”新車同様の中古車”なら新車より60万円以上安く買える!
スポンサーリンク

カローラ/ツーリング/スポーツ特別仕様車50 Million Editionの違いをオーナーが比較した結果

モデルチェンジ情報

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

今回は、2021年11月15日に発売されたトヨタ「カローラ」、「カローラツーリング」、「カローラスポーツ」の特別仕様車「“50 Million Edition(ミリオンエディション)”」の他グレードとの違いを、「カローラツーリング HYBRID W×B」オーナーの筆者が徹底比較してみました。

特別仕様車「“50 Million Edition(ミリオンエディション)”」はお得なおすすめグレードなのか!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カローラツーリング HYBRID W×B“50 Million Edition”とは


トヨタ「カローラ」公式HPより

トヨタ カローラ ツーリング 外装 エクステリアトヨタ カローラ ツーリング 外装 エクステリア
※上の写真は筆者の「カローラツーリング HYBRID W×B プラチナホワイトパールマイカ」です。
※筆者の「カローラツーリング」はセンターピラーガーニッシュをブラック艶有り塗装に換装しています。

 

特別仕様車「カローラツーリング HYBRID W×B“50 Million Edition”」の特別装備、つまりベース車となる「HYBRID W×B」との違いは、以下のとおりです。

  • アルミホイール:ダークグレーメタリック塗装→マットブラック塗装
  • フロントロアグリル(フレーム部):メッキ→ブラック
  • ドアミラー:ダークグレーメタリック塗装→カラード
  • 9インチディスプレイオーディオ:オプション→標準装備
  • ブラインドスポットモニター+パーキングサポートブレーキ(後方接近車両):オプション→標準装備
  • エアクリーンモニター+ナノイーX:オプション→標準装備
  • 【新装備】除電スタビライジングプラスシート
  • 【新装備】ボディカラー「アーミーロックメタリック」
  • 【新装備】“50 Million Edition”専用ロゴ

など

 

上記の中でも「除電スタビライジングプラスシート」が特別装備の目玉となっており、“50 Million Edition”専用ロゴも含め「カローラツーリング」、「カローラ」、「カローラスポーツ」共通の特別装備となっています。

この装備は、ドライバーと周辺に溜まっている静電気をボディ全体に分散させて帯電量を軽減することで、直進安定性やコーナリング性能の向上に寄与するものです。

 

上記の特別装備が設定されて、価格は「HYBRID W×B」の約280万円より8.5万円高い約288万円となっています。

一見、価格が高くなっている印象もありますが、「HYBRID W×B」だとオプション設定となっている「9インチディスプレイオーディオ」、「ブラインドスポットモニター」、「ナノイーX」などが標準装備されています。

それらを設定した場合の「HYBRID W×B」の価格は約291万円となりますので、特別仕様車は実質ベース車より約2.4万円安いことがわかります。

 

上記を見ると、お得な特別仕様車の様な印象もありますが、アルミホイールはダークグレーメタリック塗装からマットブラック塗装に、フロントロアグリルのフレーム部はメッキ加飾から艶なしブラックに、ドアミラーはダークグレーメタリック塗装からボディカラー同色となるため、特別仕様車は一部装備がベース車より廉価になっています

また、約2.4万円お得になるものの、「エアクリーンモニター+ナノイーX」は不要なオプションだと筆者は考えます。仮に設定しなかった場合の価格差は1万円程度まで減少します。

 

とはいえ、特別仕様車はベース車より安く、「除電スタビライジングプラスシート」が特別装備されるため、「HYBRID W×B」を検討していた方にはおすすめグレードだと考えます。

個人的には、ダークグレーメタリック塗装のアルミホイールとドアミラー、フロントロアグリルのメッキ加飾は非常にお気に入りポイントなため、同様に考える方は「HYBRID W×B」の方が良いでしょう。

いずれにしても、“どちらかが絶対にお得”というわけではないので、「エアクリーンモニター+ナノイーX」を設定しようと考えていた方は特別仕様車「HYBRID W×B“50 Million Edition”」を、そうでない方は「HYBRID W×B」を選択すると良いでしょう。

 

スポンサーリンク

カローラ HYBRID W×B“50 Million Edition”とは


トヨタ「カローラ」公式HPより

特別仕様車「カローラ HYBRID W×B“50 Million Edition”」の特別装備、つまりベース車となる「HYBRID W×B」との違いは、以下のとおりです。

 

  • アルミホイール:ダークグレーメタリック塗装→マットブラック塗装
  • フロントロアグリル(フレーム部):メッキ→スパークリングゴールド
  • リアスポイラー:ダークグレーメタリック塗装→カラード
  • ドアミラー:ダークグレーメタリック塗装→カラード
  • インパネパネルなど:スモークシルバーメタリック塗装→スパークリングゴールド塗装
  • ルーフヘッドライニング:ブラック→フロマージュ
  • 9インチディスプレイオーディオ:オプション→標準装備
  • ブラインドスポットモニター+パーキングサポートブレーキ(後方接近車両):オプション→標準装備
  • エアクリーンモニター+ナノイーX:オプション→標準装備
  • 【新装備】除電スタビライジングプラスシート
  • 【新装備】ボディカラー「スレートグレーメタリック」
  • 【新装備】“50 Million Edition”専用ロゴ

など

 

「除電スタビライジングプラスシート」や「“50 Million Edition”専用ロゴ」など、「カローラツーリング」と同様の特別装備となっている一方、インパネやルーフライニングが黒系から白系の色に変更されるため、室内が明るい印象に変わることが「カローラ HYBRID W×B“50 Million Edition”」の特徴です。

 

価格は「HYBRID W×B」の約275万円より8.5万円高い約284万円となっています。

一見、価格が高くなっている印象もありますが、「HYBRID W×B」だとオプション設定となっている「9インチディスプレイオーディオ」、「ブラインドスポットモニター」、「ナノイーX」などが標準装備されています。

それらを設定した場合の「HYBRID W×B」の価格は約286万円となりますので、特別仕様車は実質ベース車より約2.4万円安いことがわかります。

特別仕様車とベース車の価格差は「カローラツーリング」と全く同じであることがわかります。

 

「カローラツーリング」同様、アルミホイールはダークグレーメタリック塗装からマットブラック塗装に、リアスポイラーとドアミラーはダークグレーメタリック塗装からボディカラー同色となるため、特別仕様車は一部装備がベース車より廉価になります。

また、約2.4万円お得になるものの、「エアクリーンモニター+ナノイーX」は不要なオプションだと筆者は考えます。仮に設定しなかった場合の価格差は1万円程度まで減少します。

 

とはいえ、特別仕様車はベース車より安く、「除電スタビライジングプラスシート」が特別装備されるため、「HYBRID W×B」を検討していた方にはおすすめグレードだと考えます。

「カローラ」の場合は室内の印象が特別仕様車とベース車で大きく異なるため、室内は明るい白系が好みで「エアクリーンモニター+ナノイーX」を設定しようと考えていた方は特別仕様車「HYBRID W×B“50 Million Edition”」を、室内は黒系が好みの方は「HYBRID W×B」を選択すると良いでしょう。

 

スポンサーリンク

カローラスポーツ HYBRID G“Style 50 Million Edition”とは


トヨタ「カローラ」公式HPより

特別仕様車「カローラスポーツ HYBRID G“Style 50 Million Edition”」の特別装備、つまりベース車となる「HYBRID G」との違いは、以下のとおりです。

 

  • アルミホイール:シルバー塗装→マットブラック塗装
  • フロントロアグリル(フレーム部):ガンメタリック艶有り塗装→ブラック塗装
  • リアバンパー:クロムメッキ加飾追加
  • ヘッドランプ:3灯式→Bi-Beam&LEDデイライト
  • LEDフロントフォグランプ:オプション→標準装備
  • 9インチディスプレイオーディオ:オプション→標準装備
  • ブラインドスポットモニター+パーキングサポートブレーキ(後方接近車両):オプション→標準装備
  • メーター:4.2インチ→7.0インチ
  • シート表皮:ファブリック→合成皮革+レザテック
  • シートバックポケット:運転席追加
  • インパネパネルなど:サテンメッキ・シルバー塗装→スモークシルバーメタリック塗装
  • 【新装備】除電スタビライジングプラスシート
  • 【新装備】ボディカラー「プレシャスメタル」
  • 【新装備】“50 Million Edition”専用ロゴ

など

 

「カローラスポーツ」は、「カローラツーリング」や「カローラ」と異なり、ベース車が中間グレードとなっています。

また、多くの装備が最上位グレード「HYBRID G“Z”」に設定されている装備に変更される形となり、装備がベース車よりグレードアップしていることが特徴です。

さらに、シート表皮は最上位グレード「HYBRID G“Z”」でも標準装備はファブリックとなっているのに対して、特別仕様車「HYBRID G“Style 50 Million Edition”」は「カローラツーリング」などと同じ合成皮革+レザテックシートが採用されていることが最大のポイントです。

 

上記のとおり、ベース車より装備が豪華になっているため、価格は「HYBRID G」の約266万円より17万円も高い約283万円となっています。

最上位グレード「HYBRID G“Z”」の価格が約284万円となっており、装備内容的に「HYBRID G“Z”」にしないと設定できない装備が多いため、最上位グレードに近い特別仕様車といえます。

「HYBRID G“Z”」だとオプション設定となっている「9インチディスプレイオーディオ」、「ブラインドスポットモニター」などが標準装備されています。

それらを設定した場合の「HYBRID G“Z”」の価格は約294万円となりますので、特別仕様車の方が約10.6万円安いことがわかります。

 

「9インチディスプレイオーディオ」、「ブラインドスポットモニター」などを設定した場合の価格は、以下のとおりです。

  • 「HYBRID G」:約275万円
  • 特別仕様車「HYBRID G“Style 50 Million Edition”」:約283万円
  • 「HYBRID G“Z”」:約294万円

 

一方、最上位グレード「HYBRID G“Z”」だとフロントロアグリルはサテンクロムメッキ、ブラック艶有り塗装のセンターピラーガーニッシュ、自動防眩インナーミラー、シートヒーター、合成皮革巻きのインパネアッパー部、ピアノブラック加飾付きのドアトリムなど、特別仕様車にはない質感を高める装備が多く設定されるため、内外装の質感が大きく異なります。

ただし、前述のとおり最上位グレード「HYBRID G“Z”」でもシート表皮は標準装備がファブリックとなっているため、シート表皮に関しては特別仕様車の方が上質になっています。

 

そのため、質感や装備を向上させたいものの、最上位グレード「HYBRID G“Z”」だと価格が高すぎて中間グレードにしようと妥協していた方には、特別仕様車「HYBRID G“Style 50 Million Edition”」がおすすめだといえるでしょう。

本革シートの価格は約16万円と高価なため、個人的には最上位グレード「HYBRID G“Z”」のシート表皮も標準装備を合成皮革+レザテックにしてくれるのが最も良いと思いますが・・・

 

いずれにしても、「カローラツーリング」や「カローラ」と異なり、1つ中間グレードが増えた様な立ち位置となっているため、「“50 Million Edition(ミリオンエディション)”」の中で「カローラスポーツ HYBRID G“Style 50 Million Edition”」が最もおすすめだと考えます。

フロントロアグリル(フレーム部)がエントリーグレードと同じ艶なしブラック塗装となる点は非常に残念ですが、その点だけ目を瞑れば装備が充実した「カローラスポーツ」をお求めやすい価格で購入できるメリットが特別仕様車「HYBRID G“Style 50 Million Edition”」にはあります

 

スポンサーリンク

【おすすめ】”新車同様の中古車”なら、新車より60万円以上安い!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも多数あります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は”新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!

また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
”新車同様の中古車”を買う場合のメリットは何といってもその「安さ」が魅力ですが、デメリットは「自分の付けたいオプションが選べない」という点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

そのため、中古車を選ぶ際は車のカラー及びメーカーオプションを妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数No1のガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数1位のガリバーがおすすめです。

中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何kmでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

■さらに!2021年11月~12月は”歳末感謝キャンペーン”でお得に購入できるチャンス!
ガリバーは、2021年11月1日~2021年12月下旬の期間中、歳末感謝キャンペーンを開催しています。

期間中はセール車両が大放出され、お得なクルマを購入しやすくなっています。

ただし、セール車両は先着順につき売り切れる場合があるため、お得に購入したい方はお早めに!

 

気になった車、欲しい車がある方、セール車両を購入したい方はガリバーに登録して探してもらいましょう!

※中古車の販売金額は申込完了ページには表示されません。登録後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!

中古車買取サービスは、中古車の買取台数ランキング1位のガリバー無料査定がおすすめです。

買取台数No1なのには、それだけの高価買取実績サービスの良さ信頼性があります。

中古車販売台数も1位でしたが、中古車買取台数も1位のガリバーは、まさに中古車業界の”トヨタ”的存在です。

 

■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由
中古車買取台数が1位ということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。

  • 買取車両の在庫期間を短くする独自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減
  • 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映
  • ディーラーの下取りと異なり、オプションやアクセサリーを買取額にプラス評価!

 

■筆者の一括査定体験談
買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。

また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。

上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

何れにしも、無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。

査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

 

私はスズキ「スペーシア カスタム」を売る際、ディーラーで下取りに出した後にガリバーの無料査定を知り、「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにもガリバー無料査定を行い、現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう

※愛車の査定金額は申込完了ページには表示されません。入力後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、トヨタ「カローラ」、「カローラツーリング」、「カローラスポーツ」の特別仕様車「“50 Million Edition(ミリオンエディション)”」の他グレードとの違いをまとめてみました。

 

「カローラ/ツーリング/スポーツ」は、乗り心地や静粛性が非常に優れたクルマとなっており、安全性能も同Cセグメントクラスのスバル「インプレッサ」や「MAZDA3(マツダ3)」と比較しても同等の性能を保持しています。

何と言っても、25.0km/L前後を発揮する優れた燃費性能と、安い価格設定と高い値引き額による総合的なコストの低さが最大の魅力です。

よく欠点として指摘される加速性能については、スポーツモードを使用すれば不満のない走りを実現できます。

後部座席の足元スペースや頭上スペースの狭さ、車両周辺360°カメラを設定できない欠点はありますが、総合力が高く、コスパが高いCセグメントとなっていると考えます。

トヨタ「プリウス」などのCセグメント、トヨタ「カローラクロス」などのSUVを検討していた方は、「カローラ/ツーリング/スポーツ」検討してみましょう。

非常におすすめです!

 

【カローラ(ツーリング・スポーツ)の欠点・デメリット】オーナーが後悔したこと3選~それでもおすすめな理由
今回は、2020年10月1日に一部改良が行われたトヨタ「カローラ」及び「カローラツーリング」、「カローラスポーツ」の欠点を、「カローラツーリング」オーナーの筆者がご紹介します。「カローラ」シリーズの購入を検討している方は要チェック!
カローラツーリングオーナーおすすめ!カスタムパーツ7選~前方カメラ、LEDルームランプ、テレビキャンセラー、専用ドリンクホルダーなど
筆者はトヨタ「カローラツーリング HYBRID W×B」のオーナーです。今回は、「カローラツーリング」のカスタムパーツおすすめ7選をご紹介します。「カローラツーリング」をもっと良くしたい!と考えているオーナーは必見です!
カローラツーリングのセンターピラーガーニッシュをブラック艶有り塗装にしてみた
今回は「カローラツーリングオーナーが語る」シリーズ第3弾!トヨタ「カローラツーリング」のセンターピラーガーニッシュを”ブラック艶有り塗装”のパーツに交換した詳細を写真とともにご紹介します。「カローラツーリング」や「カローラ」のセンターピラーでお悩みの方は、是非参考にしてみてください。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント