スポンサーリンク

【インプレッサ】マイナーチェンジ(2018)C型の変更点&「特別仕様車」情報、アイサイト4最新情報

車情報
スポンサーリンク

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。
今回は2018年10月11日に発表されたマイナーチェンジ(C型)の変更点、2018年4月24日に発売されたスバル インプレッサの特別仕様車「1.6i-L EyeSight S-style」の内容、現在入ってきているアイサイト4最新情報について、ご紹介します。

また、特別仕様車を含めたインプレッサのおすすめグレードもご紹介します。

 

■2018年10月11日にマイナーチェンジ(C型)の発表
スバル インプレッサは2018年10月11日にマイナーチェンジ(C型)の発表を行いました。
発売は11月2日からとなります。

変更点は以下のとおりです。

  • 「オートビークルホールド」機能の追加(標準装備)

「オートビークルホールド」機能とは、ブレーキペダルから足を離しても車両の停止状態を保持する機能のことで、トヨタ カローラスポーツやホンダ シビックなど、国産Cセグメント車では”当たり前の装備”となりつつありましたし、同スバルのレヴォーグやレガシィには以前から装備されていたので「やっと装備されたなぁ」といった感じです。

”当たり前の装備”という意味では、インプレッサには「自動防眩ルームミラー」がありません。これもマツダ アクセラやカローラスポーツ、シビックには装備されており、レヴォーグには装備されています。
どうせなら「このタイミングで装備すべきでは?」と私は思ってしまいました。
D型のマイナーチェンジあたりで追加されるかもしれませんね。フロントモニターと一緒に。

機能が追加され、標準装備となりましたが、価格の変更はなしです。これは良かったです。
さらに特別仕様車「1.6i-L EyeSight S-style」の継続販売も決まったようです。

また、同日に発表されたスバル「SUBARU XV」のマイナーチェンジ(B型)の変更点は、以下の記事にまとめていますので、ご興味のある方は是非ご覧になってください。
同スバルの「フォレスター」との比較結果も掲載しています。

スバルXV マイナーチェンジ(2018)B型の変更点&フォレスターと比較、試乗、評価してみた【SUV おすすめ~ハイブリッドAdvance】
こんにちは!青空ひつじ(♂)です。 今回はおすすめのSUVをご紹介します。 今回は2018年10月19日にマイナーチェンジ(年次改良)が行われ、B型となったスバル「SUBARU XV」、2018年7月19日に発売された...

 

また新しい情報が入りましたら、ご紹介します。

スポンサーリンク

インプレッサ特別仕様車の内容


SUBARU「インプレッサ特別仕様車」公式HPより

2018年4月24日に発売された特別仕様車の名称は「1.6i-L EyeSight S-style」です。
「1.6i-L EyeSight」をベースに以下を標準装備とします。

 

■エクステリア
メッキ加飾付フロントフォグランプカバー
サイドシルスポイラー
16インチアルミホイール(切削光輝)
マフラーカッター(G4のみ)

 

■インテリア
・本革巻ステアリングホイール
・本革巻セレクトレバー(シフトブーツ、ピアノブラック調加飾パネル付)
メーターバイザーリング:シルバー
アルミパッド付スポーツペダル(アクセル、ブレーキ、フットレスト)
6スピーカー(フロント 4+リア 2)
シート材質(メイン/サイド):ファブリック/トリコット(シルバーステッチ)

 

■視界
・LEDハイ&ロービームランプ(ブラックベゼル)[ヘッドランプレベライザー(オート)、
ポップアップ式ヘッドランプ ウォッシャー付]+ステアリング連動ヘッドランプ
ドアミラー:LEDサイドターンランプ&ターンインジケーター付
・クリアビューパック

 

上記一覧で着色を付けている装備はメーカーオプションやディーラーオプションでは「1.6i-L EyeSight」には付けることができなかった装備のため、かなりおすすめです。

また、「アルミパッド付スポーツペダル」、「サイドシルスポイラー」にいたっては、「2.0i-S EyeSight」でないと付いていなかった装備のため、かなり豪華です。

気になる価格は消費税込で2WDが210万6000円AWDが232万2000円と、お買い得価格です!

 

特別仕様車を含めたインプレッサのおすすめグレード

エクステリアやインテリアの質感が、かなり向上するため、前回(以下)の記事でおすすめグレードは「2.0i-L EyeSight」としましたが、「1.6i-L EyeSight」と比較した際の以下の違いがなくなります。

【インプレッサ】マイナーチェンジ(2017)B型の変更点&評価、おすすめグレード、1.6Lと2.0Lの違いとは
こんにちは!青空ひつじ(♂)です。 今回はスバル インプレッサの2017年マイナーチェンジの内容、 2017年マイナーチェンジ後のおすすめグレードについて、ご紹介します。 2016年10月13日発売のスバル インプレ...
  1. 1.6ℓエンジン → 2.0ℓ直噴エンジン
  2. SI-DRIVE[2モード(I/S)]
  3. スタビライザーがフロント → フロント&リヤ
  4. タイヤサイズが16インチ → 17インチ
  5. アルミホイールの装飾
  6. フロントフォグランプにメッキ加飾
  7. ドアミラーにLEDサイドターンランプ
  8. フルオートエアコンに左右独立温度調節機能
  9. スピーカーが4スピーカー → 6スピーカー
  10. 各内装にシルバーステッチ入り
  11. バニティミラーが照明付き
  12. フロントガラスが遮音ガラス
  13. フロア下アンダーカバー

さらに、「LED+ステアリング連動ヘッドランプ」、「クリアビューパック」は「2.0i-L EyeSight」ではオプション装備「アルミパッド付スポーツペダル」、「サイドシルスポイラー」は、「2.0i-L EyeSight」には付けられない装備となります。

価格は、おすすめの安全装備「アイサイトセイフティプラス」と「2.0i-L EyeSight」では標準装備の「キーレスアクセス&プッシュスタート」を付けて「2,235,600円」(税込み、別途支払諸費用無し)となります。

対する「2.0i-L EyeSight」は安全装備「アイサイトセイフティプラス」と「LED+ステアリング連動ヘッドランプ」、「クリアビューパック」を付けて「2,349,000円」(税込み、別途支払諸費用無し)となります。

ちなみに同条件で「1.6i-L EyeSight」だった場合は「2,181,600円」(税込み、別途支払諸費用無し)となります。

「2.0i-L EyeSight」との価格差は「+113,400円」、「1.6i-L EyeSight」との価格差は「-54,000円」
この差をどうみるかは、購入される方次第ですが、おすすめグレードは、やはり「2.0i-L EyeSight」だと思います。
ただ、走り(パワー)をそこまで重要視せず、「1.6i-L EyeSight」を購入しようと考えていた方は「1.6i-L EyeSight S-style」をおすすめします。

「1.6i-L EyeSight S-style」がかなりお得なグレードであることは間違いありませんので!!

 

アイサイト4最新情報

SUBARU「インプレッサ SPORT」公式HPより

現在入ってきているアイサイト4の最新情報について、ご紹介します。

メーカー側が発表している公式な情報ではありませんが、スバルはアイサイトの自社開発をやめるようです。主な原因としてはコスト削減のため。

調達先としては、2社あり、スウェーデンのオートリブ社、イスラエルのモービルアイ社が有力なようです。
3つカメラを使用する方針で、オートリブ製のステレオカメラを障害物との距離測定用として使用し、モービルアイ製の単眼カメラで広い視野角を持たせます。
画像処理ソフトも自社製からモービルアイ製に変更されます。

日産やマツダ、ボルボもイスラエルのモービルアイ製のカメラを使用しており、世界的に高い評価を得ています。

自社開発をやめることで、スバルが今後予防安全や自動運転の分野で優位に立てるのかどうか、1スバルファンとしては心配なところもありますが、車社会全体が安全になっていく流れは良いことだと思います。

 

後付け衝突防止システム「Mobileye570」

イスラエルのモービルアイ社は後付けの衝突防止システム「Mobileye(モービルアイ)570」という商品を発売しており、取り付け費用込で価格は約20万円です。

「Mobileye(モービルアイ)570」公式HP

後付け製品としては初めて「ISO15623/JISD-0802」に準拠しており、性能もお墨付きのようです。

以下の機能を搭載しています。

  1. 前方車両衝突警報
    ISO15623/JISD-0802に準拠、より精度の高い警報で追突事故を防止。
  2. 前方車間距離警報
    車間が極端に詰まり危険な場合には自動で「繰り返し警報」する設定が可能。
  3. 低速時前方車両衝突警報
  4. 歩行者衝突警報
  5. 車線逸脱警報(LDW)
    常時車線を表示部に表示し、車線逸脱警報の要件である「概ね60km/h以上」で白色車線表示、要件速度以下や車線識別不能な場合には、黄色車線表示。
  6. 速度超過警報
    速度標識を読み取り、自車速度と照合して速度超過を標識のアイコンを点滅させて警報する機能が新しく追加。

車を購入するときに、安く購入するために予防安全システムを付けなかった方や、少し古い車で予防安全システムを取り付けたかった方は、1度参考にしてみてください。

ただし、ブレーキとは連動していないため、自動ブレーキとはいきません。
あくまで、これまでドライブレコーダーとかに付いていた、どうしようもない警報システムの良くなったバージョンかと思います。
それでも、あるのとないのとでは、安全性は大きく異なるでしょう。

 

【おすすめ】新車同様の中古車なら新車より60万円以上安く買える!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

しかも、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも普通にあります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は、新車同様の中古車を探してみるという選択肢も大いにありだと思いませんか。

さらに中古車の場合は、納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。
人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

新車同様の中古車を買う場合のメリットは何といってもその安さ!ですが、デメリットとしては、自分の付けたいオプションが選べないという点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

なので、中古車選びのポイントは、車のカラー及びメーカーオプションは妥協しないようにしましょう。

中古車の検索は、中古車業界でここ数年ダントツ1位のガリバーで1度調べてみましょう。
中古車業界の最大手で知名度も高く、信頼性が高いためおすすめです。
中古車は基本的に1台限りのものですので、以前見つけた良い車も、早く問合せしないと売れてしまう可能性もあります。
気になった車はすぐに見積り問合せをしてみましょう!

 

【おすすめ】下取り価格をアップさせるコツ!


ユーカーパック 公式HPより

私は1台目の軽自動車を売る際、ディーラーでそのまま下取りに出し、大変後悔しました。

というのも、一括査定で車の査定をまとめて行えば価格が上がるのは知っていたのですが、実際登録した途端、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい体験をしたため、諦めたのです。

しかし、その後ユーカーパックのUcar査定なら上記の様な鬱陶しいこともなく、ディーラーよりも高値で売れることを知りました。

ということで、私の愛車スバル「インプレッサスポーツ」(購入2年、走行距離2万km程度)の現在の価格がいくらなのか!?Ucar査定を使用して調べてみました!

トヨタで試乗をした際に「インプレッサスポーツ」の下取り価格もみてもらったところ、
提示された価格が「91万円」でした。

そしてUcar査定で提示された価格が…「124万円」でした。

なんと33万円も高かったのです!!

これだけの差があることに愕然としました。

「ディーラーなんぼほど安いねん」と…

 

さらに他の一括査定サービスと比べて、Ucar査定は以下のメリットがあります。

■高く売れる確率が高い
一括査定の場合は多くて最大10社の競りですが、ユーカーパックなら最大2,000社が競って入札するので、一括査定よりも車が高く売れる可能性が高いです。

■営業電話が来ない
一括査定の場合、一度の申込で最大10社の買取業者から査定を受けることができますが、その分10社からの電話に対応し、10社の査定時間を確保する必要があります。
ユーカーパックなら上記の様なことがなく、かつ最大2,000社から入札を受けることができます。

■個人情報が流れない
ユーカーパックで査定を受けると最大2,000社から入札を受けることが可能ですが、2,000社に流れるのは、あくまで車両情報のみで個人情報は流れません。

■査定は提携ガソリンスタンドか自宅で1回のみ
査定はユーカーパックの査定提携店(ガソリンスタンド)や出張査定で一度受ければOK!
出向くのが面倒な場合は出張査定で、家に査定員が来て欲しくない場合は、お近くの査定提携店(ガソリンスタンド)で査定可能です。

 

私のような後悔をしないためにも、車を下取りに出す場合は、ユーカーパックのUcar査定がおすすめです!
査定を行い、現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう

査定だけならもちろん無料なので、あなたの車の価格がいくらなのか、是非チェックしてみましょう。

 

中古車業界No1、最大手のガリバーもおすすめ!

中古車業界の買取台数ランキングでここ数年ダントツ1位なのはガリバーです。

1位なのには、それだけの買取実績サービスの良さ信頼性があります。ガリバーはまさに中古車業界のトヨタ的存在です。

そのためガリバーもおすすめです。
ガリバーでの査定ももちろん無料です。

 

あなたの車の価格が今いくらなのか!?
無料でチェックしましょう

あなたの車の価格が今いくらなのか!?を把握しておくことは大切です。
もし高価で買い取りできた場合は、維持費の安い最新の車に乗り換えた方が長い目でみると安くなる可能性が高いからです。
上記でご紹介した「Ucar査定」も「ガリバー」も無料で査定できますので、是非チェックしてみましょう!

 

もし買取価格がつかない様な事故車でも売却できる!


株式会社タウ 公式HPより

ディーラーや中古車サービスでも買取価格がつかなかった場合、お金を払って廃車にしなくてはならない・・・なんてことはありません!大丈夫です。

なぜ事故車でも買い取ってくれるのか?!以下の様な理由からです。

  • 日本で中古車として販売できない場合でも、海外なら価値がある場合がある
  • 車としてはボロボロでも、パーツ(エンジン、カーナビ等)には価値がある
  • そもそも車の素材(鉄)に価値がある

さらに嬉しいことに、買い取ってもらえるだけでなく、車検時にまとめて支払っている自動車重量税や自動車税、自賠責保険も帰ってきます

そこで事故車買取シェア1位株式会社タウが最もおすすめです。
売上高230億円(2017年9月末)の最大手であり、古くから事故車買取を行っているパイオニア的な企業、累計買取68万台を突破した実績もあり、安心です。
最近だと、2018年の西日本豪雨で被害にあった車も多く買い取った実績があります。

さらに他社と比較しても買取価格が高く、日本全国対応可能で、レッカー代などの手数料もすべて無料です。出張査定も無料で、大破した事故車でも売却可能です。
もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

さらに高く売るためのコツとして、業界の繁忙期である12月~3月は避けて、閑散期である5月~7月を狙いましょう。高く買い取ってもらえる可能性が高くなるため、おすすめですよ。

お金を払って廃車なんてもったいない!
少しでもお金に変えて、車購入にあてましょう!

 

【おすすめ】自動車保険一括見積もりを試してみたら『1万円/年』安くなった!


保険の窓口インズウェブ 公式HPより

自動車保険は1年契約の商品はほとんどだと思いますが、保険料は車種や走行距離、事故暦や、現在の等級、免許証の色、乗られる方の年齢などによって計算されます。

そのため、これまではある保険会社のサービスが最も安かったとしても、ドライバーの状況や保険会社のサービス変更などで、保険会社を変更した方が安くなる可能性も多いにありえます。

そこで便利なのが、保険の窓口インズウェブの無料の自動車保険一括見積もりサービスです。

複数の保険会社から一括で見積もりを取れば、現在の状況に合った一番安くてお得な保険会社が簡単にわかります

私も実際、上記のサービスを試してみましたが、入力時間は5分程度で、最大20社の見積もりが、一度に取り寄せられます。
各社の保険料、補償内容、サービスなどを簡単に比較して選ぶことができます。
もちろんサービスはすべて無料です。

私の場合は、「ソニー損保」で”車両保険なし”で約4万円だった内容を、「イーデザイン損保」に変更したところ、同額の約4万円で”車両保険付き”にすることができました。
仮に「イーデザイン損保」で”車両保険なし”とした場合だと、年間1万円安い約3万円にすることもできました。

同じサービスなら少しでも安くした方がお得ですよね。
浮いたお金で車のパーツを買ったり、外食したり、貯金にまわしたりするなど、賢く保険を利用しましょう。

 

まとめ

今回は、インプレッサの2018年マイナーチェンジ(C型)情報、
特別仕様車「1.6i-L EyeSight S-style」の内容をご紹介しましたが、
間違いなくいえることは「インプレッサは良い車だということ」です!

今回ご紹介したスバル インプレッサが気になった方は、是非1度見積もりをとってみてください。
以下のリンクより、最短60秒で入力できるカンタン見積もりが可能です。もちろん無料です。

・インプレッサ見積もり(オートックワン公式HP)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント