”新車同様の中古車”なら新車より60万円以上安く買える!
スポンサーリンク

【キャリィ】マイナーチェンジ(一部仕様変更)2019による変更点&「ハイゼットトラック」と比較してみた

モデルチェンジ情報

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

今回は、2019年9月17日に行われたスズキ「キャリィ」及び「スーパーキャリィ」のマイナーチェンジ(一部仕様変更)による変更点をまとめてみました。

今回のマイナーチェンジ(一部仕様変更)による最大の変更点は、安全性能の大幅強化です。

 

「キャリィ」といえば、人気の軽トラックの1つで、そのライバルは2010年から9年連続で販売台数1位のダイハツ「ハイゼットトラック」です。この2車種は、毎年6万台以上売れている超人気車種です。6万台といえば、スズキ「ハスラー」やホンダ「ヴェゼル」と同じレベルです。

そんな人気の「キャリィ」と「ハイゼットトラック」はどう違うのか!?

安全性能や価格など、徹底比較してみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スズキ「キャリィ」マイナーチェンジ2019による変更点


スズキ「キャリィ」公式HPより

2019年9月17日に行われたスズキ「キャリィ」及び「スーパーキャリィ」のマイナーチェンジ(一部仕様変更)による変更点は、以下のとおりです。

 

■安全装備

  • 軽トラック初の夜間歩行者検知機能付衝突被害軽減ブレーキ「デュアルカメラブレーキサポート」の搭載
  • 「車線逸脱警報機能」の搭載
  • 「ふらつき警報機能」の搭載
  • 「先行車発進お知らせ機能」の搭載
  • 「ハイビームアシスト」の搭載
  • 「ESP[車両走行安定補助システム]」の搭載
  • 「オートライトシステム」の搭載
  • 「ヒルホールドコントロール」の搭載(3AT車に追加 ※5AGS車には以前から搭載)

 

■内外装

  • ボディカラーに「クールカーキパールメタリック」を新設定
    ※「ガーデニングアクアメタリック」を廃止
  • フォグランプベゼルをメッキに変更(KX)
  • ヒーターコントロールパネルがダイヤル式に変更

 

■その他

  • 「KCエアコン・パワステ」及び「KX」に設定されていた5AGS車を廃止

 

上記のとおり、今回のマイナーチェンジ(一部仕様変更)による最大の変更点は、先進安全装備の搭載です。

これまで前後の誤発進抑制機能しかなかった「キャリィ」ですので、夜間歩行者にも対応した先進の自動ブレーキが搭載されたことは大きいです。さらに「ハイビームアシスト」が追加されたことにより、夜間の安全性が大きく向上したといえるでしょう。

また、「車線逸脱警報機能」や「ふらつき警報機能」なども追加されたため、長距離走行時の安全性も向上しています。

 

今回の改良により、安全装備「スズキ セーフティ サポート」が標準装備である「KX」、「スーパーキャリイ」、特別仕様車「KCスペシャル」、特別仕様車「農繁スペシャル」の価格は5万円程度上昇しています。「KC」を除くその他のグレードにも、6万円(税抜)で「スズキ セーフティ サポート」をオプション設定可能です。

 

スポンサーリンク

「キャリィ」と「ハイゼットトラック」を比較!


スズキ「キャリィ」公式HPより


ダイハツ「ハイゼットトラック」公式HPより

ここまで、スズキ「キャリィ」及び「スーパーキャリィ」の改良内容をご紹介しましたが、「キャリィ」のライバルであるダイハツ「ハイゼットトラック」とどう違うのか!?

両車の共通点は多く、価格は似たような設定で、共にノーマルの軽トラック(キャリィ・ハイゼットトラック)とキャビンを拡大したモデル(スーパーキャリィ・ハイゼットジャンボ)の設定があります。

そんな、両車を比較してみましょう。

 

安全性能を比較

まずは、安全性能について、比較していきます。
下表に各車の安全装備を整理しています。同機能の装備を同行に示しています。

 

キャリィハイゼットトラック
デュアルセンサーブレーキサポート(夜間歩行者検知機能付)衝突回避支援ブレーキ機能(対車両・対歩行者)
誤発進抑制機能誤発進抑制制御機能(前方)
後方誤発進抑制機能
車線逸脱警報機能車線逸脱警報機能
ふらつき警報機能- 
先行車発進お知らせ機能先行車発進お知らせ機能
ハイビームアシスト
ESP[車両走行安定補助システム]VSC&TRC
ABS[EBD付]ABS[EBD機能付]
ヒルホールドコントロールヒルホールドシステム
SRSエアバッグ(運転席・助手席)※全車標準装備SRSエアバッグ(運転席・助手席)

上記のとおり、「キャリィ」の方が安全装備が豊富に設定されています。

以下の点で「キャリィ」の方が優秀です。

  • 自動ブレーキに夜間歩行者検知機能が付いている
  • 後退時の誤発進抑制機能が搭載されている
  • 自動でロービームとハイビームを切り替える機能が搭載されている
  • 助手席のエアバッグが全車標準装備である

「ハイビームアシスト」以外の機能は普段使用するものではありませんが、”いざというとき”に安心です。

つまり、安全性能で選ぶなら「キャリィ」でしょう。

 

スポンサーリンク

その他装備の比較

その他、快適装備などを比較してみましょう。

 

■「キャリィ」だけにある装備

  • 助手席前倒し機構(シートバックテーブル) ※「スーパーキャリィ」
  • オーバーヘッドシェルフ ※「スーパーキャリィ」

■「ハイゼットトラック」だけにある装備

  • LEDヘッドランプ、LEDフォグランプ ※「ジャンボ」に標準装備、他グレードオプション装備
  • ヘッドランプ自動消灯システム(「キャリィ」は「ライト消し忘れ警告ブザー」)
  • 以下の装備が幅広いグレードで設定可能
    トップシェイドガラス、IR&UVカットガラス(フロントウィンドウ)、スーパーUV&IRカットガラス(フロントドア)、バニティミラー(運転席)、キーレスエントリー

 

他にもあるかもしれませんが、気になった装備は以上です。

 

「スーパーキャリィ」は、シートバックテーブルやオーバーヘッドシェルフが便利です。

 

「ハイゼットトラック」は、LEDヘッドランプやLEDフォグランプを選択できる点が嬉しいですね。

「キャリィ」は、最上位グレードである「K」及び「X」でディスチャージヘッドランプをオプションで設定可能で、その他のグレードはハロゲンヘッドランプのみの設定です。フォグランプに関しては「K」及び「X」でハロゲンフォグランプで、その他のグレードはフォグランプの設定すらありません。

上記のとおり、ヘッドランプの設定については「ハイゼットトラック」の方が良いといえるでしょう。

 

また、「ハイゼットトラック」は、IR&UVカットガラスやキーレスエントリーが幅広いグレードに設定できる点も嬉しいです。

「キャリィ」は、IRカットガラスの設定がなく、フロントドアのUVカットガラスやバニティミラーは「スーパーキャリィ」の「X」のみ、キーレスエントリーは最上位グレードである「K」及び「X」のみ、など上位グレード以外はオプションですら設定できないため、安いグレードに上記の装備を設定したい場合は必然的に「ハイゼットトラック」の方が良いということになります。

 

その他、シートのスライドやリクライニング、荷台寸法などはほとんど同じです。

 

エンジン性能の比較

エンジン性能を比較してみましょう。

 

■キャリィ

・5MT車・3AT車・5AGS車
→最高出力 37kW〈50PS〉/5,700rpm
→最大トルク 63N・m〈6.4kgf・m〉/3,500rpm

 

■ハイゼットトラック

・5MT車
→最高出力 34kW〈46PS〉/5,700rpm
→最大トルク 60N・m〈6.1kgf・m〉/4,000rpm

・4AT車
→最高出力 39kW〈53PS〉/7,200rpm
→最大トルク 60N・m〈6.1kgf・m〉/4,000rpm

 

両車ともに、660ccではありますが僅かに違いがあります。

MT車は「キャリィ」の方が最高出力、最大トルクともに上ですが、AT車は「ハイゼットトラック」の方が最高出力は上です。

ただ、最大トルクが「ハイゼットトラック」より低回転域で発揮できる「キャリィ」の方が、僅かに加速が速く、エンジン音も多少抑制されるでしょう。

 

スポンサーリンク

価格、実燃費の比較

価格を比較してみましょう。両車、最上位グレードで比較します。

 

「キャリィ」の最上位グレード「KX」(4WD車)にディスチャージヘッドランプ、バックアイカメラ、ナビ、ETCなどを装備させると、諸費用込みで約163万円となります。

「ハイゼットトラック」の最上位グレード「エクストラ “SAⅢt”」(4WD車)にLEDヘッドランプ、助手席エアバッグ、バックモニター、ナビ、ETCなどを装備させると、諸費用込みで約166万円となります。

上記のとおり、金額差はほとんどありません

 

実燃費は、「キャリィ」が14.89km/L、「ハイゼットトラック」が13.97km/Lとなっており、「キャリィ」の方が僅かに優秀です。
※実燃費はユーザーが投稿した実燃費を集計したe燃費の値です。季節や使用環境により異なります。

ただ、実燃費は走行環境などによって異なるため、燃費性能もそこまで大きな差はないでしょう。

 

比較結果

安全性能については「キャリィ」が優秀、快適装備の設定については「ハイゼットトラック」の方が優秀、その他はほぼ同性能で、価格や燃費性能もそこまで大きな違いはない、といった結果でした。

「ハイゼットトラック」も魅力的ですが、個人的には、先進安全装備が搭載されている「キャリィ」がおすすめです。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】新車同様の中古車なら新車より30万円以上安く買える!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より30万円以上安く買えるケースも多数あります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は”新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!

また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
新車同様の中古車を買う場合のメリットは何といってもその安さ!ですが、デメリットとしては、自分の付けたいオプションが選べないという点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

なので、中古車選びのポイントは、車のカラー及びメーカーオプションは妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数No1のガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数1位のガリバーがおすすめです。

中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何キロでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

■さらに!1月~2月は”ガリバー大決算セール2020”でお得に購入できるチャンス!
ガリバーは、2020年1月20日~2020年2月29日の期間中、大決算セールを開催しています。期間中はセール車両が大放出され、購入しやすくなっています。

ただし、セール車両は先着順につき売り切れる場合があるため、お得に購入したい方はお早めに!

気になった車、欲しい車がある方は、まずはガリバーに登録して探してもらいましょう!
※登録後、ガリバーから確認の電話連絡があります。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!

中古車買取サービスは、中古車の買取台数ランキング1位のガリバー無料査定がおすすめです。

買取台数No1なのには、それだけの高価買取実績サービスの良さ信頼性があります。

中古車販売台数も1位でしたが、中古車買取台数も1位のガリバーは、まさに中古車業界の”トヨタ”的存在です。

 

■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由
中古車買取台数が1位ということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。

  • 買取車両の在庫期間を短くする独自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減
  • 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映
  • ディーラーの下取りと異なり、オプションやアクセサリーを買取額にプラス評価!

 

■筆者の一括査定体験談
買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。

上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

何れにしも、無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。

査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

 

私は1台目の軽自動車を売る際、ディーラーで下取りに出し「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにもガリバー無料査定を行い、
現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう
※入力後、ガリバーから確認の電話連絡があります。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、スズキ「キャリィ」及び「スーパーキャリィ」のマイナーチェンジ(一部仕様変更)による変更点、ライバル車であるダイハツ「ハイゼットトラック」との違いを比較しながらご紹介しました。

 

「キャリィ」と「ハイゼットトラック」は、それぞれ一長一短あり、甲乙つけがたい感じでした。

販売台数をみると、「キャリィ」は63,571台、「ハイゼットトラック」は79,271台となっており、「ハイゼットトラック」の方が15,700台多く売れているため、「ハイゼットトラック」の圧勝です。
※2018年度販売台数より

「ハイゼットトラック」の方が人気ではありますが、今回のマイナーチェンジ(一部仕様変更)を機に「キャリィ」も検討してみては如何でしょうか。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント