You Tube始めました!ひつじ茶屋のコンテンツを動画でお楽しみください!
スポンサーリンク

【新型アルファード・ヴェルファイア オプション】おすすめ5選

車の比較&試乗記

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

今回は、2023年6月21日にフルモデルチェンジが行われた新型トヨタ「アルファード」・「ヴェルファイア」のおすすめオプションをご紹介します。

果たして、「アルファード」・「ヴェルファイア」に必要なオプションとは!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「アルファード」・「ヴェルファイア」のおすすめオプション

ユニバーサルステップ


トヨタ「アルファード」公式HPより

まず、おすすめしたいオプションは、メーカーオプションの「ユニバーサルステップ」です。

 

トヨタ「アルファード」・「ヴェルファイア」のステップ高は標準だと40cm前後あり、小さな子どもや高齢の方、お子さんを抱っこした状態の大人などは段差が大きいため、車内に乗り込みにくい印象があります。

そこで便利なのが「ユニバーサルステップ」です。

「ユニバーサルステップ」は、スライドドアの開閉と連動してステップが展開、格納する仕組みになっており、電動ではない“からくり”により動作することが初めて採用された「ノア」・「ヴォクシー」発売当時に話題になりました。

「ユニバーサルステップ」によりステップ高は22cmと標準の半分程度になるため、非常に乗り込みやすく、かつ降りやすくなります

 

同様の装備は他社のミニバンにも設定されていますが、電動となっていることから20万円前後と価格が高いことがネックとなっています。

一方、「ユニバーサルステップ」は電動ではなく“からくり”となっていることから、6.6万円と価格が非常に安く設定されています。この点も非常に魅力的だといえるでしょう。

「ノア」・「ヴォクシー」と比較すると倍の価格となっていますが、「ノア」・「ヴォクシー」は助手席側にしか設定できなかったのに対して、「アルファード」・「ヴェルファイア」は両側に設定されるためです。

 

以上から、子育て世帯や高齢の家族が乗車する機会が多い場合は、非常におすすめのオプションとなっています。

個人的には、必須オプションだと考えます。乗り降りのしやすさは段違いです。

 

スポンサーリンク

アドバンスト パーク+パーキングサポートブレーキ(周囲静止物)等


トヨタ「アルファード」公式HPより

次におすすめしたいオプションは、メーカーオプションの「アドバンスト ドライブ」、「アドバンスト パーク」、「パーキングサポートブレーキ(周囲静止物)」、「緊急時操舵支援」、「フロントクロストラフィックアラート」、「レーンチェンジアシスト」のセットオプションです。

「Executive Lounge」グレード、「ヴェルファイア」は標準装備されています。

 

このセットオプション、高速道路などでの渋滞時にハンズオフ走行が可能な「アドバンストドライブ」、そして自動駐車機能である「アドバンストパーク」が注目されがちです。

しかし、「アドバンストドライブ」は自動車専用道路で自車速度が40km/h以下と使えるシーンが非常に限定的なため、活躍できる機会がほとんど訪れません。

場合によっては、一回も使用することなく終わる可能性もゼロではありません。

そのため、「アドバンストドライブ」単体は不要だと考えます。

 

「アドバンストパーク」については実際筆者も試してみましたが、駐車位置横に止めれば初期設定が非常にスムーズ(ほとんど不要)で、その後は切り返しも少なく、自分で駐車するのと同じ位早く駐車できるため、非常に実用的な装備となっています。

「アクア」から採用されている装備で、従来の自動駐車機能とは実用性が全く異なります。

また、ハイブリッド車は、スマートフォンによるリモート操作が可能になっていますが、出庫を除き事前に車内での設定が必要なため、車外から完全リモート操作できるわけではありません。

そのため、利用できるシーンは出庫程度だといえます。

実際使用しているところを確認してみましたが、上手く操作できず結局乗り込んで駐車する結果となっており、まだまだ発展途上な印象です。

そのため、駐車が苦手な方には便利な装備といえますが、10万円以上する価格を考慮すると、「アドバンストパーク」単体では不要だと考えます。

ちなみに、リモート機能が付いていること、及び「アドバンスト パーク」のシフト操作も自動となることから、ガソリン車よりハイブリッド車の方が4.4万円高い価格設定となっています。

 

筆者がこのセットオプションで最も重要視している装備は、むしろ“その他の装備”です。

まず「パーキングサポートブレーキ(周囲静止物)」は、センサーの数を増やすことで、前後方のみならず側方に対しても衝突の危険性がある際は自動ブレーキが作動する仕組みになっています。

これにより、内輪差や外輪差の巻き込みによる衝突を防止することができます。

そのため、駐車時の衝突事故を“より多面的に防ぐ”ことに寄与してくれます。

標準装備されている各種パーキングサポートブレーキと上記の装備を全て搭載することで、全方位的に車両や歩行者との衝突を防ぐことができるといえます。

 

「緊急時操舵支援」は「アクア」や「ヤリスクロス」、「ヤリス」などに搭載されている従来の「緊急時操舵支援機能」とは異なり、歩行者や車両と接触する恐れがある際、ドライバーによる回避操作がなくても、システムが回避操舵を行い、さらに車線逸脱を抑制する装備となっています。

従来との最大の違いは、何と言っても“システムが回避操舵を行う”部分にあります。

従来は回避操舵はドライバーが行う前提で、システムは回避操舵をアシストするにとどまっていたため、より安全性が向上した形になります。

そのため、自動ブレーキ同様保険として設定しておきたい装備といえるでしょう。

 

「フロントクロストラフィックアラート」は、交差点などの出合い頭事故を抑制する装備で、車両前方左右から接近する車両をレーダーで検知してブザー音とディスプレイ表示で警告してくれます。

「ノア」・「ヴォクシー」から搭載されている最新の自動ブレーキは、車両だけでなく自動二輪車も検知可能で、交差点の出合い頭時でも自車速度5~60km/hと幅広く動作する国産車トップクラスの性能となっています。

スバル「レヴォーグ」や「フォレスター」にも同様の装備は搭載されていますが、自動二輪車は検知できない、自動ブレーキの作動範囲は1~20km/hとなっているなど、「アルファード」・「ヴェルファイア」の方が優れているといえます。

そんな優れた自動ブレーキが標準装備されていますので、「フロントクロストラフィックアラート」がなくても大丈夫といえなくもありませんが、作動範囲が15km/h以下となっているものの、死角から接近してくる車両と接近するもっと手前でお知らせしてくれる「フロントクロストラフィックアラート」があると、より安心だといえるでしょう。

「フロントクロストラフィックアラート」はヒヤッとするシーンを、より減らしてくれる役割があります。

 

「レーンチェンジアシスト」は、自動車専用道路で方向指示器を操作すると、ハンドル操作をシステムがアシストしてくれる機能です。

ハンズオフでは使用できないため、自動車線変更機能でありませんが、ハンドルさえ握っていれば“ほぼ自動”で車線変更を行ってくれる機能です。

変更する車線の前後方に車両がいない状態でしか行なえないため、安全に車線変更を行えるメリットがあります。

 

価格は、2.5Lガソリン車で95,700円、2.5Lハイブリッド車で139,700円と高価です。

「レーンチェンジアシスト」は運転をアシストしてくれる装備なため「アドバンストドライブ」に近い印象がありますが、その他の装備は自動ブレーキ同様、保険として設定しておきたい装備だといえるでしょう。

安全にやり過ぎはありません。

 

スポンサーリンク

カラーヘッドアップディスプレイ+タッチトレーサーオペレーション


トヨタ「アルファード」公式HPより

次におすすめしたいオプションは、メーカーオプションの「カラーヘッドアップディスプレイ」、「タッチトレーサーオペレーション」のセットオプションです。

「Executive Lounge」グレード、「ヴェルファイア」は標準装備されています。

 

「カラーヘッドアップディスプレイ」は、スピードメーターやシフトポジション、タコメーター、運転支援システムの動作表示、ナビゲーションの連携表示、オーディオ情報、各種警告、提案サービス、など各種情報をフロントウィンドウガラスに映写させる装備で、目線を下げずに情報を確認することができるメリットがあります。

明るさや表示タイプ、表示位置や傾きはドライバーごとにカスタマイズすることも可能で、「カラーヘッドアップディスプレイ」の表示/非表示を音声操作することも可能となっています。

さらに、「アルファード」・「ヴェルファイア」の場合、「レーントレーシングアシスト」などの操作画面が「カラーヘッドアップディスプレイ」に表示され、「タッチトレーサーオペレーション」によりボタンを見ずに操作可能となっています。

そのため、多くの機能を前を見ながら直感的に操作できるメリットがあります。

筆者は普段「カラーヘッドアップディスプレイ」をあまりおすすめしていませんが、「タッチトレーサーオペレーション」が採用されたことで、従来の「カラーヘッドアップディスプレイ」より付ける価値のあるオプションだと考えます。

 

価格は55,000円と決して安くはありませんが、利便性や安全性が向上する装備となっているため、おすすめです。

 

スポンサーリンク

レインクリアリングブルーミラー

トヨタ「アルファード」公式HPより

次におすすめしたいオプションは、ディーラーオプションの「レインクリアリングブルーミラー」です。

 

これは、ドアミラーが雨により見にくい状態になるのを防ぐ装備です。

つまり、「ガラコ ミラーコートZERO」が施工されたドアミラーということですね。

しかも、親水性が太陽光により自己回復する優れものです。

毎回ガラコを施工していた方からすると、施工する手間が省け、非常に便利です。

 

言うまでもありませんが、ドアミラーが見えなければ、右左折時や車線変更時など、安全性が非常に低下していることになります。

そのため、「レインクリアリングブルーミラー」は安全装備の1つといえるでしょう。

 

価格は13,200円となっています。およそ「ガラコ ミラーコートZERO」20個分程度の価格です。

1年間に「ガラコ ミラーコートZERO」を何本購入するかによりますが、1年に2本以上購入するなら10年間で元が取れる計算になります。

 

「ガラコ ミラーコートZERO」を安く仕入れることができる方、施工が煩わしいと思わない方、などは不要かと思いますが、そうでない方にはドアミラーを見やすい状態に維持してくれる便利な装備なため、おすすめです。

 

スポンサーリンク

エントランスマット付フロアマットセット

トヨタ「アルファード」公式HPより

最後におすすめしたいオプションは、ディーラーオプションの「エントランスマット付フロアマット」です。

 

マットについては社外品を安く購入する方も一定数いるかと思いますが、純正品を購入される方が多いでしょう。

「アルファード」・「ヴェルファイア」の場合、エグゼクティブ・ロイヤルタイプ・ラグジュアリータイプとの3種類が設定されており、遮音性と高級感を共に重視する方は価格が最も高いエクゼクティブを、高級感を重視する方はロイヤルタイプを、価格の安さを重視する方はラグジュアリータイプを選択すると良いでしょう。

「アルファード」・「ヴェルファイア」は静粛性が高いクルマとなっているため、特別理由がなければラグジュアリータイプで十分かと考えます。

 

マットでもう1つ悩みどころなのは、エントランスマット付とエントランスマット無の2択でしょう。

エントランスマットとは、別名ステップマットと呼ばれており、その名の通り車両に乗り込むステップ部分に設置するマットとなっています。

有無で13,200円~19,800円の違いがあります。

“なくても良いのでは”と考えそうなところですが、ステップ部分は外の汚れを1番最初に受け止める場所のため、靴についた小石や泥で汚れやすくなっています。

また、隙間や溝に入った汚れを掃除するのは、結構大変です。

そのため、少し割高になりますが、エントランスマット付きのフロアマットがおすすめだと考えます。

 

価格は、エグゼクティブで132,000円、ロイヤルタイプで99,000円、ラグジュアリータイプで77,000円となっており、マットとしては非常に高価な部類に入ります。

少しでも安くしたい場合はラグジュアリータイプがおすすめです。

 

スポンサーリンク

新型「アルファード」・「ヴェルファイア」の見積もり額


トヨタ「アルファード」公式HPより

最後に、新型トヨタ「アルファード」・「ヴェルファイア」の見積り額をみていきましょう。

 

■アルファード

  • Z(2WD):約605万円
  • HYBRID Z(2WD):約670万円
  • Executive Lounge(2WD):約906万円

■ヴェルファイア

  • Z Premier(2WD):約708万円
  • HYBRID Z Premier(2WD):約720万円
  • Executive Lounge(2WD):約926万円

 

上記は、オプションにマット、ユニバーサルステップ、トヨタ チームメイト、カラーヘッドアップディスプレイを設定した場合の価格です。
※トヨタ チームメイト、カラーヘッドアップディスプレイは「アルファード」の「Z」、「HYBRID Z」のみ設定

オプション総額は、「アルファード Z」で約33万円、「アルファード HYBRID Z」で約37万円、「ヴェルファイア Z Premier」と「ヴェルファイア HYBRID Z Premier」で約18万円、「アルファード Executive Lounge」と「ヴェルファイア Executive Lounge」で約21万円です。

また、メンテパックを別途設定していますが、メンテパックは点検代を“先に払っているだけ”なため、上記の価格からは抜いています。

値引き額を含んでいない価格ではありますが、仮に先代30系「アルファード」・「ヴェルファイア」で例のあった50~60万円前後の値引き額があったとしても、最も安くて550万円前後となります。

先代30系「アルファード」・「ヴェルファイア」なら300万円台から購入できたことを考慮すると、価格が高い印象は否めません。

 

では、新型「アルファード」・「ヴェルファイア」の価格を、同トヨタの「ノア」・「ヴォクシー」と比較してみましょう。

  • 「ノア S-Z」:約429万円
  • 「ヴォクシー S-Z」:約436万円
  • 「ノア HYBRID S-Z」:約454万円
  • 「ヴォクシー HYBRID S-Z」:約461万円

 

上記の価格は、最上位グレードにアドバンストドライブやアドバンストパークなど先進安全装備、パワーバックドアやオットマンなどの快適装備をフルで設定し、値引き額を含んでいない価格です。
※オプション総額は68万円~75万円

それでも、新型「アルファード」・「ヴェルファイア」より150万円以上安くなっており、先代30系モデルより価格差が大きく拡大しています。

さらに「ノア」・「ヴォクシー」は、オプションを厳選し、値引き額を含んだ場合だとハイブリッド車でも350万円前後で購入可能なため、250万円以上の価格差があることになります。

 

価格が高騰した新型「アルファード」・「ヴェルファイア」を購入できないユーザーは、質感や乗り心地、快適性では劣るものの、安全性能では全く劣らず、利便性やコスパが高いため人気の「ノア」・「ヴォクシー」、または先進性や安全性では劣るものの、総合的に満足度の高い人気の先代30系「アルファード」・「ヴェルファイア」を中古車で購入するがおすすめです。

新車だと納車を1年以上待たないといけない場合もありますが、中古車なら新車と異なり“すぐに納車される”ことも大きな魅力です。

ちなみに、年式2023年、走行距離10km、修復歴なしと好条件の人気の「アルファード S“TYPE GOLD Ⅲ”」が約440万円で購入可能です。

通常、フルモデルチェンジにより先代モデルの中古車価格は急落するものですが、全く落ちていないのは人気の現れでしょう。

「アルファード」・「ヴェルファイア」を少しでも安く、お得に購入したい方は“新車同様の中古車”も検討してみましょう。

 

また、上記の価格は現在の車の買取価格を含めていません。

買取価格を最大限上げたい方、安心して現在の車を売りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

現在の車を少しでも高く売って、その資金を基に車を購入しましょう。

【車を高く売る方法】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!
車を少しでも高く売る方法をご紹介します。ディーラーで下取りに出すより、現在の車を30万円以上高く売ることも可能ですよ!

 

スポンサーリンク

【PR】“新車同様の中古車”なら、新車より60万円以上安い!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも多数あります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は“新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!

また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に1年以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
“新車同様の中古車”を買う場合のメリットは何といってもその「安さ」が魅力ですが、デメリットは「自分の付けたいオプションが選べない」という点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

そのため、中古車を選ぶ際は車のカラー及びメーカーオプションを妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数トップクラスのガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数トップクラスのガリバーがおすすめです。

中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何kmでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

 

気になった車、欲しい車がある方はガリバーに登録して探してもらいましょう!

※中古車の販売金額は申込完了ページには表示されません。登録後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

【PR】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!

中古車買取サービスは、中古車の買取台数トップクラスのガリバー無料査定がおすすめです。

買取台数がトップクラスな理由は、高価買取実績サービスの良さ信頼性にあります。

中古車買取台数だけでなく中古車販売台数もトップクラスのガリバーは、まさに中古車業界の“トヨタ”的存在です。

 

■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由
中古車買取台数がトップクラスということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。

  • 買取車両の在庫期間を短くする独自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減
  • 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映
  • ディーラーの下取りと異なり、オプションやアクセサリーを買取額にプラス評価!

 

■筆者の一括査定体験談
買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。

また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。

上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

何れにしも、無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。

査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

 

 

私はスズキ「スペーシア カスタム」を売る際、ディーラーで下取りに出した後にガリバーの無料査定を知り、「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにもガリバー無料査定を行い、現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう

※愛車の査定金額は申込完了ページには表示されません。入力後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、新型トヨタ「アルファード」・「ヴェルファイア」のおすすめオプションをご紹介しました。

 

新型「アルファード」・「ヴェルファイア」は、上質は室内・先進的かつ利便性の高い各種快適装備・トップクラスの先進安全装備・優れた乗り心地などを備えた高級ミニバンとなっています。

トヨタ「ノア」・「ヴォクシー」などでは味わえない1クラス上の快適性を感じられるでしょう。

一方で、価格が大幅に上昇しており、先代30系「アルファード」・「ヴェルファイア」より購入する敷居がかなり高くなっています。

逆に言えば、先代よりブランド価値が高まったといえ、高級ミニバンを所有する満足感は得られるでしょう。

高級ミニバンの購入を検討している方は、新型「アルファード」・「ヴェルファイア」を是非検討してみましょう。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント