”新車同様の中古車”なら新車より60万円以上安く買える!
スポンサーリンク

【新型ホンダ ヴェゼル】グレードの違いを比較!おすすめグレードや見積もり価格を徹底解説!

車の比較&試乗記

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

今回は、2021年4月23日に発売された新型ホンダ「ヴェゼル」の各グレードの違いを徹底比較してみました。

また、グレードの違いより導き出した”おすすめグレード”、見積もり価格もご紹介します。

果たして、最もお得で”買い”な新型「ヴェゼル」のおすすめグレードは何なのか!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型ホンダ「ヴェゼル」の各グレードの違いとは!?


ホンダ「ヴェゼル」公式HPより

まずは、2021年4月23日に発売された新型ホンダ「ヴェゼル」の各グレードの違いを比較してみましょう。

新型「ヴェゼル」は、ガソリン車1グレード、e:HEV搭載車3グレードと、e:HEV搭載車メインのグレード構成となっています。

その点では、先代「ヴェゼル」とは大きく異なっています。

 

ガソリン車「G」と「e:HEV X」の違い

まず、気になるのは最も安いガソリン車「G」と、e:HEV搭載車で最も安い「e:HEV X」の違いでしょう。

搭載しているエンジンやモーターを除くと、以下の違いがあります。

 

■「e:HEV X」にだけ設定されている装備

  • ドライブモード(NORMAL、SPORT、ECONモード)
  • エアコン用フル電動コンプレッサー
  • PTCヒーター(4WD車のみ)
  • 遮音機能付フロントウィンドウガラス
  • 電動サーボブレーキシステム
  • 減速セレクター

■価格差

  • 「G」約228万円
  • 「e:HEV X」約266万円(Gより約38万円も高い!

 

上記のとおり、装備差はほとんどありません。

上記の中でも、「遮音機能付フロントウィンドウガラス」と「減速セレクター」が魅力的です。

「遮音機能付フロントウィンドウガラス」はその名のとおり静粛性を高めるもの、「減速セレクター」はパドルシフトのシフトダウンの様にエンジンブレーキなどにより減速力を高めるものです。

パドルシフトの様にシフトアップはできませんが、フットブレーキの操作を減らすことができます。

ただし、約38万円もある価格差ほどの魅力はないでしょう。

e:HEV搭載車は自動車税環境性能割と自動車重量税が免税となりますが、それを考慮しても「G」と「e:HEV X」の価格差は約30.5万円もあります

 

では、維持費で価格差を回収できるのか!?計算してみましょう。

年間走行距離が8,000km、ガソリン代140円で計算した場合、「G」は年間約6.5万円、「e:HEV X」は年間約4.5万円となり、年間2万円ほど「e:HEV X」の方が安くなります。

価格差は約約30.5万円ありますので、回収するには15年近くかかることになります。

リセールバリューなどは考慮していませんが、「G」の方がお得なことはほぼ間違いないでしょう。

 

以上から、新型「ヴェゼル」を”とにかく安く、お得に買いたい”なら「G」が最もおすすめといえるでしょう。

 

スポンサーリンク

「e:HEV X」と「e:HEV Z」の違い


ホンダ「ヴェゼル」公式HPより

次に気になるのは、e:HEV搭載車で最も安い「e:HEV X」と、装備が充実した中間グレード「e:HEV Z」の違いです。

以下の違いがあります。

 

■「e:HEV Z」にだけ設定されている装備

・安全装備

  • ブラインドスポットインフォメーション
  • マルチビューカメラシステム [メーカーオプション]
  • 後退出庫サポート [メーカーオプション] ※e:HEV Xでもディーラーオプションで設定可
  • 自動防眩ルームミラー

・ヘッドライト

  • ヘッドライトオートレベリング機能
  • LEDアクティブコーナリングライト
  • LEDシーケンシャルターンシグナルランプ

・快適装備

  • 運転席&助手席シートヒーター ※e:HEV Xの2WD車は設定なし
  • ステアリングヒーター
  • 左右独立温度コントロール式エアコン
  • リアベンチレーション
  • トノカバー ※e:HEV Xでもディーラーオプションで設定可
  • ハンズフリーアクセスパワーテールゲート
  • 後席充電用USBジャック2個 ※e:HEV Xでもディーラーオプションで設定可
  • 親水/ヒーテッドドアミラー+熱線入りフロントウィンドウ ※e:HEV Xの2WD車は設定なし
  • フロントドア撥水ガラス
  • 雨滴検知式フロントワイパー
  • オートリトラミラー ※e:HEV Xでもディーラーオプションで設定可
  • リバース連動ドアミラー(助手席側)

・インテリア

  • コンビシート(プライムスムース&ファブリック) ※e:HEV Xはファブリックシート
  • シルバー加飾インテリア
  • 本革巻ステアリングホイール
  • 本革巻セレクトレバー
  • ピアノブラック調パワーウィンドウスイッチパネル
  • 運転席シートバックポケット
  • 全ドアパワーウィンドウ ※e:HEV Xは運転席ドアのみ
  • 全ドアパワーウィンドウスイッチ照明 ※e:HEV Xは運転席ドアのみ
  • 6スピーカー ※e:HEV Xは4スピーカー
  • 10スピーカープレミアムオーディオ [メーカーオプション]

・エクステリア

  • シャープシルバー塗装のバンパーロアガーニッシュ ※e:HEV Xはシルバー塗装
  • クリアブラック塗装のバンパーガーニッシュ ※e:HEV Xはブラック塗装
  • フォグライトガーニッシュ
  • ドアロアガーニッシュ

・足回り

  • 18インチアルミホイール ※e:HEV Xは16インチ
  • VGR(可変ステアリングギアレシオ)

■価格差

  • 「e:HEV X」約266万円
  • 「e:HEV Z」約290万円(e:HEV Xより約24万円も高い!

 

「G」と「e:HEV X」の違いと比較すると、かなりの装備差があることがわかります。

 

まず、安全装備をみると、「e:HEV Z」には「マルチビューカメラシステム」を設定できる点が大きな魅力でしょう。

先代「ヴェゼル」でもフロントカメラはディーラーオプションで設定可能でしたが、新型「ヴェゼル」は初めて車両周辺全てをカメラで確認できる様になっています。

車両周辺カメラは、トヨタや日産と比較すると設定されている車種が少ないホンダですが、その点において新型「ヴェゼル」は他社と比較して負けていないことになります。

ただし、「マルチビューカメラシステム」はプレミアムオーディオ(10スピーカー)とのセットオプションとなっており、価格は約13万円と高価な点がネックです。

 

その他、「e:HEV Z」は「ブラインドスポットインフォメーション」や「後退出庫サポート」を設定できるメリットもありますが、「後退出庫サポート」はディーラーオプションの「リアカメラ de あんしんプラス3」に含まれているため「e:HEV X」でも設定可能で、「ブラインドスポットインフォメーション」も「リアカメラ de あんしんプラス3」の「後方死角サポート」と類似の機能となっています。

もちろん、性能的にはメーカーオプションである「ブラインドスポットインフォメーション」の方が上ですが、それほど大きな魅力とはいえないでしょう。

 

ヘッドライトでは、「e:HEV Z」には右左折時の内側を照射する「LEDアクティブコーナリングライト」が設定されているため、夜間の歩行者などの視認性が高くなっているメリットがあります。

その他、”流れるウィンカー”「LEDシーケンシャルターンシグナルランプ」も標準装備されています。

 

快適装備では、何と言っても「e:HEV Z」にはハンズフリーアクセスパワーテールゲート」が標準装備されている点で非常に便利でしょう。

足で開けられることが話題になりがちですが、それ以上にボタンでテールゲートの開閉が操作でき、ドアロックまでできることが最大の魅力です。

テールゲートはドアを閉じる際に半ドアになりやすかったり、開ける際は狭い場所だと重くて開けにくかったりしますが、「ハンズフリーアクセスパワーテールゲート」が装備されていれば、その憂いから開放されます。

また、国産BセグメントSUVでは設定されているケースが少ないリアベンチレーション(エアコン後席吹き出し口)が標準装備されているため、暑い夏場など後席の快適性が高くなっています。

 

そして「e:HEV X」と「e:HEV Z」の最大の違いは、インテリアの質感です。

エクステリアは、センターピラーや前後バンパー、ホイールアーチモールなどが「e:HEV X」では未塗装となっていますが、「e:HEV Z」ではピアノブラック塗装となっており、質感差が大きくなっています。

インテリアは、「e:HEV Z」にはコンビシート(プライムスムース&ファブリック)、本革巻ステアリングホイール、本革巻セレクトレバー、ピアノブラック調パワーウィンドウスイッチパネルなどが設定されているため、シートやインパネ、ドアトリムなど室内全体の質感が高くなっています。

一方の「e:HEV X」は、シート表皮はファブリックでステアリングホイールはウレタンとなっており、インパネやドアトリムなど全体的にプラスチッキーな印象があり、車内の質感は比較的低めなため、質感を少しでも気にする方は「e:HEV Z」の方がおすすめといえるでしょう。

「e:HEV X」の場合、4スピーカーとなってしまう点も気になるところです。

 

上記のとおり、かなり装備差がある「e:HEV X」と「e:HEV Z」ですが、あとは上記の装備が”約24万円分の価値があると考えるか”が判断の分かれ目でしょう。

予算が300万円までということであれば「e:HEV X」1択ですが、もう少し出せるなら「e:HEV Z」にしたいところですね。

何れにしても、新型「ヴェゼル」で最も人気の高い2グレードとなることは間違いありません。

 

ちなみに、燃費性能は大きく変わりませんが、最低地上高は「e:HEV Z」が19.5cm、「e:HEV X」が18.5cmとなっており、「e:HEV Z」の方が1cm高くなっているんです。

ロードクリアランスが余裕ある点でも、「e:HEV Z」にはメリットがあります。

 

スポンサーリンク

「e:HEV Z」と「e:HEV PLaY」の違い


ホンダ「ヴェゼル」公式HPより

最後に、中間グレード「e:HEV Z」と最上位グレード「e:HEV PLaY」の違いを比較してみましょう。

以下の違いがあります。

 

■「e:HEV PLaY」にだけ設定されている装備

  • Honda CONNECTディスプレイ+ETC2.0車載器(後退出庫サポート、ワイヤレス充電器)の標準装備
  • 8スピーカー
  • パノラマルーフ
  • コンビシート(グレージュ)
  • 高触感バーミリオン塗装センターコンソールパネル

 

■「e:HEV Z」にだけ設定されている装備

  • ヘッドライトオートレベリング機能
  • LEDアクティブコーナリングライト
  • 左右独立温度コントロール式エアコン
  • PTCヒーター(4WD車のみ)
  • コンビシート(ブラック)
  • トノカバー
  • 雨滴検知式フロントワイパー

 

■価格差

  • 「e:HEV Z」約290万円
  • 「e:HEV PLaY」約330万円(e:HEV Zより約40万円も高い!

 

上記以外にも、フォグライトガーニッシュやドアロアガーニッシュの塗装やLEDリアコンビネーションランプの色が異なっています。

「e:HEV Z」と「e:HEV PLaY」の最大の違いは、「e:HEV PLaY」には「Honda CONNECTディスプレイ」が標準装備されている点、「パノラマルーフ」が標準装備されている点にあるでしょう。

一方、「e:HEV PLaY」には「LEDアクティブコーナリングライト」や「雨滴検知式フロントワイパー」などが設定できません。

 

両車それぞれにある装備のいずれも、”絶対に付けたい装備”と考える方は少ないでしょう。

そこで気になるのは、「e:HEV PLaY」と「e:HEV Z」に「Honda CONNECTディスプレイ」を設定した場合の価格差がいくらになるのか!?という点です。

Honda CONNECTディスプレイ+ETC2.0車載器(後退出庫サポート、ワイヤレス充電器)の価格は約22万円となっていますので「e:HEV Z」の価格は約312万円となり、「e:HEV PLaY」との価格差は約18万円ということがわかります。

 

そのため、「パノラマルーフ」によほどの魅力を感じる方以外は、「e:HEV Z」の方がおすすめといえるでしょう。

ちなみに、「マルチビューカメラシステム」を設定するとプレミアムオーディオ(10スピーカー)となるため、8スピーカーとなるメリットは少なくなっています。

 

スポンサーリンク

新型ホンダ「ヴェゼル」の見積もり価格!


ホンダ「ヴェゼル」公式HPより

では、各グレードの見積もり価格は一体いくらなのか!?

 

「Honda CONNECTディスプレイ」とマットをオプション設定した見積もり価格は、以下のとおりです。

  • 「G」約257万円
  • 「e:HEV X」約288万円
  • 「e:HEV Z」約312万円
  • 「e:HEV PLaY」約330万円

値引き額は15万程度でした

点検パックは毎年点検代を払うよりお得なため付けるべきかと思いますが、点検パックの価格は”先に払っているだけ”なため、上記の価格からは抜いています。

「e:HEV X」であれば300万円以下で購入可能となっており、ガソリン車は250万円前後と価格の安さが光ります。

 

また、「マルチビューカメラシステム」をオプション設定した見積もり価格は、以下のとおりです。

  • 「e:HEV Z」約325万円
  • 「e:HEV PLaY」約343万円

前述の通り「マルチビューカメラシステム」はプレミアムオーディオ(10スピーカー)とのセットオプションとなっており、約13万円という価格がネックです。

「e:HEV X」と「e:HEV Z」の価格差は37万円まで広がり、最も安い「G」と「e:HEV PLaY」の価格差は約93万円と100万円近くまで広がるため、特別必要でないなら「マルチビューカメラシステム」は設定しない方が良いでしょう。

 

ちなみに、「e:HEV PLaY」以外はディーラーオプションのナビも設定可能ですが、仮に「e:HEV Z」に15万円前後の8インチナビとETC車載器を設定した場合、価格は約324万円となり、「Honda CONNECTディスプレイ」を設定した場合と比較して約3万円しか安くなりません。

「Honda CONNECTディスプレイ」には自動地図更新サービスやワイヤレス充電器もセットになっているため、「Honda CONNECTディスプレイ」の方が間違いなくお得でしょう。

ただし、「Honda CONNECTディスプレイ」はCDやDVD再生ができないため、CDやDVD再生を行いたい方は、必然的にディーラーオプションのナビを選択する必要があります。

 

スポンサーリンク

新型ホンダ「ヴェゼル」のおすすめグレード!


ホンダ「ヴェゼル」公式HPより

筆者が考える新型「ヴェゼル」のおすすめグレードは「e:HEV Z」です。

 

まず、パワートレインについては、加速性能や静粛性、燃費性能のいずれを考えてもe:HEV搭載車の方が圧倒的におすすめです。

「e:HEV PLaY」は「パノラマルーフ」を設定できるメリットしかないため除外すると、あとは「e:HEV X」と「e:HEV Z」の2択になります。

「e:HEV X」は「e:HEV Z」より約24万円安く新型「ヴェゼル」を購入できるメリットはあるものの、快適性・利便性・そして何より質感が優れた「e:HEV Z」の方が良いと筆者は考えます。

 

ただし、約24万円という金額は決して安いものではないため、新型「ヴェゼル」をお得に購入したい方には「e:HEV X」も非常におすすめです。

「マルチビューカメラシステム」や「ハンズフリーアクセスパワーテールゲート」などの装備が設定できないものの、必要十分な装備が設定されており、安全性能にも大きな差はありません。

 

また、新型「ヴェゼル」を250万円前後で購入したい!という方にはガソリン車「G」が最もおすすめです。

前述の通りe:HEV搭載車より「G」の方がお得なことはほぼ間違いなく、「G」は新型「ヴェゼル」を最も賢く買えるグレードともいえるでしょう。

 

上記のとおり、予算や重要視する内容によって、どのグレードが良いかは異なるでしょう。

個人的には、下位グレードを選択して後悔した過去があるため、「e:HEV X」を購入できる予算があるのなら「e:HEV Z」を選択することをおすすめします。

逆にコスパを重視するなら、圧倒的に安い「G」が良いでしょう。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】”新車同様の中古車”なら、新車より60万円以上安い!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも多数あります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は”新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!

また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
”新車同様の中古車”を買う場合のメリットは何といってもその「安さ」が魅力ですが、デメリットは「自分の付けたいオプションが選べない」という点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

そのため、中古車を選ぶ際は車のカラー及びメーカーオプションを妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数No1のガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数1位のガリバーがおすすめです。

中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何kmでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

■さらに!2021年4月~6月は”夏得キャンペーン”でお得に購入できるチャンス!
ガリバーは、2021年4月26日~2021年6月30日の期間中、夏得(なっとく)キャンペーンを開催しています。

期間中はセール車両が大放出され、お得なクルマを購入しやすくなっています。

ただし、セール車両は先着順につき売り切れる場合があるため、お得に購入したい方はお早めに!

 

気になった車、欲しい車がある方、セール車両を購入したい方はガリバーに登録して探してもらいましょう!

※中古車の販売金額は申込完了ページには表示されません。登録後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!

中古車買取サービスは、中古車の買取台数ランキング1位のガリバー無料査定がおすすめです。

買取台数No1なのには、それだけの高価買取実績サービスの良さ信頼性があります。

中古車販売台数も1位でしたが、中古車買取台数も1位のガリバーは、まさに中古車業界の”トヨタ”的存在です。

 

■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由
中古車買取台数が1位ということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。

  • 買取車両の在庫期間を短くする独自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減
  • 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映
  • ディーラーの下取りと異なり、オプションやアクセサリーを買取額にプラス評価!

 

■筆者の一括査定体験談
買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。

また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。

上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

何れにしも、無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。

査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

 

私はスズキ「スペーシア カスタム」を売る際、ディーラーで下取りに出した後にガリバーの無料査定を知り、「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにもガリバー無料査定を行い、現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう

※愛車の査定金額は申込完了ページには表示されません。入力後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、新型ホンダ「ヴェゼル」の各グレードの違い、おすすめグレード、見積もり価格をご紹介しました。

 

走り、燃費性能、安全性能、質感、乗り心地、静粛性と先代「ヴェゼル」から大幅にレベルアップした新型「ヴェゼル」ですが、価格の安さも非常に魅力的です。

ライバルのトヨタ「C-HR」、日産「キックス」、マツダ「CX-30」と比較しても安めで、ガソリン車であればコンパクトカーの日産「ノート」よりも安く購入できます。

つまり、新型「ヴェゼル」がコスパが非常に高いといえるでしょう。

同様の価格が安いトヨタ「ヤリスクロス」とほぼ同じ価格帯ですが、後部座席の広さや質感は新型「ヴェゼル」の圧勝です。

SUVの購入を検討している方は、ぜひ新型「ヴェゼル」も検討してみましょう!

おすすめです!!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント