”新車同様の中古車”なら新車より60万円以上安く買える!
スポンサーリンク

スバル「WRX S4」・「レヴォーグ」を試乗、比較、評価してみた~同じFA20型エンジンの2車の違い【2019年版】

車の比較&試乗記

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

今回は、共に国内専用車として2014年に発売された「WRX S4」と「レヴォーグ」の違いをご紹介します。
※「レヴォーグ」は日本での発売後、欧州でも販売されています。

ボディタイプこそセダンとステーションワゴンで明確な違いがありますが、エンジンやプラットフォームは共通でスペックとしては類似しています。

そんな「WRX S4」と「レヴォーグ」の違いを、ボディサイズ・燃費性能・エンジン性能・車内の広さ・安全性能・価格など、試乗した上で徹底比較、評価(レビュー)します。

 

※以下の内容は、2020年7月に行われた「WRX S4」の一部変更前のものです。2020年7月の一部変更にて「STI Sport EyeSight」の1グレード設定となっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スバル WRX S4とは


SUBARU「WRX S4」公式HPより

WRX S4の歴史

スバル「WRX S4」は、2014年8月25日から販売されているセダンタイプの車です。

発売後、「WRX S4」は毎年一部改良(マイナーチェンジ)を行っています。

2015年6月には「スバルリヤビークルディテクション(後側方警戒支援システム)」などを含む「アイサイトセーフティパッケージ」が新たに設定されています。

2017年7月には「ツーリングアシスト」や「後退時ブレーキアシスト」、「オートブレーキホールド」などが新たに設定されており、その他大幅に改良されています。

上記のことから、中古車を検討される場合は、大幅に改良された2017年7月以降のモデルがおすすめです。

また、2018年9月21日にはSTIがチューニングを施した「ビルシュタイン製ダンパー」などが装備された最上級グレード「STI Sport EyeSight」が新たに追加されています。

2019年のマイナーチェンジの詳細については、以下の記事をご覧ください。

【WRX S4/STI】マイナーチェンジ2019(F型)による変更点・S4とSTIの違いをまとめてみた!
今回は、2019年5月14日に発表されたスバル「WRX S4」及び「WRX STI」のマイナーチェンジ(F型改良モデル)による変更点をまとめています。また、2019年の最新モデルで「WRX S4」と「WRX STI」の違いも徹底比較してみました。

 

また、前述の通り2020年7月の一部変更にて「STI Sport EyeSight」の1グレード設定となっています。同時に特別仕様車「WRX S4 STI Sport#」を限定500台で発売、発表前に完売しています。

 

WRX S4 おすすめグレード

おすすめグレードは、「WRX S4」を最も安く購入できる「2.0GT EyeSight」がおすすめです。

最も安いグレードですが、装備も充実しています。「2.0GT-S EyeSight」との主な違いは「ビルシュタイン製ダンパー」が設定され、シート表皮が「ファブリック/トリコット」から「ウルトラスエード/ 本革」になる点です。

 

WRX S4 販売台数状況

「WRX S4」の月間の販売台数は600台程度です。

 

スポンサーリンク

スバル レヴォーグとは


SUBARU「レヴォーグ」公式HPより

レヴォーグの歴史

スバル「レヴォーグ」は、2014年6月20日から販売されているステーションワゴンタイプの車です。

発売後、「レヴォーグ」は毎年一部改良(マイナーチェンジ)を行っています。

2015年4月には「スバルリヤビークルディテクション(後側方警戒支援システム)」などを含む「アイサイトセーフティパッケージ」が新たに設定されています。

2017年8月には「ツーリングアシスト」や「後退時ブレーキアシスト」、「スマートリアビューミラー」などが新たに設定されており、その他大幅に改良されています。

上記のことから、中古車を検討される場合は、大幅に改良された2017年8月以降のモデルがおすすめです。

 

2018年6月1日には、お得な60周年特別記念車「1.6GT EyeSight Smart Edition」が発売、2019年1月15日には「ビルシュタイン製ダンパー」や「18インチアルミホイール」が標準装備された特別仕様車「1.6GT EyeSight V-SPORT」が発売されています。いずれも「1.6GT EyeSight」をベースとしています。これらの特別仕様車は2019年5月7日発表(6月27日発売)のマイナーチェンジで通常グレードとしてラインナップされています。

このお得なグレード(特別仕様車)の詳細については、以下の記事をご覧ください。

レヴォーグ 特別仕様車2018-2019情報~SUBARU 60週年 特別記念車を比較してみた【Cセグメント おすすめ】
今回は2018年11月27日に発表されたスバル「レヴォーグ」特別仕様車「1.6GT EyeSight V-SPORT」の詳細情報をご紹介します。先に発売が開始された特別仕様車「1.6GT EyeSight Smart Edition」とどう違うのかも徹底比較します。

 

2019年5月7日発表(6月27日発売)のマイナーチェンジで、「ウルトラスエード/本革シート」などが採用された「1.6/2.0 STI Sport」をベースとした特別仕様車「1.6/2.0 STI Sport Black Selection」、「1.6GT-S EyeSight」をベースとした特別仕様車「1.6GT-S EyeSight Advantage Line」が発売されています。

マイナーチェンジの詳細については、以下の記事をご覧ください。

【レヴォーグ】マイナーチェンジ2019(F型)による変更点・特別仕様車の違いをまとめてみた!おすすめグレードは?
今回は、2019年5月7日に発表されたスバル「レヴォーグ」のマイナーチェンジ(F型改良モデル)による変更点と、改良と同時に追加された2種類の特別仕様車についてまとめます。また、今回の特別仕様車追加により、最もお得な、おすすめグレードはどれなのかも検証してみました。

 

レヴォーグ おすすめグレード

おすすめグレードは、アイサイトセイフティプラス(運転支援)(視界拡張)が標準装備されたお得な「1.6GT EyeSight Smart Edition」が最もおすすめです。

「ビルシュタイン製ダンパー」や「18インチアルミホイール」を装備させたい方は、約13万円高い「1.6GT EyeSight V-SPORT」もおすすめです。

 

レヴォーグ 販売台数状況

「レヴォーグ」の月間の販売台数は1,300台程度です。

 

スポンサーリンク

WRX S4・レヴォーグの比較

ボディサイズの比較


SUBARU「WRX S4」公式HPより
SUBARU「レヴォーグ」公式HPより

ボディサイズについて、比較していきます。

 

・WRX S4
全長(mm):4,595
全幅(mm):1,795
全高(mm):1,475
ホイールベース(mm):2,650
車両重量(kg):1,540
最小回転半径(m):5.5~5.6
最低地上高(mm):135

・レヴォーグ
全長(mm):4,690
全幅(mm):1,780
全高(mm):1,490~1,500
ホイールベース(mm):2,650
車両重量(kg):1,540~1,570
最小回転半径(m):5.4~5.5
最低地上高(mm):135~145

 

ボディサイズの最大の違いは全長で、「レヴォーグ」の方が95mm大きくなっています。

全高は最大で25mm「レヴォーグ」の方が大きく、全幅は15mm「WRX S4」の方が大きくなっています。

ホイールベースは全く同じで、最低地上高も2.0Lターボモデルなら全く同じです。

車両重量は「レヴォーグ」の2.0Lターボモデルの方が30kg程度重くなっています。

 

スポンサーリンク

燃費性能の比較


SUBARU「レヴォーグ」公式HPより

燃費性能は、JC08モード、ユーザーが投稿した実燃費を集計したe燃費の値にて比較します。
※実燃費は季節や使用環境により異なります。

 

・WRX S4

・「2.0GT EyeSight」他 ※インテリジェントモード
→13.2km/L(JC08モード)
→9.49km/L(e燃費より)

 

・レヴォーグ

・「1.6GT EyeSight」他 ※インテリジェントモード
→16.0km/L(JC08モード)
→10.61km/L(e燃費より)

・「2.0GT-S EyeSight」他 ※インテリジェントモード
→13.2km/L(JC08モード)
→10.17km/L(e燃費より)

 

燃費性能を比較すると、1.6Lターボモデルがある「レヴォーグ」の方が優秀ですが、2.0Lターボモデルであれば全く同じJC08モードの数値となっています。

実燃費でみると、同じ2.0Lターボモデルなら僅かに「レヴォーグ」の方が良くなっています。また、「レヴォーグ」の1.6Lターボモデルと2.0Lターボモデルに差がほとんどないことが驚きです。

 

スポンサーリンク

エンジン性能の比較


SUBARU「WRX S4」公式HPより

エンジン性能について、比較していきます。

その前に「出力」と「トルク」の違いについて、簡単に説明します。

  • 出力:クルマの速さ
  • トルク:クルマの加速力

簡単に書くと、「最高出力」の値が高い車は速く走れる車で、「最大トルク」の値が高い車は加速が速い車ということですね。ただ、エンジンやモーターの特性、空力性能や車両重量などにより加速性能は全く異なりますので、単に”トルクの値が大きいから加速が速い”というわけではありません。

 

・WRX S4

・「2.0GT EyeSight」他
→最高出力 221kW〈300PS〉/5,600rpm
→最大トルク 400N・m〈40.8kgf・m〉/2,000~4,800rpm

 

・レヴォーグ

・「1.6GT EyeSight」他
→最高出力 125kW〈170PS〉/4,800~5,600rpm
→最大トルク 250N・m〈25.5kgf・m〉/1,800~4,800rpm

・「2.0GT-S EyeSight」他
→最高出力 221kW〈300PS〉/5,600rpm
→最大トルク 400N・m〈40.8kgf・m〉/2,000~4,800rpm

 

「エンジン性能」を比較すると、同じ2.0Lターボエンジンを搭載しているため全く同じスペックとなっています。

しかし、0-100km/h加速だと「WRX S4」は5.4秒前後、「レヴォーグ」は6.7秒前後という結果がでています。0-100km/h加速はあくまで参考値ではありますが、加速性能は「WRX S4」の方が優秀でしょう。

ちなみに、「レヴォーグ」の1.6Lターボモデルの0-100km/h加速は、8.2秒前後となっています。

 

スポンサーリンク

居住性(後部座席、ラゲッジスペース)の比較

SUBARU「レヴォーグ」公式HPより

居住性について、比較していきます。

スバル「WRX S4」の室内長は2,005mm
スバル「レヴォーグ」の室内長は2,005mm

室内長は全く同じサイズとなっています。同じプラットフォームとはいえ、ミリ単位で同じサイズとなっていることに驚きです。

室内高で比較しても、「WRX S4」が1,205mm、「レヴォーグ」が1,205mmとなっており、室内高もミリ単位で同じサイズとなっています。

つまり、ボディタイプの差はありますが、車内の広さは全く同じということになります。

 

■ラゲッジスペース
ラゲッジスペースについて、比較します。

「WRX S4」は460ℓ、「レヴォーグ」は522ℓとなっていますので、ステーションワゴンタイプである「レヴォーグ」の方が圧倒的に広くなっています。

さらに、「レヴォーグ」は「4:2:4分割可倒式リヤシート」となっていますので、中央席を独立して倒すこともでき、細かい調整が可能です。

「WRX S4」はセダンであるため、高い荷物を詰めないというデメリットもありますので、ラゲッジスペースの使い勝手は「レヴォーグ」の方が優秀でしょう。

 

■快適装備
快適装備について、比較します。

快適装備もほぼ同じ内容となっていますが、「レヴォーグ」の場合、USB電源がリヤ(コンソールボックス裏)にも2つ付いており、フロントの2つと合わせて合計4つ装備されています。「WRX S4」はフロントに2つのみとなっています。

 

スポンサーリンク

安全性能の比較


SUBARU「レヴォーグ」公式HPより

安全性能について、比較していきます。
下表に各車の安全装備を整理しています。同機能の装備を同行に示しています。

 

WRX S4レヴォーグ
ハイビームアシストハイビームアシスト
警報&お知らせ機能警報&お知らせ機能
プリクラッシュブレーキプリクラッシュブレーキ
AT誤発進(後進)抑制制御AT誤発進(後進)抑制制御
後退時ブレーキアシスト後退時ブレーキアシスト
車線逸脱抑制車線逸脱抑制
スバルリヤビークルディテクションスバルリヤビークルディテクション
フロント&サイドビューモニター フロント&サイドビューモニター
全車速追従機能付クルーズコントロール全車速追従機能付クルーズコントロール
ステアリング連動ヘッドランプステアリング連動ヘッドランプ
スマートリヤビューミラー
自動防眩ルームミラー自動防眩ルームミラー
ツーリングアシストツーリングアシスト

安全性能で比較すると、「レヴォーグ」に「スマートリヤビューミラー」が装備されている点でのみ違いがあります。

「WRX S4」、「レヴォーグ」ともに「EyeSight」の全機能が搭載されています。同クラス他車と比較しても、間違いなくトップクラスの安全性能となっています。

 

スポンサーリンク

価格の比較


SUBARU「WRX S4」公式HPより

価格について、比較します。

 

WRX S4のおすすめグレード&価格

「WRX S4」のおすすめグレードは「2.0GT EyeSight」(AWD/5人乗り)で約343万円です。

アイサイトセーフティプラス(約19万円)、ナビやリヤビューカメラやETC(合計約24万円)等を足すと、「2.0GT EyeSight」は約386万円となります。

「レヴォーグ」と装備内容を合わせた場合、「2.0GT-S EyeSight」(AWD/5人乗り)で約381万円です。同様のナビやリヤビューカメラやETC(合計約24万円)等を足すと、「2.0GT-S EyeSight」は約404万円となります。

上記の価格は税金などの諸費用を足していません。諸費用を足すと+25万円程度の価格になります。

 

レヴォーグのおすすめグレード&価格

「レヴォーグ」のおすすめグレードは「1.6GT EyeSight Smart Edition」(AWD/5人乗り)で約300万円です。

ナビやリヤビューカメラやETC(合計約24万円)等を足すと、「1.6GT EyeSight Smart Edition」は約324万円となります。

2.0Lターボモデルのおすすめグレードは「2.0GT-S EyeSight」(AWD/5人乗り)で約369万円です。アイサイトセーフティプラス(約16万円)、ナビやリヤビューカメラやETC(合計約24万円)等を足すと、「2.0GT-S EyeSight」は約409万円となります。

上記の価格は税金などの諸費用を足していません。諸費用を足すと+25万円程度の価格になります。

 

価格比較 結果

上記の価格は税金などの諸費用を足していませんが、値引き額で概ね相殺されるでしょう。

上記金額を比較すると、1.6Lターボモデルがある「レヴォーグ」の方が60万円以上安く購入できます。

しかし、2.0Lターボモデルで比較すると、「WRX S4」の方が20万円程度安く購入でき、同じ装備となるグレードで比較しても5万円程度「WRX S4」の方が安く購入できます。

 

さらに安くお得に購入したい方は、新車同様の中古車も検討してみましょう。両車ともに発売から5年程度経ちますので、100万円以上安い中古車も存在します。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】新車同様の中古車なら新車より60万円以上安く買える!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも多数あります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は”新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!

また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
新車同様の中古車を買う場合のメリットは何といってもその安さ!ですが、デメリットとしては、自分の付けたいオプションが選べないという点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

なので、中古車選びのポイントは、車のカラー及びメーカーオプションは妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数No1のガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数1位のガリバーがおすすめです。

中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何kmでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

■さらに!9月~10月は”27周年 大創業祭セール”でお得に購入できるチャンス!
ガリバーは、2020年9月1日~2020年10月31日の期間中、創業27周年目を記念した大創業祭セールを開催しています。

期間中は在庫台数25,000台からセール車両が大放出され、お得なクルマを購入しやすくなっています。

ただし、セール車両は先着順につき売り切れる場合があるため、お得に購入したい方はお早めに!

 

気になった車、欲しい車がある方、セール車両を購入したい方は、ガリバーに登録して探してもらいましょう!
※中古車の販売金額は申込完了ページには表示されません。登録後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!

中古車買取サービスは、中古車の買取台数ランキング1位のガリバー無料査定がおすすめです。

買取台数No1なのには、それだけの高価買取実績サービスの良さ信頼性があります。

中古車販売台数も1位でしたが、中古車買取台数も1位のガリバーは、まさに中古車業界の”トヨタ”的存在です。

 

■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由
中古車買取台数が1位ということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。

  • 買取車両の在庫期間を短くする独自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減
  • 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映
  • ディーラーの下取りと異なり、オプションやアクセサリーを買取額にプラス評価!

 

■筆者の一括査定体験談
買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。

上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

何れにしも、無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。

査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

 

私は1台目の軽自動車を売る際、ディーラーで下取りに出し「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにもガリバー無料査定を行い、現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう

※愛車の査定金額は申込完了ページには表示されません。入力後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回はスバル「WRX S4」と「レヴォーグ」の違いを比較しながらご紹介しました。

同じエンジン、プラットフォームの2車でしたが、加速性能では「WRX S4」の方が優秀で、燃費性能や車内の使い勝手では「レヴォーグ」の方が優秀でした。

個人的には、”走り”は1.6Lターボでも十分であると感じており、レギュラーガソリンで燃費性能も比較的良く、300万円前半で購入できる「レヴォーグ」の1.6Lターボモデルが最もおすすめです。

 

車を購入する優先順位やこだわりによって、どの車が良いかは変わってくると思います。

あなたが最も欲しいと思った車を購入する様にしてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント