You Tube始めました!ひつじ茶屋のコンテンツを動画でお楽しみください!
スポンサーリンク

【新型スペーシア】軽自動車で燃費性能、安全装備No1!モデルチェンジ2023

車の比較&試乗記

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

今回は、2023年11月22日にフルモデルチェンジが行われた新型スズキ「スペーシア/カスタム」の燃費性能や安全性能、価格についてまとめてみました。

新型「スペーシア/カスタム」は、モデルチェンジ前からの魅力である燃費性能はさらに上昇し、ライバル車と比べて欠点だった安全装備が大きく進化しています。

果たして、新型「スペーシア/カスタム」は最もおすすめな軽自動車となったのか!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

軽自動車でトップクラス!新型「スペーシア/カスタム」の燃費性能


スズキ「スペーシア」公式HPより

まずは、新型「スペーシア/カスタム」の燃費性能からみていきましょう。

新型「スペーシア」の燃費性能は、先代の22.2km/L(WLTCモード)から25.1km/L(WLTCモード)と2.9km/Lも上昇しています。

軽自動車全体をみると、26.2km/Lのスズキ「ラパン」、27.7km/Lのスズキ「アルト」など、スズキの軽自動車で新型「スペーシア」を上回るクルマは存在するものの、以下のとおり軽スーパーハイトワゴンの中ではNo1の燃費性能であることがわかります。

 

※いずれも、2WD車で最も燃費性能が良いグレードの場合

  • 新型スズキ「スペーシア」:25.1km/L(WLTCモード)
  • 新型ホンダ「N-BOX」:21.6km/L(WLTCモード)
  • ダイハツ「タント」:22.7km/L(WLTCモード)

人気のホンダ「N-BOX」とは3.5km/Lもの差があります。

 

さらに、ターボ車で比較した場合も、以下のとおり新型スズキ「スペーシア」の燃費性能が最も優れています。

※いずれも、2WD車で最も燃費性能が良いグレードの場合

  • 新型スズキ「スペーシアカスタム」:21.9km/L(WLTCモード)
  • 新型ホンダ「N-BOX」:20.3km/L(WLTCモード)
  • ダイハツ「タント」:21.2km/L(WLTCモード)

 

つまり、燃費性能で軽スーパーハイトワゴンを選ぶなら新型「スペーシア/カスタム」がおすすめだといえるでしょう。

特にノンターボ車での差が大きくなっているため、ノンターボ車を選択する際にメリットが大きくなります。

上記には記載していませんが、日産「ルークス」は「N-BOX」より劣る燃費性能となっていますので、結論は変わりません。

同スズキの「ワゴンRスマイル」の燃費性能は25.1km/Lとなっていますので、新型「スペーシア」と大きな違いはありません。

 

スポンサーリンク

軽自動車でNo1!新型「スペーシア/カスタム」の安全装備


スズキ「スペーシア」公式HPより

そして、何と言っても新型「スペーシア/カスタム」の最大の変更点にして大きな魅力の1つでもあるのが安全装備です。

前述のとおり、安全装備を含めた先進装備のジャンルは「スペーシア/カスタム」に限らずスズキの大きな欠点となっていました。

しかし、2023年11月のフルモデルチェンジで大きく進化しています。

その安全性能は「N-BOX」や「タント」を大きく上回っています。

具体的には、以下の点で優れています。

 

  • 自動ブレーキが右左折時の対向車・歩行者・自転車に対しても作動(デュアルセンサーブレーキサポートⅡ)
    ※多くのクルマはハンドル操作中は自動ブレーキが作動しない(しない可能性がある)
  • 自動ブレーキが出会い頭車両に対しても作動可能(デュアルセンサーブレーキサポートⅡ)
  • 先行車がいない状態で青信号に切り替わった際にお知らせしてくれる(発進お知らせ機能)
  • アダプティブクルーズコントロール使用中にカーブを認識し、手前で減速してれる

 

何と言っても最大の変更点は自動ブレーキです。

従来、交差点右左折時では自動ブレーキが作動しない(しない可能性がある)レベルでしたが、今回のフルモデルチェンジにより交差点右左折時でも対向車や歩行者、自転車に対しても作動するようになっています。

また、交差点の出合い頭時にも対応できるようになっています。

“従来”という書き方をしましたが、ほとんどの軽自動車の自動ブレーキが同様の性能で、クルマによっては自転車の検知すらできません。

昨今の最新の自動ブレーキのトレンドは“交差点右左折時の作動有無”となっており、これらの機能を備えているのは「プリウス」や「カローラ」などトヨタ車、そして「レヴォーグ」や「クロストレック」などスバル車となっています。

トヨタやスバルの場合、衝突回避のためにクルマが回避スペースを検知して自動でステアリング操作を行ったり、危険を予測してステアリング操作やブレーキ操作を支援する機能など、さらに優れた安全性能を備えていますが、それらの自動ブレーキに迫る性能となったことは間違いありません。

つまり、新型「スペーシア/カスタム」の自動ブレーキの性能は軽自動車No1だといえるでしょう

 

自動ブレーキ以外だと、「青信号お知らせ機能」も軽自動車に採用例のない先進的な機能です。

先行車発進お知らせ機能は各車搭載が当たり前になっていますが、青信号をカメラで検知してお知らせする機能は軽自動車だと新型「スペーシア/カスタム」が初めての搭載となります。

この機能のおかげで、青信号に気づかず後続車からクラクションを鳴らされることもなくなるでしょう。

この機能もスバルが先駆け、トヨタ車にも採用例が多くあります。

 

その他、アダプティブクルーズコントロールも使いやすくなっています。

従来、アダプティブクルーズコントロールは設定速度のままカーブを走行しようとするため、速度を自分で落とす(アダプティブクルーズコントロールをキャンセルする)必要がありましたが、フルモデルチェンジで自動的に速度が抑制されるようになっています。

 

上記以外にも、元々「スペーシア/カスタム」には搭載されていなかったアダプティブクルーズコントロールの停止保持機能、車線維持支援機能、そして何と言っても電動パーキングブレーキの搭載は嬉しいところでしょう。

先に「タント」や「N-BOX」に搭載されたため遅れた形にはなりますが、これにより先進装備で「スペーシア/カスタム」が遅れをとっているジャンルはほぼなくなりました。

 

軽自動車の中だと、先進安全装備が豊富に設定されているのは「ルークス」です。

「ルークス」には、新型「スペーシア/カスタム」にはない「アダプティブLEDヘッドライトシステム」、「インテリジェント FCW(前方衝突予測警報)」が設定されています。

しかし、自動ブレーキの性能など、総合的には「ルークス」より新型「スペーシア/カスタム」が上回っていると考えます。

 

上記のとおり、軽自動車の中で最も先進安全装備が充実しているのは新型「スペーシア/カスタム」だといえるでしょう。

安全性能で軽自動車を選ぶなら新型「スペーシア/カスタム」1択と言っても過言ではありません。

 

スポンサーリンク

快適性も高い!新型「スペーシア/カスタム」の快適装備


スズキ「スペーシア」公式HPより

安全装備に次いで新型「スペーシア/カスタム」の大きな変更点といえるのが、快適装備です。

新型「スペーシア/カスタム」には、軽自動車で採用例の少ないオットマンが採用されています。

正確には「マルチユースフラップ」という快適装備の機能の1つで、オットマンの他、レッグサポートモードや荷物ストッパーモードがあります。

昨今、「ノア」・「ヴォクシー」や「ステップワゴン」など、ミニバンにオットマンが採用されるケースが増えてきていますが、軽自動車にもオットマンが採用される時代になったかと驚きました。

 

その他、従来から設定のあるスリムサーキュレーターなどにより、新型「スペーシア/カスタム」は後部座席の快適性が高くなっています。

 

スポンサーリンク

新型「スペーシア/カスタム」の乗り出し価格


スズキ「スペーシア」公式HPより

最後に、新型「スペーシア/カスタム」の最新乗り出し価格をみていきましょう。

 

  • スペーシア HYBRID X:約209万円
  • スペーシア カスタム HYBRID XS:約231万円
  • スペーシア カスタム HYBRID XSターボ:約244万円

 

上記の価格は、オプションにセーフティプラスパッケージ(約6.6万円)、全方位モニター付メモリーナビゲーション(約19.6万円)、ETCユニット(約2万円)、フロアカーペット(約2万円)を設定した場合の価格です。

先代と価格を比較すると、10~20万円程度上昇しています。

ただ、先代にはない先進安全装備や快適装備を考慮すれば、妥当な価格上昇ともいえなくありません。

 

では、ライバルの「N-BOX」や「タント」の乗り出し価格をみてみましょう。

■新型N-BOX

  • N-BOX:約217万円
  • N-BOXカスタム:約242万円
  • N-BOXカスタム コーディネートスタイル(2トーン):約252万円
  • N-BOXカスタム ターボ:約254万円
  • N-BOXカスタム ターボ コーディネートスタイル(2トーン):約265万円

上記の価格は、オプションに9インチHondaCONNECTナビ(約25万円)、ETCユニット(約2万円)、フロアカーペット(約2万円)を設定した場合の価格です。

また、「N-BOX」と「N-BOXカスタム」には別途「右側パワースライドドア」のセットオプションを、「N-BOXカスタム」と「N-BOXカスタム ターボ」には「マルチビューカメラシステム」を設定しています。

【新型N-BOX オプション】おすすめオプション5選!ナビ・ディスプレイオーディオはどれがいい?
2023年10月5日に発売された新型ホンダ「N-BOX」のおすすめオプション・アクセサリーをご紹介!また、ナビ・ディスプレイオーディオはどれがいいのかも徹底検証!

 

■タント

  • タント X:約209万円
  • タント カスタム X:約223万円
  • タント カスタム RS:約232万円

上記の価格は、オプションにスマートクルーズパック(約5.5万円)、運転席ロングスライドシート(約2.2万円)、パノラマモニター対応カメラ(約3.3万円)、10インチスタイリッシュメモリーナビ(約27万円)、ETCユニット(約2万円)、フロアカーペット(約2万円)を設定した場合の価格です。

また、「タント X」には別途「右側パワースライドドア」を設定しています。

 

上記の価格を比較すると、ノーマルモデルは新型「スペーシア」と「タント」が同じ、「N-BOX」が5万円程度高くなっています。

カスタムモデルは「タントカスタム」が最も安く、新型「スペーシアカスタム」、新型「N-BOXカスタム」と続きます。

価格差はそれぞれ10万円程度となっています。

燃費性能差を考慮すると、ノーマルモデルだと新型「スペーシア」が、カスタムモデルだと「タント」が安くなりそうです。

 

いずれにしても、各車200~250万円程度の価格帯となっており、新型「N-BOX」だと250万円を超える場合もあります。

また、「N-BOX」や「タント」の場合、オプションが30~45万円と高くなりやすくなっています。

ナビ・ETC・マットだけで30万円程度となるため、オプション代を節約しにくい設定となっています。

そのため、ディーラーに言われるがまま購入せず、必要最低限のグレード、及びオプションを選択し、賢く購入するうようにしましょう。

 

各軽自動車を少しでも安く、お得に購入したい方は“新車同様の中古車”も検討してみましょう。

 

スポンサーリンク

【PR】車の下取り価格を25万円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を25万円以上高く売ることも可能です!

中古車買取サービスは、他社買取業者より高い買取価格がつく楽天の車買取サービスがおすすめです。

 

■楽天の車買取サービスが高価買取できる理由
楽天の車買取サービスが高価買取できる理由は、楽天が主催するネットオークションに車を直接出品するため、中間コストをカットできることにあります。

そのため、ディーラーの下取りや他社買い取り業者より高い買取価格がつく可能性が高くなっているのです。

実際の高価買取実績は楽天Car車買取HPにて掲載しているため、気になる方は確認してみましょう。

 

■楽天グループが運営する車買取サービスのため安心
楽天の車買取サービスは、楽天グループの楽天カー株式会社のサービスとなっています。

2023年に発覚したビッグモーターの不正問題など、中古車業界を激震させる事件がありましたが、楽天カー株式会社は売上高が年間1兆円を超えるインターネット関連企業最大手の楽天グループの会社のため、安心感があるといえるでしょう。

 

■査定を受ける回数は1回のみ!個人情報が流れない!
楽天の車買取サービスは、いわゆる一括査定サービスと異なり、査定を受ける回数は1回のみとなっています。

私は一括査定サービスに登録した経験がありますが、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。

個人情報も各社に流れてしまうため、プライバシー保護の観点からみても良くありません。

楽天の車買取サービスは、そういった心配は無用といえるでしょう。

また、査定までの全ての工程を楽天カー株式会社が担当するため、複数の業者と話をする必要はありません。

 

■楽天ポイントが最大5,000ポイントもらえる!
車の売却成立で1,000ポイント、さらにマイカー割のメンバー登録を行うと合計5,000ポイントが貰えます
※進呈される最新のポイント数は楽天Car車買取HPにてご確認ください。

マイカー割は、お得なメルマガが届いたり、車関連のサービスでポイントが追加で貰えたり、車用品などに使えるクーポンが貰えるキャンペーンとなっているため、入って損はありません。

楽天ポイントは売却価格とは一切関係ありませんので、楽天で車を売るだけで5,000円貰えると言っても過言ではありません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のある楽天の車買取サービスで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけば楽天の車買取サービスでそのまま売ってしまっても良いですし、さらに楽天の車買取サービスで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

 

私はスズキ「スペーシア カスタム」を売る際、ディーラーで下取りに出した後に楽天の車買取サービスを知り、「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにも楽天の車買取サービスに出品して、現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう

 

スポンサーリンク

【PR】“新車同様の中古車”なら、新車より50万円以上安い!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より50万円以上安く買えるケースも多数あります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は“新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!

また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に1年以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
“新車同様の中古車”を買う場合のメリットは何といってもその「安さ」が魅力ですが、デメリットは「自分の付けたいオプションが選べない」という点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

そのため、中古車を選ぶ際は車のカラー及びメーカーオプションを妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数トップクラスのガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数トップクラスのガリバーがおすすめです。

中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何kmでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

 

気になった車、欲しい車がある方はガリバーに登録して探してもらいましょう!

※中古車の販売金額は申込完了ページには表示されません。登録後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、新型スズキ「スペーシア/カスタム」の燃費性能や安全性能、価格についてまとめてみました。

 

新型スズキ「スペーシア/カスタム」は、フルモデルチェンジにより燃費性能や安全性能、快適性能など大きく上昇しています。

特に従来欠点だった先進装備面が劇的に改善されたことにより、優れた安全性能という魅力が「スペーシア/カスタム」に追加されたことは非常に大きいでしょう。

先進安全装備の追加により従来あった価格の安さという魅力は少し損なわれたものの、新型「スペーシア/カスタム」は総合的に非常におすすめの軽自動車だと考えます。

「N-BOX」より優れた安全性能、燃費性能、そして価格の安さから、個人的には新型「スペーシア」は「N-BOX」よりおすすめだと考えます。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント