You Tube始めました!ひつじ茶屋のコンテンツを動画でお楽しみください!
スポンサーリンク

マツダ3 グレード大幅変更?マイナーチェンジ(年次改良)まとめ

モデルチェンジ情報

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

今回は、2023年4月6日に行われた「MAZDA3(マツダ3)」のマイナーチェンジ(商品改良)による変更点をまとめてみました。

今回の改良で「MAZDA3(マツダ3)」はどれだけ変わったのか!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「MAZDA3(マツダ3)」マイナーチェンジ2023による変更点


「MAZDA3(マツダ3)」公式HPより

2023年4月6日に行われた「MAZDA3(マツダ3)」のマイナーチェンジ(商品改良)による変更点は、以下のとおりです。

 

■グレード

  • セダンは、1.5Lガソリン車、e-SKYACTIV X搭載車の廃止
  • 1.5Lガソリン車と2.0Lガソリン車のMT設定が廃止
  • 1.5Lガソリン車は2WD専用に変更(4WDが設定の廃止)
  • e-SKYACTIV X搭載車は、4WD専用に変更(2WD設定の廃止)
  • e-SKYACTIV X搭載車に「Proactive Turing Selection」の追加
    一方、従来設定されていた上位グレード「L Package」、「Burgundy Selection」の廃止
  • Black Tone Editionが特別仕様車からカタロググレードに変更

■エクステリア

  • 16インチタイヤ設定を1.5Lガソリン車のエントリーグレード「15S」のみに変更
    ※従来は「X」に標準装備、「20S」・「XD」の「Proactive」グレードにオプション設定可
  • ボディカラーはソニックシルバーメタリックに替わってセラミックメタリックが追加

■安全装備

  • 「AT誤発進抑制制御[前進時/後退時]」が「歩行者(前方)」も検知対象に変更
  • 「ドライバー・モニタリング」に「わき見警報機能」を新たに追加
  • コネクティッドサービスの内容を拡充
    ・マツダマイカーケア
    車両へのいたずらや盗難が発生した時、警備会社からガードマンを派遣、車両の状態確認・監視を行う
    ・ドライバーケア
    任意でクルマの速度や運転時間、走行エリアを「MyMazda」アプリに設定、条件になるとアラート
    ・リモートエンジンスタート
    「MyMazda」アプリを利用し、クルマから離れていてもエンジン及びエアコンのON/OFF操作が可能

■快適装備

  • 従来の8.8インチから大型化した「10.25インチセンターディスプレイ」を新たに採用
    ※全グレードではなく下位グレード(15S、X Smart Edition、20S/XD Proactive)は8.8インチが標準
  • ワイヤレス接続機能(Apple CarPlay)を追加
  • ワイヤレス充電(Qi)、USB-Type C端子(照明付)を追加
    ※下位グレード(15S、X Smart Edition)はUSB-Type Aのみ、20S/XD Proactiveは設定可
  • CD/DVDプレーヤーのオプション設定の廃止
    上記に変わり、新たにHDMI端子が追加されるが、下位グレード(15S、X Smart Edition)は設定不可

■オプション設定

  • 上位グレード(各Black Tone Edition、各Proactive Turing Selection、15S Turing)は「360°ビューモニター」、「ドライバー・モニタリング」、「IRカットガラス」の標準装備化
    一方、下位グレード(15S、X Smart Edition)は設定不可に変更
    ※20S/XD Proactiveはオプション設定
  • 20S/XD Proactiveのメーカーオプションは、セットオプションとして集約化(360°ビューモニター、ドライバー・モニタリング、IRカットガラス、10.25インチセンターディスプレイ、ワイヤレス充電、ワイヤレス接続機能、USB-Type C端子、HDMI端子)
    ※個別設定は不可

 

まず、何と言ってもグレード体系が大きく変更された点が、今回の改良による大きな変更点の1つといえるでしょう。

セダンモデルは価格設定の安い1.5Lガソリン車、加速性能の優れたe-SKYACTIV X搭載車が選択できないようになっており、今後セダンを購入する場合は2.0Lガソリン車、1.8Lディーゼル車の2択となります。

同様のボディタイプ設定となっていたスバル「インプレッサ」は、2023年のフルモデルチェンジでセダンが廃止となっており、それを考えると“「MAZDA3(マツダ3)」はまだマシ”といえます。

いずれにしても、トヨタ「カムリ」の生産終了なども合わせ、セダンの車種は減少傾向にあります。セダン好きにとっては何とも悲しい現状です。

その他、e-SKYACTIV X搭載車は4WD専用、上位グレードも整理され、選択肢が大きく減少しています。

発売当初は非常に話題になったe-SKYACTIV X搭載車ですが、価格の高さなどから厳しい売れ行きが推察されます。

 

安全装備は、昨年発売されたマツダ「CX-60」より採用されている各種装備が設定されています。

近年マツダ「CX-30」と同タイミングで同改良が行われることが多かった「MAZDA3(マツダ3)」ですが、一旦安全装備に差が生まれた形(MAZDA3(マツダ3)の方が優れている形)になります。

安全装備で気になるのは、従来設定できた「360°ビューモニター」や「ドライバー・モニタリング」が下位グレード(15S、X Smart Edition)で設定不可となった点です。

特に「360°ビューモニター」はあって当たり前の装備になりつつあるため、この点が気になるユーザーは少なくないでしょう。

 

快適装備は、何と言っても「10.25インチセンターディスプレイ」が新たに採用された点が最大の変更点といえます。

ただ、昨今軽自動車でも9インチディスプレイ(ナビ)が設定されるケースが多く、Cセグメントクラスならトヨタ新型「プリウス」が最大12.3インチ、トヨタ「カローラ」なら最大10.5インチとなっているため、むしろ“やっと大きくなった”といえるかもしれません。

また、下位グレード(15S、X Smart Edition、20S/XD Proactive)は8.8インチが標準で、「15S」と「X Smart Edition」は変更不可となっているため、注意が必要です。

 

そして、地味に大きな変更点となるのがCD/DVDプレーヤーのオプション設定の廃止でしょう。

マツダ車といえば「360°ビューモニター」、「CD/DVDプレーヤー+TVチューナー」、「ナビゲーション用SDカード」などが定番オプションとなっていただけに、大きな変更点といえるのではないでしょうか。

多くのグレードは代替えとしてHDMI端子が追加されていますが、下位グレード(15S、X Smart Edition)は設定不可となっているため、スマホ連携やメディア変換(MP3やMP4への変換)の対応が必須となります。

トヨタなどは数年前から上記の対応となっていましたが、ついにマツダも・・・といった印象です。

 

上記の他、一部オプションの標準装備化を除き、多くのグレードで3万円程度価格が上昇しています。

物価高騰などの影響によるものかと思いますが、価格上昇幅は他車より限定的となっています。

 

スポンサーリンク

新型「MAZDA3(マツダ3)」の最新見積もり価格


「MAZDA3(マツダ3)」公式HPより

最後に、新型「MAZDA3(マツダ3)」の乗り出し価格をみていきましょう。

 

  • 「15S Touring」:約265万円
  • 「20S PROACTIVE Touring Selection」:約300万円
  • 「XD PROACTIVE Touring Selection」:約317万円
  • 「X PROACTIVE Touring Selection」:約394万円

 

上記は、オプションにナビゲーション用SDカードアドバンス、マット、ETC程度(総額約12万円)を設定した場合の価格です。

気になる値引き額は20万円でした。

時期や店舗、オプション設定によって、さらに引き出すことも可能でしょう。

 

今回の改良で魅力が向上した一方、総額では5万円程度価格が上昇しています。

e-SKYACTIV X搭載車においては4WD専用となったこともあり、30万円程度と大きく上昇しています。

「15S Touring」を除き、他のグレードは300万円以上となるケースが多く、e-SKYACTIV X搭載車は400万円を超えるケースが多いでしょう。

そのため、新型「MAZDA3(マツダ3)」を少しでも安く、お得に購入したい方は“新車同様の中古車”も検討してみましょう。

“新車同様の中古車”なら、年式2022年、走行距離10km未満、修復歴なしと好条件の「X Black Tone Edition」が300万円で、「XD PROACTIVE Touring Selection」が255万円で、「20S PROACTIVE Touring Selection」が235万円で、「15S Touring」なら210万円で買えるクルマもありますよ!

 

スポンサーリンク

【PR】車の下取り価格を25万円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を25万円以上高く売ることも可能です!

中古車買取サービスは、他社買取業者より高い買取価格がつく楽天の車買取サービスがおすすめです。

 

■楽天の車買取サービスが高価買取できる理由
楽天の車買取サービスが高価買取できる理由は、楽天が主催するネットオークションに車を直接出品するため、中間コストをカットできることにあります。

そのため、ディーラーの下取りや他社買い取り業者より高い買取価格がつく可能性が高くなっているのです。

実際の高価買取実績は楽天Car車買取HPにて掲載しているため、気になる方は確認してみましょう。

 

■楽天グループが運営する車買取サービスのため安心
楽天の車買取サービスは、楽天グループの楽天カー株式会社のサービスとなっています。

2023年に発覚したビッグモーターの不正問題など、中古車業界を激震させる事件がありましたが、楽天カー株式会社は売上高が年間1兆円を超えるインターネット関連企業最大手の楽天グループの会社のため、安心感があるといえるでしょう。

 

■査定を受ける回数は1回のみ!個人情報が流れない!
楽天の車買取サービスは、いわゆる一括査定サービスと異なり、査定を受ける回数は1回のみとなっています。

私は一括査定サービスに登録した経験がありますが、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。

個人情報も各社に流れてしまうため、プライバシー保護の観点からみても良くありません。

楽天の車買取サービスは、そういった心配は無用といえるでしょう。

また、査定までの全ての工程を楽天カー株式会社が担当するため、複数の業者と話をする必要はありません。

 

■楽天ポイントが最大5,000ポイントもらえる!
車の売却成立で1,000ポイント、さらにマイカー割のメンバー登録を行うと合計5,000ポイントが貰えます
※進呈される最新のポイント数は楽天Car車買取HPにてご確認ください。

マイカー割は、お得なメルマガが届いたり、車関連のサービスでポイントが追加で貰えたり、車用品などに使えるクーポンが貰えるキャンペーンとなっているため、入って損はありません。

楽天ポイントは売却価格とは一切関係ありませんので、楽天で車を売るだけで5,000円貰えると言っても過言ではありません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のある楽天の車買取サービスで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけば楽天の車買取サービスでそのまま売ってしまっても良いですし、さらに楽天の車買取サービスで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

 

私はスズキ「スペーシア カスタム」を売る際、ディーラーで下取りに出した後に楽天の車買取サービスを知り、「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにも楽天の車買取サービスに出品して、現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう

 

スポンサーリンク

【PR】“新車同様の中古車”なら、新車より60万円以上安い!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも多数あります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は“新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!

また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に1年以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
“新車同様の中古車”を買う場合のメリットは何といってもその「安さ」が魅力ですが、デメリットは「自分の付けたいオプションが選べない」という点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

そのため、中古車を選ぶ際は車のカラー及びメーカーオプションを妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数トップクラスのガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数トップクラスのガリバーがおすすめです。

中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何kmでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

 

気になった車、欲しい車がある方はガリバーに登録して探してもらいましょう!

※中古車の販売金額は申込完了ページには表示されません。登録後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、「MAZDA3(マツダ3)」のマイナーチェンジ(商品改良)の変更点をまとめてみました。

 

「MAZDA3(マツダ3)」は、ライバル車と同価格帯ながら、先進的で優れた安全性能と高級車のような質感があることが大きな魅力となっています。

そのため、所有する満足度が非常に高いクルマとなっており、価格が比較的安いことからコスパが高いといえるでしょう。

他車Cセグメントと比較すると、スバル「インプレッサ」やトヨタ「カローラ」とは同価格帯ですが、トヨタ新型「プリウス」と比較すると1.8Lディーゼル車でも30万円程度、場合によっては100万円程度安く購入することができるため、コストメリットは大きいといえます。

Cセグメントクラスのハッチバックやセダンを検討している方は、新型「MAZDA3(マツダ3)」も検討してみましょう。

おすすめです!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント