”新車同様の中古車”なら新車より60万円以上安く買える!
スポンサーリンク

【BMW 1シリーズ 新型】フルモデルチェンジでの変更点~ベンツAクラスと比較!

モデルチェンジ情報

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

今回は、2019年8月29日に3代目となったBMW「1シリーズ」のフルモデルチェンジによる変更点をまとめてみました。

また、「1シリーズ」と同じCセグメントに属するライバル、メルセデス・ベンツ「Aクラス」と、ボディサイズ・エンジン性能・安全性能・価格の各項目で徹底比較いたします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【BMW 1シリーズ 新型】フルモデルチェンジ2019による変更点


BMW「1シリーズ」公式HPより

2019年8月29日に3代目となったBMW「1シリーズ」のフルモデルチェンジによる主な変更点は、以下のとおりです。

 

■エクステリア・インテリア

  • 大型化し中央部が連結した新デザインのキドニーグリルの採用
  • 4灯ヘキサゴナルLEDヘッドライトの採用
  • 新デザインのL字型テールライトの採用
  • 駆動方式をFFに変更したことにより、後部座席の足元スペースが約40mm拡大
  • ラゲッジスペースの容量が20Lアップの380Lに拡大
  • 10.25インチのメーター・パネルと10.25インチのコントロール・ディスプレイによる「BMWライブ・コックピット」の採用

 

※新旧比較:新型「1シリーズ」


BMW「1シリーズ」公式HPより

 

※新旧比較:旧型「1シリーズ」


BMW「1シリーズ」公式HPより

 

■エンジン、駆動装置

  • 直列6気筒3.0Lターボモデルの廃止
  • 駆動方式をFRからFFに変更
  • 直列3気筒1.5Lターボモデルは8速ATから7速DCTに変更
  • ガソリン車としては初のARB(アクチュエーター連続ホイールスリップ制御)を採用
    ※DSC機能と連携し、FFで発生しやすいアンダーステアを大幅に減少させる機能

■安全装備

  • 「レーン・チェンジ・ウォーニング」の採用
    ※他社のブラインドスポットモニターと同機能
  • 「後部衝突警告機能」の採用
    ※後続車に接近しすぎを警告する機能
  • 「クロス・トラフィック・ウォーニング」の採用
    ※他社のリアクロストラフィックアラートと同機能
  • 「トラフィック・サイン・アシスト」の採用
    ※速度標識認識機能
  • 「リバース・アシスト」の採用
    ※直近50mのドライビング・ルートを記録し、ステアリングを自動的に操作し後退できる機能

■コネクティビティ

  • 会話のみで車両の操作などが可能となる「BMWインテリジェント・パーソナル・アシスタント」の搭載
  • SOSコールや遠隔ドアロックなどが行えるリモートサービス

 

エクステリアについては、そこまで大きく変更されていませんが、上記のとおり全く別の車へと生まれ変わっています。

最大の変更点は、駆動方式がFRからFFに変更された点、「BMWインテリジェント・パーソナル・アシスタント」などのコネクティビティ技術の搭載、そして先進安全装備の搭載でしょう。

グレードは、直列3気筒 1.5Lガソリンターボの「118i Standard」(約334万円)、「118i Play」(約375万円)、「118i M Sport」(約413万円)、直列4気筒 2.0Lガソリンターボの「M135i xDrive」(約630万円)の計4種です。「M135i xDrive」のみ4輪駆動です。

 

2018年10月に発売された新型メルセデス・ベンツ「Aクラス」は、「ハイ、メルセデス!」で起動する「MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンス)」が搭載されたことでも話題になりましたが、「1シリーズ」の「BMWインテリジェント・パーソナル・アシスタント」は「OK BMW!」で起動します。

上記の他、SOSコールなどのリモートサービス、スマートフォンのワイヤレスチャージング、10.25インチの大型デジタルディスプレイ2つ、ヘッドアップディスプレイなど、先進装備は両車似た内容となっています。

 

スポンサーリンク

「BMW 1シリーズ」vs「メルセデス・ベンツ Aクラス」

では、新型BMW「1シリーズ」と、2018年10月に新型となったメルセデス・ベンツ「Aクラス」を比較してみましょう。合わせて、旧型「1シリーズ」との比較も行います。

 

ボディサイズの比較


メルセデス・ベンツ「Aクラス」公式HPより

ボディサイズについて、比較していきます。

 

■旧型1シリーズ

・全長(mm):4,340
・全幅(mm):1,765
・全高(mm):1,430~1,440
・ホイールベース(mm):2,690
・最小回転半径(m):5.1
・ラゲッジスペース(L):360

■新型1シリーズ
・全長(mm):4,335(「118i M Sport」と「M135i xDrive」は4,355)
・全幅(mm):1,800
・全高(mm):1,465
・ホイールベース(mm):2,670
・最小回転半径(m):5.7
・ラゲッジスペース(L):380

■Aクラス
・全長(mm):4,420
・全幅(mm):1,800
・全高(mm):1,420
・ホイールベース(mm):2,730
・最小回転半径(m):5.0
・ラゲッジスペース(L):370

 

「Aクラス」より「1シリーズ」の方が僅かにコンパクトなのが特徴的ですが、新型「1シリーズ」の最小回転半径が大きすぎる様に感じます。

ラゲッジスペースは、新型「1シリーズ」が「Aクラス」より僅かに広くなっています。後部座席は、両車ともに40:20:40の分割可倒式となっています。

 

スポンサーリンク

パワートレイン・エンジン性能の比較


BMW「1シリーズ」公式HPより

パワートレイン・エンジン性能について、比較していきます。

 

■旧型1シリーズ

・直列3気筒 1.5Lガソリンターボ(8速AT、FR)
→最高出力 100kW〈136PS〉/4,400rpm
→最大トルク 220N・m〈22.4kgf・m〉/1,250~4,300rpm

・直列4気筒 2.0Lディーゼルターボ(8速AT、FR)
→最高出力 110kW〈150PS〉/5,500rpm
→最大トルク 320N・m〈32.6kgf・m〉/1,500~3,000rpm

・直列4気筒 2.0Lガソリンターボ(8速AT、FR)
→最高出力 135kW〈184PS〉/5,000rpm
→最大トルク 270N・m〈27.5kgf・m〉/1,350~4,600rpm

・直列6気筒 3.0Lガソリンターボ(8速AT、FR)
→最高出力 250kW〈340PS〉/5,500rpm
→最大トルク 500N・m〈51.0kgf・m〉/1,520~4,500rpm

 

■新型1シリーズ

・直列3気筒 1.5Lガソリンターボ(7速DCT、FF)
→最高出力 103kW〈140PS〉/4,600~6,500rpm
→最大トルク 220N・m〈22.4kgf・m〉/1,480~4,200rpm

・直列4気筒 2.0Lガソリンターボ(8速AT、AWD)
→最高出力 225kW〈306PS〉/5,000~6,250rpm
→最大トルク 450N・m〈45.9kgf・m〉/1,750~4,500rpm

 

■Aクラス

・直列4気筒 1.4Lガソリンターボ(7速DCT、FF)
→最高出力 100kW〈136PS〉/5,500rpm
→最大トルク 200N・m〈20.4kgf・m〉/1,460~4,000rpm

・直列4気筒 2.0Lディーゼルターボ(8速AT、FF)
→最高出力 110kW〈150PS〉/3,400~4,400rpm
→最大トルク 320N・m〈32.6kgf・m〉/1,400~3,200rpm

 

ディーゼル車がラインナップされている「Aクラス」も魅力的ですが、加速性能という意味では「1シリーズ」の2.0Lターボ車に軍配が上がるでしょう。新型「1シリーズ」の2.0Lターボ車は、旧型と比較して1.5倍程パワーアップしています。

あくまで参考値ですが、1.5Lターボ車の0-100km/h加速は8.7秒、2.0Lディーゼル車の0-100km/h加速は8.2秒、2.0Lターボ車の0-100km/h加速は5.2秒となっています。

新型「1シリーズ」の2.0Lターボ車は、600万円以上する高価なグレードですが、”走り”は絶対的でしょう。

ただ、維持費も含めて考えると、「Aクラス」のディーゼル車が最も魅力的ですね。

 

スポンサーリンク

安全性能の比較


メルセデス・ベンツ「Aクラス」公式HPより

安全性能について、比較していきます。
下表に各車の安全装備を整理しています。同機能の装備を同行に示しています。

 

1シリーズAクラス
アダプティブLEDヘッドライト、ハイビーム・アシスタントアダプティブハイビームアシスト・プラス
衝突回避・被害軽減ブレーキ、前車接近警告機能アクティブブレーキアシスト(歩行者/飛び出し検知機能付)
アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付)アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック(自動再発進機能付)
アクティブステアリングアシスト、アクティブレーンチェンジングアシスト
レーン・ディパーチャー・ウォーニングアクティブレーンキーピングアシスト
レーン・チェンジ・ウォーニングアクティブブラインドスポットアシスト(降車時警告機能付)
クロス・トラフィック・ウォーニング
後部衝突警告機能PRE-SAFE プラス(被害軽減ブレーキ付後方衝突警告システム)、PRE-SAFE、PRE-SAFE サウンド
渋滞時緊急ブレーキ機能
緊急回避補助システム
トラフィック・サイン・アシスト
自動防眩ルームミラー&ドア・ミラー自動防眩ルームミラー&ドア・ミラー
パーキング・アシストアクティブパーキングアシスト&360°カメラシステム
リバース・アシスト

以下の装備が搭載されている点で「Aクラス」の方が先進的でしょう。

  • 対向車や前走車の部分のみを自動遮光する先進ライト(アダプティブハイビームアシスト・プラス)
  • 渋滞時などの低速走行中でも作動する車線維持支援システム(アクティブステアリングアシスト)
  • ウィンカー操作による自動車線変更(アクティブレーンチェンジングアシスト)

 

簡単に言えば(厳密には違いますが)、「1シリーズ」には「プロパイロット」がなく、「Aクラス」には「プロパイロット」があるという差ですね。

上記の他に、衝突被害を軽減するための安全装備が豊富に設定されている点でも「Aクラス」の方が優秀であるといえます。

新型「1シリーズ」には、「リバース・アシスト」、「クロス・トラフィック・ウォーニング」、「トラフィック・サイン・アシスト」など「Aクラス」にはない装備が搭載されているものの、上記の自動運転装備などと比較すると、重要性(必要性)という意味ではそこまで高くないように思えます。

 

スポンサーリンク

価格の比較


BMW「1シリーズ」公式HPより

価格について、比較します。

 

1シリーズの価格

安全装備が全て搭載可能な中間グレード「118i Play」(約375万円)で計算します。

BMWライブ・コックピット、BMWインテリジェント・パーソナル・アシスタントなどのナビゲーションパッケージ(約22万円)、アクティブ・クルーズ・コントロールなどのコンフォートパッケージ(約19万円)、ハイビーム・アシスタントなどのビジョンパッケージ(約27万円)、ETC(約7万円)を含めると、「118i Play」は約450万円となります。
※上記の価格は税金などの諸費用を足していません。諸費用を足すと+25万円程度の価格になります。

 

Aクラスの価格

安全装備が全て搭載可能な中間グレード「A 180 Style」(約376万円)、「A 200 d」(約406万円)で計算します。

安全装備のレーダーセーフティパッケージ(約25万円)、ナビゲーションパッケージ(約18.7万円)、アダプティブハイビームアシスト・プラスなどのAMGライン(約26万円)、360°カメラシステムなどのアドバンスドパッケージ(約20.8万円)、ETC(約2.8万円)を含めると、「A 180 Style」は約470万円「A 200 d」は約500万円となります。
※上記の価格は税金などの諸費用を足していません。諸費用を足すと+15~25万円程度の価格になります。

 

価格比較 結果

ライバル車だけあって、「1シリーズ」の1.5Lターボ車と「Aクラス」の1.4Lターボ車は同価格帯となりそうです。

「Aクラス」のディーゼル車はターボ車よりも30万円程高いですが、燃費性能や燃料代の差は考慮すると、間違いなく最も安くなるでしょう。年間走行距離が1万km程度であれば、5年程度で価格差が埋まる可能性もあります。

そのため、お得に購入したいのであれば「Aクラス」のディーゼル車が最もおすすめです。

 

さらに安く購入したい方は、中古車も検討してみましょう。輸入車はお得な中古車がかなりの台数が出回っていますので、走行距離が少ないお得な車を見つけやすいですよ。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】新車同様の中古車なら新車より60万円以上安く買える!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも多数あります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は”新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!

また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
新車同様の中古車を買う場合のメリットは何といってもその安さ!ですが、デメリットとしては、自分の付けたいオプションが選べないという点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

なので、中古車選びのポイントは、車のカラー及びメーカーオプションは妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数No1のガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数1位のガリバーがおすすめです。

中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何キロでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

■さらに!1月~2月は”ガリバー大決算セール2020”でお得に購入できるチャンス!
ガリバーは、2020年1月20日~2020年2月29日の期間中、大決算セールを開催しています。期間中はセール車両が大放出され、購入しやすくなっています。

ただし、セール車両は先着順につき売り切れる場合があるため、お得に購入したい方はお早めに!

気になった車、欲しい車がある方は、まずはガリバーに登録して探してもらいましょう!
※登録後、ガリバーから確認の電話連絡があります。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!

中古車買取サービスは、中古車の買取台数ランキング1位のガリバー無料査定がおすすめです。

買取台数No1なのには、それだけの高価買取実績サービスの良さ信頼性があります。

中古車販売台数も1位でしたが、中古車買取台数も1位のガリバーは、まさに中古車業界の”トヨタ”的存在です。

 

■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由
中古車買取台数が1位ということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。

  • 買取車両の在庫期間を短くする独自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減
  • 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映
  • ディーラーの下取りと異なり、オプションやアクセサリーを買取額にプラス評価!

 

■筆者の一括査定体験談
買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。

上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

何れにしも、無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。

査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

 

私は1台目の軽自動車を売る際、ディーラーで下取りに出し「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにもガリバー無料査定を行い、
現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう
※入力後、ガリバーから確認の電話連絡があります。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、新型BMW「1シリーズ」のフルモデルチェンジによる変更点、メルセデス・ベンツ「Aクラス」と徹底比較いたしました。

 

新型「1シリーズ」は非常に魅力的な車です。

個人的には、デザインや走りで選ぶなら「1シリーズ」の方が良いかと考えますが、先進の自動運転技術を搭載しディーゼル車を選択できる「Aクラス」の方が”買い”かと考えます。

しかし、どの点を重視するかによって、どちらが良いかは変わってくるでしょう。

あなたが最も欲しいと思った車を購入する様にしてください。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント