと購入後後悔する可能性もあります。

プロパイロット(マイパイロット)やアダプティブLEDヘッドライトなどを設定しない場合、価格の話は多少変わってきますが、そもそもプロパイロット(マイパイロット)などを設定しないなら新型「ルークス」や新型「eKスペース(eKクロス スペース)」を選択するメリットが大幅に減少するものかと筆者は考えます。

なぜなら、新型「ルークス」や新型「eKスペース(eKクロス スペース)」の最大の魅力は高い安全性能だからです。

 

スポンサーリンク

全ての軽自動車の中で新型「ルークス」がおすすめな理由


日産「ルークス」公式HPより

新型「eKスペース(eKクロス スペース)」より新型「ルークス」の方がおすすめだとご紹介しましたが、全ての軽自動車の中でも新型「ルークス」はおすすめです。

なぜなら、安全装備の内容が軽自動車No.1となっているからです。

では、ライバル車と安全装備の内容を比較してみましょう。

 

ルークスN-BOXタントスペーシア
インテリジェント エマージェンシーブレーキ衝突軽減ブレーキ衝突警報機能、衝突回避支援ブレーキ機能デュアルセンサーブレーキサポート
低速衝突軽減ブレーキ機能(後退時)ブレーキ制御付誤発進抑制機能(後方)後退時ブレーキサポート
インテリジェント FCW(前方衝突予測警報)
低速加速抑制機能(前進時)誤発進抑制機能ブレーキ制御付誤発進抑制機能(前方)誤発進抑制機能
低速加速抑制機能(後退時)後方誤発進抑制機能ブレーキ制御付誤発進抑制機能(後方)後方誤発進抑制機能
LDW(車線逸脱警報)、インテリジェントDA(ふらつき警報)路外逸脱抑制機能車線逸脱警報機能車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能
インテリジェントLI路外逸脱抑制機能車線逸脱抑制制御機能
プロパイロットLKAS<車線維持支援システム>LKC(レーンキープコントロール)
歩行者事故低減ステアリング
プロパイロットアダプティブ・クルーズ・コントロール全車速追従機能付ACCクルーズコントロール
ハイビームアシストオートハイビームオートハイビームハイビームアシスト
アダプティブLEDヘッドライトシステム
ADB(アダプティブドライビングビーム)
サイドビューランプ
先行車発進お知らせ先行車発進お知らせ機能先行車発進お知らせ機能先行車発進お知らせ機能
ヘッドアップディスプレイ
標識検知機能標識認識機能標識認識機能(進入禁止)標識認識機能
インテリジェント アラウンドビューモニター(移動物 検知機能付)パノラマモニター全方位モニター用カメラ
スマートパノラマパーキングアシスト
SOSコール
自動防眩式ルームミラー
電動パーキングブレーキ・オートブレーキホールド
サイド・カーテン・ニーエアバッグサイド・カーテンエアバッグサイド・カーテンエアバッグサイド・カーテンエアバッグ

上記のとおり、新型「ルークス」にしか搭載されていない装備が多くあることがわかります。

 

具体的に以下の点で優れています。

  • 0km/hから高速域までアクセル・ブレーキ・ステアリングの全ての操作をアシストしてくれる自動運転技術(プロパイロット)
    ※他車は60km/h以上からじゃないと車線中央維持支援機能がないなど、制限がある
  • 2台前を走る車両を検知し注意を喚起(インテリジェント FCW[前方衝突予測警報])
  • 対向車の部分だけ自動遮光してくれる先進ライト(アダプティブLEDヘッドライトシステム)
  • エアバッグ作動時、ボタン押下時に緊急通報(SOSコール)
  • 自動で後続車のヘッドライトの眩しさを低減(自動防眩式ルームミラー)
  • 電動パーキングブレーキ、オートブレーキホールド
  • SRSニーエアバッグシステム

 

先進ライト(アダプティブヘッドライトシステム)は「タント」に、電動パーキングブレーキやオートブレーキホールドはホンダ「N-WGN」や日産「デイズ」に、先進ライト・インテリジェント FCW・ニーエアバッグを除く装備は「デイズ」に搭載されていますが、上記全ての先進装備が設定されているのは新型「ルークス」だけとなっています。

新型「ルークス」には「タント」にある自動駐車機能(スマートパノラマパーキングアシスト)は搭載されていませんが、自動駐車機能はまだまだ発展途上で、そこまで優位性はないと個人的には考えます。

また、前述の通り新型「eKクロス スペース」にはデジタルルームミラーとヒルディセントコントロールが搭載されていますが、SOSコールと自動防眩式ルームミラーが搭載されている点で新型「ルークス」の方が良いと考えます。

以上から、安全性能軽自動車No.1は新型「ルークス」であるといえるのではないでしょうか。

 

使い勝手では「N-BOX」や「タント」に搭載されている運転席や助手席のロングスライド機能がなかったり、燃費性能でも「スペーシア」より僅かに劣るかと思われますが、安全性能で選ぶなら間違いなく新型「ルークス」はおすすめです!

 

スポンサーリンク

【おすすめ】新車同様の中古車なら新車より30万円以上安く買える!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より30万円以上安く買えるケースも多数あります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は”新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!

また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
新車同様の中古車を買う場合のメリットは何といってもその安さ!ですが、デメリットとしては、自分の付けたいオプションが選べないという点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

なので、中古車選びのポイントは、車のカラー及びメーカーオプションは妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数No1のガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数1位のガリバーがおすすめです。

中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何kmでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

■さらに!4月~5月は”最大5億円還元キャンペーン”でお得に購入できるチャンス!
ガリバーは、2020年4月11日~2020年5月31日の期間中、総額最大5億円還元キャンペーンを開催しています。期間中に対象車両の成約+【ガラスコート or メンテパック or 長期保証】の何れか購入すると現金還元されます。

還元金額は最低2万円から最大10万円となっており、還元金額は対象車両によって異なります。ガラスコートも良いですが、筆者的には必ず必要なメンテナンス費用を先払いするメンテパックや安心の長期保証がおすすめです。

ただし、セール車両は先着順につき売り切れる場合があるため、お得に購入したい方はお早めに!

気になった車、欲しい車がある方は、まずはガリバーに登録して探してもらいましょう!
※登録後、ガリバーから確認の電話連絡があります。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!

中古車買取サービスは、中古車の買取台数ランキング1位のガリバー無料査定がおすすめです。

買取台数No1なのには、それだけの高価買取実績サービスの良さ信頼性があります。

中古車販売台数も1位でしたが、中古車買取台数も1位のガリバーは、まさに中古車業界の”トヨタ”的存在です。

 

■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由
中古車買取台数が1位ということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。

  • 買取車両の在庫期間を短くする独自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減
  • 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映
  • ディーラーの下取りと異なり、オプションやアクセサリーを買取額にプラス評価!

 

■筆者の一括査定体験談
買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。

上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

何れにしも、無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。

査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

 

私は1台目の軽自動車を売る際、ディーラーで下取りに出し「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにもガリバー無料査定を行い、
現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう
※入力後、ガリバーから確認の電話連絡があります。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、新型日産「ルークス」と新型三菱「eKスペース(eKクロス スペース)」の違い、新型「ルークス」がおすすめな理由をご紹介しました。

 

どの点を重視するかによって異なってきますが、安全性能で選ぶなら間違いなくおすすめの新型「ルークス」と新型「eKスペース(eKクロス スペース)」。

新型「eKスペース(eKクロス スペース)」より新型「ルークス」の方がおすすめだと記載しましたが、SUVテイストな見た目に魅力を感じたのであれば、新型「eKクロス スペース」も個性的で魅力的なクルマであるといえます。

何れにしても、両車ともに先進装備満載のクルマとなっていますので、軽自動車の購入を検討している方は是非新型「ルークス」と新型「eKスペース(eKクロス スペース)」も検討してみましょう!

選ぶ基準はいくつもありますが、”安全第一”です!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント