”新車同様の中古車”なら新車より60万円以上安く買える!
スポンサーリンク

【C-HR】マイナーチェンジ2019による変更点~RAV4・ヴェゼル等と安全性能や価格を比較してみた

モデルチェンジ情報

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

今回は、2019年10月18日に行われたトヨタ「C-HR」のマイナーチェンジによる変更点をまとめてみました。

最大の変更点は、安全性能の強化、「ディスプレイオーディオ」の全車標準装備ですが、その他何が変わったのか!?

また、トヨタ「RAV4」やトヨタ「ハリアー」、ホンダ「ヴェゼル」やスバル「SUBARU XV」などのライバル車と安全性能や価格を徹底比較してみました。

 

【新型C-HR】マイナーチェンジ2020による違いや変更点~おすすめグレードは特別仕様車Mode-Nero Safety Plus!?
今回は、2020年8月4日に行われたトヨタ「C-HR」のマイナーチェンジ(一部改良)による変更点をまとめてみました。安全装備の変更内容はビッグマイナーチェンジとなっており、SUVトップクラスの安全性能となっています。また、「新型C-HR」おすすめグレードは何なのか!?徹底検証してみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

トヨタ「C-HR」マイナーチェンジ2019による変更点


トヨタ「C-HR」公式サイトより

2019年10月18日に行われたトヨタ「C-HR」のマイナーチェンジによる変更点は、以下のとおりです。

 

■エクステリア・インテリアの変更

  • エアインテークを左右に広げ、フロントフォグランプの配置をエアインテーク上部に変更
  • ヘッドランプの形状を変更し、シーケンシャルターンランプからターンランプに変更
  • リヤコンビネーションランプは、流れるように点灯するシーケンシャルターンランプを採用
  • S、S-Tのヘッドランプはパラボラ式LEDを採用
  • ボディカラーは、新色「エモーショナルレッドⅡ」、「オレンジメタリック」、「オキサイドブロンズメタリック」を追加
  • 内装色は、新たに「オーキッドブラウン」を設定

■ディスプレイオーディオを全車に標準装備

  • 従来のナビ設定を廃止し、新たにスマートフォンとの連携が可能な「ディスプレイオーディオ」(8インチ)およびDCMを全車に標準装備
  • 「ディスプレイオーディオ」では、音声操作が可能な「SmartDeviceLink」、「Apple CarPlay」、「Android Auto」が使用可能
  • リモート機能(ドアロックの状況確認や遠隔操作)など、各種コネクティッドサービスが使用可能

■安全性能の強化

  • インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]の採用
  • リヤクロストラフィックオートブレーキ(パーキングサポートブレーキ[後方接近車両])の採用
  • パノラミックビューモニターの採用

■“GR SPORT”を設定

  • 最廉価グレード「S」及び「S-T」に「“GR SPORT”」を新設定

■6速iMT(インテリジェントマニュアルトランスミッション)車を設定

  • 1.2Lターボ車(FF)に6速iMT(インテリジェントマニュアルトランスミッション)車を追加

■主要諸元の変更

  • ボディサイズは、4,360mmから4,385mmに25mm拡大(“GR SPORT”は4,390mm)
  • ハイブリッド車の燃費性能が30.2km/Lから30.4km/Lに向上(JC08モード)

 

今回のマイナーチェンジによる最大の変更点は、安全性能の強化、「ディスプレイオーディオ」が全車に標準装備されたことでしょう。

「ディスプレイオーディオ」は、新型「カローラ」から採用されたもので、ほぼ同様の設定となっています。コネクティッドサービスの料金設定も全く同じです。

安全性能も強化され、誤操作や死角からの車両に対して自動ブレーキが作動する機能が搭載されています。

その他、「カローラスポーツ」から採用された6速iMT車の追加、「“GR SPORT”」の新設定などが行われ、ボディサイズも多少拡大しています。

エクステリアなどデザインも変更されていますが、主な変更はフロントフェイスのみで小規模な変更となっています。

ちなみに、月販目標台数は3,600台とのことで、2017年及び2018年SUV王者としては控えめな数字です。トヨタ「RAV4」の発売により急激に販売台数が減少しているため、少なくともライバルであるホンダ「ヴェゼル」には勝ちたいところでしょう。

 

スポンサーリンク

ディスプレイオーディオ及びDCM全車標準装備によるメリット


トヨタ「C-HR」公式サイトより

「ディスプレイオーディオ」およびDCMが全車に標準装備されたことで、以下のメリットがあります。

 

  • スマートフォンにて、ドアロックの閉め忘れなどのリモート確認、ドアロックやハザードランプ消灯などが行えるリモート操作が可能
  • 8インチディスプレイであれば標準装備で、「SmartDeviceLink」も標準装備のため、トヨタのナビゲーションエンジンを搭載した「TCスマホナビ」、「LINEカーナビ」を使うなら、追加のナビ代が不要
  • 上記ナビが不満でも、「Apple CarPlay」、「Android Auto」が使用可能なため、Googleマップを使用できる
  • 従来のナビ機能を使用したい場合でも、6.6万円~11万円で使用可能

 

上記のほか、コネクティッドサービスによりエアバッグ作動と連動した緊急車両の手配などが行えるため、保険としてのメリットもあります。

今回のマイナーチェンジにより車両本体価格は2万円程度上昇していますが、ディスプレイオーディオの標準装備によりオプション総額が安くなり、4万円程度値下がりした印象です。ナビキットを設定しないなら、さらに11万円安い計15万円程度安くなる印象です。

 

 

「ディスプレイオーディオ」について、新型「カローラ」や先に設定された「カムリ」と異なる点は、以下のとおりです。

 

  • 標準装備の「ディスプレイオーディオ」のサイズが少し大きい8インチ。ただし、9インチにはできない
  • CD・DVDデッキ(約4.1万円)をオプション設定できない

 

標準装備の「ディスプレイオーディオ」が8インチなのは嬉しいですが、新型「カローラ」では可能な9インチに変更できない点は少し残念ですね。

また、「カムリ」では可能なCD・DVDデッキをオプション設定することもできないため、MP3データやMP4データが扱えない人に対しては少し不親切かもしれませんね。

 

スポンサーリンク

「C-HR」とライバル車の安全性能を徹底比較!


トヨタ「C-HR」公式サイトより

今回のマイナーチェンジを受けて、「C-HR」とライバル車を改めて徹底比較いたします。

まず、大きく変更された”安全性能”ついて、比較してみましょう。

 

「C-HR」・「RAV4」・「ハリアー」と安全性能を比較

下表に各車の安全装備を整理しています。同機能の装備を同行に示しています。

 

RAV4C-HRハリアー
アダプティブハイビームシステム
LEDコーナリングランプ
オートマチックハイビームオートマチックハイビームオートマチックハイビーム
レーントレーシングアシスト(車線中央走行支援)レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御付)レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御付)
プリクラッシュセーフティ(歩行者[昼夜]・自転車運転者[昼]検知機能付)プリクラッシュセーフティ(歩行者[昼]検知機能付)プリクラッシュセーフティ(歩行者[昼]検知機能付)
ドライブスタートコントロールドライブスタートコントロールドライブスタートコントロール
インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)
リヤクロストラフィックオートブレーキリヤクロストラフィックオートブレーキ
ブラインドスポットモニターブラインドスポットモニター
ロードサインアシスト 
レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)
先行車発進告知機能
自動防眩インナーミラー自動防眩インナーミラー自動防眩ルームミラー
電子インナーミラー
パノラミックビューモニターパノラミックビューモニター

まず自動ブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)で比較すると、「RAV4」だけ自転車や夜の歩行者も検知可能なため優秀です。

さらに「RAV4」には、車線逸脱警報機能と車線逸脱抑制機能だけの「レーンディパーチャーアラート」より先進的で、全車速域に対応した車線中央維持機能が行える「レーントレーシングアシスト」が搭載されています。この「レーントレーシングアシスト」により、スバルの「ツーリングアシスト」と同様の機能を有していることになります。

そのため、「RAV4」が最も安全性能は高いでしょう。

 

「ハリアー」は、対向車の部分的に遮光できる「アダプティブハイビームシステム」や旋回時に歩行者を照らす「LEDコーナリングランプ」など先進ライトが多く装備されている点で優秀です。

 

「C-HR」は今回の改良で、「RAV4」にあった「リヤクロストラフィックオートブレーキ」と、「ハリアー」にあった「パノラミックビューモニター」が採用されているため安全性能は強化されていますが、まだ一歩及ばずといった感じです。

 

 

スポンサーリンク

「C-HR」・「ヴェゼル」・「SUBARU XV」と安全性能を比較

下表に各車の安全装備を整理しています。同機能の装備を同行に示しています。

 

ヴェゼルSUBARU XVC-HR
 アダプティブドライビングビームオートマチックハイビーム
路外逸脱抑制機能、先行車発進お知らせ機能車線逸脱警報、ふらつき警報、先行車発進お知らせ機能レーンディパーチャーアラート
LKAS(車線維持支援システム)、歩行者事故低減ステアリングツーリングアシスト、車線逸脱抑制
衝突軽減ブレーキプリクラッシュブレーキプリクラッシュセーフティ
誤発進抑制機能AT誤発進(後進)抑制制御ドライブスタートコントロール
 後退時ブレーキアシストインテリジェントクリアランスソナー
※ディーラーオプション「リアカメラ de あんしんプラス」スバルリヤビークルディテクションブラインドスポットモニター、リヤクロストラフィックオートブレーキ
標識認識機能 
アダプティブ・クルーズ・コントロール全車速追従機能付クルーズコントロールレーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)
フロントカメラシステム
※ディーラーオプション
サイドビューモニターパノラミックビューモニター
自動防眩ルームミラー自動防眩インナーミラー
ステアリング連動ヘッドランプ

まず、自動ブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)で比較すると、「SUBARU XV」だけ自転車や夜の歩行者も検知可能なため優秀です。

そして、2019年10月の改良にて追加された自動運転技術「ツーリングアシスト」と先進ライト「アダプティブドライビングビーム」の搭載が「SUBARU XV」の最も魅力的な点です。

「ツーリングアシスト」は0km/h~約120km/hの幅広い車速域で車線中央維持支援機能が作動し、「アダプティブドライビングビーム」は対向車の部分的に遮光する「オートマチックハイビーム」より先進的なライトです。

上記より、総合的に「SUBARU XV」が最も安全性能は高いでしょう。

 

「C-HR」は、3車の中で唯一車線中央維持支援機能がない点で劣っています。

新型「カローラ」などに搭載されている歩行者[昼夜]・自転車運転者[昼]検知機能付の「プリクラッシュセーフティ」、「レーントレーシングアシスト」が装備されれば、「SUBARU XV」の性能と同等になります。

しかし、「C-HR」は今回の改良で、「リヤクロストラフィックオートブレーキ」と「パノラミックビューモニター」が採用されたため、後側方から接近する車両に対しての自動ブレーキ、360°カメラを唯一有していいることになるので、その点で優秀でしょう。

 

「ヴェゼル」は、「オートハイビーム」、「後方誤発進抑制機能」、「渋滞追従機能付アダプティブ・クルーズ・コントロール」がない点で劣っています。

他のホンダ車に装備されている「オートハイビーム」、「渋滞追従機能付アダプティブ・クルーズ・コントロール」、「後方誤発進抑制機能」、「ブラインドスポットインフォメーション」が装備されれば、「SUBARU XV」の性能に近づきます。

 

スポンサーリンク

「C-HR」とライバル車の価格を徹底比較!


トヨタ「C-HR」公式サイトより

次は、”価格”ついて、比較してみましょう。

 

「RAV4」・「C-HR」・「ハリアー」と価格を比較

RAV4のおすすめグレード&価格

「RAV4」のおすすめグレードは、ガソリン車なら「X」(2WD/5人乗り)で約266万円、ハイブリッド車なら「HYBRID X」(2WD/5人乗り)で約326万円です。

メーカーオプションの「インテリジェントクリアランスソナー」や「リヤクロストラフィックオートブレーキ」やバックカメラ、ディーラーオプションのナビやETC代等を約30万円足すと、「X」は約296万円「HYBRID X」は約356万円となります。
※上記の価格は税金などの諸費用を足していません。諸費用を足すと+15~25万円程度の価格になります。

値引き額は、発売して間もないので13万円程度でした。

 

C-HRのおすすめグレード&価格

「C-HR」のおすすめグレードは、ガソリン車なら「G-T」(2WD/5人乗り)で約267万円、ハイブリッド車なら「G」(2WD/5人乗り)で約300万円です。

メーカーオプションのリヤクロストラフィックオートブレーキやパノラミックビューモニターなどの安全装備、ディーラーオプションのナビキット、ETC代等を約20万円足すと、「G-T」は約287万円「G」は約320万円となります。
※上記の価格は税金などの諸費用を足していません。諸費用を足すと+15~25万円程度の価格になります。

 

ハリアーのおすすめグレード&価格

「ハリアー」のおすすめグレードは、ガソリン車の「ELEGANCE」(2WD/5人乗り)で約300万円です。

メーカーオプションの「インテリジェントクリアランスソナー」、ディーラーオプションのナビやETC代等を約20万円足すと、「ELEGANCE」は約320万円となります。

ちなみにハイブリッド車の「ELEGANCE」(2WD/5人乗り、約384万円)だった場合、同様のオプションを装備して約405万円となります。

※上記の価格は税金などの諸費用を足していません。諸費用を足すと+15~25万円程度の価格になります。

 

価格比較 結果

上記の価格は税金などの諸費用を足していませんが、値引き額で概ね相殺されるでしょう。

上記金額を比較すると、「C-HR」の1.2Lターボ車と「RAV4」のガソリン車はほとんど金額差がなく、「C-HR」のハイブリッド車より「RAV4」のガソリン車の方が安いという結果になりました。

しかし、ハイブリッド車は諸費用が減税となり、購入時の税金の安さと維持費を考慮すれば、「C-HR」のハイブリッド車が最も安くなるのは間違いありません。

 

 

スポンサーリンク

「SUBARU XV」・「C-HR」・「ヴェゼル」と価格を比較

SUBARU XVのおすすめグレード&価格

SUBARU XV」のおすすめグレードは、「1.6i-L EyeSight」(AWD/5人乗り)で約233万円、「2.0e-L EyeSight」(AWD/5人乗り)で約265万円です。

メーカーオプションの「アイサイトセイフティプラス」、ディーラーオプションのナビ、ETC、リアカメラ代等を加えると、1.6i-L EyeSight」は約278万円2.0e-L EyeSight」は約307万円となります。
上記の価格は税金などの諸費用を足していません。諸費用を足すと+1525万円程度の価格になります

 

C-HRのおすすめグレード&価格

「C-HR」のおすすめグレードは、「G-T」(2WD/5人乗り)で約267万円、「G」(2WD/5人乗り)で約300万円です。

メーカーオプションのリヤクロストラフィックオートブレーキやパノラミックビューモニターなどの安全装備、ディーラーオプションのナビキット、ETC代等を約20万円足すと、「G-T」は約287万円「G」は約320万円となります。
※上記の価格は税金などの諸費用を足していません。諸費用を足すと+15~25万円程度の価格になります。

 

ヴェゼルのおすすめグレード&価格

「ヴェゼル」のおすすめグレードは、「RS・Honda SENSING」(2WD/5人乗り)で約252万円、「HYBRID RS・Honda SENSING」(2WD/5人乗り)で約286万円、「TOURING・Honda SENSING」(2WD/5人乗り)で約296万円です。

「ヴェゼル」はETC、リアカメラ、ステアリングスイッチ等が初めから組まれているのでお得です。
※最廉価グレードを除く

ディーラーオプションのナビ代等を加えると、「RS・Honda SENSING」は約267万円「HYBRID RS・Honda SENSING」は約301万円「TOURING・Honda SENSING」は約311万円、となります。
上記の価格は税金などの諸費用を足していません。諸費用を足すと+1525万円程度の価格になります。

 

価格比較 結果

上記の価格は税金などの諸費用を足していませんが、値引き額で概ね相殺されるでしょう。ハイブリッド車は購入時の諸費用が減税となるため、ガソリン車より6~10万円程度お得になります。

上記金額を比較すると、「ヴェゼル」が最も安く購入できることが分かります。

維持費も考慮すると、燃費性能が良く、毎年の自動車税が5,500円安い「ヴェゼル」の1.5Lハイブリッド車が最も安くなるでしょう。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】新車同様の中古車なら新車より60万円以上安く買える!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも多数あります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は”新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!

また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
新車同様の中古車を買う場合のメリットは何といってもその安さ!ですが、デメリットとしては、自分の付けたいオプションが選べないという点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

なので、中古車選びのポイントは、車のカラー及びメーカーオプションは妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数No1のガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数1位のガリバーがおすすめです。

中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何kmでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

■さらに!9月~10月は”27周年 大創業祭セール”でお得に購入できるチャンス!
ガリバーは、2020年9月1日~2020年10月31日の期間中、創業27周年目を記念した大創業祭セールを開催しています。

期間中は在庫台数25,000台からセール車両が大放出され、お得なクルマを購入しやすくなっています。

ただし、セール車両は先着順につき売り切れる場合があるため、お得に購入したい方はお早めに!

 

気になった車、欲しい車がある方、セール車両を購入したい方は、ガリバーに登録して探してもらいましょう!
※中古車の販売金額は申込完了ページには表示されません。登録後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!

中古車買取サービスは、中古車の買取台数ランキング1位のガリバー無料査定がおすすめです。

買取台数No1なのには、それだけの高価買取実績サービスの良さ信頼性があります。

中古車販売台数も1位でしたが、中古車買取台数も1位のガリバーは、まさに中古車業界の”トヨタ”的存在です。

 

■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由
中古車買取台数が1位ということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。

  • 買取車両の在庫期間を短くする独自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減
  • 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映
  • ディーラーの下取りと異なり、オプションやアクセサリーを買取額にプラス評価!

 

■筆者の一括査定体験談
買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。

上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

何れにしも、無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。

査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

 

私は1台目の軽自動車を売る際、ディーラーで下取りに出し「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにもガリバー無料査定を行い、現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう

※愛車の査定金額は申込完了ページには表示されません。入力後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、トヨタ「C-HR」のマイナーチェンジによる変更点、トヨタ「RAV4」やトヨタ「ハリアー」、ホンダ「ヴェゼル」やスバル「SUBARU XV」などのライバル車と安全性能や価格を徹底比較してみました。

 

「C-HR」は今回のマイナーチェンジにより、安全性能や利便性はレベルアップし、お得になりました。

「RAV4」や「ヴェゼル」の購入を考えていた方は、新型「C-HR」も検討してみましょう!

 

トヨタのSUV「RAV4」・「C-HR」・「ハリアー」を一気に比較!最もおすすめなSUVは!?
今回は、トヨタのSUV「RAV4」・「C-HR」・「ハリアー」を、加速性能・燃費性能・車内の広さ・安全性能・価格など、各項目をじっくり隅々まで比較いたします。果たして各車どれほどの性能差があり、本当におすすめなSUVはどの車なのか!?徹底検証いたします。
【コンパクトSUV】ヴェゼル vs C-HR!試乗で感じた違いを比較、評価してみた
今回は、日本国内では最も人気が高いコンパクトSUVであるホンダ「ヴェゼル」とトヨタ「C-HR」を試乗した上で徹底比較、評価(レビュー)します。燃費性能や加速性能、車内の広さや安全性能など、隅々まで徹底比較いたします。さらに、ハイブリッド車とターボ車のどちらが良いかも徹底検証いたします。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント