You Tube始めました!ひつじ茶屋のコンテンツを動画でお楽しみください!
スポンサーリンク

ミニバンで維持費が安いのは?セレナ/ステップワゴン/ヴォクシー実燃費・維持費(税金)比較

トヨタ ヴォクシー 内装 インテリア車の比較&試乗記

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

今回は、2022年11月28日にフルモデルチェンジが行われた新型日産「セレナ」、2022年5月26日にフルモデルチェンジが行われた新型ホンダ「ステップワゴン」、2022年1月13日にフルモデルチェンジが行われた新型トヨタ「ノア」・「ヴォクシー」の実燃費、維持費(税金)を比較してみました

果たして、ミニバンで最も維持費が安いのはどのクルマなのか!?

 

※TOPの写真は、新型「ヴォクシー HYBRID S-G」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型セレナ、ステップワゴン、ノア・ヴォクシーの実燃費・維持費

ホンダ ステップワゴン 新型 メーター
※ステップワゴン e:HEV SPADA

 

新型セレナ、ステップワゴン、ノア・ヴォクシーの実燃費

まずは、新型「セレナ」、「ステップワゴン」、「ノア」・「ヴォクシー」の実燃費からみていきましょう。

※実燃費は季節や使用環境により異なります。
※以下はドライバーが投稿した実燃費の平均値となります。

 

■ハイブリッド車

  • セレナ 1.4L e-POWER:14.46km/L(WLTCモード:20.6km/L)
  • ステップワゴン 2.0L e:HEV:14.80km/L(WLTCモード:20.0km/L)
  • ノア・ヴォクシー 1.8Lハイブリッド:16.02km/L(WLTCモード:23.4km/L)

■ガソリン車

  • セレナ 2.0Lガソリン:9.86km/L(WLTCモード:13.4km/L)
  • ステップワゴン 1.5Lガソリンターボ:10.55km/L(WLTCモード:13.9km/L)
  • ノア・ヴォクシー 2.0Lガソリン:11.71km/L(WLTCモード:15.1km/L)

 

上記のとおり、WLTCモードでも実燃費でも、ハイブリッド車でもガソリン車でも、最も優れているのは新型「ノア」・「ヴォクシー」となっています。

ガソリン車もハイブリッド車も新型「セレナ」や「ステップワゴン」よりも1.0km/L~2.0km/L程度優れています。

次いで優れているのは新型「ステップワゴン」となっていますが、新型「セレナ」との差は限定的です。

 

ガソリン車の市街地モード(WLTCモード)に各車9.0km/L~11.0km/L程度となっているため、実燃費との差は限定的です。

一方、ハイブリッド車の市街地モード(WLTCモード)は各車19.0km/L~23.0km/L程度となっているため、実燃費との差は非常に大きくなっています。

ハイブリッド車オーナーの筆者としては、ハイブリッド車の実燃費は市街地モードに近い値になる印象があります。

そのため、ハイブリッド車は上記の数値よりもう少し良くできると考えています。

 

新型セレナ、ステップワゴン、ノア・ヴォクシーの維持費

次は、新型「セレナ」、「ステップワゴン」、「ノア」・「ヴォクシー」の維持費をみてみましょう。

前述の実燃費と自動車税を基に、ガソリン代が160円、年間走行距離が7,000kmの場合で算出します。

 

■ハイブリッド車

  • セレナ 1.4L e-POWER:107,955円(ガソリン代77,455円+自動車税30,500円)
  • ステップワゴン 2.0L e:HEV:111,676円(ガソリン代75,676円+自動車税36,000円)
  • ノア・ヴォクシー 1.8Lハイブリッド:105,913円(ガソリン代69,913円+自動車税36,000円)

■ガソリン車

  • セレナ 2.0Lガソリン:149,590円(ガソリン代113,590円+自動車税36,000円)
  • ステップワゴン 1.5Lガソリンターボ:136,661円(ガソリン代106,161円+自動車税30,500円)
  • ノア・ヴォクシー 2.0Lガソリン:131,645円(ガソリン代95,645円+自動車税36,000円)

 

上記のとおり、最も年間の維持費が安いのは新型「ノア」・「ヴォクシー」のハイブリッド車です。

ただ、次いで安い新型「セレナ」のe-POWER車との差は僅か2,041円です。

燃費性能で劣る新型「セレナ」のe-POWER車ですが、その点は自動車税の安さでカバーしています。

 

ガソリン車で最も年間の維持費が安いのは新型「ノア」・「ヴォクシー」です。

ガソリン代が唯一年間10万円を下回っています。

ガソリン車の場合、自動車税が安い新型「ステップワゴン」が「ノア」・「ヴォクシー」に次いで安くなっており、その差は5,016円となっています。

年間走行距離が3,000kmなど極端に少ない場合、新型「ノア」・「ヴォクシー」と「ステップワゴン」の維持費の差は1,000円を下回ります。

一方、新型「セレナ」の維持費は「ノア」・「ヴォクシー」より年間2万円近く高いなっています。

最も維持費が安い新型「ノア」・「ヴォクシー」のハイブリッド車と、新型「セレナ」のガソリン車を比較すると、年間5万円近い差があります。

加速性能も含め、新型「セレナ」のガソリン車は最も魅力のないパワートレインといえるかもしれません。

ミニバン最速は!?セレナ・ステップワゴン・ヴォクシー加速比較
2022年11月28日に発売された新型日産「セレナ」、新型ホンダ「ステップワゴン」、新型トヨタ「ノア」・「ヴォクシー」の加速性能を徹底比較!ミニバン最速はどのクルマ!?

 

ハイブリッド車にしてもガソリン車にしても、燃費性能の優れているクルマは走行距離が多いほどコストメリットがあります。

そのため、年間走行距離が少ないユーザーは初期費用の安いガソリン車を選択するのもアリだと思います。

ちなみに、ガソリン車は高速域での燃費性能が最も優れており、ハイブリッド車との差が大きく縮まるため、高速道路の走行が多い場合はトータルコストでガソリン車の方が安くなる可能性もあるでしょう。

 

スポンサーリンク

新型セレナ、ステップワゴン、ノア・ヴォクシーの見積もり額・値引き額

日産 セレナ 新型 メーター
※セレナ ハイウェイスターV

最後に、新型「セレナ」、「ステップワゴン」、「ノア」・「ヴォクシー」の見積り額をみていきましょう。

 

新型セレナの乗り出し価格、値引き額

■e-POWER車

  • X:約354万円
  • XV:約386万円
  • ハイウェイスターV:約405万円
  • LUXION(ルキシオン):約470万円

■ガソリン車

  • X:約324万円
  • XV:約360万円
  • ハイウェイスターV:約378万円

 

上記は、オプションに下位グレードならプラズマクラスター搭載オートエアコンやリヤオートエアコンのセットオプション、アラウンドビューモニターやインテリジェントルームミラーのセットオプション、中間グレードならNissanConnectナビゲーションシステムのセットオプション(プロパイロットパーキングなし)、全グレードにフロアカーペットを設定した場合の全込み価格です。

オプション総額は55万円前後となっています。
※LUXION(ルキシオン)はフロアカーペット代(約6.6万円)のみ

オプション総額が高い印象もありますが、先進装備が豊富で、セットオプション設定により高額になりやすいトヨタ「ノア」・「ヴォクシー」よりは安めだといえます。

上記の他、メンテナンスパックは毎年点検代を払うよりお得なため付けるべきかと思いますが、メンテナンスパックの価格は“先に払っているだけ”なため、上記の価格からは抜いています。

気になる値引き額は30万円でした。時期によってはもっと引き出すことも可能でしょう。

【新型 日産セレナ オプション】おすすめアクセサリー5選!
2022年11月28日にフルモデルチェンジが行われた新型日産「セレナ」のおすすめオプション・アクセサリーをご紹介します。果たして新型「セレナ」に必要なオプションとは!?

 

新型ノア・ヴォクシーの乗り出し価格、値引き額

■ハイブリッド車

  • 「ノア G」:約390万円
  • 「ノア Z」:約415万円
  • 「ノア S-G」:約395万円
  • 「ノア S-Z」:約425万円
  • 「ヴォクシー S-G」:約400万円
  • 「ヴォクシー S-Z」:約430万円

■ガソリン車

  • 「ノア G」:約360万円
  • 「ノア Z」:約390万円
  • 「ノア S-G」:約367万円
  • 「ノア S-Z」:約400万円
  • 「ヴォクシー S-G」:約370万円
  • 「ヴォクシー S-Z」:約405万円

 

上記は、アドバンストドライブやアドバンストパーク、アダプティブハイビームシステムなどの先進安全装備、ハンズフリースライドドアやパワーバックドア、オットマンなどの快適装備、ディスプレイオーディオPlus(10.5インチナビ)、マットなど、オプションをフルで設定した場合の価格です。

オプション総額は68万円~75万円と非常に高額になっています。

もちろん、ライバルのホンダ「ステップワゴン」や日産「セレナ」より高額です。

「ノア」・「ヴォクシー」は、先進装備が豊富に設定できる点は非常に魅力的ですが、セットオプション設定により価格が釣り上げられる点が大きな欠点だと考えます。

上記の他、メンテナンスパックは毎年点検代を払うよりお得なため付けるべきかと思いますが、メンテナンスパックの価格は“先に払っているだけ”なため、上記の価格からは抜いています。

気になる値引き額は30万円でした。時期によってはもっと引き出すことも可能でしょう。

【新型ノア・ヴォクシー オプション】おすすめオプション8選!
2022年1月13日にフルモデルチェンジが行われたトヨタ「ノア」・「ヴォクシー」のおすすめオプションをご紹介!果たして、ノア・ヴォクシーに必要なオプションとは!?

 

新型ステップワゴンの乗り出し価格、値引き額

■ハイブリッド車

  • 「AIR(エアー)」:約359円
  • 「SPADA(スパーダ)」:約385万円
  • 「SPADA PREMIUM LINE(スパーダ プレミアム ライン)」:約405万

 

■ガソリン車

  • 「AIR(エアー)」:約328万円
  • 「SPADA(スパーダ)」:約354万円
  • 「SPADA PREMIUM LINE(スパーダ プレミアム ライン)」:約380万

 

上記は、オプションに11.4インチHonda CONNECTナビ、マット、ETC車載器、を設定した場合の価格です。

オプション総額は39万円となっています。

先進装備が豊富で、セットオプション設定により高額になりやすいトヨタ「ノア」・「ヴォクシー」、「セレナ」と比較すると、オプション総額は安目だといえます。

上記の他、メンテナンスパックは毎年点検代を払うよりお得なため付けるべきかと思いますが、メンテナンスパックの価格は“先に払っているだけ”なため、上記の価格からは抜いています。

気になる値引き額は30万円でした。時期によってはもっと引き出すことも可能でしょう。

ただ、「ノア」・「ヴォクシー」や「セレナ」と比較すると、値引きが引き出しにくい印象があります。

とはいえ、先進安全装備が少ない分、価格の安さでは新型「ステップワゴン」が最も優れているといえるでしょう。

【新型ステップワゴン オプション】おすすめオプション7選!
こんにちは!青空ひつじ(♂)です。 今回は、2022年5月26日にフルモデルチェンジが行われた新型ホンダ「ステップワゴン」を長距離試乗、徹底分析した上で、おすすめオプション・不要なオプションをご紹介します。 果たして、新型「ステップワゴン」...

 

いずれにしても、全込み300万円以上、場合によっては500万円以上する価格となりますので、決して安いクルマではありません。

新型「セレナ」、「ステップワゴン」、「ノア」・「ヴォクシー」を少しでも安く、お得に購入したい方は“新車同様の中古車”も検討してみましょう。

新車だと納車を半年から1年以上待たないといけない場合もありますが、中古車なら新車と異なり“すぐに納車される”ことも大きな魅力です。

“新車同様の中古車”なら、年式2024年、走行距離10km未満、修復歴なしと好条件の「ノア S-Z(ガソリン車)」が約330万円で、「セレナ ハイウェイスターV(ガソリン車)」が約290万円で、「ステップワゴン SPADA(ガソリン車)」なら約270万円で買えるクルマもありますよ!

 

スポンサーリンク

【PR】車の下取り価格を25万円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を25万円以上高く売ることも可能です!

中古車買取サービスは、他社買取業者より高い買取価格がつく楽天の車買取サービスがおすすめです。

 

■楽天の車買取サービスが高価買取できる理由
楽天の車買取サービスが高価買取できる理由は、楽天が主催するネットオークションに車を直接出品するため、中間コストをカットできることにあります。

そのため、ディーラーの下取りや他社買い取り業者より高い買取価格がつく可能性が高くなっているのです。

実際の高価買取実績は楽天Car車買取HPにて掲載しているため、気になる方は確認してみましょう。

 

■楽天グループが運営する車買取サービスのため安心
楽天の車買取サービスは、楽天グループの楽天カー株式会社のサービスとなっています。

2023年に発覚したビッグモーターの不正問題など、中古車業界を激震させる事件がありましたが、楽天カー株式会社は売上高が年間1兆円を超えるインターネット関連企業最大手の楽天グループの会社のため、安心感があるといえるでしょう。

 

■査定を受ける回数は1回のみ!個人情報が流れない!
楽天の車買取サービスは、いわゆる一括査定サービスと異なり、査定を受ける回数は1回のみとなっています。

私は一括査定サービスに登録した経験がありますが、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。

個人情報も各社に流れてしまうため、プライバシー保護の観点からみても良くありません。

楽天の車買取サービスは、そういった心配は無用といえるでしょう。

また、査定までの全ての工程を楽天カー株式会社が担当するため、複数の業者と話をする必要はありません。

 

■楽天ポイントが最大5,000ポイントもらえる!
車の売却成立で1,000ポイント、さらにマイカー割のメンバー登録を行うと合計5,000ポイントが貰えます
※進呈される最新のポイント数は楽天Car車買取HPにてご確認ください。

マイカー割は、お得なメルマガが届いたり、車関連のサービスでポイントが追加で貰えたり、車用品などに使えるクーポンが貰えるキャンペーンとなっているため、入って損はありません。

楽天ポイントは売却価格とは一切関係ありませんので、楽天で車を売るだけで5,000円貰えると言っても過言ではありません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のある楽天の車買取サービスで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけば楽天の車買取サービスでそのまま売ってしまっても良いですし、さらに楽天の車買取サービスで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

 

私はスズキ「スペーシア カスタム」を売る際、ディーラーで下取りに出した後に楽天の車買取サービスを知り、「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにも楽天の車買取サービスに出品して、現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう

 

スポンサーリンク

【PR】“新車同様の中古車”なら、新車より60万円以上安い!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも多数あります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は“新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!

また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に1年以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
“新車同様の中古車”を買う場合のメリットは何といってもその「安さ」が魅力ですが、デメリットは「自分の付けたいオプションが選べない」という点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

そのため、中古車を選ぶ際は車のカラー及びメーカーオプションを妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数トップクラスのガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数トップクラスのガリバーがおすすめです。

中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何kmでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

 

気になった車、欲しい車がある方はガリバーに登録して探してもらいましょう!

※中古車の販売金額は申込完了ページには表示されません。登録後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、新型日産「セレナ」、新型ホンダ「ステップワゴン」、新型トヨタ「ノア」・「ヴォクシー」の実燃費、維持費(税金)を比較してみました。

 

前述のとおり、維持費が最も安いのは新型「ノア」・「ヴォクシー」という結果でした。

昨今のトヨタ車は、燃費性能が他を圧倒するレベルとなっており、ミニバンに限らず燃費性能で選ぶならトヨタ車と言っても過言ではありません。

また、予防安全性能の分野でもトップクラスの性能となっており、安全性能を重視する場合でも「ノア」・「ヴォクシー」が最もおすすめだと考えます。

 

今回ご紹介した実燃費や維持費はあくまで参考値のため、乗り方次第で大きく変わります。

維持費が安いからと新型「ノア」・「ヴォクシー」のハイブリッド車を購入しても、急加速や急減速など燃費に悪い走りをしていると全く意味がありません。

燃費の良いクルマを購入して終わりではなく、燃費に良い走り方をして、少しでも維持費を安くなるよう心がけましょう。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント