You Tube始めました!ひつじ茶屋のコンテンツを動画でお楽しみください!
スポンサーリンク

【新型エスクード】マイナーチェンジの違いまとめ~モデルチェンジでライバル車より魅力的に!?

モデルチェンジ情報

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

2021年に販売終了となったスズキ「エスクード」が、2022年4月21日にマイナーチェンジ!

そこで今回は、「エスクード」のマイナーチェンジによる変更点をまとめてみました。

日本では今ひとつ人気がない「エスクード」でしたが、今回のマイナーチェンジでライバル車より魅力的になったのか!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スズキ「エスクード」マイナーチェンジによる違いとは!?


スズキ「エスクード」公式HPより

スズキ「エスクード」マイナーチェンジによる変更点

2022年4月21日に行われたスズキ「エスクード」のマイナーチェンジによる変更点を、以下にまとめてみました。

 

  • 1.5Lストロングハイブリッドシステムを採用
    エンジンを1.5Lエンジン(K15C型)+トランスミッションを6速AGSに換装(国内初採用)
    スイフト「HYBRID SZ」に比べて出力・トルク共に向上した高出力モーターを採用
    回生ブレーキとブレーキペダルの踏み込みに応じて発電量を増やす回生協調ブレーキをスズキ車に初採用
    スズキ車で初となる後退時のEV走行が可能
  • 標識検知機能(車両進入禁止・はみ出し通行禁止・最高速度)を搭載
  • フロントフォグランプのLED化
  • ハイビームのLED化
  • ヘッドランプのデザインを変更
  • アルミホイールのデザインを変更
  • マルチインフォメーションディスプレイにハイブリッド関連の表示を追加
  • シフトノブの加飾をサテンメッキオーナメントに変更
  • 車両本体価格はマイナーチェンジ前より20万円程度アップの297万円

 

上記のとおり、今回のマイナーチェンジによる最大の変更点は1.5Lストロングハイブリッドシステムの採用でしょう。

 

「スイフト」より優れたストロングハイブリッドシステム!

今回、「エスクード」に搭載された1.5Lストロングハイブリッドシステムと、スズキ「スイフト」に搭載されている1.2Lストロングハイブリッドシステムと比較すると、モーターの最大出力と最大トルクが2倍程度向上していることがわかります。

 

・「エスクード」1.5Lストロングハイブリッド
エンジン
→最高出力 74kW〈101PS〉/6,000rpm
→最大トルク 132N・m〈13.5kgf・m〉/4,400rpm
モーター
→最高出力 24.6kW〈33.4PS〉/5,500rpm
→最大トルク 60N・m〈6.1kgf・m〉/100~2,000rpm

・「スイフト」1.2Lストロングハイブリッド
エンジン
→最高出力 67kW〈91PS〉/6,000rpm
→最大トルク 118N・m〈12.0kgf・m〉/4,400rpm
モーター
→最高出力 10kW〈13.6PS〉/3,185~8,000rpm
→最大トルク 30N・m〈3.1kgf・m〉 /1,000~3,185rpm

 

「エスクード」の車両重量は「スイフト」より350kg程度重いため、「スイフト」より加速が速いというわけではありませんが、高出力モーターや回生ブレーキなどにより、「スイフト」よりEV走行できる時間や速度が拡大しているのは間違いないでしょう。

 

マイナーチェンジ前より燃費性能はアップ、加速性能はダウン

マイナーチェンジ前の「エスクード」は、1.4Lターボ(K14C型)と6速ATの組み合わせだったため、燃費性能は大きく向上したものの、加速性能的には落ちた形になります。

 

・燃費性能

・「エスクード」1.5Lストロングハイブリッド
→19.6km/L(WLTCモード)
→-km/L(e燃費より)

・「エスクード」1.4Lターボ
→16.0km/L(WLTCモード)
→13.23km/L(e燃費より)

 

・エンジン性能

・「エスクード」1.5Lストロングハイブリッド
エンジン
→最高出力 74kW〈101PS〉/6,000rpm
→最大トルク 132N・m〈13.5kgf・m〉/4,400rpm
モーター
→最高出力 24.6kW〈33.4PS〉/5,500rpm
→最大トルク 60N・m〈6.1kgf・m〉/100~2,000rpm

・「エスクード」1.4Lターボ
エンジン
→最高出力 100kW〈136PS〉/5,500rpm
→最大トルク 210N・m〈21.4kgf・m〉/2,100~4,000rpm

 

燃費性能はWLTCモードで3.6km/Lも上昇しているため、年間走行距離が8,000km程度なら、年間2.3万円程度維持費が安くなる計算になります。
※ガソリン代160円の場合

エンジン性能は上記のとおりダウンしており、“走りの面白さ”という点においても、ダウンした感は否めないでしょう。

 

価格上昇も燃費性能向上により、総コストとしては安くなった!?

上記の他、エクステリアではランプ類が全てLED化され、アルミホイールのデザインが変更されています。

エクステリアの変更は上記程度のため、アルミホイールとリヤに設置されているハイブリッドエンブレム程度しか大きな違いはないといえます。

 

インテリアでは、シフトノブの加飾と、マルチインフォメーションディスプレイにモーターの状況などがわかる表示が追加された程度で、大きな違いはありません。

昨今の新型車と比較すると、インテリアデザインは古さが目立ちます。

 

価格はマイナーチェンジ前より20万円程度上昇していますが、燃費性能向上による諸費用の減税や維持費の安さにより、総コストとしては安くなる可能性が高くなります。
※年間走行距離によって異なります。

例えば、2022年時点でのガソリン代価格なら、走行距離7万km程度で元が取れる計算になります。

そのため、車両本体価格は上昇したものの、総コストとしては安くなったという見方もできるでしょう。

 

スポンサーリンク

新型スズキ「エスクード」は“買い”なのか!?


スズキ「エスクード」公式HPより

今回は、大きなマイナーチェンジを受けて新型となったスズキ「エスクード」ですが、ライバル車と比較すると、どうなのか!?

 

同クラスとなるトヨタ「ライズ」と比較した場合、燃費性能や安全性能で劣る上、何と言っても価格が60万円程度高くなってしまいます。

「ライズ」は価格の安さが大きな魅力となっています。

それでいて、電動パーキングブレーキの搭載、後部座席の広さなどの魅力があり、大きな欠点がないことが最大の魅力です。

 

トヨタ「ヤリスクロス」と比較した場合、室内の広さなどで勝るものの、燃費性能や安全性能では圧倒的に劣る形となり、価格的にも20万円程度高くなります。

「ヤリスクロス」は同クラスSUVで燃費性能と安全性能が圧倒的に優れているため、「エスクード」で勝るのは室内の面しかありません。

 

ホンダ「ヴェゼル」と比較した場合、燃費性能や安全性能で劣る上、室内の質感や広さでは「ヴェゼル」に勝てません。

「ヴェゼル」は同クラスの中でも1クラス上の質感となっており、後部座席の広さなどの魅力があります。

同じ価格帯なら「ヴェゼル」を選ぶ、というユーザーが多いでしょう。

 

上記のとおり、「エスクード」が勝る点は少ないため、ライバル車と性能比較してしまうと中々買いにくいといえます。

一方見た目(エクステリア)を比較すると、「エスクード」はSUVらしい力強さがあり、欧州車の様なデザインとなっていることから、非常に魅力的だと考えます。

そのため、エクステリアが「エスクード」の最大の魅力であると考えます。

悪路走破性も優れているため、その点でライバル車より劣ることはないでしょう。

全込み価格は約316万円と、歴代の「エスクード」と比較すると高価な印象もありますが、見た目が気に入ったなら“買い”だと考えます

 

昨今は安全性能の向上などにより、新型車の価格は上がる一方です。

さらにSUVは、ハッチバック車より価格が20~30万円程度高くなってしまいます。

そのため、少しでも安くSUVを購入したい場合は、“新車同様の中古車”も検討してみましょう。

走行距離1,000km程度、修復歴なしのクルマでも、新車より60万円安いクルマもありますよ!

 

スポンサーリンク

【PR】車の下取り価格を25万円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を25万円以上高く売ることも可能です!

中古車買取サービスは、他社買取業者より高い買取価格がつく楽天の車買取サービスがおすすめです。

 

■楽天の車買取サービスが高価買取できる理由
楽天の車買取サービスが高価買取できる理由は、楽天が主催するネットオークションに車を直接出品するため、中間コストをカットできることにあります。

そのため、ディーラーの下取りや他社買い取り業者より高い買取価格がつく可能性が高くなっているのです。

実際の高価買取実績は楽天Car車買取HPにて掲載しているため、気になる方は確認してみましょう。

 

■楽天グループが運営する車買取サービスのため安心
楽天の車買取サービスは、楽天グループの楽天カー株式会社のサービスとなっています。

2023年に発覚したビッグモーターの不正問題など、中古車業界を激震させる事件がありましたが、楽天カー株式会社は売上高が年間1兆円を超えるインターネット関連企業最大手の楽天グループの会社のため、安心感があるといえるでしょう。

 

■査定を受ける回数は1回のみ!個人情報が流れない!
楽天の車買取サービスは、いわゆる一括査定サービスと異なり、査定を受ける回数は1回のみとなっています。

私は一括査定サービスに登録した経験がありますが、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。

個人情報も各社に流れてしまうため、プライバシー保護の観点からみても良くありません。

楽天の車買取サービスは、そういった心配は無用といえるでしょう。

また、査定までの全ての工程を楽天カー株式会社が担当するため、複数の業者と話をする必要はありません。

 

■楽天ポイントが最大5,000ポイントもらえる!
車の売却成立で1,000ポイント、さらにマイカー割のメンバー登録を行うと合計5,000ポイントが貰えます
※進呈される最新のポイント数は楽天Car車買取HPにてご確認ください。

マイカー割は、お得なメルマガが届いたり、車関連のサービスでポイントが追加で貰えたり、車用品などに使えるクーポンが貰えるキャンペーンとなっているため、入って損はありません。

楽天ポイントは売却価格とは一切関係ありませんので、楽天で車を売るだけで5,000円貰えると言っても過言ではありません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のある楽天の車買取サービスで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけば楽天の車買取サービスでそのまま売ってしまっても良いですし、さらに楽天の車買取サービスで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

 

私はスズキ「スペーシア カスタム」を売る際、ディーラーで下取りに出した後に楽天の車買取サービスを知り、「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにも楽天の車買取サービスに出品して、現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう

 

スポンサーリンク

【PR】“新車同様の中古車”なら、新車より60万円以上安い!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも多数あります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は“新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!

また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に1年以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
“新車同様の中古車”を買う場合のメリットは何といってもその「安さ」が魅力ですが、デメリットは「自分の付けたいオプションが選べない」という点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

そのため、中古車を選ぶ際は車のカラー及びメーカーオプションを妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数トップクラスのガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数トップクラスのガリバーがおすすめです。

中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何kmでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

 

気になった車、欲しい車がある方はガリバーに登録して探してもらいましょう!

※中古車の販売金額は申込完了ページには表示されません。登録後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、新型スズキ「エスクード」のマイナーチェンジによる変更点をまとめてみました。

 

「エスクード」は、ハンガリーからの輸入車となっており、販売台数目標は年間1,200台と非常に少なくなっています。
※月間1,200台ではないですよ・・・

そのため、人気としては今後とも今ひとつな状況が続くとは思いますが、逆に言えば他人とクルマが被らないというメリットがあるといえるでしょう。

欧州車の様な見た目(エクステリア)と、輸入車であることから、“外車を所有している感”があることも魅力といえます。

SUVの購入を検討している方は、是非新型「エスクード」も検討してみましょう。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント