”新車同様の中古車”なら新車より60万円以上安く買える!
スポンサーリンク

【シエンタ】特別仕様車Gセーフティエディション2はおすすめ?G Cueroとの違いは?【マイナーチェンジ2021】

モデルチェンジ情報

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

今回は、2021年6月2日に行われたトヨタ「シエンタ」のマイナーチェンジ(一部改良)による変更点をまとめてみました。

また、同日に発売された特別仕様車「G“Safety Edition Ⅱ”」がおすすめグレードなのか徹底検証してみました。

「G」や「G Cuero」との違い、前回の特別仕様車「G“Safety Edition”」との違いも徹底比較!

お得さは前回の特別仕様車「G“Safety Edition”」の方が上!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

トヨタ「シエンタ」2021年マイナーチェンジ(一部改良)の変更点


トヨタ「シエンタ」公式HPより

「シエンタ」マイナーチェンジ(一部改良)の主な変更点

まずは、2021年6月2日に行われたトヨタ「シエンタ」のマイナーチェンジ(一部改良)の主な変更点を、以下にまとめてみました。

 

  • コンライトを全車標準装備に拡大設定
    ※従来は「G Cuero」だけに標準装備
    ※上記に伴い、LEDランプパッケージの価格が8,800円減額
  • メーカーオプション「195/50R16タイヤ&アルミホイール」の廃止
  • 「X」の「パノラミックビューモニター対応ナビレディパッケージ」の廃止
    ※「FUNBASE X」含む
  • 特別仕様車「G“Safety Edition”」は「G“Safety Edition Ⅱ”」に変更

 

上記のとおり、変更点は小ぶりな内容となっています。

コンライトの全車標準装備、及び特別仕様車「G“Safety Edition Ⅱ”」の発売が主な変更点として公式HPに挙げられている内容ですが、それ以上に「X」に「パノラミックビューモニター対応ナビレディパッケージ」が設定できなくなったことの方が大きい様に筆者は考えます。

もちろん、改悪という意味で。

 

「X」はエントリーグレードとして社用車や「シエンタ」を安く購入したい方に人気のグレードとなっていますが、そういった方の中にも当然”駐車に自信がないからパノラミックビューモニターを付けたい”という方はいらっしゃるでしょう。

そういった方たちは今後、パノラミックビューモニターを付けたいなら「G」以上のグレードを選択しなければならなくなりました。
※社外品を取り付ける場合を除く

これは、改悪以外の何物でもありません。

ライバルのホンダ「フリード」ではなく「シエンタ」を選ばれる方には、”パノラミックビューモニターが付けられるから”という理由で選択される方も多いでしょう。

今後、その選択肢(グレードの)が減ることになります。

 

その他、車両本体価格は「G Cuero」を除きコンライトの全車標準装備に伴い8,800円上昇しています。

 

スポンサーリンク

特別仕様車「G“Safety Edition Ⅱ”」はおすすめグレードなのか!?


トヨタ「シエンタ」公式HPより

特別仕様車「G“Safety Edition Ⅱ”」のメリット、及び特別装備

まず、特別仕様車「G“Safety Edition Ⅱ”」及び「FUNBASE G“Safety Edition Ⅱ”」の特別装備を、確認してみましょう。

 

  • インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]
  • ナビレディパッケージ(バックカメラ・ステアリングスイッチ・6スピーカー)
  • オレンジのインストルメントパネルアクセントカラーをブラックに変更
  • 185/60R15タイヤ&スチールホイール(樹脂フルキャップ)のブラック加飾
  • ドアミラーのブラック加飾

 

特別仕様車「G“Safety Edition Ⅱ”」の特別装備の最大の特徴は、ブラックのドアミラー、そしてブラックのスチールホイールにあります。

ベース車のスチールホイールのデザインとはカッコ良さに雲泥の違いがあり、最上位グレードである「G Cuero」及びメーカーオプションのアルミホイールと比較してもカッコ良くなっています。

つまり、特別仕様車「G“Safety Edition Ⅱ”」は足回りが最もカッコいいグレードといえるでしょう。

 

その他、前回の特別仕様車「G“Safety Edition”」同様、人気のメーカーオプション「インテリジェントクリアランスソナー」と「ナビレディパッケージ」が標準装備されています。

 

特別仕様車「G“Safety Edition Ⅱ”」のデメリット、及び前回との違い

上記のとおり、特別仕様車「G“Safety Edition Ⅱ”」及び「FUNBASE G“Safety Edition Ⅱ”」は足回りが最もカッコいいグレードとなっていますが、メリットだけではありません。

最大のデメリットは、「パノラミックビュー対応ナビレディパッケージ」が設定できないことです。

 

エントリーグレード「X」に「パノラミックビューモニター対応ナビレディパッケージ」が設定できなくなったことと合わせて、これも大きな改悪点といえるでしょう。

なぜ人気のパノラミックビューモニターを設定できなくしたのかは、非常に不思議です。

何れにしても、パノラミックビューモニターを付けたいユーザーからしてみたら何のメリットもありません。

 

その他、前回の特別仕様車「G“Safety Edition”」には標準装備されていた「スーパーUVカット&シートヒーターパッケージ」もメーカーオプションに戻されています。

これも改悪といえば改悪ですが、不要だった方からすれば安く買えるというメリットはあるでしょう。

上記の様にするのであれば、パノラミックビューモニターもメーカーオプションとして残しておけばマシだったのにと思ってしまいます。

 

価格は前回の特別仕様車「G“Safety Edition”」(ハイブリッド車)が約256万円だったのに対して、特別仕様車「G“Safety Edition Ⅱ”」(ハイブリッド車)は約252万円と4万円程度安くなっています。

ただし、「G“Safety Edition”」にあった「パノラミックビュー対応ナビレディパッケージ(58,300円)」と「スーパーUVカット&シートヒーターパッケージ(42,900円)」がなくなったため、「G“Safety Edition Ⅱ”」に「スーパーUVカット&シートヒーターパッケージ」をオプション設定した場合は価格差が消滅します。

「パノラミックビュー対応ナビレディパッケージ(58,300円)」と「ナビレディパッケージ(36,300円)」の差額が22,000円なので、ドアミラーとスチールホイールのブラック加飾が同額と考えれば、価格差はほとんどないといえるでしょう。

 

つまり、価格(お得さ)的には前回の特別仕様車「G“Safety Edition”」との大きな違いはないといえます。

やはり、最大のネックは「パノラミックビュー対応ナビレディパッケージ」が設定できなくなったことです。

 

スポンサーリンク

ベース車と比較してお得なのか!?

では、ベース車である「G」及び「FUNBASE G」と比較して、お得なのかどうかを確認していきましょう。

 

各メーカーオプション(特別装備)の価格は、以下のとおりです。

  • インテリジェントクリアランスソナー:28,600円
  • ナビレディパッケージ:36,300円
  • 総額:64,900円

 

ベース車「G」及び「FUNBASE G」と、特別仕様車「G“Safety Edition Ⅱ”」及び「FUNBASE G“Safety EditionⅡ”」の価格差は44,000円ですので、ベース車に同メーカーオプションを設定した場合より20,900円お得であることがわかります。

  • ベース車「G」(ハイブリッド車):約247万円
  • ベース車「G」(ハイブリッド車)にオプション設定:約254万円
  • 特別仕様車「G“Safety Edition Ⅱ”」(ハイブリッド車):約252万円

 

特別仕様車「G“Safety Edition Ⅱ”」にはドアミラーとスチールホイールにブラック加飾が施されていますので、その点も考慮すれば2万円以上お得であることは間違いないでしょう。

つまり、ベース車と比較した場合、特別仕様車「G“Safety Edition Ⅱ”」及び「FUNBASE G“Safety Edition Ⅱ”」の方が100%お得であるといえます。

 

ただし!

前述の通り、特別仕様車「G“Safety Edition Ⅱ”」には「パノラミックビュー対応ナビレディパッケージ」を設定できないというデメリットがありますので、あくまでパノラミックビューモニターが不要な方のみにおすすめのグレードとなっています。

 

最上位グレードと比較してお得なのか!?

次は、最上位グレードである「G Cuero」及び「FUNBASE G Cuero」と比較して、お得なのかどうかを確認していきましょう。

 

特別仕様車「G“Safety Edition Ⅱ”」及び「FUNBASE G“Safety Edition Ⅱ”」と、最上位グレード「G」及び「FUNBASE G Cuero」の価格差は63,000円で、最上位グレードの方が高くなっています。

  • 最上位グレード「G Cuero」(ハイブリッド車):約258万円
  • 特別仕様車「G“Safety Edition Ⅱ”」(ハイブリッド車):約252万円

 

最上位グレードにはナビレディパッケージが、特別仕様車にはLEDランプパッケージが設定されていません。

それらのオプションを設定した場合の価格差は48,700円となり、最上位グレードと特別仕様車の価格差は減少します。

  • 最上位グレード「G Cuero」(ハイブリッド車)にオプション設定:約261万円
  • 特別仕様車「G“Safety Edition Ⅱ”」(ハイブリッド車)にオプション設定:約256万円

 

上記の各メーカーオプションを設定した場合の(最上位グレードにあって、特別仕様車にない)装備差は、以下となります。

  • フロントドアトリムの上級ファブリック巻き
  • フロントドアアームレストの上級ファブリック巻き
  • 合成皮革×スエード調のシート表皮

 

シート表皮によりインテリアの質感はかなり大きく異なります。

エクステリアの質感は特別仕様車「G“Safety Edition Ⅱ”」の方が上(ブラック加飾により)だと考えますが、インテリアは最上位グレードの方が間違いなく上質なため、5万円という価格差を考慮すれば個人的には最上位グレードの方がおすすめです。

また、しつこいかと思いますが、特別仕様車「G“Safety Edition Ⅱ”」にはパノラミックビューモニターを設定できませんので、パノラミックビューモニターを付けたい方には間違いなく最上位グレードの方がおすすめです。

 

スポンサーリンク

3列 or 2列で迷ったら!?

ここで少し脱線しますが、「シエンタ」の場合、3列シート車と2列シート車で迷われる方もいらっしゃると思います。

 

3列目は補助席的な広さで、大人が長時間快適に座れるスペースではありませんが、短時間使用する場合やお子さんが使用される場合は全く問題ない広さとなっています。

そのため、3列目を稀にでも使用するシーンが想定される場合は3列シート車を、3列目を使用するシーンが全くない場合は2列シート車を選択するのが良いかと考えます。

 

ハイブリッド車 or ガソリン車で迷ったら!?

「シエンタ」の場合、ハイブリッド車とガソリン車で迷われる方もいらっしゃると思います。

 

ハイブリッド車とガソリン車の価格差は36万円程度ありますが、購入時の諸費用の減税により価格差は26万円程度まで縮まります。

さらに燃費性能差が9.6km/Lありますので、年間走行距離が8,000km程度で10年間使用した場合、ハイブリッド車の方が36万円程度安くなります。
※ガソリン代を140円で計算した場合

つまり、結果的にハイブリッド車の方が安くなるのです。

年間走行距離が6,000km程度でハイブリッド車とガソリン車の価格差がちょうど消える形になりますので、年間走行距離6,000kmを基準に、超える場合はハイブリッド車を、下回る場合はガソリン車を選択すれば良いかと考えます。

 

ちなみに、筆者はトヨタ「カローラツーリング ハイブリッド」オーナーですが、ガソリン車よりハイブリッド車をおすすめしています。

ハイブリッド車は走りが面白くないとか言われたりしますが、CVTのガソリン車にありがちな発進時のもっさり感はなく、踏めばリニアに加速してくれます。

エンジンが唸らないこともあり静粛性が高く、街乗りでも20km/Lを超える(経済的)感動は、一度乗ればガソリン車には戻れないものがあります。

ハイブリッド車に乗れば、意識的に無駄にアクセルを踏み込むことも減り、急加速急減速も減りますので、自ずと安全運転になります。

また、燃費性能が圧倒的なため、ガソリン代をあまり気にせず気軽にクルマに乗れますし、エアコンを使用してもそこまで燃費性能が悪化しないため、同様に気軽に使用できます。

上記の理由から、筆者はガソリン車よりハイブリッド車をおすすめしています。

 

前回の特別仕様車「G“Safety Edition”」が”最もお得”でおすすめ!

ここまで特別仕様車「G“Safety Edition Ⅱ”」及び「FUNBASE G“Safety Edition Ⅱ”」と、各グレードの違いを比較してきました。

 

では、違いを以下にまとめてみましょう。

  • 足回りが最もカッコいい
  • ベース車と比較した場合100%お得
  • 最上位グレードと比較した場合、お得さはイマイチ
  • パノラミックビューモニターを設定できない

 

正直、何とも中途半端な特別仕様車だという印象が強いと筆者は考えます。

その理由は、前回の特別仕様車「G“Safety Edition”」及び「FUNBASE G“Safety Edition”」が圧倒的にお得だったからです。

インテリアの質感こそ最上位グレードより劣るものの、お得さは圧倒的で、筆者は最もおすすめなグレードであると考えていました。

そんな圧倒的にお得な特別仕様車「G“Safety Edition”」がなくなったということを考えれば、今回の改良は総合的に改悪だった様な印象を受けます。

”パノラミックビューモニターを付けられるグレードを減少させた改良”といえるでしょう。

 

【シエンタ】G"セーフティエディション"はお得?G Cueroとの違いは?【マイナーチェンジ2020】
今回は、2020年6月2日に行われたトヨタ「シエンタ」のマイナーチェンジ(一部改良)による変更点をまとめてみました。また、「シエンタ」のおすすめグレードが2020年1月7日に発売された特別仕様車「G“Safety Edition”」である理由もご紹介します。

 

そんな超お得な特別仕様車「G“Safety Edition”」を購入したい方は、”新車同様の中古車”も検討してみましょう。

お得な特別仕様車「G“Safety Edition”」はさらにお得に購入できますし、パノラミックビューモニター付きのエントリーグレード「X」を購入したいと考えていた方にとっても、さらにお得に購入できるといえるでしょう。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】”新車同様の中古車”なら、新車より60万円以上安い!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも多数あります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は”新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!

また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
”新車同様の中古車”を買う場合のメリットは何といってもその「安さ」が魅力ですが、デメリットは「自分の付けたいオプションが選べない」という点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

そのため、中古車を選ぶ際は車のカラー及びメーカーオプションを妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数No1のガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数1位のガリバーがおすすめです。

中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何kmでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

■さらに!2021年9月~10月は”25周年大創業祭セール”でお得に購入できるチャンス!
ガリバーは、2021年9月1日~2021年10月31日の期間中、25周年大創業祭セールを開催しています。

期間中はセール車両が大放出され、お得なクルマを購入しやすくなっています。

ただし、セール車両は先着順につき売り切れる場合があるため、お得に購入したい方はお早めに!

 

気になった車、欲しい車がある方、セール車両を購入したい方はガリバーに登録して探してもらいましょう!

※中古車の販売金額は申込完了ページには表示されません。登録後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!

中古車買取サービスは、中古車の買取台数ランキング1位のガリバー無料査定がおすすめです。

買取台数No1なのには、それだけの高価買取実績サービスの良さ信頼性があります。

中古車販売台数も1位でしたが、中古車買取台数も1位のガリバーは、まさに中古車業界の”トヨタ”的存在です。

 

■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由
中古車買取台数が1位ということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。

  • 買取車両の在庫期間を短くする独自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減
  • 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映
  • ディーラーの下取りと異なり、オプションやアクセサリーを買取額にプラス評価!

 

■筆者の一括査定体験談
買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。

また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。

上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

何れにしも、無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。

査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

 

私はスズキ「スペーシア カスタム」を売る際、ディーラーで下取りに出した後にガリバーの無料査定を知り、「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにもガリバー無料査定を行い、現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう

※愛車の査定金額は申込完了ページには表示されません。入力後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、トヨタ「シエンタ」のマイナーチェンジ(一部改良)による変更点、特別仕様車「G“Safety Edition Ⅱ”」がおすすめグレードなのか徹底検証してみました。

 

「シエンタ」は、一時期ミニバン人気(販売台数)1位の常連となっていましたが、トヨタ「アルファード」がお得に購入できる様になってからは「アルファード」のその座を譲っており、ライバルのホンダ「フリード」にも2020年の年間ランキングで追い抜かれるなど、人気は減少傾向といえます。

とはいえ、250万円以下でミニバンを購入できるというコストメリットは依然として大きく、「フリード」と比較してもパノラミックビューモニターを付けられるというメリット、燃費性能が2.0km/Lほど優れているというメリットもあります。

ミニバンの購入を検討中の方は、是非この機会に「シエンタ」も検討してみましょう。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント