You Tube始めました!ひつじ茶屋のコンテンツを動画でお楽しみください!
スポンサーリンク

新型プリウスの欠点3選~カローラオーナーが購入を検討した結果

トヨタ プリウス 新型 外装 エクステリア車の比較&試乗記

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

今回は、2023年1月10日にフルモデルチェンジが行われた新型トヨタ「プリウス」の欠点・デメリットをまとめてみました。

筆者はトヨタ「カローラツーリング」オーナーで、今回真剣に乗り換えを検討していましたが、実車を見て考えを改めました。

その詳細な理由をご紹介します。

 

※掲載している新型「プリウス」の写真は、「Z(HEV・外装色プラチナホワイトパールマイカ・内装色グラディエントブラック)」、「U(外装色プラチナホワイトパールマイカ・内装色アクティブグレー)」です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型トヨタ プリウスの欠点・デメリット

室内高が低く、頭上スペースが狭い!

トヨタ プリウス 新型 後部座席
まず、新型「プリウス」の大きなの欠点の1つとなるのが、室内高の低さ、頭上スペースの狭さです。

 

新型「プリウス」は、先代「50系プリウス」の1,195mmもあった室内高から、6.5cmも低い1,130mmとなっています。

そのため、先代「50系プリウス」オーナーからすると、圧倒的に室内高が低くなったと感じることになります。

また、室内が狭いと言われることが比較的多い「カローラ(室内高1,160mm)」と比較しても、3cmも室内高が低くくなっています。

具体的に言うと、170cm前後のドライバーの頭上スペースが「カローラ」なら拳1個半程度あるのに対して、新型「プリウス」の頭上スペースは拳半分程度しかありません

そのため、新型「プリウス」の室内は、後部座席のみならず、運転席や助手席でも圧迫感を感じるレベルで狭いといえるでしょう。

個人的には、新型「プリウス」の乗り換えを断念した大きな理由の1つであり、新型「プリウス」の大きなの欠点の1つであると考えます。

スポーティさを強化した新型「プリウス」ですが、少し“やり過ぎた”ように感じます。

居住性の面を大きく犠牲にし過ぎているように感じます。

一部スポーツカーを除き、ここまで室内高が低いクルマもないでしょう。

質感や装備設定、価格設定と異なり、一部改良やマイナーチェンジではどうにもならない部分なので、新型「プリウス」の永遠の欠点といえます。

 

当然、ラゲッジスペースも先代「50系プリウス」の502ℓから410ℓと92ℓも狭くなっているため、その点が気になるユーザーもいるでしょう。

 

上記は170cm前後の乗員で検証した結果の話で、大柄な乗員の場合、より狭く感じることは間違いありません。

170cm前後のドライバーが適切なドライビングポジションを設定した際の後部座席足元膝前スペースは、「カローラ」の拳2個半程度に対して、新型「プリウス」は拳3個半もあるため、かなりゆとりがあります。

しかし、頭上スペースの狭さからファミリー向けにおすすめとは言えないと考えます。

「カローラツーリング」でも室内高の低さから、子どもを抱えて乗車する際に頭をぶつけることが何度かありますが、新型「プリウス」だとより顕著になるでしょう。

度々“もう少し広ければ”と「カローラツーリング」でも感じることがありますが、それは足元スペースよりも頭上スペースの低さに感じることが多いため、新型「プリウス」も購入後気になる(後悔する)点になる可能性は十分あります。

同Cセグメントクラスで走りに特化したホンダ「シビック」が同価格帯ですが、「シビック」は室内が広いクルマとなっているので、燃費性能や安全性能より室内の広さを重視するなら、新型「プリウス」より「シビック」の方がおすすめといえます。

 

価格に対して質感が低い!

トヨタ プリウス 新型 外装 エクステリア
トヨタ プリウス 新型 タイヤ ホイール
トヨタ プリウス 新型 外装 エクステリア
トヨタ プリウス 新型 外装 エクステリア
トヨタ プリウス 新型 内装 インテリアトヨタ プリウス 新型 後部座席
続いて、新型「プリウス」の大きなの欠点の1つとなるのが、質感の低さです。

 

最上位グレード「Z」なら、エクステリアは艶ありブラックのフロントロアグリル、リヤバンパーロア、センターピラー、ホイールアーチモールディングが、インテリアは合成皮革シートが設定され、中間グレードより質感高くなります。

しかし、全込み400万円前後するクルマとしては、センターコンソール部を除き、少し残念な印象を受けました。

具体的には、インパネやドアアームレスト周りでそこまで上質な印象がなく(樹脂感が強い)、このクラスのクルマながら後席エアコン吹き出し口すらない、後席用充電USB端子がない、など快適性で気になる部分もあります。

エクステリアについても、前後バンパーやホイールアーチモールの艶感がもう少し上質なら、と感じました。

室内高の低さほど気になる部分ではありませんが、価格帯を考慮すると質感は少し残念な印象があります。

 

中間グレード以下なら質感の低さはより顕著で、上の写真のとおりフロントロアグリル、リヤバンパーロア、センターピラー、ホイールアーチモールディングは全て塗装なしとなり、未塗装の面積が大きくなるリヤバンパーロアはチープな印象が大きくなります。

インテリアでは、表皮がファブリックとなるだけでなく、上級ファブリックシートのセットオプションを設定していない「U」や「X」なら、リヤドアアームレストが樹脂となり、インサイトドアハンドルも未塗装となります。

「U」や「X」の場合、アルミホイール(樹脂フルキャップ)が“かなりダサい”デザインとなっており、タイヤのゴム部の面積も広く、足回りがダサいグレードとなっています。

上記のいずれも価格設定が安ければ何の問題もないのですが、「X」でも320万円前後、「U」なら340万円前後、「G」なら350万円以上となっており、決して安くはありません。

さらに「G」の場合、ディーラーに言われるがままだと400万円に近い価格を提示されることもあり、それらを考慮すると、価格設定に対して質感が低すぎるといえるでしょう。

中間グレード以下だと、「カローラ」には設定できない快適装備である前席シートベンチレーション、運転席8ウェイパワーシートや運転席オートスライド、パワーバックドアなどが設定できないため、装備面でのメリットはパノラミックビューモニターを設定できる以外ありません。

ちなみに、筆者は「カローラツーリング」の最上位グレードで全込み約290万円で購入しましたが、「カローラ」の最上位グレードの方が価格は安いのに質感高いため、あえて新型「プリウス」の下位グレードを選択するメリットはないように感じます。

前述の室内高の低さも考慮すれば、なおさらです。

 

下位グレードから「Z」グレード並の質感があり、「Z」グレードはさらにプレミアムな質感となっていれば、価格相応といった印象もありますが、現在は価格に対して質感が追いついていない印象があります。

いっそ価格設定を「カローラ」くらい下げて、ファミリー向けの「カローラ」、スポーツ向けの「プリウス」と棲み分けしていれば、もっと魅力的なクルマだったかと考えます。

個人的には、新型「プリウス」の乗り換えを断念した大きな理由の1つであり、質感を下げてまで新型「プリウス」に乗り換えるメリットがないと判断しました。

 

価格設定が高い!

トヨタ プリウス 新型 外装 エクステリア
続いて、新型「プリウス」の大きなの欠点の1つとなるのが、価格設定の高さです。

 

価格設定の高さについては前述でも記載していますが、もう1つ大きく気になるが1.8Lハイブリッド車が選択しづらい点にあります。

エントリーグレードである「X」は社用車的な扱いとなっており、装備面はそこまで廉価ではないものの、前述のとおり質感面で気になるグレードとなっています。

「U」は上級ファブリックシートのセットオプションにより質感面をある程度向上できる一方、KINTO(レンタル)専用グレードとなっているため、そもそも購入できません。

価格的メリットもないと考えるため、選択しづらいといえます。
※詳細は以下の記事にまとめています。

【新型プリウス】グレード(Z・G・U・X)違いまとめ~おすすめは?
こんにちは!青空ひつじ(♂)です。 今回は、2023年1月10日にフルモデルチェンジが行われた新型トヨタ「プリウス」のグレードの違い、メリット・デメリットをまとめてみました。 おすすめグレードはユーザーによって異なりますが、筆者が最もおすす...

 

上記より、多くのユーザーが全込み350万円以上する「G」or「Z」という選択肢となることが多く、比較的に価格設定が安い1.8Lハイブリッド車を選びにくいことが、新型「プリウス」の価格の高さを助長していると考えます。

新型車であることに加え、半導体不足により在庫が少ないことにより値引き額が引く出しにくいことも総額の高さにつながっており、そこもデメリットの1つといえるでしょう。

 

スポンサーリンク

新型トヨタ プリウスのメリット

トヨタ プリウス 新型 内装 インテリア
トヨタ プリウス 新型 内装 インテリア
トヨタ プリウス 新型 ディスプレイオーディオ
トヨタ プリウス 新型 パーキングブレーキ
ここまで新型「プリウス」の欠点・デメリットについて記載してきましたが、新型「プリウス」には以下のような豊富な魅力があります。

 

■新型プリウスの魅力

  • 先進的なエクステリア、インテリアデザイン
  • 先進的かつトップクラスの安全性能
  • トップクラスの燃費性能
  • 優れた静粛性と乗り心地
  • 2.0Lハイブリッド車は7.5秒、プラグインハイブリッド車は6.7秒と優れた加速性能(0-100km/h加速)

 

■新型プリウスの先進的なデザイン
デザインについては好みが分かれるところかと思いますが、先進的なエクステリア・インテリアデザインは大きな魅力の1つだと考えます。

フロントフェイスも好印象ですが、個人的にはクーペライクなリアデザインが非常に好みです。

 

■新型プリウスの安全性能
新型「プリウス」の安全性能は、先代「50系プリウス」と比較すると格段に向上しています。

特に自動ブレーキは、交差点右左折時の隣接2レーンまでの対向車、歩行者、自転車に対しても衝突警報や自動ブレーキが作動し、さらに交差点の出合い頭時にも自車速度5~60km/hと幅広く作動する国産車トップクラスの性能となっています。

その他、ドライバー異常時対応システム、信号が青に変わるとお知らせしてくれるロードサインアシスト、システムが回避操舵を行い衝突を回避するアクティブ操舵機能付緊急時操舵支援、スマートフォンを操作による駐車および出庫が可能なリモート機能付きアドバンストパーク、車線変更をアシストするレーンチェンジアシストなど、先代「50系プリウス」にはない先進装備が満載です。

安全性能の優れたスバル「レヴォーグ」と比較しても、負けず劣らずの性能となっています。

「カローラ」と比較しても、パーキングサポートブレーキ(周囲静止物、後方歩行者)、緊急時操舵支援(アクティブ操舵機能付)、フロントクロストラフィックアラート、アドバンストパーク、レーンチェンジアシストなど、新型「プリウス」にしか設定されていない安全装備が豊富で、特にパノラミックビューモニター(床下透過表示機能付)が設定できることは大きな魅力だといえるでしょう。

パノラミックビューモニター(床下透過表示機能付)は、ディスプレイオーディオのインチサイズ拡大に伴い、より見やすく、より使いやすくなっており、従来とは比べ物にならないほど利便性が向上しています。

具体的には、バック駐車時に車両前方と白線に合わせる際、前向き駐車時、狭い道での接触回避や幅寄せ、縦列駐車時などに活躍します。

安全装備が豊富に設定されている「ノア」・「ヴォクシー」と比較しても、新型「プリウス」にはアドバンストドライブが設定できない点くらいしか差はありません。

 

■新型プリウスの燃費性能
燃費性能は、1.8Lハイブリッド車なら「カローラ」の30.2km/Lより優れた32.6km/Lとなっており、先代「50系プリウス」の32.1km/Lよりも優れています。

加速性能の優れた2.0Lハイブリッド車でも28.6km/Lとなっており、さらに17インチタイヤに履き替えれば31.5km/Lとなるため、2.0Lハイブリッド車でも「カローラ」の1.8Lハイブリッド車より優れていることがわかります。

コンパクトカー(Bセグメントクラス)の「ヤリス」や「アクア」はさらに優れていますが、Cセグメントクラスでは間違いなくトップクラスの燃費性能だといえるでしょう。

 

■新型プリウスの静粛性と乗り心地
静粛性や乗り心地ともに非常に優れており、同様に優れた性能を誇る「カローラ」と比較しても優れています。

特に2.0Lハイブリッド車の静粛性が優れており、エンジン音がほとんど気になりません。

モーターのみで走行(加速)できるケースが多いことにより、そもそもエンジン音がほとんどしないため、静粛性が高くなっています。

登坂時や追い越し時など1.8Lハイブリッド車だと大きく唸るシーンでも、エンジンとモーターにパワーに余裕のある2.0Lハイブリッド車は非常に静かです。

 

■新型プリウスの加速性能
そして何と言っても、優れた加速性能が新型「プリウス」の大きな魅力です。

「ノア」・「ヴォクシー」のフルモデルチェンジ時に刷新された1.8Lハイブリッド車も0-100km/h加速が9.3秒と加速がスムースになっていますが、2.0Lハイブリッド車はさらに発進時の加速がスムースで、加速時も伸びのある加速があります。

0-100km/h加速が10秒前後となっていることが多い普通乗用車ですが、新型「プリウス」の2.0Lハイブリッド車は7.5秒となっています。

7.5秒というのは、トヨタ「カムリ」や「RAV4」などの2.5Lハイブリッド車、ホンダ「シビック」の1.5Lターボ車、日産「リーフ」など、いずれも加速が速いクルマ達と同レベルとなっています。

この優れた加速性能が同Cセグメントクラスの「カローラ」との最大の違いだといえるでしょう。

 

新型「プリウス」は、価格設定などのデメリットはありましたが、上記の魅力が価格差以上にあると考えられるユーザーには、非常におすすめのCセグメントだと考えます。

特に1.8Lハイブリッド車だと「カローラ」と比較して魅力が少ないため、新型「プリウス」を買うなら2.0Lハイブリッド車がおすすめだと考えます。

 

スポンサーリンク

新型トヨタ プリウスの見積もり額・値引き額

トヨタ プリウス 新型 外装 エクステリア
最後に、新型トヨタ「プリウス」の見積り額をみていきましょう。

■2.0Lハイブリッド

  • Z(2WD):約398万円
  • G(2WD):約351万円

■1.8Lハイブリッド

  • X(2WD):約319万円

 

上記は、オプションにディスプレイオーディオPlus(Zのみ)、パノラミックビューモニター(Gのみ)、8インチディスプレイオーディオ(Xのみ)、スライドタイプのアームレスト、マット、ボディコーティングを設定した場合の価格です。

オプション総額は「Z」で約18万円、「G」で約20.5万円、「X」で約34.5万円となっています。

また、メンテパックを別途設定していますが、メンテパックは点検代を“先に払っているだけ”なため、上記の価格からは抜いています。

「X」を除き、他車と比較するとオプション総額が非常に安くなっており、この点は新型「プリウス」のメリットといえます。

逆にいえば、中間グレードの「G」以下に、フロントクロストラフィックアラートやアドバンスト パークなどの安全装備、合成皮革シート、パワーバックドア、パワーシート、12.3インチディスプレイオーディオ、などのオプションを設定できないデメリットがあるともいえます。

値引き額を含んでいない価格ではありますが、最も高い「Z」だと400万円に近い価格となっています。

400万円というのは、Dセグメントモデルであるトヨタ「カムリ」の価格に近く、下位グレードと比較すると、むしろ新型「プリウス」の方が高い価格となります。

【新型プリウス オプション】おすすめオプション7選!
こんにちは!青空ひつじ(♂)です。 今回は、2023年1月10日にフルモデルチェンジが行われた新型トヨタ「プリウス」のおすすめオプションを徹底検証してみました。 果たして、新型「プリウス」に必要なオプションとは!? ※掲載している新型「プリ...

 

では、値引き額を含んだ場合の価格をみてみましょう。

■2.0Lハイブリッド

  • Z(2WD):約375万円
  • G(2WD):約328万円

■1.8Lハイブリッド

  • X(2WD):約296万円

 

オプションは、先程の設定からボディコーティングを除外しています。

オプション総額は「Z」で約10.2万円、「G」で約12.8万円、「X」で約26.8万円となっています。

気になる値引き額は15万円でした。

値引き額は発売直後ということもあり控えめな額でしたが、時期によってはもっと引き出すことも可能でしょう。

筆者は「カローラツーリング」オーナーですが、最上位グレードの「HYBRID W×B」を購入した際の値引き額は約33万円でした。

 

では、新型「プリウス」の価格を他車と比較してみましょう。

同トヨタのCセグメントクラス「カローラツーリング」の最上位グレード「HYBRID W×B」の価格は値引き額込みで約290万円、1つ下のBセグメントクラス「アクア」の最上位グレード「Z」の価格は値引き額込みで約277万円となっています。

値引き額の違いはありますが、「カローラツーリング」は新型「プリウス」のエントリーグレード「X」よりも6万円程度安い価格となっています。

当然、1つ下のモデルである「アクア」は新型「プリウス」よりも大幅に安く、エントリーグレード「X」よりも20万円程度安い価格となっています。維持費も含めて考えれば価格差はより拡大するでしょう。

 

とはいえ、新型「プリウス」は「カローラ」や「アクア」よりもスポーティで、先進装備や快適装備も豊富に設定されているため、装備差を考慮すれば決して高くないと考えます。

同じ1.8Lモデルなら「カローラ」との価格差も限定的で、値引き額を上記以上に引き出せれば「カローラ」より安く購入することも可能でしょう。

 

いずれにしても、全込み300万円以上、場合によっては400万円を超える価格となりますので、決して安いクルマではありません。

新型「プリウス」を少しでも安く、お得に購入したい方は“新車同様の中古車”も検討してみましょう。

新車だと納車を1年以上待たないといけない場合もありますが、中古車なら新車と異なり“すぐに納車される”ことも大きな魅力です。

 

また、上記の価格は現在の車の買取価格を含めていません。

買取価格を最大限上げたい方、安心して現在の車を売りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

現在の車を少しでも高く売って、その資金を基に車を購入しましょう。

【車を高く売る方法】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!
車を少しでも高く売る方法をご紹介します。ディーラーで下取りに出すより、現在の車を30万円以上高く売ることも可能ですよ!

 

スポンサーリンク

【PR】“新車同様の中古車”なら、新車より60万円以上安い!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも多数あります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は“新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!

また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に1年以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
“新車同様の中古車”を買う場合のメリットは何といってもその「安さ」が魅力ですが、デメリットは「自分の付けたいオプションが選べない」という点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

そのため、中古車を選ぶ際は車のカラー及びメーカーオプションを妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数トップクラスのガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数トップクラスのガリバーがおすすめです。

中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何kmでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

 

気になった車、欲しい車がある方はガリバーに登録して探してもらいましょう!

※中古車の販売金額は申込完了ページには表示されません。登録後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

【PR】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!

中古車買取サービスは、中古車の買取台数トップクラスのガリバー無料査定がおすすめです。

買取台数がトップクラスな理由は、高価買取実績サービスの良さ信頼性にあります。

中古車買取台数だけでなく中古車販売台数もトップクラスのガリバーは、まさに中古車業界の“トヨタ”的存在です。

 

■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由
中古車買取台数がトップクラスということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。

  • 買取車両の在庫期間を短くする独自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減
  • 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映
  • ディーラーの下取りと異なり、オプションやアクセサリーを買取額にプラス評価!

 

■筆者の一括査定体験談
買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。

また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。

上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

何れにしも、無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。

査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

 

 

私はスズキ「スペーシア カスタム」を売る際、ディーラーで下取りに出した後にガリバーの無料査定を知り、「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにもガリバー無料査定を行い、現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう

※愛車の査定金額は申込完了ページには表示されません。入力後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、新型トヨタ「プリウス」の欠点・デメリットをまとめてみました。

 

新型「プリウス」は、非常に先進的なエクステリア・インテリアデザインが特徴で、優れた燃費性能だけでなく、加速性能や安全性能もトップクラスという総合力の高いクルマとなっています。

フルモデルチェンジ前までは、後部座席やラゲッジスペースの広さ程度しか同Cセグメントの「カローラ」に勝る魅力がありませんでしたが、新型「プリウス」は燃費性能・加速性能・安全性能・快適性と、多くの項目で「カローラ」を上回る上位モデルに生まれ変わっています

一方、全高が最大で5cm低くなったことで室内高は6.5cmも低くなり、ラゲッジスペースも大幅に狭くなるなど、居住性の面ではフルモデルチェンジ前より改悪された形になっています。

その他、1.8LモデルはKINTOグレードを除くと社用車向けグレードしか選択できないという点も、安い価格で新型「プリウス」を購入したいユーザー的には気になるところです。

上記のとおり、気になる点が全くないわけではありませんが、「カローラ」にはない魅力が満載の新型「プリウス」は非常におすすめのCセグメントだと考えます。

Cセグメントクラスのクルマの購入を検討している方は、新型「プリウス」を是非検討してみましょう。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント