You Tube始めました!ひつじ茶屋のコンテンツを動画でお楽しみください!
スポンサーリンク

【マツダ2(旧デミオ)】特別仕様車違いまとめ~おすすめグレードはブラックトーン or スマートエディション!?【MAZDA2】

モデルチェンジ情報

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

今回は、2021年6月24日に新たに発売された特別仕様車「Sunlit Citrus(サンリット シトラス)」を含め、「Smart Edition(スマートエディション)」、「Black Tone Edition(ブラックトーンエディション)」、「White Comfort(ホワイト コンフォート)」など、多くなった「MAZDA2(マツダ2)」の各特別仕様車の違いを徹底検証してみました。

おすすめグレードは、お得なあの特別仕様車!?

 

2021年6月24日に行われたマイナーチェンジ(商品改良)による変更点は、以下の記事にまとめています。

【マツダ2(旧デミオ)】燃費性能向上でどれだけ安くなった!?マイナーチェンジ2021の違い・変更点【MAZDA2】
こんにちは!青空ひつじ(♂)です。 今回は、2021年6月24日に行われたマツダ「MAZDA2(マツダ2)」のマイナーチェンジ(商品改良)による変更点をまとめてみました。 今回の改良による最大の変更点は燃費性能の向上ですが、減税でどれだけ安...

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「MAZDA2(マツダ2)」各特別仕様車の違い、お得さを徹底検証!


「MAZDA2(マツダ2)」公式HPより

では、多くなった「MAZDA2(マツダ2)」の各特別仕様車の違いを検証してみましょう。

 

「MAZDA2(マツダ2)」の特別仕様車は、2021年時点で以下の4グレード存在します。

  • 「Smart Edition(スマートエディション)」/「Smart Edition(スマートエディション)Ⅱ」
  • 「Black Tone Edition(ブラックトーンエディション)」
  • 「Sunlit Citrus(サンリット シトラス)」
  • 「White Comfort(ホワイト コンフォート)」

 

 15S Smart Edition(スマートエディション)とは

まずは、「15S Smart Edition(スマートエディション)」。

 

■ベース車:15S

以下、特別装備です。

  • 360°ビュー・モニター+フロントパーキングセンサー
  • スーパーUVカットガラス(フロントドア)&IRカットガラス(フロントガラス/フロントドア)
  • ダークティンテッドガラス(リアドア/リアゲート)
  • 遮音ガラス(フロントドア)
  • 6:4分割リアシート
  • フルオートエアコン
  • シャークフィンアンテナ
  • アドバンストキーレスエントリーシステム

 

上記の特別装備のほとんどが「15S」に設定できない装備ばかりです。

価格はベースの「15S」(約157万円)より約2.5万円高い約160万円となっています。
※2WD車の価格

特別装備の価格の内訳は、シャークフィンアンテナが約2万円、360°ビュー・モニターが約4.5万円、スーパーUVカットガラス(フロントドア)&IRカットガラス(フロントガラス/フロントドア)・フルオートエアコン・アドバンストキーレスエントリーシステムの総額が約7万円、ダークティンテッドガラスと6:4分割リアシートが約2万円、合計で約15.5万円となります。

つまり、約13万円もお得な特別仕様車といえるでしょう。

超お得な特別仕様車です。

 

ただ、「15S」はフルオートエアコンすら設定できない社用車向けのグレードです。

「15S Smart Edition(スマートエディション)」も自動ブレーキすら搭載されておらず、「15S」よりはマシなものの、まだまだ社用車向けのグレードといえるでしょう。

そのため、「15S」より少し便利で快適な社用車といったグレードです。

もちろん、一般ユーザーにはおすすめできません。

 

15S PROACTIVE Smart Edition(スマートエディション)Ⅱとは

次は、「15S PROACTIVE Smart Edition(スマートエディション)Ⅱ」。

 

■ベース車:15S PROACTIVE

以下、特別装備です。

  • スマート・ブレーキ・サポート(SBS)
  • マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)[全車速追従機能付]
  • レーンキープ・アシスト・システム(LAS)
  • シャークフィンアンテナ
  • 360°ビュー・モニター+フロントパーキングセンサー
  • ステアリングスイッチパネル加飾(サテンクロームメッキ)

 

商品改良の変更点で記載したとおり、2020年に発売された「15S PROACTIVE Smart Edition」から改名されており、「アダプティブ・LED・ヘッドライト」と「シグネチャーLEDヘッドランプ」が標準装備からオプション設定に変更されています。

価格はオプション設定分(約5万円)安くなっており、「アダプティブ・LED・ヘッドライト」などが不要な方は従来より安く買える様になっています。

 

価格はベースの「15S PROACTIVE」(約169万円)より約5.5万円高い約175万円となっています。
※2WD車の価格

特別装備の価格の内訳は、シャークフィンアンテナが約2万円、360°ビュー・モニターが約4.5万円、その他装備の総額が約6万円、合計で約12.5万円となります。

つまり、約7万円お得な特別仕様車であることがわかります。

超お得な特別仕様車です。

 

元々ベース車の「15S PROACTIVE」は、お求めやすい価格ながら装備が比較的充実しているため人気グレードとなっており、特別装備の内容は何れも人気のセットオプションとなっています。

そのため、「15S PROACTIVE Smart Edition Ⅱ」は超おすすめグレードであるといえるでしょう。

今回の改良でAT車の「15S PROACTIVE」がなくなったため、より「15S PROACTIVE Smart Edition Ⅱ」の人気が高まることは必須です。

 

一方、自動防眩ルームミラーが付けられない、ステアリング・シフトノブ・パーキングブレーキレバーなどがウレタン(本革巻にするができない)というデメリットがあります。

何れも「15S PROACTIVE」ならスポーティパッケージで設定できたものですので、この点を痛いと考える方は少なくないでしょう。

せめてディーラーオプションで設定できる様にしてほしかったところです。

 

ただ、大きなデメリットは上記の点のみですので、お得に「MAZDA2(マツダ2)」を購入したい方には、非常にお得なおすすめグレードであることは間違いありません。

 

スポンサーリンク

15S/XD Black Tone Edition(ブラックトーンエディション)とは

次は、「15S/XD Black Tone Edition(ブラックトーンエディション)」。

 

■ベース車:15S/XD PROACTIVE

以下、特別装備です。

  • スマート・ブレーキ・サポート(SBS)
  • マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)[全車速追従機能付]
  • レーンキープ・アシスト・システム(LAS)
  • ドアミラー(グロスブラック)
  • マフラーカッター
  • フロントバンパーロアガーニッシュ/リアバンパーガーニッシュ(サテンクロームメッキ)
  • フロントグリル(グロスブラック)
  • シフトスイッチ ※パドルシフト(AT車)
  • シャークフィンアンテナ
  • 16インチアルミホイール(ブラックメタリック塗装)
  • ステアリングスイッチパネル加飾(サテンクロームメッキ)
  • 本革巻ステアリング・シフトノブ・パーキングブレーキレバー
  • エアコンルーバー内側加飾(ダークレッド)
  • シート加飾(レッドステッチ)

 

価格はベースの「15S PROACTIVE」(約169万円)より約10万円高い約180万円、「XD PROACTIVE」(約199万円)より約7万円高い約207万円となっています。
※2WD車の価格

特別装備の価格の内訳は、シャークフィンアンテナが約2万円、16インチアルミホイールと本革巻ステアリング等が約7万円、安全装備とステアリングスイッチパネル加飾が約6万円、マフラカッターが約0.6万円、シフトスイッチが約2万円、合計で約18万円となります。

つまり、約8~10万円以上お得な特別仕様車であることがわかります。

 

「15S PROACTIVE Smart Edition(スマートエディション)Ⅱ」より約5万円高く、「PROACTIVE S Package」より約10万円安い価格となっており、装備も「PROACTIVE」と「PROACTIVE S Package」の中間の様な内容になっています。

 

「PROACTIVE」と「PROACTIVE S Package」の最大の違いは内外装の質感です。

「Black Tone Edition(ブラックトーンエディション)」には、フロントバンパーロアガーニッシュやリアバンパーガーニッシュのサテンクロームメッキ、フロントグリルのグロスブラックによって、外装の質感は「PROACTIVE S Package」に近い内容になっています。

グロスブラックのドアミラー、16インチアルミホイールのブラックメタリック塗装については、「PROACTIVE S Package」にはない魅力でもあります。

それでいて「Black Tone Edition(ブラックトーンエディション)」は「PROACTIVE S Package」より約10万円安いので、「PROACTIVE」や「PROACTIVE Smart Edition Ⅱ」では質感の低さが気になる方には、非常におすすめのグレードといえるでしょう。

「PROACTIVE Smart Edition Ⅱ」のデメリットだった自動防眩ルームミラーや本革巻ステアリング・シフトノブ・パーキングブレーキレバーが設定できるメリットもあります。

 

一方、「Black Tone Edition(ブラックトーンエディション)」は「PROACTIVE」や「PROACTIVE Smart Edition Ⅱ」に標準装備されているスーパーUVカットガラスとIRカットガラス、運転席&助手席シートヒーターは設定できないデメリットがあります。

グロスブラックだったコンソールサイドデコレーションはブラックに、サテンクロームメッキだったシフトベゼルシルバーになっていますので、室内の質感は若干廉価になっています。

また、「PROACTIVE S Package」には標準装備されている「ドライバー・アテンション・アラート」、サテンクロームメッキのインパネやインナードアハンドル、合成皮革のインパネやコンソールサイドデコレーションがないため、一部安全装備と室内の質感では「PROACTIVE S Package」より劣ります

 

とはいえ、僅かに質感と快適性が低下するだけですので、上記の設定できない装備を重視していない方には非常にお得なおすすめグレードであることは間違いありません。

 

スポンサーリンク

15S/XD Sunlit Citrus(サンリット シトラス)とは

次は、「15S/XD Sunlit Citrus(サンリット シトラス)」。

 

■ベース車:15S/XD PROACTIVE S Package

以下、特別装備です。

  • 360°ビュー・モニター+フロントパーキングセンサー ※15Sのみ
  • 自動防眩ルームミラー ※15Sのみ
  • シャークフィンアンテナ
  • カード型アドバンストキー
  • 専用キーシェル & フロアマット ※ディーラーオプション
  • シート(グランリュクス グレージュ)
  • エアコンルーバー内側加飾(シトラス)
  • インナードアハンドル(シトラス)
  • メーターリング(シトラス)
  • インパネ(グロスホワイト)
  • コンソールサイドデコレーション(グロスホワイト)
  • ドアトリム(グランリュクス グレージュ)
  • フロントドアアームレスト(合成皮革 ピュアホワイト)
  • フロントドアアームレストロアパネル(ピュアホワイト)

 

価格はベースの「15S PROACTIVE S Package」(約190万円)より約6.5万円高い約197万円、「XD PROACTIVE S Package」(約216万円)より約6.5万円高い約222万円となっています。
※2WD車の価格

特別装備の価格の内訳でわかっているのは、シャークフィンアンテナが約2万円、360°ビュー・モニターと自動防眩ルームミラーが約6万円、合計で約8万円となります。
※360°ビュー・モニターと自動防眩ルームミラーは15Sのみ

15Sがお得なのは明白ですが、ベース車だとクロス(ファブリック)となっているシート表皮がグランリュクス(合成皮革)になりますので、XDもお得だといえるでしょう。

当然、お得さは15Sの方が上です。

 

一方、ベース車だとグロスブラックとなっているドアスイッチパネルがブラックに、サテンクロームメッキとなっているインナードアハンドルがシルバーになるなど、一部室内の加飾は廉価になっています。

とはいえ、シート表皮の差が大きいため、「15S PROACTIVE S Package」を検討している方には間違いなくおすすめですし、「XD PROACTIVE S Package」を検討している方にもおすすめだと考えます。

ただ、室内のカラーがホワイト系になりますので、ブラック系が良い方は「PROACTIVE S Package」の方が良いでしょう。

 

15S/XD White Comfort(ホワイト コンフォート)とは

次は、「15S/XD White Comfort(ホワイト コンフォート)」。

 

■ベース車:15S/XD L Package

以下、特別装備です。

  • 360°ビュー・モニター+フロントパーキングセンサー ※15Sのみ
  • 自動防眩ルームミラー ※15Sのみ
  • CD/DVDプレーヤー ※15Sのみ
  • 地上デジタルTVチューナー ※15Sのみ
  • シャークフィンアンテナ ※15Sのみ
  • シートカラー(ピュアホワイト/ウォームグレー)
  • インパネ(グランリュクス ウォームグレー)
  • コンソールサイドデコレーション(合成皮革 ピュアホワイト)
  • ドアトリム(グランリュクス ウォームグレー)
  • フロントドアアームレスト(合成皮革 ピュアホワイト)
  • フロントドアアームレストロアパネル(ピュアホワイト)

 

価格はベースの「15S L Package」(約209万円)より約7.7万円高い約217万円、「XD L Package」(約246万円)より約3万円高い約249万円となっています。
※2WD車の価格

特別装備の価格の内訳でわかっているのは、CD/DVDプレーヤー・地上デジタルTVチューナー・シャークフィンアンテナが約4.4万円、360°ビュー・モニターと自動防眩ルームミラーが約6万円、合計で約10.5万円となります。

つまり、「15S White Comfort(ホワイト コンフォート)」は約3万円お得な特別仕様車であることがわかります。

「XD White Comfort(ホワイト コンフォート)」はお得な特別仕様車ではありません。

 

15Sについても、これまでご紹介した特別仕様車と比較するとお得さは限定的です。

お得な特別仕様車というよりは、「L Package」の室内カラーをホワイト系にしたい方におすすめなグレードだといえます。

室内カラーをブラック系にしたい方は「L Package」の方が良いでしょう。

 

スポンサーリンク

【最新】「MAZDA2(マツダ2)」のおすすめグレードは!?


「MAZDA2(マツダ2)」公式HPより

最後に「MAZDA2(マツダ2)」のおすすめグレードについて、検証してみましょう。

 

まず、安全装備を設定できない「15C」、「15S」、「15MB」、「15S Smart Edition(スマートエディション)」、「XD」は除外します。

また、MT車の設定しかない「15S PROACTIVE 」も除外します。

 

では、CD/DVDプレーヤーや360°ビューモニター、セーフティクルーズパッケージ、ALHパッケージを設定した場合の各グレードの価格をみてみましょう。

■1.5Lガソリン車

  • 15S PROACTIVE Smart Edition(スマートエディション)Ⅱ:約189万円
  • 15S Black Tone Edition(ブラックトーンエディション):約194万円
  • 15S PROACTIVE S Package:約212万円
  • 15S Sunlit Citrus(サンリット シトラス):約211万円
  • 15S L Package:約226万円
  • 15S White Comfort(ホワイト コンフォート):約223万円

■1.5Lディーゼル車

  • XD PROACTIVE:約221万円
  • XD Black Tone Edition(ブラックトーンエディション):約221万円
  • XD PROACTIVE S Package:約231万円
  • XD Sunlit Citrus(サンリット シトラス):約237万円
  • XD L Package:約246万円
  • XD White Comfort(ホワイト コンフォート):約249万円

 

「MAZDA2(マツダ2)」をお得に購入したい方は「15S PROACTIVE Smart Edition(スマートエディション)Ⅱ」が最もおすすめです。

内外装の質感は控えめですが、安全装備や快適装備は概ね搭載されており、必要十分な装備が搭載されています。

ディーゼル車との価格差は30万円以上ありますので、維持費を含めて考えても、最も安く「MAZDA2(マツダ2)」を所有できるグレードであるといえるでしょう。

質感にこだわりがないのであれば、「15S PROACTIVE Smart Edition(スマートエディション)Ⅱ」1択です!

 

フロントグリルのグロスブラックやブラックメタリック塗装の16インチアルミホイールによって外装の質感を高めたい方は「15S Black Tone Edition(ブラックトーンエディション)」がおすすめです。

本革巻ステアリングやシフトノブにしたい方にもおすすめです。

「15S PROACTIVE Smart Edition(スマートエディション)Ⅱ」から僅か5万円で質感が向上しますので、ある意味「15S PROACTIVE Smart Edition(スマートエディション)Ⅱ」よりお得であるといえます。

また、ディーゼル車の場合「XD PROACTIVE」と「XD Black Tone Edition(ブラックトーンエディション)」の価格差がないため、ディーゼル車を最もお得に買いたいなら「XD Black Tone Edition(ブラックトーンエディション)」がおすすめだといえるでしょう。

 

あとは、内装の質感をどれだけこだわるかで選択が異なります。

室内のカラーはブラック系でサテンクロームメッキや合成皮革による質感を向上させたい方は「PROACTIVE S Package」がおすすめです。

室内のカラーはホワイト系でシート表皮をグランリュクス(合成皮革)にしたい方は「Sunlit Citrus(サンリット シトラス)」がおすすめです。

本革シートにしたい方は「L Package」または「White Comfort(ホワイト コンフォート)」がおすすめです。

 

個人的には、価格が安いながら質感もある程度高められている「Black Tone Edition(ブラックトーンエディション)」が最もおすすめだと考えます。

ガソリン車 or ディーゼル車については、年間走行距離が8,000kmを超えるならディーゼル車がおすすめ、超えないならガソリン車がおすすめです。

また、10年未満で乗り換えを考えている方にはガソリン車がおすすめ、逆に10年以上乗り続けようと考えている方にはディーゼル車がおすすめです。

 

何れにしても200万円を超える価格となるため、予算が厳しい方や少しでも安く「MAZDA2(マツダ2)」を購入したい方は、”新車同様の中古車”も検討してみましょう!

 

スポンサーリンク

【PR】車の下取り価格を25万円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を25万円以上高く売ることも可能です!

中古車買取サービスは、他社買取業者より高い買取価格がつく楽天の車買取サービスがおすすめです。

 

■楽天の車買取サービスが高価買取できる理由
楽天の車買取サービスが高価買取できる理由は、楽天が主催するネットオークションに車を直接出品するため、中間コストをカットできることにあります。

そのため、ディーラーの下取りや他社買い取り業者より高い買取価格がつく可能性が高くなっているのです。

実際の高価買取実績は楽天Car車買取HPにて掲載しているため、気になる方は確認してみましょう。

 

■楽天グループが運営する車買取サービスのため安心
楽天の車買取サービスは、楽天グループの楽天カー株式会社のサービスとなっています。

2023年に発覚したビッグモーターの不正問題など、中古車業界を激震させる事件がありましたが、楽天カー株式会社は売上高が年間1兆円を超えるインターネット関連企業最大手の楽天グループの会社のため、安心感があるといえるでしょう。

 

■査定を受ける回数は1回のみ!個人情報が流れない!
楽天の車買取サービスは、いわゆる一括査定サービスと異なり、査定を受ける回数は1回のみとなっています。

私は一括査定サービスに登録した経験がありますが、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。

個人情報も各社に流れてしまうため、プライバシー保護の観点からみても良くありません。

楽天の車買取サービスは、そういった心配は無用といえるでしょう。

また、査定までの全ての工程を楽天カー株式会社が担当するため、複数の業者と話をする必要はありません。

 

■楽天ポイントが最大5,000ポイントもらえる!
車の売却成立で1,000ポイント、さらにマイカー割のメンバー登録を行うと合計5,000ポイントが貰えます
※進呈される最新のポイント数は楽天Car車買取HPにてご確認ください。

マイカー割は、お得なメルマガが届いたり、車関連のサービスでポイントが追加で貰えたり、車用品などに使えるクーポンが貰えるキャンペーンとなっているため、入って損はありません。

楽天ポイントは売却価格とは一切関係ありませんので、楽天で車を売るだけで5,000円貰えると言っても過言ではありません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のある楽天の車買取サービスで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけば楽天の車買取サービスでそのまま売ってしまっても良いですし、さらに楽天の車買取サービスで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

 

私はスズキ「スペーシア カスタム」を売る際、ディーラーで下取りに出した後に楽天の車買取サービスを知り、「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにも楽天の車買取サービスに出品して、現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう

 

スポンサーリンク

【PR】“新車同様の中古車”なら、新車より60万円以上安い!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも多数あります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は“新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!

また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に1年以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
“新車同様の中古車”を買う場合のメリットは何といってもその「安さ」が魅力ですが、デメリットは「自分の付けたいオプションが選べない」という点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

そのため、中古車を選ぶ際は車のカラー及びメーカーオプションを妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数トップクラスのガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数トップクラスのガリバーがおすすめです。

中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何kmでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

 

気になった車、欲しい車がある方はガリバーに登録して探してもらいましょう!

※中古車の販売金額は申込完了ページには表示されません。登録後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、「MAZDA2(マツダ2)」の各特別仕様車の違い、おすすめグレードについて徹底検証してみました。

 

「MAZDA2(マツダ2)」は、トヨタ「ヤリス」より優れた質感、ホンダ「フィット」より充実した安全装備、日産「ノート」より圧倒的に安い価格が魅力です。

一方で、室内の使い勝手や広さでは「フィット」や「ノート」には勝てません。安全性能や燃費性能では「ヤリス」には勝てません。

そのため、室内の広さはそこまで必要ではないけど「ヤリス」だと質感が低すぎると考えている方に「MAZDA2(マツダ2)」はおすすめだといえるでしょう。

また、価格の安さも非常に優れているため、クルマに使うトータルコストを抑えたい方にもおすすめです。

モデル末期でお得な特別仕様車が豊富に揃った”今”、「MAZDA2(マツダ2)」を最もお得に買えるチャンスですよ!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント