”新車同様の中古車”なら新車より60万円以上安く買える!
スポンサーリンク

国産Cセグメント車で最もおすすめな車はこれだ!~インプレッサオーナーの筆者が選ぶ【2018年版】

カー・オブ・ザ・イヤー

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

筆者はスバル「インプレッサスポーツ」のオーナーです。Cセグメントクラスのクルマが好きなため、多くのCセグメント車に試乗し、比較しながらご紹介してきました。

ほぼ全ての国産Cセグメント車に乗り、比較、評価できたので、2018年時点での筆者が選ぶ最もおすすめなCセグメント車をご紹介したいと思います。

筆者の独断と偏見で選んでおりますので「なんでやねん!」と不快に思われる方もいらっしゃるかもしれません。先に謝っておきます。申し訳ございません。

 

今回対象としているCセグメント車は、以下の記事でまとめた一覧から選んでいます。

国産Cセグメント車一覧~インプレッサオーナーの筆者がおすすめするCセグメント車たち
筆者はスバル「インプレッサスポーツ」のオーナーでCセグメント車が好きなため、多くのCセグメント車に試乗してきました。ほぼ全ての国産Cセグメント車の記事を公開できたので、国産Cセグメント車を一覧にしてまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おすすめなCセグメント車【総合部門1位】トヨタ カローラスポーツ


トヨタ「カローラスポーツ」公式HPより

2018年の最もおすすめなCセグメント車の総合部門1位はトヨタ「カローラスポーツ」です。

理由は、安全性能はトップクラスで、燃費性能は「プリウス」並みの良さで、乗り心地もトップクラス、と総合的に優れていて欠点が少ないからです。

欠点は、走りです。走りは同クラスの中で面白みのない方に含まれるでしょう。
車内も決して広い部類には含まれないでしょうし、価格も少々高めですかね。

ただ、安全で乗り心地が良くて燃費が良い車って普通に素晴らしいですよね。

コネクティッドサービスという付加価値も付いているところも良い点ですね。

また、2019年9月17日に「ディスプレイオーディオ」が標準装備されたことでお得に購入できる様になっています。同日に発売された「カローラツーリング」はさらにおすすめです!!

【トヨタ カローラスポーツ】マイナーチェンジ(一部改良)2019の変更点~ディスプレイオーディオ標準装備でお得に!
今回は、2019年9月17日に行われた「カローラスポーツ」のマイナーチェンジ(一部改良)による変更点をまとめてみました。最大の変更点は「ディスプレイオーディオ」が標準装備されたことでしょう。今回の改良により、「カローラスポーツ」をお得に購入できる様になりました!
【トヨタ カローラ&ツーリング 新型】カローラスポーツとの違いを徹底比較してみた
今回は、2019年9月17日に発売された新型トヨタ「カローラ」と「カローラツーリング」のフルモデルチェンジによる主な変更点についてまとめてみました。また、「カローラ」、「ツーリング」、「スポーツ」3車の違いを、各種装備・ボディサイズ・エンジン性能・燃費性能・安全性能・価格など、徹底比較いたします。

 

「カローラスポーツ」のスペックは以下のとおりです。

・燃費性能

・1.2Lターボ(「G」等)
→16.4km/L(JC08モード)※2WD車
→15.2km/L(WLTCモード)※2WD車

・1.8Lハイブリッド(「HYBRID G」等)
→34.2km/L(JC08モード)
→30.0km/L(WLTCモード)

 

・エンジン性能

・1.2Lターボ(「G“Z”」等)
→最高出力 85kW〈116PS〉/5,200~5,600rpm
→最大トルク 185N・m〈18.9kgf・m〉/1,500~4,000rpm

・1.8Lハイブリッド(「HYBRID G“Z”」等)
エンジン
→最高出力 72kW〈98PS〉/5,200rpm
→最大トルク 142N・m〈14.5kgf・m〉/3,600rpm
モーター
→最高出力 53kW〈72.0PS〉
→最大トルク 163N・m〈16.6kgf・m〉

 

・価格帯

・1.2Lターボ(「G“Z”」等)
→約217万円~約276万円

・1.8Lハイブリッド(「HYBRID G“Z”」等)
→約249万円~約284万円

 

スポンサーリンク

おすすめなCセグメント車【総合部門1位】マツダ アクセラ


マツダ「アクセラ」公式HPより

2018年の最もおすすめなCセグメント車の総合部門1位はマツダ「アクセラスポーツ」です。

「カローラスポーツ」とかなり迷った挙げ句、同率1位とさせていただきました。

理由は、安全性能はスバルのEyeSightやトヨタの第2世代型「Toyota Safety Sense」には負けている部分はあるもののトップクラスで、燃費性能もハイブリッド車に次いで優秀、価格も比較的安めで、内外装の質感も高く、走りも優秀、と総合的に優れているからです。

欠点は、デザイン優先としたことによる視界の悪さや、車内の狭さくらいでしょうか。

ただ、国産車で唯一ディーゼルモデルを選択でき、総合的に優れている「アクセラ」は素晴らしいです。

そんな「アクセラ」は、2019年にフルモデルチェンジされ、「MAZDA3(マツダ3)」へと車名変更されています。「MAZDA3(マツダ3)」はさらに良いクルマへと仕上がっているため、「アクセラ」以上におすすめです!

新型MAZDA3(マツダ3)は買いか!?フルモデルチェンジの変更点&ライバル車と比較してみた
2019年5月24日に発売された新型マツダ「MAZDA3(マツダ3)」のフルモデルチェンジによる(旧アクセラからの)変更点をまとめてみました。また、Cセグメントに属するライバル車、スバル「インプレッサ」、トヨタ「カローラスポーツ」、ホンダ「シビック」などと比較して”買い”かどうか!?も検証します。
【MAZDA3(マツダ3)】試乗で分かった良点・欠点!おすすめグレードは!?
今回は、2019年5月24日に発売された新型マツダ「MAZDA3(マツダ3)」の1.5Lガソリン車及び1.8Lディーゼル車にがっつり試乗してきましたので、良かった点や気になった点をまとめてご紹介します。また、試乗時に確認した値引き額、試乗した上で選んだ”おすすめグレード”もご紹介します。

 

「アクセラ」のスペックは以下のとおりです。

・燃費性能

・1.5Lガソリン(「15S」等)
→20.6km/L(JC08モード)※2WD AT車

・1.5Lディーゼル(「15XD」等)
→21.6km/L(JC08モード)

・2.2.Lディーゼル(「22XD L Package」等)
→21.4km/L(JC08モード)※2WD MT車

・2.0Lハイブリッド(「HYBRID-S L Package」等)
→30.8km/L(JC08モード)

 

・エンジン性能

・1.5Lガソリン(「15S」等)
→最高出力 82kW〈111PS〉/6,000rpm
→最大トルク 144N・m〈14.7kgf・m〉/3,500rpm

・1.5Lディーゼル(「15XD」等)
→最高出力 77kW〈105PS〉/4,000rpm
→最大トルク 270N・m〈27.5kgf・m〉/1,600-2,500rpm

・2.2Lディーゼル(「22XD L Package」等)
→最高出力 129kW〈175PS〉/4,500rpm
→最大トルク 420N・m〈42.8kgf・m〉/2,000rpm

・2.0Lハイブリッド(「HYBRID-S L Package」等)
エンジン
→最高出力 73kW〈99PS〉/5,200rpm
→最大トルク 142N・m〈14.5kgf・m〉/4,000rpm
モーター
→最高出力 60kW〈82.0PS〉
→最大トルク 207N・m〈21.1kgf・m〉

 

・価格帯

・1.5Lガソリン(「15S」等)
→約183万円~約262万円

・1.5Lディーゼル(「15XD」等)
→約234万円~約269万円

・2.2Lディーゼル(「22XD L Package」等)
→約279万円~約331万円

・2.0Lハイブリッド(「HYBRID-S L Package」等)
→約251万円~約288万円

上記の価格は新車販売当時(消費税8%)の価格です。

 

スポンサーリンク

おすすめなCセグメント車【走り&安全1位】スバル レヴォーグ


スバル「レヴォーグ」公式HPより

2018年の走り部門と安全性能部門で高評価な、おすすめなCセグメント車はスバル「レヴォーグ」です。

理由は、国産Cセグメント車の中でトップクラスの”走り”を実現した車であり、全車速追従機能付ACCと車線中央維持(全車速域)を組合せた「ツーリングアシスト」を搭載しているなど安全性能も優れているからです。

スバル「WRX S4」も素晴らしいですが、比較的燃費性能がよく価格が安い1.6Lターボ車があるため、「レヴォーグ」を選びました。ステーションワゴンタイプであるため、荷室の使い勝手も良いです。

欠点は、やはり燃費性能でしょう。燃費性能はダントツで悪いです。
あと筆者が気になるのは、車体が大きいにもかかわらず、車内の広さは「インプレッサ」とほぼ同じ、または少し狭いという点ですね。もちろんラゲッジスペースは広いのですが。

それでも走りと安全性能が優れた車って、最高ですよね。

【最新】レヴォーグ(F型)とインプレッサ(D型)の違い!インプレッサオーナーが徹底比較してみた
今回は、2019年5月7日の年次改良にてF型となったスバル「レヴォーグ」と、2019年10月10日の年次改良にてD型となったスバル「インプレッサ」の違いを、ボディサイズ・車内の広さ・燃費性能・加速性能・安全性能・価格など、「インプレッサ」オーナーである筆者が、各項目で徹底比較いたします。

 

「レヴォーグ」のスペックは以下のとおりです。

・燃費性能

・1.6Lターボ(「1.6GT EyeSight」等)
→16.0km/L(JC08モード)※インテリジェントモード

・2.0Lターボ(「2.0GT-S EyeSight」等)
→13.2km/L(JC08モード)※インテリジェントモード

 

・エンジン性能

・1.6Lターボ(「1.6GT EyeSight」等)
→最高出力 125kW〈170PS〉/4,800~5,600rpm
→最大トルク 250N・m〈25.5kgf・m〉/1,800~4,800rpm

・2.0Lターボ(「2.0GT-S EyeSight」等)
→最高出力 221kW〈300PS〉/5,600rpm
→最大トルク 400N・m〈40.8kgf・m〉/2,000~4,800rpm

 

・価格帯

・1.6Lターボ(「1.6GT EyeSight」等)
→約292万円~約363万円

・2.0Lターボ(「2.0GT-S EyeSight」等)
→約369万円~約413万円

 

スポンサーリンク

おすすめなCセグメント車【走り&燃費1位】ホンダ シビック


ホンダ「シビック」公式HPより

2018年の走り部門と燃費性能部門で高評価な、おすすめなCセグメント車はホンダ「シビック」です。

理由は、「レヴォーグ」より優れた走りの面白さ、サスペンションの良さ、そして燃費性能もそこそこ良いからです。

欠点は、安全性能です。
他のCセグメント車には概ね装備されている「ブラインドスポットモニター」や「後退時自動ブレーキ」、「誤発進抑制制御」などが装備されていません。

しかし、「走りは良いけど燃費がぁ~」という憂いを払拭してくれる「シビック」は素敵です。

ただし、燃費性能が比較的良いのは「シビック セダン」の話で、「シビック ハッチバック」となるとハイオクになってしまうため、筆者が推しているのは「シビック セダン」の方です。走りはもちろん「シビック ハッチバック」の方が良いですが、燃費性能や静粛性などを考慮すると「シビック セダン」はおすすめです。

走りの楽しさは減少し、価格は上昇しますが、燃費性能や安全性能や静粛性が「シビック」より優秀な、新型ホンダ「インサイト」も個人的には気に入っています。

【最新】ホンダ「インサイト」vs「シビック セダン」違いを徹底比較!どっちがおすすめ!?【2020年版】
今回は、2020年5月にマイナーチェンジが行われたホンダ「インサイト」と、2020年1月にマイナーチェンジが行われたホンダ「シビック セダン」の違いを、燃費性能・加速性能・車内の広さ・安全性能・価格など、各項目を試乗した上で徹底比較いたします。ボディサイズがほぼ同じである両車がどう違うのか!?

 

「シビック」のスペックは以下のとおりです。

・燃費性能

・1.5Lターボ(「シビック セダン」)
→19.4km/L(JC08モード)

・1.5Lターボ(「シビック ハッチバック」)
→16.4km/L(WLTCモード)

 

・エンジン性能

・1.5Lターボ(「シビック セダン」)
→最高出力 127kW〈173PS〉/5,500rpm
→最大トルク 220N・m〈22.4kgf・m〉/1,700~5,500rpm

・1.5Lターボ(「シビック ハッチバック」)
→最高出力 134kW〈182PS〉/6,000rpm
→最大トルク 220N・m〈22.4kgf・m〉/1,700~5,500rpm

 

・価格帯

・1.5Lターボ(「シビック セダン」)
→約276万円

・1.5Lターボ(「シビック ハッチバック」)
→約295万円

 

スポンサーリンク

おすすめなCセグメント車【居住性1位】ホンダ ジェイド


ホンダ「ジェイド」公式HPより

2018年の居住性部門で最も優れている、おすすめCセグメント車はホンダ「ジェイド」です。

理由は、他のCセグメント車にはない圧倒的な後部座席の広さを備えているからです。
走りも「シビック」よりは劣るものの「1.5L VTEC TURBOエンジン」が搭載されているため不満はありませんし、静粛性も高い、まさにファミリー向けCセグメント車です。

欠点は、安全性能と燃費性能でしょうか。
安全性能は、スバルのEyeSightやトヨタの第2世代型「Toyota Safety Sense」に完全に負けていますし、燃費性能もスバル「インプレッサ」と同程度となっています。燃費性能はハイブリッド車を選択すれば比較的解消されます。

あと気になるのは、電子制御パーキングブレーキやオートブレーキホールド機能が装備されていない点ですね。
同クラスで足踏式のパーキングブレーキを採用しているのは「プリウス」と「ジェイド」だけです。
「ヴェゼル」だって電子制御パーキングブレーキとなっているので、マイナーチェンジの際に「ジェイド」も電子制御パーキングブレーキにしてほしかったものです。

上記は全て2018年のマイナーチェンジで追加された2列シート車の話で、3列シート車は3列目が狭いということで不評です。2列目も2人乗りになってしまいますしね。

あまり売れていないため、他人と被る可能性も低く、ある意味個性が出せるというメリットもある「ジェイド」は面白い車です。

【ジェイド vs レヴォーグ vs インプレッサ】各車の違いを比較してみた【2019年版】
今回は、ステーションワゴンであるホンダ「ジェイド」と、2019年5月にF型となったスバル「レヴォーグ」、2019年10月にD型となった「インプレッサスポーツ」を徹底比較いたします。結論から言うと、車内が広いのは「ジェイド」、加速が鋭いのは「レヴォーグ」、コスパが高いのは「インプレッサスポーツ」です!
【新型】ホンダ「ジェイド」と「シビック」の違いを試乗した上で徹底比較してみた【Cセグメント おすすめ】
今回は、2020年1月にマイナーチェンジが行われたホンダ「シビック」と、ホンダ「ジェイド」の違いをご紹介します。同じ「1.5L VTECターボエンジン」を搭載していますが最高出力と最大トルクすら異なります。その他、運転のしやすさ・燃費性能・車内の広さ・安全性能・価格など、各項目で徹底比較いたします。

 

「ジェイド」のスペックは以下のとおりです。

・燃費性能

・1.5L i-DCDハイブリッド(「HYBRID RS Honda SENSING」等)
→24.2km/L(JC08モード)

・1.5Lターボ(「RS Honda SENSING」等)
→18.0km/L(JC08モード)

 

・エンジン性能

・1.5L i-DCDハイブリッド(「HYBRID RS Honda SENSING」等)
エンジン
→最高出力 96kW〈131PS〉/6,600rpm
→最大トルク 155N・m〈15.8kgf・m〉/4,600rpm
モーター
→最高出力 22kW〈29.5PS〉/1,313rpm~2,000rpm
→最大トルク 160N・m〈16.3kgf・m〉/0rpm~1,313rpm

・1.5Lターボ(「RS Honda SENSING」等)
→最高出力 110kW〈150PS〉/5,500rpm
→最大トルク 203N・m〈20.7kgf・m〉/1,600~5,500rpm

 

・価格帯

・1.5L i-DCDハイブリッド(「HYBRID RS Honda SENSING」等)
→約295万円~約315万円

・1.5Lターボ(「RS Honda SENSING」等)
→約244万円~約280万円

 

スポンサーリンク

【おすすめ】新車同様の中古車なら新車より60万円以上安く買える!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも多数あります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は”新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!

また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
新車同様の中古車を買う場合のメリットは何といってもその安さ!ですが、デメリットとしては、自分の付けたいオプションが選べないという点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

なので、中古車選びのポイントは、車のカラー及びメーカーオプションは妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数No1のガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数1位のガリバーがおすすめです。

中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何kmでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

■さらに!9月~10月は”27周年 大創業祭セール”でお得に購入できるチャンス!
ガリバーは、2020年9月1日~2020年10月31日の期間中、創業27周年目を記念した大創業祭セールを開催しています。

期間中は在庫台数25,000台からセール車両が大放出され、お得なクルマを購入しやすくなっています。

ただし、セール車両は先着順につき売り切れる場合があるため、お得に購入したい方はお早めに!

 

気になった車、欲しい車がある方、セール車両を購入したい方は、ガリバーに登録して探してもらいましょう!
※中古車の販売金額は申込完了ページには表示されません。登録後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!

中古車買取サービスは、中古車の買取台数ランキング1位のガリバー無料査定がおすすめです。

買取台数No1なのには、それだけの高価買取実績サービスの良さ信頼性があります。

中古車販売台数も1位でしたが、中古車買取台数も1位のガリバーは、まさに中古車業界の”トヨタ”的存在です。

 

■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由
中古車買取台数が1位ということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。

  • 買取車両の在庫期間を短くする独自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減
  • 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映
  • ディーラーの下取りと異なり、オプションやアクセサリーを買取額にプラス評価!

 

■筆者の一括査定体験談
買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。

上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

何れにしも、無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。

査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

 

私は1台目の軽自動車を売る際、ディーラーで下取りに出し「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにもガリバー無料査定を行い、現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう

※愛車の査定金額は申込完了ページには表示されません。入力後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、筆者の独断と偏見による2018年時点で最もおすすめなCセグメント車をご紹介しました。

 

意識したわけではありませんが、日産を除く各メーカーがうまく分散したなぁと思いました。
※スズキ、三菱、ダイハツのCセグメント車はありません。

日産「リーフ」も良い車ですが、筆者的にはまだ電気自動車は早いかと感じています。ただ、維持費の安さは素晴らしいです。

【リーフ vs カローラスポーツ vs インプレッサ】比較、試乗、評価してみた~Cセグメント おすすめ
今回は、日産「リーフ」・トヨタ「カローラスポーツ」・スバル「インプレッサスポーツ」の違いを、「インプレッサスポーツ」オーナーである筆者が徹底比較・評価(レビュー)してみました。また、10年間使用した場合1番安くなるのはどの車かも検証しています。

「インプレッサスポーツ」を入れなかったのは、日々乗っていて、良い点より悪い点が気になってしまうからかもしれません。ある意味フェアではなかったかもしれませんね。

結局、「インプレッサスポーツ」も良い車なので、まだまだ乗り続けていますが、最近は「MAZDA3(マツダ3)」や「カローラツーリング」への乗り換えを真剣に検討しています・・・

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント