You Tube始めました!ひつじ茶屋のコンテンツを動画でお楽しみください!
スポンサーリンク

【新型マツダ6】25T・PROACTIVE廃止!Black Tone・Sports Appearanceの違い~モデルチェンジまとめ

モデルチェンジ情報

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

今回は、2022年12月9日に行われた「MAZDA6(マツダ6)」のマイナーチェンジ(商品改良)による違いや変更点をまとめてみました。

また、今回の改良で追加された新グレード「Sports Appearance(スポーツアピアランス)」と「Black Tone Edition(ブラックトーンエディション)」の違いもまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「新型MAZDA6(マツダ6)」マイナーチェンジによる変更点


「MAZDA6(マツダ6)」公式HPより

「新型MAZDA6(マツダ6)」マイナーチェンジによる変更点

2022年12月9日に行われた「MAZDA6(マツダ6)」のマイナーチェンジ(商品改良)による変更点は、以下のとおりです。

 

  • 2.5Lターボ車の廃止
  • PROACTIVE(プロアクティブ)グレードの廃止
  • 「Black Tone Edition(ブラックトーンエディション)」は「Sports Appearance(スポーツアピアランス)」に変更
    ※2.0Lガソリン車の設定は廃止、2.5Lガソリン車に新設定
  • 「アテンザ/MAZDA6」誕生20周年を記念した特別仕様車「MAZDA6 20th Anniversary Edition」の追加
  • 2.2Lディーゼル車の最高出力を140kW<190PS>から147kW<200PS>に向上
    アクセルペダル踏力変更により走りのコントロール性を向上
  • 全グレードでパワーステアリングのアシスト特性を変更(ステアリングの手ごたえを増加)
  • 安全装備に「クルージング&トラフィック・サポート」を追加
  • 快適装備「ワイヤレス充電(Qi)」、「ワイヤレス接続機能(Apple CarPlay対応)」を新たに採用
  • ボディカラーに「ロジウムホワイトプレミアムメタリック」、「プラチナクォーツメタリック」を追加
  • 「L Package」はインテリアカラーをオリエンタルブラウンからブラックに変更
    ※ピュアホワイトは変更なし

 

グレード構成が大幅変更!モデル末期によるグレード整理!?

今回の改良による最大の変更点は、グレード構成が大幅に変更されたことでしょう。

新グレードとして、「アテンザ/MAZDA6」誕生20周年を記念した特別仕様車「MAZDA6 20th Anniversary Edition」、「Black Tone Edition(ブラックトーンエディション)」の装備設定を変更した「Sports Appearance(スポーツアピアランス)」が追加されています。

さらに、既存グレードの「PROACTIVE(プロアクティブ)」の廃止、そして2.5Lターボ車が廃止されたのは非常に大きな変更点といえるでしょう。

2.5Lターボ車が採用されていた「CX-5」も2021年の改良で廃止されており、それに引き続く形となります。

大排気量エンジンの廃止は、環境性能の重視や電動化が進んでいる今のクルマ業界の流れといえるでしょう。

今回の改良で「MAZDA6(マツダ6)」のグレードは、2.0Lガソリン車が1グレード、2.5Lガソリン車が2グレード、2.2Lディーゼル車が4グレードと、改良前から半分程度まで減少しています。

モデル末期によるグレード整理が行われているものかと予想されます。

装備設定は、「PROACTIVE(プロアクティブ)」廃止に伴い、「20S」や「XD」には全安全装備やパワーシートがオプション設定可能なように変更されています。

「Black Tone Edition(ブラックトーンエディション)」と「Sports Appearance(スポーツアピアランス)」の違いは後述しています。

 

特別仕様車「MAZDA6 20th Anniversary Edition」とは

「MAZDA6 20th Anniversary Edition」は、「XD L Package」をベース車とした特別仕様車で、下記の特別装備が設定されています。

■エクステリア

  • フロントフェンダーバッジ(20th Anniversary専用オーナメント)
  • フロントグリル(シルバー塗装)
  • 19インチアルミホイール(高輝度塗装・専用装備)

■インテリア

  • フロントシートヘッドレスト(20th Anniversary専用エンボス加工)
  • インパネ/ドアトリム(レガーヌ(タン))
  • シート(ナッパレザー/レガーヌ(タン))
  • インパネ/ドアトリム加飾(マットブラウンヘアライン)

■快適装備

  • 電動スライドガラスサンルーフ(チルトアップ機構付)

■価格

  • ベース車の「XD L Package」より約14万円上昇
    ※約428万円(2WD)/約452万円(4WD) → 約442万円(2WD)/約466万円(4WD)

 

上記の中でもタンカラーとなるインテリア、電動スライドガラスサンルーフが標準装備されていることが特徴的です。

価格はベース車から14万円程度上昇していますが、電動スライドガラスサンルーフが8.8万円となっているので、上昇分はほとんど電動スライドガラスサンルーフ代といえます。

 

安全装備・快適装備増加も、価格も大幅上昇!

今回の改良で、安全装備には「クルージング&トラフィック・サポート」が、快適装備には「ワイヤレス充電(Qi)」と「ワイヤレス接続機能(Apple CarPlay対応)」が新たに追加されています。

各ワイヤレス装備は「CX-5」にも設定されている装備です。

「クルージング&トラフィック・サポート」は、「MAZDA6(マツダ6)」より下位モデルである「MAZDA3(マツダ3)」は発売当初から設定されていた装備のため、“やっと装備されたか”という感じもあります。

 

一方、価格は「20S」や「XD」で7万円程度、「L Package」は22万円程度も上昇しています。

「L Package」は、360°ビューモニターやCD/DVDプレーヤーがオプション設定から標準装備に変更、前述の新たに採用された安全装備や快適装備が標準装備されていますが、それだけでは22万円には届きません。

そのため、全グレードにおいて7万円程度値上げされたといえるでしょう。

 

スポンサーリンク

ブラックトーンエディション・スポーツアピアランスの違い

「MAZDA6(マツダ6)」公式HPより

ここからは、「Black Tone Edition(ブラックトーンエディション)」と「Sports Appearance(スポーツアピアランス)」の違いをみていきましょう。

 

  • 前後シグネチャーウィング、フロントバンパーロアガーニッシュ、ルーフレールをブラックに変更
  • 自動防眩ルームミラーはフレームレスに変更
  • ボーズサウンドシステム+11スピーカーがオプション設定から標準装備に変更
  • 「クルージング&トラフィック・サポート」を追加
  • 快適装備「ワイヤレス充電(Qi)」、「ワイヤレス接続機能(Apple CarPlay対応)」を新たに採用
  • 2.0Lガソリン車から2.5Lガソリン車に設定変更
  • 車両本体価格は20~24万円程度上昇
    ※XD Black Tone Edition(2WD):約370万円 → XD Sports Appearance(2WD):約390万円
    ※20S Black Tone Edition(2WD):約328万円 → 25S Sports Appearance(2WD):約352万円

 

上記のとおり、ブラック塗装となる箇所が増加、安全装備や快適装備が増加している一方、価格も大幅に上昇しています。

ボーズサウンドシステム+11スピーカーが8.6万円程度となっていまずが、その他の追加装備代を考慮しても、既存グレードと同じく7万円程度値上げされたと考えられます。

ブラック塗装のアルミホイールやドアミラーによりシックな印象となり、装備も比較的充実していながら、価格設定が比較的安いことが魅力の「Black Tone Edition(ブラックトーンエディション)」でしたが、価格上昇や安い2.0Lガソリン車の設定がなくなったことで、お求めやすいグレードではなくなった印象です。

 

スポンサーリンク

「新型MAZDA6(マツダ6)」最新おすすめグレード・乗り出し価格

「MAZDA6(マツダ6)」公式HPより

最後に、新型「MAZDA6(マツダ6)」のおすすめグレードと、乗り出し価格をみていきましょう。

おすすめグレードは、ガソリン車は「20S」、ディーゼル車は「XD」だと考えます。

従来、おすすめグレードだった「PROACTIVE(プロアクティブ)」の廃止、「20S」や「XD」に全安全装備やパワーシートがオプション設定可能なようになったことが主な要因です。

また、「Sports Appearance(スポーツアピアランス)」や「L Package」などの上位グレードであれば、インテリアに合成皮革や本革装備が大幅に増加しますが、その分価格も50万円以上上昇することも大きな要因です。

 

「20S」、「XD」の乗り出し価格は、以下のとおりです。

  • 20S(2WD):約343万円
  • XD(2WD):約386万円

上記はいずれも、安全装備や快適装備のセットオプション、ナビゲーション用SDカードPLUS、マット、ETC車載器を設定、値引き額20万円だった場合の全込み価格です。

「20S PROACTIVE」が約336万円、「XD PROACTIVE」が約378万円程度で購入可能だったため、乗り出し価格でみても7万円程度上昇した印象です。

 

「20S」なら比較的「MAZDA6(マツダ6)」を安く購入できるものの、それでも350万円前後の価格となるため、決して安いクルマではありません。

「MAZDA6(マツダ6)」を少しでも安く、お得に購入したい方は“新車同様の中古車”も検討してみましょう。

“新車同様の中古車”なら、「XD PROACTIVE」が約320万円で、「20S PROACTIVE」なら約280万円で購入できるクルマもありますよ!

 

スポンサーリンク

【おすすめ】”新車同様の中古車”なら、新車より60万円以上安い!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも多数あります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は”新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!

また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に1年以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
”新車同様の中古車”を買う場合のメリットは何といってもその「安さ」が魅力ですが、デメリットは「自分の付けたいオプションが選べない」という点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

そのため、中古車を選ぶ際は車のカラー及びメーカーオプションを妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数No1のガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数1位のガリバーがおすすめです。

中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何kmでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

■さらに!2023年1月~2月は“総決算!ガリバースーパーセール”でお得に購入できるチャンス!
ガリバーは、2023年1月21日~2023年2月28日の期間中、“ガリバースーパーセール”を開催しています。

期間中は約4万台の在庫からキャンペーン限定の特選セール車両が大放出され、お得なクルマを購入しやすくなっています。

ただし、特選セール車両は先着順につき売り切れる場合があるため、お得に購入したい方はお早めに!

 

気になった車、欲しい車がある方、特選セール車両を購入したい方はガリバーに登録して探してもらいましょう!

※中古車の販売金額は申込完了ページには表示されません。登録後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!

中古車買取サービスは、中古車の買取台数ランキング1位のガリバー無料査定がおすすめです。

買取台数No1なのには、それだけの高価買取実績サービスの良さ信頼性があります。

中古車販売台数も1位でしたが、中古車買取台数も1位のガリバーは、まさに中古車業界の”トヨタ”的存在です。

 

■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由
中古車買取台数が1位ということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。

  • 買取車両の在庫期間を短くする独自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減
  • 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映
  • ディーラーの下取りと異なり、オプションやアクセサリーを買取額にプラス評価!

 

■筆者の一括査定体験談
買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。

また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。

上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

何れにしも、無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。

査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

 

私はスズキ「スペーシア カスタム」を売る際、ディーラーで下取りに出した後にガリバーの無料査定を知り、「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにもガリバー無料査定を行い、現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう

※愛車の査定金額は申込完了ページには表示されません。入力後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、「MAZDA6(マツダ6)」のマイナーチェンジ(商品改良)による変更点、「Sports Appearance(スポーツアピアランス)」と「Black Tone Edition(ブラックトーンエディション)」の違いをまとめてみました。

 

「MAZDA6(マツダ6)」は、人気や販売台数ではトヨタ「クラウン」や「カムリ」と遠く及ばず、決して人気車種ではありません。

2.0Lガソリン車であれば、同じマツダの「MAZDA3(マツダ3)」を選択する方も多いでしょう。

しかし、「MAZDA6(マツダ6)」はエクステリアやインテリアの質感が非常に高く、安全性能や乗り心地も優れており、2.2Lディーゼル車であれば加速性能や燃費性能も優れている、という素晴らしいクルマです。

「クラウン」や「カムリ」より安く購入でき、「MAZDA3(マツダ3)」より広い後部座席も魅力です。

セダンやワゴンの購入を検討している方は、新型「MAZDA6(マツダ6)」も検討してみましょう!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント