”新車同様の中古車”なら新車より60万円以上安く買える!
スポンサーリンク

【Cセグメント おすすめ】アクセラ・オーリス・インプレッサを試乗、比較、評価してみた

車の比較&試乗記

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

今回は、スバル インプレッサスポーツ・マツダ アクセラスポーツ・トヨタ オーリスの違いについて、徹底比較・評価(レビュー)します。

私の愛車はインプレッサスポーツですが、インプレッサスポーツ購入前にアクセラスポーツ、オーリスも何度も試乗しました。そんな試乗した際の所感も合わせてご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ボディーサイズの比較


トヨタ「オーリス」公式HPより

アクセラスポーツ、オーリス、インプレッサスポーツ、それぞれのボディーサイズを比較します。

 

・アクセラスポーツ
全長(mm):4,470
全幅(mm):1,795
全高(mm):1,470
ホイールベース(mm):2,700
車両重量(kg):1,260~1,510
最小回転半径(m):5.3

・オーリス
全長(mm):4,330
全幅(mm):1,760
全高(mm):1,480
ホイールベース(mm):2,700
車両重量(kg):1,220~1,400
最小回転半径(m):5.2 ※(「G Package」、「RS Package」は5.4)

・インプレッサスポーツ
全長(mm):4,460
全幅(mm):1,775
全高(mm):1,480
ホイールベース(mm):2,670
車両重量(kg):1,300~1,400
最小回転半径(m):5.3

 

一見すると、各車似たようなボディーサイズですが、微妙に異なります。

全長や全幅が一番大きいのは、アクセラスポーツです。逆に一番小さいのは、オーリス

車両重量は、2WDであるかAWDであるかによっても各車ことなりますが、2WDで一番重いのはインプレッサです。逆に一番軽いのは、オーリスです。

最小回転半径も一番小さいのは、オーリスですね。

 

スポンサーリンク

運転のしやすさ、視界の良さの比較


SUBARU「インプレッサ SPORT」公式HPより

先程の数値だけ見ると、オーリスが一番運転しやすそうにみえます。

しかし、数値だけでは、十分には分かりません。私が試乗した感想も含めて、説明します。

ちなみに、私はインプレッサスポーツを購入する前は、軽自動車に乗っていました。

当時は、免許取りたてで、運転もそこまで上手くなかったので、「運転しやすい」ということにも重点を置いていました。軽自動車からの買い替えを検討中の方、運転が苦手な方は、特に参考にしてみてください。

 

・アクセラスポーツ
インプレッサスポーツの次に試乗したのですが、正直最も運転しにくいと感じました。

原因は、フロントノーズ(ボンネット)が3車の中で最も長いためです。車幅も3車の中で最も大きく、軽自動車乗りだった当時の第一印象としては、最も悪い評価となりました。

正直慣れの問題だとは思いますが、運転しやすい車にこだわる方であれば、アクセラスポーツはおすすめできません。

 

・オーリス
マイナーチェンジ後にすぐ試乗しました。

オーリスは、他の2車と比べて、フロントノーズ(ボンネット)が短く、車幅も若干小さいため、感覚をつかみやすいです。試乗中にリアの視認性までは、確認できませんでした。

同ディーラーにヴィッツも置いてあったので、ヴィッツと比較しましたが、ヴィッツよりは、若干見にくいです。
※オーリス試乗後に乗車したので、「ヴィッツ見やす!」と驚きました(笑)

 

・インプレッサスポーツ
フロントノーズ(ボンネット)は、オーリスに比べて長いものの、フロントガラスの傾斜具合やピラーの位置などは気にならず、圧迫感もなく、かなり見やすいと感じました。購入後も、見にくいと感じたことはありません。

リアについては、基本的にバックカメラを使いますが、見にくいと感じたことはありません。

スバルが「0次安全」と言って主張しているだけあって、視界は良いです。

 

「運転のしやすさ、視界の良さ」については、インプレッサスポーツが◎オーリスが○アクセラスポーツが△です。

 

スポンサーリンク

デザイン(エクステリア、インテリア)の比較


MAZDA「アクセラ」公式HPより

デザイン(エクステリア、インテリア)は、人によって完全に意見が分かれるところだと思います。

 

・アクセラスポーツ



MAZDA「アクセラ」公式HPより

 

・オーリス



トヨタ「オーリス」公式HPより

 

・インプレッサスポーツ



SUBARU「インプレッサ SPORT」公式HPより

 

デザイン(エクステリア、インテリア)については、やはりマツダ アクセラスポーツが同クラスの中で最も質感が高いと感じましたし、そういった意見が多いです。

ただし、インプレッサスポーツも2016年のフルモデルチェンジで、質感はかなり向上しました。

しかし、デザイン(エクステリア、インテリア)は本当に人によって好みが分かれるところなので、購入される方の主観で決めていただくのが1番だと思います。

自分が最もカッコイイと思った車を購入するようにしてください。

 

スポンサーリンク

燃費性能の比較

燃費性能について、比較していきます。同グレードの中で、最も燃費性能の高いもので比較します。

 

・アクセラスポーツ

・1.5Lガソリン(「15S PROACTIVE」他)
20.4km/L(※2WD AT車)

・1.5Lディーゼル(「15XD PROACTIVE」他)
21.6km/L

 

・オーリス

・1.2Lターボ(「120T」)
→19.4km/L

・1.5Lガソリン(150X」)
→19.2km/L(※2WD アイドリングストップ機能装着車)

・1.8Lハイブリッド(「HYBRID」)
30.4km/L

 

・インプレッサスポーツ

・1.6Lガソリン(「1.6i-L EyeSight」)
→18.2km/L(※2WD車)

 

「燃費性能」については、ガソリン車で比較するとアクセラスポーツが◎オーリスが○インプレッサスポーツが△です。

また、アクセラスポーツには、高トルクで燃費性能も良いディーゼル車、オーリスにはガソリン車の約1.5倍の燃費性能であるハイブリッド車があり、ラインナップは豊富です。

 

スポンサーリンク

エンジン性能の比較


MAZDA「アクセラ」公式HPより

エンジン性能について、比較していきます。

その前に「出力」と「トルク」の違いについて、簡単に説明します。

  • 出力:クルマの速さ
  • トルク:クルマの加速力

簡単に書くと、「最高出力」の値が高い車は速く走れる車で、「最大トルク」の値が高い車は加速が速い車ということですね。ただ、エンジンやモーターの特性、空力性能や車両重量などにより加速性能は全く異なりますので、単に”トルクの値が大きいから加速が速い”というわけではありません。

 

・アクセラスポーツ

・1.5Lガソリン(「15S L Package」等)
→最高出力 82kW〈111PS〉/6,000rpm
→最大トルク 144N・m〈14.7kgf・m〉/3,500rpm

・1.5Lディーゼル(「15XD L Package」等)
→最高出力 77kW〈105PS〉/4,000rpm
→最大トルク 270N・m〈27.5kgf・m〉/1,600~2,500rpm

・2.2Lディーゼル(「22XD L Package」等)
→最高出力 129kW〈175PS〉/4,500rpm
→最大トルク 420N・m〈42.8kgf・m〉/2,000rpm

 

・オーリス

・1.5Lガソリン(「150X」 ※2WDの値)
→最高出力 80kW〈108PS〉/6,000rpm
→最大トルク 136N・m〈13.9kgf・m〉/4,800rpm

・1.8Lガソリン(「180S」 ※RSは若干数値が異なります。)
→最高出力 105kW〈143PS〉/6,200rpm
→最大トルク 173N・m〈17.6kgf・m〉/4,000rpm

・1.2Lターボ(「120T」)
→最高出力 85kW〈116PS〉/5,200~5,600rpm
→最大トルク 185N・m〈18.9kgf・m〉/1,500~4,000rpm

・1.8Lハイブリッド(「HYBRID」)
エンジン
→最高出力 73kW〈93PS〉/5,200rpm
→最大トルク 142N・m〈14.5kgf・m〉/4,000rpm
モーター
→最高出力 60kW〈82PS〉
→最大トルク 207N・m〈21.1kgf・m〉

 

・インプレッサスポーツ

・1.6Lガソリン(「1.6i-L EyeSight」)
→最高出力 85kW〈115PS〉/6,200rpm
→最大トルク 148N・m〈15.1kgf・m〉/3,600rpm

・2.0Lガソリン(「2.0i-L EyeSight」、「2.0i-S EyeSight」)
→最高出力 113kW〈154PS〉/6,000rpm
→最大トルク 196N・m〈20.0kgf・m〉/4,000rpm

 

「エンジン性能」について、1.5Lガソリン車(インプレッサスポーツは1.6L)試乗時の感想としては、インプレッサスポーツが最も加速が滑らかで、走っていて楽しいと感じました。

インプレッサスポーツだけ1.6Lなので、ある意味当然かもしれませんが、個人的にはスバルのリニアトロニックが大変気に入りました。

オーリスについては、最も普通だと感じました。1.2Lターボ車やハイブリッド車もありますが、価格も高く、「その金額を出すなら、インプレッサスポーツの2.0L車を買いたい!」という印象です。

アクセラスポーツには、高トルクで燃費性能も良いクリーンディーゼルエンジンモデルがあり、これは大変魅力的だと思います。ただし、当然価格も高くなるため、加速性能にお金をかけられる方には、アクセラスポーツは大変おすすめです。

 

スポンサーリンク

ラゲッジスペースの比較


SUBARU「インプレッサ SPORT」公式HPより

ラゲッジスペースについて、比較します。
各車6:4分割可倒となっていますが、積載できる荷物の容量が異なります。

アクセラスポーツが「364L」、オーリスが「360L」、インプレッサスポーツが「385L」となっています。

ラゲッジスペースの広さは、インプレッサスポーツが最も広いということですね。

 

スポンサーリンク

居住性、後部座席の比較

SUBARU「インプレッサ SPORT」公式HPより

車の居住性、後部座席の広さについて、比較します。

まず室内長で比較すると、アクセラスポーツが「1,845mm」、オーリスが「1,830mm」、インプレッサスポーツが「2,085mm」となっています。

また、実際試乗した際の感想としても、インプレッサスポーツが最も後部座席にゆとりがありました。
逆にアクセラスポーツが最も後部座席が狭く、天井も低いため、圧迫感を感じました。

居住性、後部座席の広さは、インプレッサスポーツが最も広いということですね。

 

スポンサーリンク

安全性能の比較


SUBARU「インプレッサ SPORT」公式HPより

安全性能を比較します。
下表に各車の安全装備を整理しています。同機能の装備を同行に示しています。

 

アクセラスポーツオーリスインプレッサスポーツ
アダプティブ・LED・ヘッドライト
ハイ・ビーム・コントロールシステムオートマチックハイビームハイビームアシスト
車線逸脱警報システムレーンディパーチャーアラート車線逸脱警報&先行車発進お知らせ機能
レーンキープ・アシスト・システムアクティブレーンキープ(車線中央維持・車線逸脱抑制)
アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポートプリクラッシュセーフティシステムプリクラッシュブレーキ
AT誤発進抑制制御[前進時][後退時] AT誤発進(後進)抑制制御
スマート・シティ・ブレーキ・サポート[後退時] 後退時ブレーキアシスト
ブラインド・スポット・モニタリング&リア・クロス・トラフィック・アラート スバルリヤビークルディテクション
360°ビュー・モニター+フロントパーキングセンサー サイドビューモニター
交通標識認識システム  
ドライバー・アテンション・アラート ふらつき警報
マツダ・レーダー・クルーズ・コントロールクルーズコントロール全車速追従機能付クルーズコントロール
自動防眩ルームミラー
ステアリング連動ヘッドランプ

・アクセラスポーツ
アクセラスポーツのみある機能がとてもたくさあります。
特に「アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)」(左右4ブロックずつのLEDを個別に自動点灯・消灯)は他車でも中々ない機能で、先進的です。

 

・オーリス
オーリスは、そもそも機能が少なく、衝突回避機能も歩行者を認識できない等、明らかにアクセラスポーツ、インプレッサスポーツよりも劣ります。

また、インプレッサスポーツやアクセラスポーツはカーテン&サイドエアバッグを標準装備しているなかで、オーリスはオプションです。このあたりも、標準にすべきだと思います。

 

・インプレッサスポーツ
インプレッサスポーツは、「全車速追従機能付クルーズコントロール」が「0km/h~」から行えるところ、アイサイトの衝突回避機能の高さ、信頼性の高さが優れています。

さらに自動ブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)で比較すると、インプレッサスポーツだけ自転車や夜の歩行者も検知可能なため優秀です。また、歩行者保護エアバッグを標準装備するなど、他車にはない装備もあります。

 

安全性能は、マツダ アクセラスポーツ、スバル インプレッサスポーツが◎オーリスが△です。

 

スポンサーリンク

価格の比較(アクセラ、オーリスおすすめグレード)

価格について、比較します。

※下記の価格は新車販売当時(消費税8%)の価格です。
※下記の価格は税金などの諸費用を足していませんが、値引き額で概ね相殺されます。

 

アクセラスポーツのおすすめグレード&価格

アクセラスポーツのおすすめグレードは、最も走りが良く、安全機能も全て搭載できる「22XD PROACTIVE」で約280万円、「スマート・ブレーキ・サポート」や「マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール」を加えると約300万円となります。

この価格になると、スバルだとレヴォーグ、トヨタだとプリウス等が競合(ライバル)となってきますので、比較対象からは外します。

 

2.2Lディーゼル車に次いで走りが良くて、安全機能もオプションで全て搭載できる「15XD PROACTIVE」(約245万円)、ガソリン車で安全機能もオプションで全て搭載できる「15S PROACTIVE」(約215万円)もおすすめです。

「スマート・ブレーキ・サポート」や「マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール」を加えると「15XD PROACTIVE」約258万円「15S PROACTIVE」約229万円となります。

 

オーリスのおすすめグレード&価格

オーリスは、アクセラと同じ理由で高価なターボ車とハイブリッド車を比較対象から外すと、ガソリン車の「180S」(約238万円)、「150X S Package」(約209万円)がおすすめです。

「Toyota Safety Sense C」、「アイドリングストップ機能」、「カーテンエアバッグ」等を加えると、「180S」約262万円「150X S Package」約244万円となります。

 

インプレッサスポーツのおすすめグレード&価格

インプレッサスポーツのおすすめグレードは、「1.6i-L EyeSight」(約195万円)、「2.0i-L EyeSight」(約218万円)です。

全ての安全性能、本革巻き等のオプションを加えると、「1.6i-L EyeSight」約238万円「2.0i-L EyeSight」約255万円となります。

 

価格比較 結果

上記の価格を比較すると、アクセラスポーツとインプレッサスポーツが安めなことがわかります。

長く使用することを考慮すると、購入時の諸費用が減税となり、燃費性能が優秀で燃料代が安いアクセラスポーツの1.5Lディーゼル車が最も安くなるでしょう。

 

オーリスやアクセラスポーツを購入したい方、さらに安くお得に購入したい方は、”新車同様の中古車”も検討してみましょう!

 

スポンサーリンク

【おすすめ】新車同様の中古車なら新車より60万円以上安く買える!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも多数あります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は”新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!

また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
新車同様の中古車を買う場合のメリットは何といってもその安さ!ですが、デメリットとしては、自分の付けたいオプションが選べないという点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

なので、中古車選びのポイントは、車のカラー及びメーカーオプションは妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数No1のガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数1位のガリバーがおすすめです。

中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何kmでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

■さらに!9月~10月は”27周年 大創業祭セール”でお得に購入できるチャンス!
ガリバーは、2020年9月1日~2020年10月31日の期間中、創業27周年目を記念した大創業祭セールを開催しています。

期間中は在庫台数25,000台からセール車両が大放出され、お得なクルマを購入しやすくなっています。

ただし、セール車両は先着順につき売り切れる場合があるため、お得に購入したい方はお早めに!

 

気になった車、欲しい車がある方、セール車両を購入したい方は、ガリバーに登録して探してもらいましょう!
※中古車の販売金額は申込完了ページには表示されません。登録後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!

中古車買取サービスは、中古車の買取台数ランキング1位のガリバー無料査定がおすすめです。

買取台数No1なのには、それだけの高価買取実績サービスの良さ信頼性があります。

中古車販売台数も1位でしたが、中古車買取台数も1位のガリバーは、まさに中古車業界の”トヨタ”的存在です。

 

■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由
中古車買取台数が1位ということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。

  • 買取車両の在庫期間を短くする独自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減
  • 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映
  • ディーラーの下取りと異なり、オプションやアクセサリーを買取額にプラス評価!

 

■筆者の一括査定体験談
買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。

上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

何れにしも、無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。

査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

 

私は1台目の軽自動車を売る際、ディーラーで下取りに出し「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにもガリバー無料査定を行い、現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう

※愛車の査定金額は申込完了ページには表示されません。入力後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

乗車人数が少なく、加速性能や維持費の安さを重要視するなら「アクセラスポーツ」がおすすめ、車内の広さ(居住性)や安全性能、運転のしやすさを重視するなら「インプレッサスポーツ」がおすすめ、という結果になりました。

ただ、車購入の最終的な判断基準は、購入される方の好みが最も大事だと考えます。

今回の記事を参考にしていただき、自分が1番ピンときた車を購入するようにしてください。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント