スポンサーリンク

【B・Cセグメント おすすめ】マツダ デミオとアクセラを試乗、比較、評価してみた&モデルチェンジ(2018)情報

車情報
スポンサーリンク

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。
今回はマツダのコンパクトカー(Bセグメント車)「デミオ」と、Cセグメント車「アクセラ」をご紹介します。

「デミオ」は、国産コンパクトカー(Bセグメント車)の中でも特に質感が高く、走りの楽しさや安全性能の高さで人気です。唯一ディーゼルモデルが選択できるのも強みですね。
マツダ車の中で最も売れている車です。
※2018年上半期販売台数より。2位「CX-5」、3位「CX-8」、4位「アクセラ」、5位「CX-3」

「アクセラ」は、「デミオ」同様に質感がかなり高く、走りの楽しさや安全性能の高さ、国産Cセグメント車の中で唯一ディーゼルモデルが選択できるため人気です。
最近はモデルチェンジの関係などもあり、国内では人気が下がり気味ではありますが、何といっても2019年のフルモデルチェンジに期待が集まっています。
2019年のフルモデルチェンジで一気に人気(販売台数)ランキングの順位が入れ替わることは間違いありません!

「デミオ」と「アクセラ」は見た目も似ていて、ボディサイズも割りと近いですが、どう違うのか!?徹底比較、評価(レビュー)します。
最新のフルモデルチェンジ情報も合わせてご紹介します。

それでは、順番に解説していきます。

スポンサーリンク

マツダ「デミオ」最新情報

「デミオ」情報

マツダ「デミオ」公式HPより

マツダ「デミオ」は、1996年から発売されている車で、最新(2018年)の「デミオ」は4代目となります。

初代「デミオ」は小型ステーションワゴンとして販売しており、現在(2018年)とはコンセプトも見た目も大分違いました。

2014年に魂動デザインとなった4代目「デミオ」が発売され、2014年のカー・オブ・ザ・イヤーを受賞しています。

 

あまり知られていませんが、トヨタへOEM供給もしており、「デミオ」をベースとしたセダン「ヤリス セダン(ヤリス iA)」がアメリカで発売されています。

 

「デミオ」商品改良(2018年8月)変更点・変更内容

そんな「デミオ」は2018年8月の商品改良で、以下の変更が行われました。

  • ガソリンエンジンモデルを1.3Lから1.5Lに変更
  • 特別仕様車「Mist Maroon」(「15S Touring」、「XD Touring」がベース)を追加

ガソリンエンジンモデルを1.3Lから1.5Lに変更したのは、マツダらしいといえるかもしれません。
他社のコンパクトカーガソリンエンジンモデルの主力エンジンは、日産「ノート」が1.2L、ホンダ「フィット」が1.3L、トヨタ「ヴィッツ」が1.0~1.3L、スズキ「スイフト」が1.2Lとなっており、パワーより燃費優先といった形ですが、マツダはパワー優先としたのでしょう。

 

「デミオ」フルモデルチェンジ情報

2019年にフルモデルチェンジが行われるマツダ「アクセラ」に続いて、「デミオ」も2020年にフルモデルチェンジが行われると噂されています。

 

■新しいパワーユニットとして「ロータリーレンジエクステンダーEV」を搭載!
新型「アクセラ」から搭載される「SKYACTIV-X」は、当然新型次期「デミオ」にも搭載されるものかと思われますが、何と新型次期「デミオ」には、ロータリーエンジンで発電し電気で走るパワーユニット「ロータリーレンジエクステンダーEV」を搭載するというのです。

「ロータリーレンジエクステンダーEV」は、日産の「e-POWER」と同じ様なシステムです。日産では「e-POWER」搭載車をどんどん拡大していく予定ですが、マツダも同様に「ロータリーレンジエクステンダーEV」が今後の主力ユニットとなるかもしれません。

何れにしも「クリーンディーゼル」・「SKYACTIV-X」・「ロータリーレンジエクステンダーEV」と選択できるパワーユニットが豊富になることは間違いなさそうです。

また新しい情報が入りましたら、更新いたします。

 

マツダ「アクセラ」最新情報

「アクセラ」情報


マツダ「アクセラ」公式HPより

マツダ「アクセラ」は、2003年から発売されている車で、最新(2018年)の「アクセラ」は3代目となります。

2013年に魂動デザインとなった3代目「アクセラ」が発売され、今ではマツダでは当たり前のマツダコネクトも、この3代目「アクセラ」から搭載されたものです。

2016年には、発売当初あった2.0Lガソリンエンジンモデルがなくなり、代わりに「デミオ」で採用されていた1.5Lディーゼルターボエンジンモデルが追加されました。

 

「アクセラ」フルモデルチェンジ(2019年)情報


「MAZDA 魁 CONCEPT」公式HPより

マツダ「アクセラ」は、2019年6月頃にフルモデルチェンジされる見込みです。

2017年10月に開催された東京モーターショー2017で、「マツダ 魁 CONCEPT」と呼ばれる「SKYACTIV-X」が搭載された次世代型のハッチバック車が紹介されており、次期アクセラではないかと噂されています。

また、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの長所をともに備えたともいうべき新型エンジン「SKYACTIV-X」は、2018年2月にイタリアのミラノで、将来性が期待される自動車技術に贈られる「Q Global Tech Award」を受賞しています。
新しいエンジンはかなり期待できそうです。

そんな「SKYACTIV-X」のエンジン本体の排気量は2.0Lとなりそうで、最高出力は138kW〈187PS〉、最大トルクは230N・m〈23.5kgf・m〉と素晴らしいパワーを発揮します。

燃費性能もディーゼルエンジン並の数値を実現します。

2.0Lとは別に1.5L版「SKYACTIV-X」の開発も進められているそうですが、「アクセラ」には間に合わない可能性が高そうです。

さらに、発進時にモーターアシストするマイルドハイブリッドシステムを組み合わせることで、現行(2018年時点)「アクセラ」のハイブリッドを上回る燃費を実現するとのこと!!

これまではトヨタのハイブリッドシステム「THS」を用いていましたが、マツダ独自のハイブリッドシステムへと移行するようです。

 

「アクセラ」の最新フルモデルチェンジ情報は、以下の記事にまとめていますので、興味のある方は是非ご覧になってください。

新型マツダ MAZDA3(アクセラ) 最新フルモデルチェンジ情報2019&変更点をまとめてみた【Cセグメント おすすめ】
新型マツダ「MAZDA3(アクセラ)」のフルモデルチェンジ情報をご紹介します。2017年に得られた情報、ロサンゼルスモーターショー2018で得られた情報、2019年に得られた最新情報をまとめてご紹介!また、フルモデルチェンジによる変更点もまとめています。

 

デミオ、アクセラの比較

ボディサイズの比較


マツダ「デミオ」公式HPより
マツダ「アクセラ」公式HPより

ボディサイズについて、比較していきます。

 

・デミオ
全長(mm):4,060
全幅(mm):1,695
全高(mm):1,500~1,550(2WD or 4WDで異なります。)
ホイールベース(mm):2,570
車両重量(kg):1,020~1,220(グレード、2WD or AWDで異なります。)
最小回転半径(m):4.7~4.9(グレードにより異なります。)

・アクセラスポーツ
全長(mm):4,470
全幅(mm):1,795
全高(mm):1,470
ホイールベース(mm):2,700
車両重量(kg):1,260~1,510(グレード、2WD or 4WDで異なります。)
最小回転半径(m):5.3

 

車体が小さい「デミオ」の方が概ね「アクセラ」より小さくなるのは当然なのですが、唯一全高だけが「デミオ」の方が高くなっています。
居住性については後述しますが、全高の関係でなんと「デミオ」の方が室内高も高くなっているんです。これは意外ですよね。

 

燃費性能の比較


マツダ「デミオ」公式HPより

燃費性能について、比較していきます。
同車の中で、最も燃費性能の高いもので比較します。
2018年より、JC08モードだけでなく、WLTCモードが公表される様になりました。
しかし、「デミオ」の1.5Lガソリンエンジンモデル以外はWLTCモードが公表されていないため、JC08モードの数値で比較します。
また、ユーザーが投稿した実燃費を集計した e燃費の値もカタログ燃費の下に記載します。

 

※補足:WLTCモードとは
JC08モードはエンジンが温まった状態からの測定結果を75%、エンジンが冷えた状態からの測定結果を25%の比率で燃費を算出していました。
WLTCモードでは、エンジンが冷えた状態からの測定結果のみを使用し、乗員や積載物の重量も考慮されることになり、これまでのJC08モードよりも実燃費値に近い条件となります。
2018年10月よりJC08モードと併記する形で義務化される予定です。

  • WLTCモード:市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モード
  • 市街地モード(WLTC-L):信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定
  • 郊外モード(WLTC-M):信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定
  • 高速道路モード(WLTC-H):高速道路等での走行を想定

 

・デミオ

・ガソリンエンジンモデル
(「15S Touring L Package」、「15S Touring」、「15S」、「15C」)
19.8km/L(※2WD MT車)
17.66km/Le燃費より)

・ディーゼルエンジンモデル
(「XD Touring L Package」、「XD Touring」、「XD」)
30.0km/L(※2WD MT車)
22.52km/Le燃費より)

 

・アクセラ

・ガソリンエンジンモデル
(「15S L Package」、「15S PROACTIVE」、「15S」、「15C」)
→20.6km/L(※2WD AT車)
→16.60km/L(e燃費より)

・ディーゼルエンジンモデル
(「15XD L Package」、「15XD PROACTIVE」、15XD」)
→21.6km/L
→17.64km/L(e燃費より)

・ハイブリッドモデル
(「HYBRID-S L Package」、「HYBRID-S PROACTIVE」、「HYBRID-C」)
→30.8km/L
→18.95km/L(e燃費より)

 

「燃費性能」で比較すると、当たり前ですが車両重量の軽い「デミオ」の方が良いですね。
ハイブリッドモデルやディーゼルエンジンモデルの燃費が良いのはもちろんですが、マツダ車はガソリンエンジンモデルの燃費も素晴らしいです。
私はスバル「インプレッサスポーツ」ユーザーなのですが、平均実燃費は良くて13km/L程度なので羨ましいくらいです(笑)

 

エンジン性能の比較


マツダ「アクセラ」公式HPより

エンジン性能について、比較していきます。

その前に「出力」と「トルク」の違いについて、簡単に説明します。

  • 出力:クルマの速さ
  • トルク:クルマの加速力

簡単に書くと、「最高出力」の値が高い車は、速く走れる車で、「最大トルク」の値が高い車は、加速が早い車ということですね。

高排気量のエンジンになればなるほど、出力とトルクの値が大きくなります。
ディーゼルエンジンやターボエンジンは、低回転域からトルクの値が大きいのが特徴です。
すぐにブーン!って走れるってことですね。

 

・デミオ

・ガソリンエンジンモデル(「15S」等)
→最高出力 81kW〈110PS〉/6,000rpm
→最大トルク 141N・m〈14.4kgf・m〉/4,000rpm

・ディーゼルエンジンモデル(「XD」等)
→最高出力 77kW〈105PS〉/4,000rpm
→最大トルク 250N・m〈25.5kgf・m〉/1,500-2,500rpm

 

・アクセラ

・ガソリンエンジンモデル(「15S」等)
→最高出力 82kW〈111PS〉/6,000rpm
→最大トルク 144N・m〈14.7kgf・m〉/3,500rpm

・ディーゼルエンジンモデル(「15XD」等)
→最高出力 77kW〈105PS〉/4,000rpm
→最大トルク 270N・m〈27.5kgf・m〉/1,600-2,500rpm

・ディーゼルエンジンモデル(「22XD L Package」等)
→最高出力 129kW〈175PS〉/4,500rpm
→最大トルク 420N・m〈42.8kgf・m〉/2,000rpm

・ハイブリッドモデル(「HYBRID-S L Package」等)
エンジン
→最高出力 73kW〈99PS〉/5,200rpm
→最大トルク 142N・m〈14.5kgf・m〉/4,000rpm
モーター
→最高出力 60kW〈82.0PS〉
→最大トルク 207N・m〈21.1kgf・m〉

 

「エンジン性能」について比較すると、同じ1.5Lガソリンエンジン、同じディーゼルターボエンジンでも若干「アクセラ」の方が最高出力や最高トルクが高く設定されています。
ただし、車両重量は「アクセラ」より「デミオ」の方が200kg程度軽いため、同じエンジンのモデルなら「デミオ」の方が爽快に走ります。
走りが最も楽しいのは「アクセラ」の2.2Lディーゼルターボエンジンモデルです。

 

居住性(後部座席、ラゲッジスペース)の比較


マツダ「アクセラ」公式HPより

居住性について、比較していきます。

マツダ「デミオ」の室内長は1,805mm
マツダ「アクセラ」の室内長は1,845mm

室内長で比較すると、全長やホイールベースが長い「アクセラ」の方が広いですね。

しかし室内高で比較すると「デミオ」が1,210mm、「アクセラ」が1,170mmなので「デミオ」の方が高くなっています。頭上スペースは若干「デミオ」の方が広いですね。

室内幅は、「デミオ」が1,445mm、「アクセラ」が1,505mmなので、3ナンバーである「アクセラ」の方が広いです。

 

■ラゲッジスペース
ラゲッジスペースについて、比較します。

「デミオ」が250ℓ、アクセラスポーツが364ℓとなっていますので、アクセラスポーツの方が広いです。

また、後部座席を倒した際も、「アクセラスポーツ」はフラットになりますが、「デミオ」は段差ができてしまいますので、使い勝手も「アクセラスポーツ」の方が良いといえます。

 

細かい部分ですが、パーキングブレーキについても、「デミオ」は全グレードでアナログな手で引く形のスタイルですが、「アクセラ」の2.2Lディーゼルターボエンジンモデルは電動パーキングブレーキが採用されていますので、使いやすく、運転席周りがすっきりしています。

国産のコンパクトカーは、基本的にアナログなパーキングブレーキを採用していますので、「デミオ」も一般的といえます。しかしCセグメント車は、トヨタ「カローラスポーツ」やスバル「インプレッサ」は電動パーキングブレーキを全車標準装備していますので、「アクセラ」も全車標準装備にすべきかと思います。

 

安全性能の比較


マツダ「アクセラ」公式HPより

安全性能について、比較していきます。
下表に各車の安全装備を整理しています。同機能の装備を同行に示しています。

 

デミオアクセラ
アダプティブ・LED・ヘッドライトアダプティブ・LED・ヘッドライト
ハイ・ビーム・コントロールシステムハイ・ビーム・コントロールシステム
車線逸脱警報システム車線逸脱警報システム
アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポートアドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート
AT誤発進抑制制御[前進時][後退時]AT誤発進抑制制御[前進時][後退時]
スマート・シティ・ブレーキ・サポート[後退時]スマート・シティ・ブレーキ・サポート[後退時]
ブラインド・スポット・モニタリング&リア・クロス・トラフィック・アラートブラインド・スポット・モニタリング&リア・クロス・トラフィック・アラート
360°ビュー・モニター+フロントパーキングセンサー360°ビュー・モニター+フロントパーキングセンサー
交通標識認識システム交通標識認識システム
ドライバー・アテンション・アラートドライバー・アテンション・アラート
マツダ・レーダー・クルーズ・コントロールマツダ・レーダー・クルーズ・コントロール
自動防眩ルームミラー

安全機能で比較すると、ほとんと同じ結果となりました。
「デミオ」には「自動防眩ルームミラー」がないくらいです。

「同じマツダだから当たり前」と思われる方もいるかもしれませんが、Cセグメント車とコンパクトカーで安全装備がほぼ同じというケースは結構少ないのです。

他社では、格差やコストダウンを図る過程で、安全装備が削られるケースが多くなっています。例えば、トヨタの「カローラスポーツ」や「プリウス」の安全装備と「アクア」や「ヴィッツ」の装備はかなり異なっています。「カローラスポーツ」は他社と比較しても先進的で充実の安全装備となっていますが、「アクア」は同じコンパクトカーの分類で他社と比較しても安全装備は少なめです。

その点、「アクセラ」の安全装備のほとんどを「デミオ」にも装備させているマツダは素晴らしいと思います。「デミオ」はコンパクトカーでありながらカーテンエアバッグも標準装備ですから、尚素晴らしいです。

「デミオ」は、コンパクトカーとしては、かなり安全装備が優れているといえます。

 

価格の比較


マツダ「デミオ」公式HPより

価格について、比較します。

デミオのおすすめグレード&価格

マツダ「デミオ」のおすすめグレードは、最も走りが良く、安全機能も全て搭載できる「XD Touring」で約201万円、「スマート・ブレーキ・サポート」や「マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール」を加えると約232万円となります。

ガソリンモデルで安全機能もオプションで全て搭載できる「15S Touring」は約173万円となります。
さらに「スマート・ブレーキ・サポート」や「マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール」を加えると「15S Touring」約199万円となります。

 

アクセラのおすすめグレード&価格

マツダ「アクセラ」のおすすめグレードは、最も走りが良く、安全機能も全て搭載できる「22XD PROACTIVE」で約280万円、「スマート・ブレーキ・サポート」や「マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール」を加えると約300万円となります。

次に走りが良くて、安全機能もオプションで全て搭載できる「15XD PROACTIVE」は約245万円となります。
ガソリンモデルで安全機能もオプションで全て搭載できる「15S PROACTIVE」は約215万円となります。
さらに「スマート・ブレーキ・サポート」や「マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール」を加えると「15XD PROACTIVE」約258万円「15S PROACTIVE」約229万円となります。

 

上記費用は購入時に必要な取得税や重量税などは含めていません。
ディーゼルモデルは取得税と重量税が免税になり、自動車税も減税になるのでお得になります。

 

価格比較 結果

価格で比較すると、「アクセラ」の1.5Lガソリンエンジンモデルも1.5ディーゼルターボエンジンモデルも「デミオ」より+30万円程度といった結果でした。

 

【おすすめ】新車同様の中古車なら新車より60万円以上安く買える!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

しかも、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも普通にあります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は、新車同様の中古車を探してみるという選択肢も大いにありだと思いませんか?!

さらに中古車の場合は、納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。
人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
新車同様の中古車を買う場合のメリットは何といってもその安さ!ですが、デメリットとしては、自分の付けたいオプションが選べないという点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

なので、中古車選びのポイントは、車のカラー及びメーカーオプションは妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数No1のガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数がここ数年ダントツ1位のガリバーがおすすめです。
中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらにガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

さらにディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何キロでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

■さらに!1月~2月は決算セール期間でお得に購入できるチャンス!
ガリバーは、2019年1月21日~2019年2月28日の期間中、ガリバー25週年目の決算セールを展開しています。
キャンペーン期間中は、セール車両を購入できるお得な時期
セール車両は先着順につき売り切れる場合があるので、お得に購入したい方はこのチャンスをお見逃しなく!

気になった車、欲しい車がある場合や、セール車両を購入したい方は、すぐにガリバーに登録して探してもらいましょう!
※登録後、ガリバーから確認の電話連絡があります。

 

【おすすめ】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!

中古車買取台数No1、最大手のガリバーがおすすめ!

新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!

 

中古車買取サービスは、中古車の買取台数ランキングでここ数年ダントツ1位のガリバー無料査定がおすすめです。

買取台数No1なのには、それだけの高価買取実績サービスの良さ信頼性があります。

中古車販売台数も1位でしたが、中古車買取台数も1位のガリバーは、まさに中古車業界の”トヨタ”的存在です。

 

■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由
中古車買取台数が1位ということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。

  • 買取車両の在庫期間を短くする独自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減
  • 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映
  • ディーラーの下取りと異なり、オプションやアクセサリーを買取額にプラス評価!

 

■筆者の一括査定体験談
買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシーの観点からみても良くありません。

上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

何れにしも、無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。

査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

 

私は1台目の軽自動車を売る際、ディーラーで下取りに出し「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにもガリバー無料査定を行い、
現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう
※入力後、ガリバーから確認の電話連絡があります。

 

もし買取価格がつかない様な「事故車」でも売却できる!


株式会社タウ 公式HPより

ディーラーや中古車買取サービスでも買取価格がつかなかった場合、お金を払って廃車にしなくてはならない・・・なんてことはありません!大丈夫です。

なぜ事故車でも買い取ってくれるのか?!以下の様な理由からです。

  • 日本で中古車として販売できない場合でも、海外なら価値がある場合がある
  • 車としてはボロボロでも、パーツ(エンジン、カーナビ等)には価値がある
  • そもそも車の素材(鉄)に価値がある

 

そこで事故車買取シェア1位株式会社タウが最もおすすめです。

売上高230億円(2017年9月末)の最大手であり、古くから事故車買取を行っているパイオニア的な企業、累計買取68万台を突破した実績もあり、安心です。
最近だと、2018年の西日本豪雨で被害にあった車も多く買い取った実績があります。

さらに他社と比較しても買取価格が高く、日本全国対応可能で、レッカー代などの手数料もすべて無料です。出張査定も無料で、大破した事故車でも売却可能です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

 

お金を払って廃車なんてもったいない!
少しでもお金に変えて、車購入にあてましょう!

 

高く売れる時期は1~3月、9~10月!ただし1日でも早く売るのがお得!

ガリバーの情報によると、高く売れる時期は1~3月、9~10月です。
しかし、あなたの車の価値は毎日下がっていくものなので、売却することが決まっているのなら1日でも早く売却することが最もお得です。

 

あなたの車の価格が今いくらなのか!?
無料でチェックしましょう

もし今すぐ車を売る気がなくても、自分の車の価格が今いくらなのか!?を把握しておくことは大切です。

あなたが考えているよりもずっと高額で売れるかもしれません。
そうなれば、今後の車の購入プランも変わってきますよね。

上記でご紹介した「ガリバー」、「株式会社タウ」はいずれも無料で査定できます。

是非チェックしてみましょう!

 

まとめ

今回はマツダ「デミオ」、「アクセラ」を比較してご紹介しました。

もちろん走りが最も良いのは「アクセラ」の2.2Lディーゼルエンジンモデルですし、総合的には「アクセラ」の方が上だと思います。
しかし「デミオ」はコンパクトカーでありながら、「アクセラ」と安全装備や質感にそこまで差がないため、必ずしも「アクセラ」の方が良いというわけでもありません。

走り重視な方で、最大でも2人程度しか乗車せず、予算が「アクセラ」の2.2Lディーゼルターボエンジンモデルに手が出ない場合は、「デミオ」の1.5ディーゼルターボエンジンモデルの方が車両重量が軽い関係で走りが良く、おすすめです。

車を購入する優先順位やこだわりによって、どの車が良いかは変わってくると思います。

あなたが最も欲しいと思った車を購入する様にしてください。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント