You Tube始めました!ひつじ茶屋のコンテンツを動画でお楽しみください!
スポンサーリンク

新型スバル レックスを買うメリットとは~ロッキー違いまとめ

車の比較&試乗記

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

今回は、2022年11月11日に発表された新型スバル「レックス」とダイハツ「ロッキー」の違いをまとめてみました。

同じOEM車のトヨタ「ライズ」と異なり、エクステリアは完全に「ロッキー」と同じで、パワートレインは1.2Lガソリンエンジンのみとなっていますが、他にどのような違いがあるのか!?

そして、敢えて「レックス」を買うメリットはあるのか!?

徹底検証します!

 

※動画で確認したい方は、以下をチェック!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型スバル「レックス」・ダイハツ「ロッキー」の違い


スバル「レックス」公式HPより

エクステリアは、エンブレム以外の違いはない

■ダイハツ「ロッキー Premium G(シャイニングホワイトパール)」
ダイハツ ロッキー 外装 エクステリアダイハツ ロッキー 外装 エクステリアダイハツ ロッキー 外装 エクステリア
冒頭にも記載したとおり、エクステリアはエンブレムを除き、違いはありません。

上の写真はいずれも最上位グレード(レックス Z、ロッキー Premium G)ですが、下位グレード(レックス G、ロッキー X)に設定されるアルミホイールのデザインも同じです。

ちなみに「ロッキー」の場合、1.2Lガソリン車と1.2Lハイブリッド車でフロントグリルのデザインが異なりますので、「レックス」と「ロッキー」より、「ロッキー」のグレード間の違いの方が多いといえます。

ただ、選択できるボディカラーに違いがあり、「レックス」の場合「ブラックマイカメタリック×コンパーノレッド」、「コンパーノレッド」が選択できません。

 

インテリアは、ロッキー最上位グレードにある装備が設定できない


スバル「レックス」公式HPより

■ダイハツ「ロッキー Premium G(シャイニングホワイトパール)」
ダイハツ ロッキー 内装 インテリアダイハツ ロッキー 内装 インテリア
インテリアも違いはほとんどありませんが、「ロッキー」の最上位グレード「Premium Gなら設定できる以下の装備が、「レックス Z」には設定できません。

  • フルファブリック×ソフトレザー調シート
  • シートの白ステッチ、フロントドアグリップの黒材着など
  • 運転席シートバックポケット

 

ステッチや運転席シートバックポケットはさほど重要ではないと思いますが、シート表皮の一部がソフトレザー調となる点は「ライズ」にはない「ロッキー」の魅力です

そのため、残念だと考える方も少なくないでしょう。

この点は「レックス」のデメリットといえるでしょう。

 

スポンサーリンク

下位グレードに安全装備差あり、何よりコネクティッドサービスがない!


スバル「レックス」公式HPより

先にグレードの話を書いておきますが、「レックス」と「ロッキー」のグレードは、細かい装備差はありますが、概ね以下のような関係となっています。

  • レックス Z = ロッキー Premium G
  • レックス G = ロッキー X

 

安全装備は、「レックス」の車両周辺360度カメラの名称が、「ロッキー」と同じ「パノラマモニター」ではなく、トヨタの名称である「パノラミックビューモニター」となっている違いがあります。

その他、「レックス」下位グレードに以下の安全装備を設定できない違いがあります。

■「レックス G」に設定できない安全装備
※「ロッキー X」には設定可能

  • ブラインドスポットモニター
  • リヤクロストラフィックアラート
  • スマートパノラマパーキングアシスト(駐車支援システム)

 

そのため、上記の装備を設定したいユーザーは最上位グレードの「Z」を選択するしかありません。

この点は「レックス」のデメリットといえるでしょう。

 

そして、先進装備における「レックス」の大きな欠点となるのが、コネクティッドサービスを使用できないことです。

「ロッキー」なら、ディスプレイオーディオかダイハツコネクト対応の純正ナビを選択すれば、以下のコネクティッドサービスが使用できます。

  • 緊急車両の手配などボタン1つで行える
  • 駐車位置をスマホで確認できる
  • マイカーの走行距離や燃費などをスマホで確認できる
  • 車検・点検の案内がメールなどで通知される
  • 燃料残量などをスマホで確認できる
  • 高齢家族の運転状況を把握できる

 

サービス内容的にはトヨタや日産、ホンダなどより劣りますが、それでも全くないというのは昨今の新型車としてはありえません。

緊急車両の手配などは“もしも”の際に安心ですし、クルマの走行距離や燃費情報をスマホで確認できるのは地味に便利で、筆者もよく使用しています。

昨今の新型車は、もはや“使えて当たり前”となりつつあるコネクティッドサービスですので、この点も「レックス」のデメリットといえるでしょう。

 

1.2Lハイブリッド車・1.0Lターボ車・4WD車の設定がない!

■ダイハツ「ロッキー Premium G HEV(ブラックマイカメタリック×スムースグレーマイカメタリック)」
ダイハツ ロッキー 外装 エクステリア
冒頭にも記載したとおり、「レックス」は1.2Lガソリン車の設定しかないため、「ロッキー」にある燃費性能が魅力の1.2Lハイブリッド車、高トルクの1.0Lターボ車の設定はありません。

1.0Lターボ車の設定がないため、必然的に4WD車の設定もありません。
※ロッキーの4WD車は1.0Lターボ車のみ

1.0Lターボ車の設定がないのはまだしも、1.2Lハイブリッド車や4WD車が選択できないというのは、残念だと考える方も少なくないでしょう。

1.2Lガソリン車だけの「レックス」でもスバル車で最も燃費性能が優れた普通乗用車となりますが、ハイブリッド車の設定があれば、軽自動車を含め燃費性能がスバル車ダントツトップの車種となったでしょう。

 

価格差はほとんどない!


スバル「レックス」公式HPより

「レックス」と「ロッキー」の車両本体価格は、「レックス G」は「ロッキー X」と全く差がなく、「レックス Z」は「ロッキー Premium G」より10万円程度高くなっています。

ただし、「レックス Z」は「ロッキー Premium G」だとオプション設定となっている「純正ナビ装着用アップグレードパック」と「ブラインドスポットモニター」が標準装備されているため、それらを合計すると概ね同じような価格となります。

つまり、車両本体価格差はほとんどないといえるでしょう。

 

上記の他、「レックス」だと9インチディスプレイオーディオが1,000円程度安く設定されている一方、純正ナビは5,000円~10,000円程度高く設定されています。

 

では、乗り出し価格を比較してみましょう。

  • 「レックス Z」:約235万円
  • 「ロッキー Premium G」:約233万円

上記の価格は、オプションにブラインドスポットモニター、パノラミックビューモニター対応パック(パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック)、9インチナビ、マット、ETC車載器など総額約28万円~約41万円を設定し、値引き額23万円とした場合の全込み価格です。

 

諸費用など、若干の違いから価格差は2万円程度ありますが、乗り出し価格の差はほとんどないといえるでしょう。

 

スポンサーリンク

【結論】新型レックスを買うメリットは“ほとんど”ない!

ダイハツ ロッキー 外装 エクステリア
では、これまで比較した「レックス」と「ロッキー」の違いを、以下にまとめてみましょう。

  • エクステリアは、エンブレム以外違いはなく、レックスは選択できるボディカラーが少ない
  • インテリアは、ソフトレザー調シートなど、一部装備がレックスには設定できない
  • レックスは、下位グレードにブラインドスポットモニター等が設定できない
  • レックスは、コネクティッドサービスを使用できない
  • レックスは、1.2Lハイブリッド車や4WD車の設定がないない
  • レックスとロッキーの価格差はほとんどない

 

上記のとおり、「レックス」と「ロッキー」の違いはほとんどなかったものの、細かく見ると「レックス」には設定できない装備が目立ちます。

それでいて価格設定が安いわけではないため、「レックス」を購入するメリットは少ないと考えます。

スバルディーラーが家から近い、スバルディーラーだと安く購入できるツテがある、など特別な理由がある場合を除き、「ロッキー」がおすすめだと考えます。

人気的には大人気のトヨタ「ライズ」より大きく劣る「ロッキー」ですが、フロントグリルの艶あり塗装やソフトレザー調シート表皮など、「ライズ」にはない装備により質感高くなっているため、「ロッキー」の方がおすすめだと個人的には考えています。

 

一方、「ロッキー」に限った話ではありませんが、深刻な納期待ちが発生しており、半年で買えれば早い方といった異常事態に陥っています。

そのため、今「ロッキー」を購入するなら、納期待ちがほとんどない中古車が非常におすすめです。

“新車同様の中古車”なら、年式2022年、走行距離10km未満、修復歴なしと好条件の「ロッキー Premium G HEV」が約205万円で、「ロッキー Premium G」なら約185万円で買えるクルマもあります!

クルマを少しでも安く、お得に購入したい方は“新車同様の中古車”も検討してみましょう。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】”新車同様の中古車”なら、新車より60万円以上安い!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも多数あります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は”新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!

また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
”新車同様の中古車”を買う場合のメリットは何といってもその「安さ」が魅力ですが、デメリットは「自分の付けたいオプションが選べない」という点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

そのため、中古車を選ぶ際は車のカラー及びメーカーオプションを妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数No1のガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数1位のガリバーがおすすめです。

中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何kmでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

■さらに!2022年10月は“ガリバースーパーセール”でお得に購入できるチャンス!
ガリバーは、2022年10月1日~2022年10月31日の期間中、創業月を記念した「大創業祭」“ガリバースーパーセール”を開催しています。

期間中は約3.5万台の在庫からキャンペーン限定の特選セール車両が大放出され、お得なクルマを購入しやすくなっています。

ただし、特選セール車両は先着順につき売り切れる場合があるため、お得に購入したい方はお早めに!

 

気になった車、欲しい車がある方、特選セール車両を購入したい方はガリバーに登録して探してもらいましょう!

※中古車の販売金額は申込完了ページには表示されません。登録後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!

中古車買取サービスは、中古車の買取台数ランキング1位のガリバー無料査定がおすすめです。

買取台数No1なのには、それだけの高価買取実績サービスの良さ信頼性があります。

中古車販売台数も1位でしたが、中古車買取台数も1位のガリバーは、まさに中古車業界の”トヨタ”的存在です。

 

■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由
中古車買取台数が1位ということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。

  • 買取車両の在庫期間を短くする独自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減
  • 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映
  • ディーラーの下取りと異なり、オプションやアクセサリーを買取額にプラス評価!

 

■筆者の一括査定体験談
買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。

また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。

上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

何れにしも、無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。

査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

 

私はスズキ「スペーシア カスタム」を売る際、ディーラーで下取りに出した後にガリバーの無料査定を知り、「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにもガリバー無料査定を行い、現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう

※愛車の査定金額は申込完了ページには表示されません。入力後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、新型スバル「レックス」とダイハツ「ロッキー」の違い、「レックス」を買うメリットについて検証してみました。

 

「ロッキー」と比較した場合、敢えて「レックス」を買うメリットは少ないと結論付けましたが、それでもスバル車の中で乗り出し価格が圧倒的に安いSUVというポジションから、スバルにとって新型「レックス」は非常に重要な存在だといえるでしょう。

また、スバル車は燃費性能が低く、比較的大きいクルマが多いため、燃費性能が優れ、運転しやすいBセグメントクラスのコンパクトSUV、というポジションとしての役割も担うことになるでしょう。

2023年には新型「クロストレック(旧SUBARU XV)」も発売されますが、コンパクトなボディサイズや価格の安さから「レックス」を選択するユーザーも増えるかもしれませんね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント