You Tube始めました!ひつじ茶屋のコンテンツを動画でお楽しみください!
スポンサーリンク

【最新】電動パーキングブレーキ搭載車一覧~トヨタ車編

トヨタ カローラ ツーリング 内装 インテリア○○車一覧

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

今回は、電動パーキングブレーキを搭載しているトヨタ車一覧をまとめてみました。

 

昨今、新型車の多くに搭載されている電動パーキングブレーキ。

非常に便利な電動パーキングブレーキを搭載しているトヨタ車は一体どれなのか!?

トヨタ車の購入を検討している方は、是非チェックしてみましょう!

意外に“人気のあのクルマ”は搭載していない!?

※TOPの写真は「カローラツーリング HYBRID W×B」の電動パーキングブレーキ

 

【最新】電動パーキングブレーキ搭載車一覧~軽自動車編
電動パーキングブレーキを搭載している軽自動車一覧をまとめてみました。軽自動車の購入を検討している方は、是非チェックしてみましょう!
【最新】電動パーキングブレーキ搭載車一覧~国産コンパクトカー&SUV編
電動パーキングブレーキを搭載している国産コンパクトカー、及び国産コンパクトSUV一覧をまとめてみました。コンパクトカーやコンパクトSUVを検討している方は要チェック!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

電動パーキングブレーキとは!?


トヨタ「カローラ」公式HPより

その前に、そもそも「電動パーキングブレーキ」とは何なのか!?

名前は多くのメーカーで「電動パーキングブレーキ」に統一されており、ホンダは「電子制御パーキングブレーキ」と名乗っています。

機能としては、スイッチ1つでパーキングブレーキをかけれることはご存知かと思いますが、電動パーキングブレーキの機能はそれだけではありません。

 

電動パーキングブレーキが便利なのは、“パーキングブレーキの操作が一切不要になる”ことにあります。

 

まず、ギアをD(ドライブ)にしてアクセルを踏むと、自動的にパーキングブレーキが解除されます。

これにより、パーキングブレーキを解除し忘れてアクセルを踏んで「ガガッ」と嫌な音をさせることはなくなります。

例えば、ナビを使用するために一旦パーキングブレーキをかけて、信号が変わったため急いでアクセルを踏んで「ガガッ」ということがなくなります。
※これは筆者の体験談です。

 

また、ギアをP(パーキング)にする、またはパワースイッチをオフにすることで自動的にパーキングブレーキがかかります。

これにより、パーキングブレーキのかけ忘れを防げます。

ニュースなどを見ていると、パーキングブレーキをかけ忘れたことによりドライバー下車後にクルマが勝手に進み、線路内に入って大事故になった、なんてことも耳にしますが、電動パーキングブレーキの搭載により、そんな事故はおきなくなります。

ただし、この機能は以下のとおりメーカーや車種によって異なります。

  • トヨタとダイハツ:ギアをP(パーキング)にするとかかる
  • ホンダとマツダ:パワースイッチをオフにするとかかる
  • 日産:オートブレーキホールド中にギアをP(パーキング)にするとかかる
  • スバル:自動でかかる機能なし

トヨタ車はギアをP(パーキング)にすると自動的にパーキングブレーキがかかるため、他社と比較しても使い勝手が良いといえるでしょう。

 

さらに、電動パーキングブレーキの搭載により、多くのクルマに搭載されている全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロールの停止保持が可能となります。

これにより、アダプティブクルーズコントロール使用中に渋滞に巻き込まれて停止しても、停止状態を保持してくれます。

電動パーキングブレーキが搭載されていないクルマの場合、アダプティブクルーズコントロールが停止までは行ってくれますが数秒後に動き出してしまうため、知らなければ追突してしまう危険性もあります。

 

その他、電動パーキングブレーキと一緒に搭載される「オートブレーキホールド」が非常に便利です。

オートブレーキホールドは、赤信号などでブレーキを踏んでクルマが停止した際、停止状態が維持され、ブレーキペダルを踏み続ける必要がなくなります。

そのため、信号が多い街乗りや渋滞時など、ブレーキペダルをよく踏む機会の負担軽減につながります。

多くのクルマがエンジンオフで上記の機能がリセットされるため、エンジンオンの度にブレーキホールドスイッチを押す必要はありますが、非常に快適なため、筆者は毎回使用しています。

この装備は、メーカーによってブレーキホールド(トヨタ)・オートブレーキホールド(日産)・ブレーキオートホールド(三菱)・オートブレーキホールド機能(ホンダ、ダイハツ)など、名称が異なりますが機能は同じです。

 

上記をまとめると、「電動パーキングブレーキ」は非常に便利な必須装備だということです。

普通車の新型車は搭載されることは当たり前になりつつあり、最近発売された新型車で搭載されていないクルマはトヨタ「ヤリス」、トヨタ「アクア」、スズキ「ソリオ」くらいです。

上記は何れもコンパクトカーで、Cセグメントクラス以上の新型車だと搭載率100%という状態です。

それくらい、“当たり前の装備”になってきています。

 

スポンサーリンク

電動パーキングブレーキを搭載しているトヨタ車一覧

トヨタ ヤリスクロス 外装 エクステリア
そんな非常に便利な「電動パーキングブレーキ」が搭載されているトヨタ車を、以下にまとめてみました。

 

■コンパクト

  • ルーミー
  • カローラスポーツ

■ミニバン

  • ノア【New】
  • ヴォクシー【New】
  • アルファード
  • ヴェルファイア

■セダン

  • カローラ
  • カムリ
  • クラウン
  • MIRAI

■ワゴン

  • カローラツーリング

■SUV

  • ヤリスクロス
  • ライズ【New】
  • カローラクロス【New】
  • C-HR
  • RAV4(RAV4 PHV)
  • ハリアー
  • ランドクルーザー【New】

 

Bセグメントコンパクトカーで電動パーキングブレーキが搭載されているのは「ルーミー」だけです。

そのため、「ルーミー」は非常に貴重な存在といえるでしょう。

発売当初は足踏み式パーキングブレーキでしたが、2020年9月15日のマイナーチェンジ時に搭載されています。

上記のマイナーチェンジ時に、「ADB(アダプティブドライビングビーム)」や「全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)」などの先進安全装備、コネクティッドサービスや予約ロック機能などの先進装備も搭載されています。

ライバルのスズキ「ソリオ」は2020年11月25日のフルモデルチェンジでも電動パーキングブレーキやコネクティッドサービスが搭載されていないため、多くの先進装備が搭載されている点で「ルーミー」の方が魅力的だといえるでしょう。

3兄弟(「ルーミー」・「トール」・「ジャスティ」)の中で最も売れているのも「ルーミー」です。

 

Cセグメントクラスのクルマにはほとんどの車種に電動パーキングブレーキが搭載されているため、むしろ搭載されていない車種の方がレアになってきています。

カローラシリーズは「カローラスポーツ」の搭載以降、「カローラ」や「カローラツーリング」にも搭載されていますが、「カローラフィールダー」や「カローラアクシオ」には搭載されていませんので注意です。

 

ミニバンでは、従来「アルファード」と「ヴェルファイア」にしか電動パーキングブレーキの搭載が進んでいませんでしたが、2022年1月にフルモデルチェンジが行われた「ノア」・「ヴォクシー」にも電動パーキングブレーキが搭載されました。

「ノア」・「ヴォクシー」は電動パーキングブレーキのみならず、先進安全装備やコネクティッドサービスも他トヨタ車にはない最新の装備が搭載されている魅力があります。

その安全性能はスバル「レヴォーグ」並です。

今、安全なトヨタのクルマが欲しければ「ノア」・「ヴォクシー」を選べば間違いありません。

 

SUVでは数年前からDセグメントクラスSUVの「ハリアー」やCセグメントクラスSUVの「C-HR」に搭載されていましたが、2020年にBセグメントクラスSUVである「ヤリスクロス」に搭載されたことは大きいでしょう。

これにより、電動パーキングブレーキが搭載されているSUVの最低価格が引き下げられた形になりました。

「ヤリスクロス」は単にトヨタ「ヤリス」の車高を上げただけでなく、電動パーキングブレーキやアダプティブハイビームシステムなどの先進安全装備、トヨタ「RAV4」にも搭載されている4WDシステム「ダイナミックトルクコントロール4WD」や「マルチテレインセレクト」などが採用されており、「ヤリス」にはない魅力が満載です。

それでいて価格は「ヤリス」より+10~20万円程度しか変わらないため、非常にコスパが高いコンパクトSUVといえるでしょう。

 

また、2021年11月1日のマイナーチェンジ時に「ライズ」に搭載されたことで、さらに最低価格が引き下げられました。

上記のマイナーチェンジ時に、1.2Lハイブリッド車と1.2Lガソリン車も新たに追加されており、ハイブリッド車は日産と同じくエンジンで発電してモーターのみで走行するシリーズハイブリッドが採用され、ワンペダル走行が可能な「スマートペダル(S-PDL、S-Pedal)」が採用されたことも話題になりました。

先程「ヤリスクロス」が非常にコスパが高いコンパクトSUVと記載しましたが、「ライズ」は価格が安いため「ヤリスクロス」以上にコスパが高いコンパクトSUVといえます。

そのため、個人的には今後「ヤリスクロス」より売れると予想しています。

 

スポンサーリンク

電動パーキングブレーキが搭載されていないトヨタ車一覧


トヨタ「プリウス」公式HPより

では逆に、「電動パーキングブレーキ」が搭載されていないトヨタ車はどれなのか!?

以下にまとめてみました。

 

■コンパクト

  • ヤリス
  • アクア
  • パッソ

■ミニバン

  • シエンタ
  • ハイエース
  • グランエース

■セダン

  • プリウス(プリウスPHV)
  • カローラアクシオ
  • センチュリー

■ワゴン

  • カローラフィールダー

■SUV

  • ハイラックス
  • ランドクルーザープラド

 

上記の中でも、搭載されていそうで搭載されていないのが「プリウス」です。

前述の通りCセグメントクラスのクルマにはほとんどの車種に電動パーキングブレーキが搭載されている状況ですので、「プリウス」の1つの欠点といえるでしょう。

電動パーキングブレーキの影響だけではありませんが、新型「カローラ」の発売以降、「プリウス」の人気(販売台数)は激減しています。

 

その他、人気のコンパクトカー「ヤリス」や「アクア」に電動パーキングブレーキが搭載されていないのも注目すべきポイントです。

「ヤリス」や「アクア」は優れた自動ブレーキ、そしてダントツでトップの燃費性能という魅力があるものの、ホンダ「フィット」や日産「ノート」に搭載されている電動パーキングブレーキが搭載されていないのは1つの欠点といえます。

「ヤリス」の欠点としては、車内の狭さや質感の低さなどもあります。

同じトヨタの「ルーミー」にはそれらの欠点がないため、「ルーミー」大人気の背景にもなっているでしょう。

 

ミニバンは「シエンタ」に搭載されておらず、足踏み式となっています。

ライバルのホンダ「フリード」も「シエンタ」同様、足踏み式のパーキングブレーキとなっています。

パーキングブレーキのみならず、安全装備など各種装備の古さが目立っており、今後のフルモデルチェンジに期待が集まっています。

 

スポンサーリンク

電動パーキングブレーキ搭載車を選ぶべき理由

トヨタ カローラ ツーリング 内装 インテリア
筆者は新しくクルマを購入する場合、電動パーキングブレーキ搭載車を選ぶべきだと考えます。

理由は、以下のとおりです。

  • 安全性が高い
  • 利便性が高い
  • 購入後、他車と比較して後悔しない

 

電動パーキングブレーキの安全性や利便性については前述の通りですが、クルマ購入後に後悔しないという点においても、その存在は大きいと考えます。

前述の通り電動パーキングブレーキの装備は当たり前となってきている中で、同様に当たり前になりつつある先進安全装備やコネクティッドサービスなども含め、多くの他車に搭載されているのに自分のクルマには搭載されていないということで、後悔に繋がりかねません。

そのため、購入後後悔しないためにも、装備内容が先進的なクルマを選択するのが、おすすめです。

 

電動パーキングブレーキを搭載しているトヨタ車だと、コンパクトカーなら「ルーミー」1択です。

 

ミニバンなら「ノア」・「ヴォクシー」がおすすめです。

前述のとおり先進装備が満載で、安全性や利便性が非常に高くなっています。

それでいて価格は比較的安くなっているため、非常にコスパの高いミニバンといえるでしょう。

デザインは好みによって分かれるかと思いますが、少しでも安く購入したいなら「ノア」がおすすめです。

 

Cセグメントクラスのクルマなら「カローラツーリング」がおすすめです。

「カローラ」シリーズの中でラゲッジスペースの使い勝手が最も優れていること、エクステリアデザインが個人的に最も“かっこいい”と考えていることが最大の理由です。

カローラシリーズの中で「カローラツーリング」が圧倒的な人気となっているため、無難ともいえます。
※「カローラクロス」を除く

 

SUVは重視する点によって異なりますが、燃費性能や価格の安さ(コスパ)を重視するなら「ヤリスクロス」がおすすめです。

燃費性能だけでなく、安全性能も「カローラクロス」や「RAV4」、「ハリアー」より優れており、悪路走破性も「RAV4」に搭載されている4WDシステムが搭載されているなど、総合力が非常に高いクルマとなっています。

一方で、車内の質感が低く、後部座席が狭いため、その点を重視する方には「カローラクロス」がおすすめ、さらに広さや質感にこだわる方は「RAV4」や「ハリアー」がおすすめです。

また、燃費性能や安全性能では「ヤリスクロス」より劣るものの、「ヤリスクロス」以上の価格の安さと後部座席の広さに優れた「ライズ」は非常におすすめです。

 

とはいえ、昨今の新型車は昔と比べて価格が高くなってる状態です。

先進装備満載だとコンパクトカーでも300万円を超えることも多くあります。

そのため、少しでも安く、お得に購入したい方は、“新車同様の中古車”も検討してみましょう。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】”新車同様の中古車”なら、新車より60万円以上安い!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも多数あります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は”新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!

また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
”新車同様の中古車”を買う場合のメリットは何といってもその「安さ」が魅力ですが、デメリットは「自分の付けたいオプションが選べない」という点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

そのため、中古車を選ぶ際は車のカラー及びメーカーオプションを妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数No1のガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数1位のガリバーがおすすめです。

中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何kmでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

■さらに!2022年4月~5月は“ガリバーなスーパーセール”でお得に購入できるチャンス!
ガリバーは、2022年4月28日~2022年5月8日の期間中、年に1度の“ガリバーなスーパーセール”を開催しています。

期間中は約4万台の在庫からキャンペーン限定の特選車両が大放出され、お得なクルマを購入しやすくなっています。

ただし、特選車両は先着順につき売り切れる場合があるため、お得に購入したい方はお早めに!

 

気になった車、欲しい車がある方、特選車両を購入したい方はガリバーに登録して探してもらいましょう!

※中古車の販売金額は申込完了ページには表示されません。登録後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!

中古車買取サービスは、中古車の買取台数ランキング1位のガリバー無料査定がおすすめです。

買取台数No1なのには、それだけの高価買取実績サービスの良さ信頼性があります。

中古車販売台数も1位でしたが、中古車買取台数も1位のガリバーは、まさに中古車業界の”トヨタ”的存在です。

 

■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由
中古車買取台数が1位ということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。

  • 買取車両の在庫期間を短くする独自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減
  • 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映
  • ディーラーの下取りと異なり、オプションやアクセサリーを買取額にプラス評価!

 

■筆者の一括査定体験談
買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。

また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。

上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

何れにしも、無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。

査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

 

私はスズキ「スペーシア カスタム」を売る際、ディーラーで下取りに出した後にガリバーの無料査定を知り、「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにもガリバー無料査定を行い、現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう

※愛車の査定金額は申込完了ページには表示されません。入力後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、電動パーキングブレーキを搭載しているトヨタ車一覧をまとめてみました。

 

昨今は技術の進歩が早く、昔は先進装備だったものも数年後には当たり前の装備になっている様な状況です。

そのため、“サポカーSワイドに該当”とか、“予防安全性能評価で満点”などの言葉だけに惑わざれず、しっかりと試乗・比較することで、クルマの購入で後悔することをなくせるでしょう。

自分が検討しているクルマに、電動パーキングブレーキや自動運転技術(自動ブレーキや車線維持支援機能)、コネクティッドサービス(SOSコールやリモートロック)などの先進装備が搭載されているか!?

今一度チェックしてみましょう!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント