”新車同様の中古車”なら新車より60万円以上安く買える!
スポンサーリンク

【2019年上半期】新車 販売台数ランキング(Cセグメント/SUV/コンパクトカー/ミニバン/軽自動車/メーカー別)人気ランキング

車人気ランキング

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

今回は2019年上半期(2019年1月~6月)の新車人気(自動車販売台数)ランキングをご紹介します。

販売台数は一般社団法人「自販連」(日本自動車販売協会連合会)および一般社団法人「全軽自協」(全国軽自動車協会連合会)の統計をセグメント別、メーカー別に集計したものです。

合わせて、新型トヨタ「RAV4」・新型マツダ「MAZDA3」・新型日産「デイズ」&三菱「eK」の人気(販売台数)状況もチェックしています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  1. 全セグメント(車種)人気ランキング【2019年上半期】
    1. 総合1位はホンダ「N-BOX」!相変わらず圧倒的な人気
  2. Cセグメント車 人気ランキング【2019年上半期】
    1. 上半期 前年超えしたのはトヨタ「プリウス」と「カローラ」だけ!
  3. 「MAZDA3」人気状況(Cセグメント車人気ランキング2019年6月)
    1. 新型マツダ「MAZDA3」の人気は微妙!?
  4. SUV 人気ランキング【2019年上半期】
    1. SUV1位はホンダ「ヴェゼル」!2016年上半期以来の快挙!
  5. 「RAV4」人気状況(SUV人気ランキング2019年6月)
    1. トヨタ「RAV4」がSUV1位!「C-HR」、他ライバル車は大幅減!
  6. コンパクトカー 人気ランキング【2019年上半期】
    1. 日産「ノート」・トヨタ「アクア」が人気
  7. ミニバン 人気ランキング【2019年上半期】
    1. 1位は日産「セレナ」!トヨタ「シエンタ」も人気!
  8. 軽自動車 人気ランキング【2019年上半期】
    1. 軽自動車1位はホンダ「N-BOX」!微増し続ける衰えない人気
  9. 「デイズ」&「eK」人気状況(軽自動車人気ランキング2019年6月)
    1. 2018年9月以来の2位となった日産「デイズ」!
  10. メーカー別 人気ランキング【2019年上半期】
    1. トヨタ車 人気ランキング【2019年上半期】
    2. 日産車 人気ランキング【2019年上半期】
    3. ホンダ車 人気ランキング【2019年上半期】
    4. マツダ車 人気ランキング【2019年上半期】
    5. SUBARU車 人気ランキング【2019年上半期】
    6. スズキ車 人気ランキング【2019年上半期】
    7. ダイハツ車 人気ランキング【2019年上半期】
    8. 三菱車 人気ランキング【2019年上半期】
  11. 【おすすめ】新車同様の中古車なら新車より60万円以上安く買える!
  12. 【おすすめ】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!
  13. まとめ

全セグメント(車種)人気ランキング【2019年上半期】

ホンダ「N-BOX」公式HPより

2019年上半期の新車人気(販売台数)ランキングは以下のとおりです。

順位車種名メーカー名販売台数
1N-BOXホンダ131,233
2スペーシアスズキ89,750
3タントダイハツ81,828
4デイズ日産79,789
5プリウストヨタ70,277
6ムーヴダイハツ68,833
7ノート日産68,543
8アクアトヨタ60,349
9ミラダイハツ55,439
10セレナ日産53,662

 

総合1位はホンダ「N-BOX」!相変わらず圧倒的な人気

2019年上半期の新車人気(販売台数)ランキング1位はホンダ「N-BOX」です。

2位のスズキ「スペーシア」と41,000台程度の差を付けての圧倒的な1位です。

「N-BOX」は2017年9月から連続で1位となっており、一体いつまで1位をキープできるのか気になるところですね。

上位10位の中で、軽自動車が6車種、コンパクトカーが2車種ランクインしており、日本では圧倒的に小型車が人気です。

今後、いかなる新型車が発売されても、この状況は中々変わらないでしょう。

 

スポンサーリンク

Cセグメント車 人気ランキング【2019年上半期】

トヨタ「プリウス」公式HPより

2019年上半期のCセグメント車人気(販売台数)ランキングは以下のとおりです。

順位車種名メーカー名販売台数
1プリウストヨタ70,277
2カローラトヨタ47,836
3インプレッサSUBARU24,448
4シャトルホンダ13,892
5リーフ日産10,541
6シビックホンダ6,743
7レヴォーグSUBARU6,285
8インサイトホンダ5,867
9アクセラマツダ5,673

 

上半期 前年超えしたのはトヨタ「プリウス」と「カローラ」だけ!

2019年上半期のCセグメント車人気(販売台数)ランキング1位はトヨタ「プリウス」です。

2位のトヨタ「カローラ」と22,000台程度の差を付けての圧倒的な1位です。

2位の「カローラ」と3位のスバル「インプレッサ」については、「カローラ」の数字は「カローラ アクシオ」、「カローラ フィールダー」、「カローラ スポーツ」の合算、同じく「インプレッサ」も「SUBARU XV」との合算だと思われますので、車種別に分けてみると概ね各車12,000~15,000台前後でしょう。

そのため、「カローラ」、「インプレッサ」、ホンダ「シャトル」の人気は拮抗しているといえるでしょう。

気になるのは、前年比で販売台数を伸ばしているのは「プリウス」と「カローラ」だけという状況です。その他の車は2割~3割程度減少しています。

 

スポンサーリンク

「MAZDA3」人気状況(Cセグメント車人気ランキング2019年6月)

Cセグメント車については、新型マツダ「MAZDA3」の販売状況も気になるので、6月単月の結果も合わせてご紹介します。

順位車種名メーカー名販売台数
1プリウストヨタ12,093
2カローラトヨタ8,437
3インプレッサSUBARU4,629
4シャトルホンダ3,294
5MAZDA3マツダ1,591
6シビックホンダ1,459
7リーフ日産1,387
8レヴォーグSUBARU1,308

 

新型マツダ「MAZDA3」の人気は微妙!?

気になる新型「MAZDA3(マツダ3)」の販売状況ですが、2019年6月単月の結果を見ると、「インプレッサ」や「シャトル」に負けている状況です。

発売が2019年5月末だったため、6月で一気に上位に食い込むかと予想していましたが、逆に5月より販売台数は減少しています。むしろ、ライバル車である「インプレッサ」とホンダ「シビック」は5月より販売台数を伸ばしている状況です。

筆者的には、非常に”買い”だと考えている新型「MAZDA3(マツダ3)」。どこかで大きく跳ねるのか!?

【MAZDA3(マツダ3)】試乗で分かった良い点・悪い点!おすすめグレードは!?
今回は、2019年5月24日に発売された新型マツダ「MAZDA3(マツダ3)」の1.5Lガソリン車及び1.8Lディーゼル車にがっつり試乗してきましたので、良かった点や悪かった点をまとめてご紹介します。また、試乗時に確認した値引き額、試乗した上で選んだ”おすすめグレード”もご紹介します。

 

スポンサーリンク

SUV 人気ランキング【2019年上半期】


トヨタ「RAV4」公式HPより

2019年上半期のSUV人気(販売台数)ランキングは以下のとおりです。

順位車種名メーカー名販売台数
1ヴェゼルホンダ33,445
2C-HRトヨタ32,221
3エクストレイル日産22,603
4ハリアートヨタ20,772
5CX-5マツダ20,201
6RAV4トヨタ17,775
7フォレスターSUBARU17,639
8ランドクルーザーWトヨタ15,960
9CX-8マツダ14,790
10クロスビースズキ13,852
11CR-Vホンダ9,590
12UX250Hレクサス7,236
13CX-3マツダ6,699
14ジムニーワゴンスズキ6,473

 

SUV1位はホンダ「ヴェゼル」!2016年上半期以来の快挙!

2019年上半期のSUV人気(販売台数)ランキング1位はホンダ「ヴェゼル」です。

2位のトヨタ「C-HR」と1,200台程度の僅差で1位となりました。

「ヴェゼル」は「C-HR」の発売以来、単月で1位になることはあっても、上半期で1位となったのは2016年上半期以来の快挙です。2019年1月にターボ車が追加された効果や、逆に「C-HR」は同トヨタの「RAV4」に食われて販売台数を減らした可能性が考えられます。

 

ただ、おそらく今後、SUV1位の座は「RAV4」が君臨することになりそうです。なぜなら、4月途中に発売された「RAV4」が上半期ランキングで既に6位にランクインしているからです。3位の日産「エクストレイル」を抜き去ることは確実として、2019年年間SUV販売台数で「ヴェゼル」と「C-HR」を抜く可能性も大いに有り得ると思います。

 

スポンサーリンク

「RAV4」人気状況(SUV人気ランキング2019年6月)

SUVについては、新型トヨタ「RAV4」の販売状況も気になるので、6月単月の結果も合わせてご紹介します。

順位車種名メーカー名販売台数
1RAV4トヨタ7,822
2ヴェゼルホンダ6,143
3C-HRトヨタ4,342
4ハリアートヨタ3,155
5エクストレイル日産2,720
6フォレスターSUBARU2,535
7ランドクルーザーWトヨタ2,373
8CX-5マツダ2,257
9クロスビースズキ2,021
10CX-8マツダ1,507
11エクリプスクロス三菱1,002
12UX250Hレクサス938
13CR-Vホンダ837
14CX-3マツダ760

 

トヨタ「RAV4」がSUV1位!「C-HR」、他ライバル車は大幅減!

2019年6月のSUV人気(販売台数)ランキング1位はトヨタ「RAV4」です。

2位の「ヴェゼル」と1,600台程度の差を付けての1位です。

そして、注目すべきは「C-HR」の販売台数が前年比で4割程度減少していることです。「エクストレイル」もマツダ「CX-5」も4割程度減少しており、ライバル車は全て「RAV4」に食われている様な状況となっています。

唯一、スバル「フォレスター」は新型車効果で販売台数を伸ばしていますが、同トヨタの「ハリアー」も1.5割程度減少しています。全ての要因が「RAV4」ではないかもしれませんが、「RAV4」の人気が凄まじいことだけは確かです。前述の通り、2019年年間SUV販売台数で1位になる可能性も大いに有り得ます。

【新型】トヨタ「RAV4」がSUVの中で"最もおすすめ"だと感じた理由5選~RAV4 フルモデルチェンジ2019
今回は、2019年4月10日に発売(フルモデルチェンジ)された新型トヨタ「RAV4」が”最もおすすめなSUVである”と感じた理由をご紹介します。加速性能、燃費性能、4WD性能、安全性能、車内の広さ、そしてなんと言っても価格が安く、コスパが良い新型「RAV4」はかなりおすすめです!

 

スポンサーリンク

コンパクトカー 人気ランキング【2019年上半期】


日産「ノート」公式HPより

2019年上半期のコンパクトカー人気(販売台数)ランキングは以下のとおりです。
※コンパクトカーは厳密にはAセグメントの車種とBセグメントの車種がありますが、統合してご紹介します。

順位車種名メーカー名販売台数
1ノート日産68,543
2アクアトヨタ60,349
3ルーミートヨタ45,544
4ヴィッツトヨタ45,279
5フィットホンダ45,089
6タンクトヨタ37,232
7ソリオスズキ24,771
8パッソトヨタ23,209
9デミオマツダ20,507
10スイフトスズキ19,006
11トールダイハツ15,707
12マーチ日産5,884
13ブーンダイハツ5,262

 

日産「ノート」・トヨタ「アクア」が人気

2019年上半期のコンパクトカー人気(販売台数)ランキング1位は日産「ノート」です。

2位のトヨタ「アクア」とは8,000台程度の差で、コンパクトカーの人気はこの2車種に集中しています。

ただ、ホンダ「フィット」は2019年秋にフルモデルチェンジされ、トヨタ「ヴィッツ(ヤリス)」も2020年前半頃にフルモデルチェンジされると予想されていますので、この状況は大きく変わるものかと思います。

 

スポンサーリンク

ミニバン 人気ランキング【2019年上半期】


日産「セレナ」公式HPより

2019年上半期のミニバン人気(販売台数)ランキングは以下のとおりです。
※ミニバンは厳密にはBセグメント、Dセグメント、Eセグメントの車種がありますが、統合してご紹介します。

順位車種名メーカー名販売台数
1セレナ日産53,662
2シエンタトヨタ50,926
3ヴォクシートヨタ47,834
4フリードホンダ45,548
5アルファードトヨタ35,265
6ステップワゴンホンダ29,295
7ノアトヨタ29,155
8エスクァイアトヨタ22,284
9ヴェルファイアトヨタ20,762
10デリカD5三菱11,924
11オデッセイホンダ7,887

 

1位は日産「セレナ」!トヨタ「シエンタ」も人気!

2019年上半期のミニバン人気(販売台数)ランキング1位は日産「セレナ」です。

2位のトヨタ「シエンタ」とは2,700台程度の僅差です。

近年は、1位が「セレナ」と「シエンタ」が入れ替わることがあっても、上位は「セレナ」、「シエンタ」、トヨタ「ヴォクシー」、ホンダ「フリード」でほぼ固定されています。

 

スポンサーリンク

軽自動車 人気ランキング【2019年上半期】


ホンダ「N-BOX」公式HPより

2019年上半期の軽自動車人気(販売台数)ランキングは以下のとおりです。

順位車種名メーカー名販売台数
1N-BOXホンダ131,233
2スペーシアスズキ89,750
3タントダイハツ81,828
4デイズ日産79,789
5ムーヴダイハツ68,833
6ミラダイハツ55,439
7ワゴンRスズキ51,377
8アルトスズキ38,139
9ハスラースズキ29,712
10eK三菱25,925
11N-WGNホンダ22,687
12キャストダイハツ22,294
13ジムニースズキ16,589
14ピクシストヨタ12,803
15ウェイクダイハツ12,726

 

軽自動車1位はホンダ「N-BOX」!微増し続ける衰えない人気

2019年上半期の新車人気(販売台数)ランキング1位はホンダ「N-BOX」です。

2位のスズキ「スペーシア」と41,000台程度の差を付けての圧倒的な1位です。

「N-BOX」は2017年9月から連続で1位となっており、一体いつまで1位をキープできるのか気になるところですね。

 

前年比で最も販売台数を伸ばしているのはスズキ「ジムニー」で、約2.5倍も増加しています。これは凄まじい人気っぷり!

その他、「N-BOX」、「スペーシア」、ダイハツ「タント」、日産「デイズ」、ダイハツ「ミラ」、三菱「eK」も微増しており、人気車種は大きなモデルチェンジを行わなくても増加し続ける状況となっています。

軽自動車の性能が向上していることもあり、普通車から軽自動車に乗り換えている方が増えているのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

「デイズ」&「eK」人気状況(軽自動車人気ランキング2019年6月)

軽自動車については、新型日産「デイズ」、三菱「eK」の販売状況も気になるので、6月単月の結果も合わせてご紹介します。

順位車種名メーカー名販売台数
1N-BOXホンダ23,605
2デイズ日産14,462
3スペーシアスズキ12,807
4タントダイハツ12,396
5ムーヴダイハツ10,738
6ミラダイハツ8,245
7ワゴンRスズキ6,558
8アルトスズキ4,795
9ハスラースズキ3,825
10eK三菱3,749
11キャストダイハツ3,334
12ジムニースズキ2,287
13ピクシストヨタ2,046
14ウェイクダイハツ1,958
15N-ONEホンダ1,505

 

2018年9月以来の2位となった日産「デイズ」!

気になる新型「デイズ」及び「eK」の販売状況ですが、2019年3月末にフルモデルチェンジされた「デイズ」は、2018年9月以来、9ヶ月ぶりに「スペーシア」を抜いて2位となりました。

ただ、「デイズ」は「デイズルークス」との合算値であるため、新型「デイズ」単体だと上位陣に負けているでしょう。

「デイズ」は前年比で約1.4倍販売台数が増加しており、「ジムニー」に次いで販売台数を伸ばしています。

ただ、気になるのは「eK」で、逆に1.2割程度販売台数が減少しています。「eK」については、あまり新型車効果が長続きしていないのかもしれませんね。

また、2019年7月にフルモデルチェンジされる「タント」が、モデル末期でありながら販売台数を伸ばしています。普通、フルモデルチェンジされる直前の車種は販売台数が減少するものですが、「タント」は例外の様です。「タント」のフルモデルチェンジとなれば、ついに「N-BOX」が1位陥落!?となるかもしれません。

【新型タント】フルモデルチェンジによる変更点まとめ&N-BOX,スペーシアと比較してみた
今回は、2019年7月9日に発売されたダイハツ「新型タント」のフルモデルチェンジによる主な変更点をまとめてみました。また、軽自動車市場で近年圧倒的王者として君臨しているホンダ「N-BOX」や近年2番人気のスズキ「スペーシア」に勝てるほどの改良となっているか!?ライバル車と徹底比較いたします。

 

スポンサーリンク

メーカー別 人気ランキング【2019年上半期】

これまでご紹介したランキングをメーカー別にみていきましょう。

トヨタ車 人気ランキング【2019年上半期】

順位車種名メーカー名販売台数
1プリウストヨタ70,277
2アクアトヨタ60,349
3シエンタトヨタ50,926
4カローラトヨタ47,836
5ヴォクシートヨタ47,834
6ルーミートヨタ45,544
7ヴィッツトヨタ45,279
8タンクトヨタ37,232
9アルファードトヨタ35,265
10C-HRトヨタ32,221
11ノアトヨタ29,155
12パッソトヨタ23,209
13エスクァイアトヨタ22,284
14クラウントヨタ21,853
15ハリアートヨタ20,772
16ヴェルファイアトヨタ20,762
17RAV4トヨタ17,775
18ランドクルーザーWトヨタ15,960
19ピクシストヨタ12,803
20カムリトヨタ11,723

 

日産車 人気ランキング【2019年上半期】

順位車種名メーカー名販売台数
1デイズ日産79,789
2ノート日産68,543
3セレナ日産53,662
4エクストレイル日産22,603
5リーフ日産10,541
6マーチ日産5,884

 

ホンダ車 人気ランキング【2019年上半期】

順位車種名メーカー名販売台数
1N-BOXホンダ131,233
2フリードホンダ45,548
3フィットホンダ45,089
4ヴェゼルホンダ33,445
5ステップワゴンホンダ29,295
6N-WGNホンダ22,687
7シャトルホンダ13,892
8CR-Vホンダ9,590
9オデッセイホンダ7,887
10シビックホンダ6,743
11インサイトホンダ5,867

 

マツダ車 人気ランキング【2019年上半期】

順位車種名メーカー名販売台数
1デミオマツダ20,507
2CX-5マツダ20,201
3CX-8マツダ14,790
4CX-3マツダ6,699
5アクセラマツダ5,673

 

SUBARU車 人気ランキング【2019年上半期】

順位車種名メーカー名販売台数
1インプレッサSUBARU24,448
2フォレスターSUBARU17,639
3レヴォーグSUBARU6,285

 

スズキ車 人気ランキング【2019年上半期】

順位車種名メーカー名販売台数
1スペーシアスズキ89,750
2ワゴンRスズキ51,377
3アルトスズキ38,139
4ハスラースズキ29,712
5ソリオスズキ24,771
6スイフトスズキ19,006
7ジムニースズキ16,589
8クロスビースズキ13,852
9ジムニーワゴンスズキ6,473

 

ダイハツ車 人気ランキング【2019年上半期】

順位車種名メーカー名販売台数
1タントダイハツ81,828
2ムーヴダイハツ68,833
3ミラダイハツ55,439
4キャストダイハツ22,294
5トールダイハツ15,707
6ウェイクダイハツ12,726
7ブーンダイハツ5,262

 

三菱車 人気ランキング【2019年上半期】

順位車種名メーカー名販売台数
1eK三菱25,925
2デリカD5三菱11,924

 

スポンサーリンク

【おすすめ】新車同様の中古車なら新車より60万円以上安く買える!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも多数あります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は”新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!

また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
新車同様の中古車を買う場合のメリットは何といってもその安さ!ですが、デメリットとしては、自分の付けたいオプションが選べないという点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

なので、中古車選びのポイントは、車のカラー及びメーカーオプションは妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数No1のガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数1位のガリバーがおすすめです。

中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何キロでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

■さらに!1月~2月は”ガリバー大決算セール2020”でお得に購入できるチャンス!
ガリバーは、2020年1月20日~2020年2月29日の期間中、大決算セールを開催しています。期間中はセール車両が大放出され、購入しやすくなっています。

ただし、セール車両は先着順につき売り切れる場合があるため、お得に購入したい方はお早めに!

気になった車、欲しい車がある方は、まずはガリバーに登録して探してもらいましょう!
※登録後、ガリバーから確認の電話連絡があります。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!

中古車買取サービスは、中古車の買取台数ランキング1位のガリバー無料査定がおすすめです。

買取台数No1なのには、それだけの高価買取実績サービスの良さ信頼性があります。

中古車販売台数も1位でしたが、中古車買取台数も1位のガリバーは、まさに中古車業界の”トヨタ”的存在です。

 

■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由
中古車買取台数が1位ということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。

  • 買取車両の在庫期間を短くする独自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減
  • 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映
  • ディーラーの下取りと異なり、オプションやアクセサリーを買取額にプラス評価!

 

■筆者の一括査定体験談
買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。

上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

何れにしも、無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。

査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

 

私は1台目の軽自動車を売る際、ディーラーで下取りに出し「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにもガリバー無料査定を行い、
現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう
※入力後、ガリバーから確認の電話連絡があります。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、2019年上半期の新車人気(自動車販売台数)ランキングをご紹介しました。

「人気=良い車」ではないので、人気ランキングはあくまで参考程度としていただき、あなたが最も良いと思った車を購入する様にしてください。

2019年~2020年は、各メーカーの主力車種がフルモデルチェンジとなりますので、フルモデルチェンジを待ってみるのも手だと思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント