【Cセグメント おすすめ】アクセラ・オーリス・インプレッサを試乗、比較、評価してみた&フルモデルチェンジ(2018)情報

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。
おすすめのCセグメント車をご紹介します。
今回はスバル インプレッサスポーツとよく比較されるマツダ アクセラスポーツとトヨタ オーリスとの違いについて、徹底比較、評価(レビュー)しながらご紹介します。

私の愛車はインプレッサスポーツですが、インプレッサスポーツ購入前にアクセラスポーツ、オーリスも何度も試乗しました。各車それぞれの良さがあり、大変迷いました。
そんな試乗した際の所感も合わせてご紹介します。

まず、各車のボディタイプについては、以下の通り。

  • スバル インプレッサは、ハッチバックタイプのインプレッサスポーツ、
    セダンタイプのインプレッサG4
  • マツダ アクセラは、ハッチバックタイプのアクセラスポーツ、
    セダンタイプのアクセラセダン、及びアクセラハイブリッド
  • トヨタ オーリスは、ハッチバックタイプのみ

また、2017年時点での、各社のマイナーチェンジ情報は、以下の通り。

  • スバル インプレッサは、2017年9月11日にマイナーチェンジ(B型)
  • マツダ アクセラは、2017年9月21日にマイナーチェンジ
  • トヨタ オーリスは、2015年4月6日にマイナーチェンジ

スバルとマツダは毎年マイナーチェンジを行います。
オーリスは2016年4月18日にハイブリッドモデルが追加されています。

ちなみに、オーリスはカローラスポーツとして2018年6月にフルモデルチェンジされました。
アクセラは2019年頃にフルモデルチェンジを行うという情報もあります。
現在入ってきているフルモデルチェンジ情報も、最後にご紹介します。

それでは、アクセラ、オーリス、インプレッサの違いについて、順番に解説していきます。

スポンサーリンク

Cセグメントとは


インプレッサやアクセラ、オーリスなどは、Cセグメントとよばれる分類に該当します。

セグメントとは、車の分類のことで、A~Jのアルファベットで表記され、後半になるほど大型、高級な車となります。

Cセグメントとは、全長4350mm〜4600mmのセダンまたはステーションワゴン、全長4200mm〜4500mmのハッチバックが該当します。
ただし、明確な数値基準はないようです。

人気セグメントの代表的な車種は、以下のとおりです。

  • Aセグメント:ホンダ N-BOX、ダイハツ タントなどの軽自動車
  • Bセグメント:トヨタ アクア、ホンダ フィットなどのコンパクトカー
  • Cセグメント:マツダ アクセラ、トヨタ オーリス、スバル インプレッサ、フォルクスワーゲン ゴルフ、トヨタ プリウスなど
  • Dセグメント:トヨタ ヴォクシー、日産 セレナ、トヨタ カムリ、スバル レガシィなど
  • Eセグメント:トヨタ アルファード、ホンダ オデッセイ、トヨタ クラウンなど
  • Sセグメント:スポーツカー
  • Jセグメント:ホンダ ヴェゼル、トヨタ C-HRなどのSUV

ボディーサイズの比較


トヨタ「オーリス」公式HPより

アクセラスポーツ、オーリス、インプレッサスポーツ、それぞれのボディーサイズを比較します。

・アクセラスポーツ
全長(mm):4,470
全幅(mm):1,795
全高(mm):1,470
ホイールベース(mm):2,700
車両重量(kg):1,260~1,510
最小回転半径(m):5.3

・オーリス
全長(mm):4,330
全幅(mm):1,760
全高(mm):1,480
ホイールベース(mm):2,700
車両重量(kg):1,220~1,400
最小回転半径(m):5.2 ※(「G Package」、「RS Package」は5.4)

・インプレッサスポーツ
全長(mm):4,460
全幅(mm):1,775
全高(mm):1,480
ホイールベース(mm):2,670
車両重量(kg):1,300~1,400
最小回転半径(m):5.3

一見すると、各車似たようなボディーサイズですが、微妙に異なります。

全長や全幅が一番大きいのは、アクセラスポーツです。
逆に一番小さいのは、オーリス

車両重量は、2WDであるかAWDであるかによっても各車ことなりますが、2WDで一番重いのはインプレッサです。
逆に一番軽いのは、オーリスです。

最小回転半径も一番小さいのは、オーリスですね。

運転のしやすさ、視界の良さの比較


SUBARU「インプレッサ SPORT」公式HPより

先程の数値だけ見ると、オーリスが一番運転しやすそうにみえます。
しかし、数値だけでは、十分には分かりません。
私が試乗した感想も含めて、説明します。

ちなみに、私はインプレッサスポーツを購入する前は、軽自動車に乗っていました。
当時は、免許取りたてで、運転もそこまで上手くなかったので、「運転しやすい」ということにも重点を置いていました。
軽自動車からの買い替えを検討中の方、運転が苦手な方は、特に参考にしてみてください。

・アクセラスポーツ
インプレッサスポーツの次に試乗したのですが、正直最も運転しにくいと感じました。
原因は、フロントノーズ(ボンネット)が3車の中で最も長いためです。
車幅も3車の中で最も大きく、軽自動車乗りだった当時の第一印象としては、最も悪い評価となりました。

正直慣れの問題だとは思いますが、運転しやすい車にこだわる方であれば、アクセラスポーツはおすすめできません。

・オーリス
マイナーチェンジ後にすぐ試乗しました。
オーリスは、他の2車と比べて、フロントノーズ(ボンネット)が短く、車幅も若干小さいため、感覚をつかみやすいです。
試乗中にリアの視認性までは、確認できませんでした。

同ディーラーにヴィッツも置いてあったので、ヴィッツと比較しましたが、ヴィッツよりは、若干見にくいです。
※オーリス試乗後に乗車したので、「ヴィッツ見やす!」と驚きました(笑)
ですが、オーリスの視界の良さも問題ありません。

・インプレッサスポーツ
フロントノーズ(ボンネット)は、オーリスに比べて長いものの、フロントガラスの傾斜具合やピラーの位置などは気にならず、圧迫感もなく、かなり見やすいと感じました。

購入後も、見にくいと感じたことはありません。
リアについては、基本的にバックカメラを使いますが、見にくいと感じたことはありません。
スバルが「0次安全」と言って主張しているだけあって、視界は良いです。

「運転のしやすさ、視界の良さ」については、インプレッサスポーツが◎オーリスが○アクセラスポーツが△です。

デザイン(エクステリア、インテリア)の比較


MAZDA「アクセラ」公式HPより

デザイン(エクステリア、インテリア)は、人によって完全に意見が分かれるところだと思います。

・アクセラスポーツ



MAZDA「アクセラ」公式HPより

・オーリス



トヨタ「オーリス」公式HPより

・インプレッサスポーツ



SUBARU「インプレッサ SPORT」公式HPより

デザイン(エクステリア、インテリア)については、やはりマツダ アクセラスポーツが同クラスの中で最も質感が高いのかなと感じましたし、そういった意見が多いです。
ただし、インプレッサスポーツも2016年のフルモデルチェンジで、質感はかなり向上しました。

しかし、デザイン(エクステリア、インテリア)は本当に人によって好みが分かれるところなので、購入される方の主観で決めていただくのが1番だと思います。

自分が最もカッコイイと思った車を購入するようにしてください。

燃費性能の比較

燃費性能について、比較していきます。
同グレードの中で、最も燃費性能の高いもので比較します。

・アクセラスポーツ

・ガソリンエンジンモデル
(「15S L Package」、「15S PROACTIVE」、「15S」、「15C」)
20.4km/L(※2WD AT車)

・ディーゼルエンジンモデル
(「15XD L Package」、「15XD PROACTIVE」、「15XD」)
21.6km/L

・オーリス

・ガソリンエンジンモデル(「120T」)
→19.4km/L

・ガソリンエンジンモデル(150X」)
→19.2km/L(2WD アイドリングストップ機能装着車)

・ハイブリッドモデル(「HYBRID」)
30.4km/L

・インプレッサスポーツ

・ガソリンエンジンモデル
(「1.6i-L EyeSight」)
→18.2km/L(※2WD)

「燃費性能」については、ガソリンモデルで比較するとアクセラスポーツが◎オーリスが○インプレッサスポーツが△です。

また、アクセラスポーツには、高トルクで燃費性能も良いクリーンディーゼルエンジンモデル、
オーリスには、ガソリンモデルの約1.5倍の燃費性能のハイブリッドモデルがあり、ラインナップは豊富です。

エンジン性能の比較


MAZDA「アクセラ」公式HPより

エンジン性能について、比較していきます。
各車ガソリン1.5Lモデル(インプレッサスポーツは1.6L)に試乗比較した感想も記述します。

その前に「出力」と「トルク」の違いについて、簡単に説明します。

  • 出力:クルマの速さ
  • トルク:クルマの加速力

簡単に書くと、「最高出力」の値が高い車は、速く走れる車で、「最大トルク」の値が高い車は、加速が早い車ということですね。

高排気量のエンジンになればなるほど、出力とトルクの値が大きくなります。
ディーゼルエンジンやターボエンジンは、低回転域からトルクの値が大きいのが特徴です。
すぐにブーン!って走れるってことですね。

・アクセラスポーツ

・ガソリンエンジンモデル(「15S L Package」等)
→最高出力 82kW〈111PS〉/6,000rpm
→最大トルク 144N・m〈14.7kgf・m〉/3,500rpm

・ディーゼルエンジンモデル(「15XD L Package」等)
→最高出力 77kW〈105PS〉/4,000rpm
→最大トルク 270N・m〈27.5kgf・m〉/1,600-2,500rpm

・ディーゼルエンジンモデル(「22XD L Package」等)
→最高出力 129kW〈175PS〉/4,500rpm
→最大トルク 420N・m〈42.8kgf・m〉/2,000rpm

・オーリス

・ガソリンエンジンモデル(「150X」 ※2WDの値)
→最高出力 80kW〈108PS〉/6,000rpm
→最大トルク 136N・m〈13.9kgf・m〉/4,800rpm

・ガソリンエンジンモデル(「180S」 ※RSは若干数値が異なります。)
→最高出力 105kW〈143PS〉/6,200rpm
→最大トルク 173N・m〈17.6kgf・m〉/4,000rpm

・ガソリンエンジンモデル(「120T」)
→最高出力 85kW〈116PS〉/5,200~5,600rpm
→最大トルク 185N・m〈18.9kgf・m〉/1,500~4,000rpm

・ハイブリッドモデル(「HYBRID」)
エンジン
→最高出力 73kW〈93PS〉/5,200rpm
→最大トルク 142N・m〈14.5kgf・m〉/4,000rpm
モーター
→最高出力 60kW〈82PS〉
→最大トルク 207N・m〈21.1kgf・m〉

・インプレッサスポーツ

・ガソリンエンジンモデル(「1.6i-L EyeSight」)
→最高出力 85kW〈115PS〉/6,200rpm
→最大トルク 148N・m〈15.1kgf・m〉/3,600rpm

・ガソリンエンジンモデル(「2.0i-L EyeSight」、「2.0i-S EyeSight」)
→最高出力 113kW〈154PS〉/6,000rpm
→最大トルク 196N・m〈20.0kgf・m〉/4,000rpm

「エンジン性能」について、ガソリン1.5Lモデル(インプレッサスポーツは1.6L)試乗時の感想としては、インプレッサスポーツが最も加速が滑らかで、走っていて楽しいと感じました。

インプレッサスポーツだけ1.6Lなので、ある意味当然かもしれませんが、個人的にはスバルのリニアトロニックが大変気に入りました。

オーリスについては、最も普通に感じました。
1.2Lターボモデルやハイブリッドモデルもありますが、価格も高く、「その金額出すなら、インプレッサスポーツの2.0Lモデルを買う!」という感じです。

アクセラスポーツには、高トルクで燃費性能も良いクリーンディーゼルエンジンモデルがあり、これは大変魅力的だと思います。
「15XD」でもガソリン1.5Lモデルの2倍近いトルクがあり、「22XD」では約3倍!
ただし、当然価格も高くなるため、「高トルク」の部分にお金をかけられる方には、アクセラスポーツは大変おすすめです。

ラゲッジスペースの比較


SUBARU「インプレッサ SPORT」公式HPより

ラゲッジスペースについて、比較します。
各車6:4分割可倒となっていますが、積載できる荷物の容量が異なります。

アクセラスポーツが「364L」、オーリスが「360L」、インプレッサスポーツが「385L」となっています。

ラゲッジスペースの広さは、インプレッサスポーツが最も広いということですね。

居住性、後部座席の比較


SUBARU「インプレッサ SPORT」公式HPより

車の居住性、後部座席の広さについて、比較します。

まず室内長で比較すると、アクセラスポーツが「1,845mm」、オーリスが「1,830mm」、インプレッサスポーツが「2,085mm」となっています。

また、実際試乗した際の感想としても、インプレッサスポーツが最も後部座席にゆとりがありました。
逆にアクセラスポーツが最も後部座席が狭く、天井も低いため、圧迫感を感じました。

居住性、後部座席の広さは、インプレッサスポーツが最も広いということですね。

安全性能の比較


SUBARU「インプレッサ SPORT」公式HPより

安全性能を比較します。
下表に各車の機能を整理しています。同機能を同行に示しています。

アクセラスポーツ オーリス インプレッサスポーツ
アダプティブ・LED・ヘッドライト
ハイ・ビーム・コントロールシステム オートマチックハイビーム ハイビームアシスト
車線逸脱警報システム レーンディパーチャーアラート 警報&お知らせ機能
アクティブレーンキープ(車線中央維持・車線逸脱抑制)
アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート プリクラッシュセーフティシステム プリクラッシュブレーキ
AT誤発進抑制制御[前進時][後退時]   AT誤発進(後進)抑制制御
スマート・シティ・ブレーキ・サポート[後退時]   後退時自動ブレーキシステム
ブラインド・スポット・モニタリング&リア・クロス・トラフィック・アラート   スバルリヤビークルディテクション
360°ビュー・モニター+フロントパーキングセンサー   サイドビューモニター ※ディーラーオプションでセンサー取付可
交通標識認識システム    
ドライバー・アテンション・アラート   - 
マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール クルーズコントロール 全車速追従機能付クルーズコントロール
自動防眩ルームミラー
ステアリング連動ヘッドランプ

・アクセラスポーツ
アクセラスポーツのみある機能がとてもたくさあります。
特に「アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)」(左右4ブロックずつのLEDを個別に自動点灯・消灯)は他車でも中々みない機能で、先進的で驚きました。
「交通標識認識システム」はホンダ、「ドライバー・アテンション・アラート」は外車でみられる機能で、オーリスやインプレッサスポーツにはない機能です。

・オーリス
オーリスは、そもそも機能が少なく、衝突回避機能も歩行者を認識できない等、明らかにアクセラスポーツ、インプレッサスポーツよりも劣ります。

トヨタには、オーリスに設定されている「Toyota Safety Sense C」よりも高機能な「Toyota Safety Sense P」があるのに、オーリスや価格の低い車種には設定されていません(プリウスなどには設定)。
この辺りは、乗車している人間の命を守るための重要な機能なので、「Toyota Safety Sense P」を全車種標準にすべきだと、私は思います。

また、細かいところでいうと、インプレッサスポーツはSRSサイドエアバッグ+SRSカーテンエアバッグ、アクセラスポーツもカーテン&フロントサイドエアバッグを標準装備しているなかで、オーリスはオプションです。このあたりも、標準にすべきだと思います。

・インプレッサスポーツ
インプレッサスポーツは、「全車速追従機能付クルーズコントロール」が「0km/h~」から行えるところ、アイサイトの衝突回避機能の高さ、信頼性の高さが優れています。
さらに自動ブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)で比較すると、インプレッサスポーツだけ自転車や夜の歩行者も検知可能なため優秀です。
また、歩行者保護エアバッグを標準装備するなど、他車にはない装備もあります。

安全性能は、マツダ アクセラスポーツ、スバル インプレッサスポーツが◎オーリスが△です。

価格の比較(アクセラ、オーリスおすすめグレード)

価格について、比較します。

アクセラスポーツのおすすめグレード&価格

マツダ アクセラスポーツのおすすめグレードは、最も走りが良く、安全機能も全て搭載できる「22XD PROACTIVE」ですが、約280万円と税金やその他オプションも含めると300万円を超え、高価です。

この価格になると、スバルだとレヴォーグ、トヨタだとプリウスとかが競合(ライバル)となってきますので、比較対象からは外します。

次に走りが良くて、安全機能もオプションで全て搭載できる「15XD PROACTIVE」は約245万円となります。ガソリンモデルで安全機能もオプションで全て搭載できる「15S PROACTIVE」は約215万円となります。
さらに「スマート・ブレーキ・サポート」や「マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール」を加えると「15XD PROACTIVE」約258万円「15S PROACTIVE」約229万円となります。

オーリスのおすすめグレード&価格

トヨタ オーリスは、アクセラと同じ理由で高価なモデルを比較対象から外すと、ガソリンモデルの「180S」が約238万円、「150X S Package」が約209万円となります。

さらに「Toyota Safety Sense C」や他車では標準装備の「アイドリングストップ機能」や「カーテンエアバッグ」を加えると、「180S」約242万円「150X S Package」約224万円となります。

インプレッサスポーツのおすすめグレード&価格

スバル インプレッサスポーツのおすすめグレードは、「1.6i-L EyeSight」が約195万円、「2.0i-L EyeSight」が約218万円となります。

さらに全ての安全性能や本革巻きなどのオプションを加えると、「1.6i-L EyeSight」約218万円「2.0i-L EyeSight」約235万円となります。

■価格比較 結果

アクセラスポーツ以外はナビを含めていませんので、ナビ代を15万円ほどを足して、1.5Lガソリンモデル(インプレッサスポーツは1.6L)で比較します。
アクセラスポーツの「15S PROACTIVE」229万円
オーリスの「150X S Package」約239万円
インプレッサスポーツの「1.6i-L EyeSight」約233万円となります。

オーリスは安全性能で他車に比べて劣るため、同クラスならアクセラスポーツインプレッサスポーツということになります。

ナビについて追記すると、マツダは自社製のナビ「マツダコネクト」しか選択できません。マツダコネクトの詳細は、ネットで調べてもらえるとわかりますが、あまり好評ではありません。
トヨタのナビは、「T-Connectナビ」のみの選択、
スバルは、一般的に販売されているナビメーカーのナビ(ストラーダ、楽ナビ、サイバーナビ等)を選択することができます。

アクセラ、オーリス(カローラ) フルモデルチェンジ情報

アクセラ、オーリスのフルモデルチェンジ情報について、ご紹介します。


「MAZDA 魁 CONCEPT」公式HPより

・アクセラ
アクセラは、2019年の3月頃にフルモデルチェンジされる見込みです。

東京モーターショー2017で「マツダ 魁 CONCEPT」と呼ばれる「SKYACTIV-X」が搭載された次世代型のハッチバック車が紹介されており、次期アクセラではないかと噂されています。

また、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの長所をともに備えたともいうべき新型エンジン「SKYACTIV-X」は、2018年2月にイタリアのミラノで、将来性が期待される自動車技術に贈られる「Q Global Tech Award」を受賞しています。
新しいエンジンはかなり期待できそうです。

そんな「SKYACTIV-X」のエンジン本体の排気量は2ℓとなりそうで、素晴らしい燃費性能を実現します。

さらに、発進時にモーターアシストするマイルドハイブリッドシステムを組み合わせることで、現行(2018年時点)アクセラのハイブリッドを上回る燃費を実現するとのこと!!

これまではトヨタのハイブリッドシステム「THS」を用いていましたが、マツダ独自のハイブリッドシステムへと移行するようです。


トヨタ公式HPより

・オーリス(カローラ)
次期オーリス(カローラ)は、トヨタ新世代プラットフォームTNGAを採用して、2018年中にフルモデルチェンジを行います。

■第88回ジュネーブ国際モーターショー情報
2018年3月6日から開催された「第88回 ジュネーブ国際モーターショー」で新型オーリスが公開されました。

パワートレーンは、従来モデルよりある1.2リッターのガソリンエンジン搭載モデルのほか、122HPを発生する1.8リッターエンジン、または180HPを発生する2.0リッターエンジン搭載のハイブリッドモデルを設定するとのこと。

全長は40mm長くなり、全幅は30mm広く、全高は25mm低くなり、ルーフやピラーがブラックになる2トーンカラーもオプションで設定されるそうです。


トヨタ公式HPより

■ニューヨーク国際モーターショー2018情報
2018年3月30日から開催された「ニューヨーク国際モーターショー2018」で新型カローラハッチバック(現オーリス)が公開されました。

アメリカでは「カローラiM」の後継モデルとして2018年夏より発売されます。
日本でも2018年初夏よりトヨタ カローラ店より販売を開始する予定です。

新しいカローラハッチバック(現オーリス)の特徴は、以下のとおりです。

1.新しいプラットフォーム
新しいプラットフォーム「TNGA(Toyota New Global Architecture)のGA-Cプラットフォーム」の採用。
エクステリアのデザインコンセプトは「シューティングロバスト」。

TNGAのプラットフォームにより、現行型よりも全高を25mm低く、全幅は30mm広く、全長・ホイールベースは40mm長くなります。

■主要諸元

ホイールベース 2,640mm(現行型+40mm)
全長 4,370mm(現行型+40mm)
全幅 1,790mm(現行型+30mm)
全高 1,435mm(現行型-25mm)

2.新型エンジン
新型直列4気筒直噴エンジン「Dynamic Force Engine(2.0L)」、世界初の発進用ギヤを採用した新型無段変速機(CVT)「Direct Shift-CVT」、新型6速マニュアルトランスミッションを採用。

3.第2世代型「Toyota Safety Sense」
第2世代型の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を標準搭載(以下着色は新機能)
歩行者検知(昼間・夜間)、自転車検知(昼間)を行い衝突回避支援または被害軽減を図る「プリクラッシュセーフティ」、
・前方車両の追従走行を支援する「レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付き)」
レーダークルーズコントロール作動時に車線維持に必要な運転操作の支援を行う「レーントレーシングアシスト(LTA)」
・車線逸脱による事故予防に貢献するステアリング制御機能付き「レーンディパーチャーアラート(LDA)」
・夜間の前方視界確保を支援する「オートマチックハイビーム(AHB)」
カメラで認識した道路標識をマルチインフォメーションディスプレイに表示する「ロードサインアシスト(RSA)」

新しいエンジンの採用によって、燃費性能の向上とスムーズで力強い走りを実現したとのこと。とても期待できそうですよね。

また、「Toyota Safety Sense」が第2世代型となったことで、夜間での歩行者検知や自転車の検知、クルーズコントロール時のハンドルアシストや道路標識の自動認識など、従来の「Toyota Safety Sense」から機能がかなり増加しています。
予防安全の面では、他社より少し遅れをとっていた面もありましたので、これも楽しみですね。

以降の最新情報は以下の記事でまとめていますので、是非読んでみてください。

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。 今回は他の記事でも度々紹介していた、新型カローラハッチバック(カローラスポーツ)の最新情...

カローラスポーツに試乗してみました。
以下の記事で各国産Cセグメント車と比較する形でご紹介していますので、是非読んでみてください。

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。 今回は、おすすめのCセグメント車をご紹介します。 今回の車種は2018年6月26日に発...

カローラアクシオ、カローラフィールダーのフルモデルチェンジ情報


トヨタ「カローラスポーツ」公式HPより

※上記はカローラ ツーリング スポーツ(カローラフィールダー)の写真
セダンのアクシオとワゴンのフィールダー(カローラ ツーリング スポーツ)もカローラスポーツから遅れて2019年にフルモデルチェンジとなりそうです。
両モデルともプラットフォームはTNGAとなり、パワートレインはカローラスポーツ(1.2Lターボエンジン&1.8Lハイブリッド)と共有することになると予想されます。

さらにカローラ ツーリング スポーツには、システム最高出力180PSの2.0Lハイブリッドモデルもラインナップされます。

カローラ スポーツと比べて、ホイールベースは2640mmから60mm延長の2700mmとなり、前後シート間の距離を928mmに延長ラゲッジスペースも598L(VDA方式)に拡大されます。

【おすすめ】新車同様の中古車なら新車より60万円以上安く買える!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

しかも、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも普通にあります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は、新車同様の中古車を探してみるという選択肢も大いにありだと思いませんか。

さらに中古車の場合は、納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。
人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

新車同様の中古車を買う場合のメリットは何といってもその安さ!ですが、デメリットとしては、自分の付けたいオプションが選べないという点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

なので、中古車選びのポイントは、車のカラー及びメーカーオプションは妥協しないようにしましょう。

中古車の検索は、中古車業界でここ数年ダントツ1位のガリバーで1度調べてみましょう。
中古車業界の最大手で知名度も高く、信頼性が高いためおすすめです。
中古車は基本的に1台限りのものですので、以前見つけた良い車も、早く問合せしないと売れてしまう可能性もあります。
気になった車はすぐに見積り問合せをしてみましょう!



・ガリバー 公式HP

【おすすめ】下取り価格をアップさせるコツ!


ユーカーパック公式HPより

私は1台目の軽自動車を売る際、ディーラーでそのまま下取りに出し、大変後悔しました。

というのも、一括査定で査定をまとめて行えば、価格が上がるのは知っていたのですが、実際登録した途端、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい体験をしたため、諦めたのです。

しかし、その後Ucar査定なら上記の様な鬱陶しいこともなく、ディーラーよりも高値で売れることを知りました!!

ということで、私の愛車「インプレッサスポーツ」(購入2年、走行距離2万km程度)の現在の価格がいくらなのか調べてみました!

トヨタで試乗をした際に「インプレッサスポーツ」の下取り価格もみてもらったところ、
提示された価格が「91万円」でした。

そしてUcar査定で提示された価格が…「124万円!!」でした。

なんと33万円も高かったのです!!

これだけの差があることに愕然としました。

「ディーラーなんぼほど安いねん」と…

さらに他の一括査定サービスと比べて、Ucar査定は以下のメリットがあります。

■高く売れる確率が高い
一括査定の場合は多くて最大10社の競りですが、ユーカーパックなら最大2,000社が競って入札するので、一括査定よりも車が高く売れる可能性が高いです。

■営業電話が来ない
一括査定の場合、一度の申込で最大10社の買取業者から査定を受けることができますが、その分10社からの電話に対応し、10社の査定時間を確保する必要があります。
ユーカーパックなら上記の様なことがなく、かつ最大2,000社から入札を受けることができます。

■個人情報が流れない
ユーカーパックで査定を受けると最大2,000社から入札を受けることが可能ですが、2,000社に流れるのは、あくまで車両情報のみで個人情報は流れません。

■査定は提携ガソリンスタンドか自宅で1回のみ
査定はユーカーパックの査定提携店(ガソリンスタンド)や出張査定で一度受ければOK!
家に査定員が来て欲しくない場合は、お近くの査定提携店(ガソリンスタンド)で査定可能です。近くに査定提携店がない場合や、出向くのが面倒な場合は出張査定でぜひ査定を受けてみてください。

私のような後悔をしないためにも、車を下取りに出す場合は、Ucar査定がおすすめです!
査定を行い、現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう

査定だけならもちろん無料なので、あなたの車の価格がいくらなのか、是非チェックしてみましょう。

Ucar査定
・ユーカーパック 公式HP

中古車業界No1、最大手のガリバーもおすすめ!

中古車業界を買取台数のランキングでみると、ここ数年ダントツでガリバーが1位です。
中古車業界の最大手で知名度も高く、信頼性が高いためおすすめです。
ガリバーでの査定ももちろん無料です。


・ガリバー 公式HP

あなたの車の価格が今いくらなのか!?
無料でチェックしましょう

あなたの車の価格が今いくらなのか!?を把握しておくことは大切です。
もし高価で買い取りできた場合は、維持費の安い最新の車に乗り換えた方が長い目でみると安くなる可能性が高いからです。
上記でご紹介したUcar査定ガリバー無料で査定できますので、是非チェックしてみましょう!

もし買取価格がつかない様な事故車でも売却できる!


タウ公式HPより

ディーラーや中古車サービスでも買取価格がつかなかった場合、お金を払って廃車にしなくてはならない・・・なんてことはありません!大丈夫です。

以下の様な理由からです。

  • 日本で中古車として販売できない場合でも、海外なら価値がある場合がある
  • 車としてはボロボロでも、パーツ(エンジン、カーナビ等)には価値がある
  • そもそも車の素材(鉄)に価値がある

買い取ってもらえるだけでなく、車検時にまとめて支払っている自動車重量税や自動車税、自賠責保険も帰ってきます。

そこで事故車買取シェア圧倒的1位の株式会社タウがおすすめです。
売上高230億円(2017年9月末)の最大手であり、古くから事故車買取を行っているパイオニア的な企業、累計買取68万台を突破した実績もあり、安心です。

さらに他社と比較しても買取価格が高く、日本全国対応可能で、レッカー代などの手数料もすべて無料です。出張査定も無料で、大破した事故車でも売却可能、とりあえず査定するだけもOKです。

さらに高く売るためのコツとして、業界の繁忙期である12月~3月は避けて、閑散期である5月~7月を狙いましょう。高く買い取ってもらえる可能性が高くなるため、おすすめですよ。

お金を払って廃車なんてもったいないので、少しでもお金に変えて、車購入にあてましょう!



株式会社タウ

【おすすめ】自動車保険一括見積もりを試してみたら『1万円/年』安くなった!

自動車保険は1年契約の商品はほとんどだと思います。
満期が近い方は是非無料の自動車保険一括見積もりサービスを利用して、あなたにとって1番お得な保険会社を選びましょう。

私も実際無料の自動車保険一括見積もりサービスを試してみました。
それまで「ソニー損保」で”車両保険なし”で約4万円だった内容を、「イーデザイン損保」に変更したところ、同額の約4万円で”車両保険付き”にすることができました。
仮に「イーデザイン損保」で”車両保険なし”とした場合だと、年間1万円安い約3万円にすることもできました。

保険料は、車種や走行距離、事故暦や、現在の等級、免許証の色、乗られる方の年齢等々によって計算されます。

そのため「常にこの保険会社が安い」という事はありません!

現在の各種状況によって、一番安い保険会社は異なります。
そこで複数の保険会社から見積もりを取れば、現在の状況に合った一番安くてお得な保険会社がわかります

ちなみに私が試したのは「SBIホールディングスのインズウェブ」。
インズウェブなら最短5分で、最大20社の見積もりが、一度に取り寄せられます。
各社の保険料、補償内容、サービスなどを簡単に比較して選ぶことができます。
もちろんサービスはすべて無料!

同じサービスなら少しでも安くして、お金を節約しましょう。
浮いたお金で車のパーツを買ったり、外食したり、貯金にまわしたりするなど、賢く保険を利用しましょう。


無料の自動車保険一括見積もりサービス

まとめ

乗車人数が少なく、トルクや燃費にこだわる人は、「アクセラスポーツ」がおすすめ、
居住性の重視し、安全性能や走り、運転のしやすさにこだわる人は、「インプレッサスポーツ」がおすすめ、という結果になりました。

ただ、車購入の最終的な判断基準は、購入される方の好みが最も大事です。
今回の記事を参考にしていただき、自分が1番ピンときた車を購入するようにしてください。

今回ご紹介した車が気になった方は、是非1度見積もりをとってみてください。
以下のリンクより、最短60秒で入力できる簡単見積もりが可能です。もちろん無料です。
・アクセラスポーツ見積もり(オートックワン公式HP)
・オーリス見積もり(オートックワン公式HP)
・インプレッサスポーツ見積もり(オートックワン公式HP)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。