You Tube始めました!ひつじ茶屋のコンテンツを動画でお楽しみください!
スポンサーリンク

新型フリード BLACK STYLEの違い~マイナーチェンジ2022まとめ

モデルチェンジ情報

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

今回は、2022年6月23日に行われた新型ホンダ「フリード」のマイナーチェンジ(一部改良)による変更点をまとめてみました。

また、今回の改良で新たに追加された特別仕様車「BLACK STYLE(ブラックスタイル)」と通常グレードの違いもまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型ホンダ「フリード」マイナーチェンジ2022による変更点


ホンダ「フリード」公式HPより

2022年6月23日に行われた新型ホンダ「フリード」のマイナーチェンジ(一部改良)による変更点は、以下のとおりです。

 

  • コンフォートビューパッケージ、ロールサンシェード(スライドドア両側)を標準装備
  • 運転席・助手席シートヒーターを「Modulo X(モデューロ エックス)」を除き標準装備
  • シート表皮には撥水撥油加工が施された「FABTECT(ファブテクト)」を新たに採用
    ※「Modulo X(モデューロ エックス)」を除く
  • ボディーカラーは、新色のプレミアムクリスタルブルー・メタリック、フィヨルドミスト・パール、トワイライトミストブラック・パールを追加
  • エントリーグレード「B・Honda SENSING」の廃止
  • 各グレード名から“Honda SENSING”を削除
  • ハイブリッド車に装着されているサイドフェンダーのHYBRIDエンブレムを廃止
    ※バックドアのみに変更
  • 特別仕様車「BLACK STYLE(ブラックスタイル)」の発売

 

上記のとおり今回の改良は、オプション設定だった装備の標準装備化、ボディカラーの刷新、売れていないエントリーグレードの廃止、グレード名の変更など、全体的に小振りな変更となっています。

というのも、「フリード」は近々フルモデルチェンジが予想されており、それが小振りな変更内容となった要因だと思われます。

いずれにしても、今回のマイナーチェンジ(一部改良)が、現行「フリード」の最後の改良となるでしょう。

今回の改良に伴い、車両本体価格は12万円程度と大きく上昇しています。

 

スポンサーリンク

特別仕様車「BLACK STYLE(ブラックスタイル)」の違い


ホンダ「フリード」公式HPより

今回の改良で、新型ホンダ「フリード」に特別仕様車「BLACK STYLE(ブラックスタイル)」が追加されました。

そんな特別仕様車「BLACK STYLE(ブラックスタイル)」と通常グレードの違いをみていきましょう。

 

■ベース車

  • 「G」
  • 「HYBRID G」

■エクステリア

  • フロントグリルを「CROSSTER(クロスター)」と同じデザイン
    ※ダーククロームメッキのフロントグリルガーニッシュ、マットグレーのフロントグリル
  • ダーククロームメッキのリアライセンスガーニッシュ
  • クリスタルブラック・パールのドアミラー
  • クリスタルブラック・パールのアウタードアハンドル
  • ブラック塗装の15インチアルミホイール
  • クリアタイプのLEDハイマウント・ストップランプ

■インテリア

  • インパネミドルエリアやシート表皮などブラウンからブラックに変更

■ボディカラー

  • フィヨルドミスト・パール、トワイライトミストブラック・パール、シルバーミストグリーン・メタリック、プラチナホワイトパールの4色のみの設定

■価格

  • ベース車より+66,000円
    ※「G」はLEDヘッドライト+LEDアクティブコーナリングライトも標準装備されるため+137,500円

 

上記のとおり、最大の違いはブラック塗装となるドアミラーやアウタードアハンドル、そしてアルミホイールでしょう。

さらに、+66,000円でフルホイールキャップからアルミホイールに変更となり、フロントグリルが「CROSSTER(クロスター)」と同じデザインになる点も大きなポイントです。

そのため、“「CROSSTER(クロスター)」のフロントグリルにしたいけど、「CROSSTER(クロスター)」だとちょっと価格が高い”と考えていた方には、ちょうどいいグレードとなっています。

 

一方、気になるのは、Sパッケージを選択できない点です。

ベース車の「G」、「HYBRID G」であれば、Sパッケージにすることで、「CROSSTER(クロスター)」と同じくシート側面などがプライムスムースとなるコンビシート、本革巻きステアリングホイールが設定され、衝突被害を軽減させるサイドエアバッグやサイドカーテンエアバッグも装備されます。

「G」、「HYBRID G」にSパッケージを設定した場合、室内の質感面では特別仕様車「BLACK STYLE(ブラックスタイル)」の方が劣る形となり、安全面でも劣ります。

 

価格をみても、特別仕様車「BLACK STYLE(ブラックスタイル)」よりも、「HYBRID G」にSパッケージを設定した場合の方が、+55,000円高くなっています。

  • HYBRID G:2,633,400円
  • HYBRID G BLACK STYLE:2,699,400円
  • HYBRID G Sパッケージ装着車:2,754,400円

そのため、グレード的には低い順から、“G < 特別仕様車 < G Sパッケージ”という位置づけになります。

質感や安全装備より、価格面を優先した特別仕様車だといえるでしょう。

 

比較的低価格でフロントグリルやアルミホイールが設定される点が非常に魅力的なため、特別仕様車「BLACK STYLE(ブラックスタイル)」は、価格を抑えてエクステリアをカッコよくしたい方におすすめだと考えます。

 

個人的には、質感や安全性を妥協したくないため、Sパッケージ装着車をベース車とした方が良かったのでは?と考えたりもします。

エクステリア、インテリア、安全装備など、どこかで妥協するくらいなら、「CROSSTER(クロスター)」を選択した方が良いでしょう。

人気のクロスオーバースタイルとなっているため、リセールバリューを考慮すれば価格差は限定的になります。

 

スポンサーリンク

新型ホンダ「フリード」の価格・おすすめグレード


ホンダ「フリード」公式HPより

最後に新型ホンダ「フリード」の価格、おすすめグレードをご紹介します。

 

新型ホンダ「フリード」のおすすめグレード

「フリード」は購入するユーザー層が広いため、おすすめグレードを3つに分けて考えてみました。

 

初期費用を抑えたいユーザーは、特別仕様車「BLACK STYLE(ブラックスタイル)」がおすすめです。

敢えてエントリーグレードとしなかった理由は、66,000円と限定的な価格差でエクステリアデザインが大きく向上し、リセールバリューを考慮すると「BLACK STYLE(ブラックスタイル)」の方がお得になる可能性が高いと考えたからです。

 

エクステリアはノーマルデザインが好みで、質感や安全性を重視を重視するユーザーは、「G Sパッケージ」または「HYBRID G Sパッケージ」がおすすめです。

やはりコンビシートとなることで質感面で大きく向上し、サイドエアバッグやサイドカーテンエアバッグが装備される点は安全性の観点から大きな違いだと考えます。

昨今の新型軽自動車は、サイドエアバッグやサイドカーテンエアバッグが標準装備されており、もはや当たり前の装備となりつつあります。

そんな当たり前の安全装備すら付いていないクルマはちょっと・・・と考えるユーザーにとっては、最も安いグレードとなります。

 

クロスオーバースタイルが好みで、質感や安全性のいずれも妥協したくない、というユーザーには「CROSSTER(クロスター)」または「HYBRID CROSSTER(クロスター)」がおすすめです。

現行「フリード」で非常に人気の高いグレードとなっている「CROSSTER(クロスター)」。

Sパッケージ装着車より+15万円程度価格が高いものの、フロントグリルはもちろん、前後のロアースポイラー、サイドシルガーニッシュ、ルーフレールなど一目でクロスオーバースタイルだとわかる、今流行りのデザインとなっている点が大きな特徴です。

当然、リセールバリューも最も期待できるため、個人的には最もおすすめのグレードだと考えます。

 

新型ホンダ「フリード」は何人乗りがおすすめ!?

5人(フリードプラス)、6人、7人乗りのいずれかは、ユーザーの用途によって判断しましょう。

5人以上乗車するケースがあって、後部座席に3人座るケースがないのであれば6人乗りがおすすめです。

2列目的には6人乗りが最も快適です。

5人以上乗車するケースがあって、後部座席に3人座るケースがあるのであれば7人乗りがおすすめです。

5人以上乗車するケースがないなら、5人(フリードプラス)がおすすめです。

車中泊を想定しているなら5人(フリードプラス)が最もおすすめです。

2列目の間に隙間ができるため、6人乗りが車中泊に最も適していないといえるでしょう。

 

新型ホンダ「フリード」はハイブリッド車 or ガソリン車!?

ハイブリッド車またはガソリン車を選ぶ際は、年間走行距離によって判断しましょう。

ハイブリッド車とガソリン車の価格差は30万円程度ありますが、諸費用の差で25万円程度まで縮まります。

年間走行距離8,000km前後、ガソリン価格が160円の場合、維持費は年2.5万円程ハイブリッド車が安くなります。

そのため、年間走行距離8,000km以上で10年以上乗ると考えているユーザーは、ハイブリッド車の方が良いでしょう。

5年程度で乗り換えることを検討している場合でも、ハイブリッド車の方がリセールバリューが高いため、価格差はほとんどなくなる、または逆転するケースもあるでしょう。

そのため、年間走行距離8,000km前後、またはそれ以上のユーザーはハイブリッド車がおすすめです。

逆に、半分の4,000km前後しか乗らないようなユーザーの場合はガソリン車がおすすめです。

また、高速道路走行が多いユーザーにもガソリン車がおすすめです。

高速道路走行ではハイブリッド車とガソリン車の燃費性能差が大きく縮まるため、ハイブリッド車の魅力が大きく減少するためです。

 

新型ホンダ「フリード」の価格

オプションに9インチナビ、ETC車載器、マット、合計約31万円を設定した場合の全込み(諸費用、値引き額込み)価格は以下のとおりです。
※いずれも6人乗り車の価格

  • G BLACK STYLE(ブラックスタイル):約270万円
  • G Sパッケージ:約275万円
  • CROSSTER(クロスター):約286万円
  • HYBRID G BLACK STYLE(ブラックスタイル):約294万円
  • HYBRID G Sパッケージ:約299万円
  • HYBRID CROSSTER(クロスター):約314万円

 

ライバルのトヨタ「シエンタ」とは、ほとんど価格差はありません。

1クラス上のトヨタ「ノア」・「ヴォクシー」やホンダ「ステップワゴン」のガソリン車を購入する価格以下で、ハイブリッド車を購入できるため、ミニバンとしては比較的安めだといえるでしょう。

とはいえ、300万円前後の価格となるため、決して安い金額ではありません。

さらに「フリード」を安く、お得に購入したい方は“新車同様の中古車”も検討してみましょう。

走行距離10km未満、修復歴なしの人気の「CROSSTER(クロスター)」でも210万円で買えるクルマがありますよ!

 

スポンサーリンク

【おすすめ】”新車同様の中古車”なら、新車より60万円以上安い!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも多数あります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は”新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!

また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
”新車同様の中古車”を買う場合のメリットは何といってもその「安さ」が魅力ですが、デメリットは「自分の付けたいオプションが選べない」という点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

そのため、中古車を選ぶ際は車のカラー及びメーカーオプションを妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数No1のガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数1位のガリバーがおすすめです。

中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何kmでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

気になった車、欲しい車がある方はガリバーに登録して探してもらいましょう!

※中古車の販売金額は申込完了ページには表示されません。登録後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!

中古車買取サービスは、中古車の買取台数ランキング1位のガリバー無料査定がおすすめです。

買取台数No1なのには、それだけの高価買取実績サービスの良さ信頼性があります。

中古車販売台数も1位でしたが、中古車買取台数も1位のガリバーは、まさに中古車業界の”トヨタ”的存在です。

 

■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由
中古車買取台数が1位ということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。

  • 買取車両の在庫期間を短くする独自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減
  • 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映
  • ディーラーの下取りと異なり、オプションやアクセサリーを買取額にプラス評価!

 

■筆者の一括査定体験談
買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。

また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。

上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

何れにしも、無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。

査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

 

私はスズキ「スペーシア カスタム」を売る際、ディーラーで下取りに出した後にガリバーの無料査定を知り、「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにもガリバー無料査定を行い、現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう

※愛車の査定金額は申込完了ページには表示されません。入力後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、ホンダ「フリード」のマイナーチェンジ(一部改良)による変更点、特別仕様車「BLACK STYLE(ブラックスタイル)」と通常グレードの違いをまとめてみました。

 

モデル末期ながら「フリード」は今大人気で、昨今はライバルのトヨタ「シエンタ」より販売台数で上回っています。
※2021年年間販売台数:フリード 69,577台、シエンタ 57,802台

そんな人気の「フリード」は、今回の改良により、さらに魅力的になったといえるでしょう。

ミニバンの購入を検討している方は、ぜひ新型「フリード」も検討してみましょう。

前述のとおり、「フリード」は近々フルモデルチェンジが行われると予想されています。

現行モデルが気に入っている方は、購入を急いだ方が良いかもしれませんよ!?

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント