”新車同様の中古車”なら新車より60万円以上安く買える!
スポンサーリンク

【SUV】RAV4・スバル XV(D型)を試乗、比較してみた!おすすめSUVはどっち!?

車の比較&試乗記

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

今回は、2019年4月10日に発売された新型トヨタ「RAV4」と、2019年のマイナーチェンジにてD型となったスバル「SUBARU XV」を徹底比較いたします。

そもそも、「RAV4」はミディアムクラスSUV、「SUBARU XV」はコンパクトSUVなので、「RAV4」の方が1クラス上です。しかし、以下の記事でも記載しているように「RAV4」のガソリン車はコンパクトSUV並に安いのです!

【SUV】RAV4・フォレスター・エクストレイル・CX-5を一気に比較!最もおすすめなSUVは!?
2019年4月10日に新たに新型トヨタ「RAV4」が追加されたことで、より激戦区となったミディアムクラスSUVに属するスバル「フォレスター」、日産「エクストレイル」、マツダ「CX-5」を、加速性能・燃費性能・車内の広さ・安全性能・価格など、一気に比較します。本当におすすめなSUVはどの車なのか!?
トヨタのSUV「RAV4」・「C-HR」・「ハリアー」を一気に比較!最もおすすめなSUVは!?
今回は、トヨタのSUV「RAV4」・「C-HR」・「ハリアー」を、加速性能・燃費性能・車内の広さ・安全性能・価格など、各項目をじっくり隅々まで比較いたします。果たして各車どれほどの性能差があり、本当におすすめなSUVはどの車なのか!?徹底検証いたします。

 

コンパクトSUVの中ではトップクラスの安全性能と4WD性能を持った「SUBARU XV」と、同じく安全性能と4WD性能が高い「RAV4」は、共通点が多いともいえます。

そんな「RAV4」と「SUBARU XV」を、加速性能・燃費性能・車内の広さ・安全性能・価格など、各項目を一気に比較します。

果たしてどれほどの性能差があり、本当におすすめなSUVはどの車なのか!?徹底検証いたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

トヨタ RAV4


トヨタ「RAV4」公式HPより

「RAV4」のパワートレイン

パワートレインは、以下の2種類です。

  • 2.0Lガソリン(直列4気筒「M20A-FAS」型エンジン)
  • 2.5Lハイブリッド(直列4気筒「A25A-FXS」型エンジン+「3NM」型モーター+「4NM」型リアモーター)

2.0Lガソリンエンジンは、「2.0Lダイナミックフォースエンジン」と発進用ギアが追加された「Direct Shift-CVT」を組み合わせたものとなっており、ともにトヨタブランド国内初搭載です。

2.5Lハイブリッドは、トヨタ「カムリ」と同じ2.5Lハイブリッドシステムを採用しています。

 

「RAV4」は最廉価グレードから装備が充実!

ハイブリッド車の最上位グレードとなれば高価ですが、「RAV4」の魅力は最廉価グレード「X」でも装備が充実している点です。

「X」や「HYBRID X」で他グレードより劣る点を以下にまとめました。

  • 「ダウンヒルアシストコントロール」が装備できない
  • フロントやリヤのスキッドプレートが装備されない
  • フォグランプや一部先進安全装備がオプション
  • ステアリングホイールやシフトノブが本革ではなくウレタン
  • マルチインフォメーションディスプレイが7.0インチ→4.2インチ
  • オプティトロンメーター→アナログメーター
  • シート表皮が合成皮革→ファブリック
  • 運転席8ウェイパワーシート→6ウェイマニュアルシート
  • 電動ランバーサポートや温熱シートが装備されない
  • ハンズフリーパワーバックドア、パワーバックドアが装備されない

などです。

最廉価グレードでよくある、フルキャップ付きのスチールホイール、ハロゲンヘッドランプ、先進安全装備が一部装備できない、などの様な設定にはなっていません。

 

「RAV4」のおすすめグレード

上記より、「RAV4」の最もおすすめなグレードは最廉価グレードの「X」です。

 

■ガソリン車とハイブリッド車はどちらがお得か!?
ガソリン車とハイブリッド車を比較すると、価格差が60万円程度あり、年間走行距離が1万km程度であれば10年間でも30万円前後しか差は埋まりません。そのため、車両本体価格が安いガソリン車の方がお得になる可能性が高くなります。

ただ、加速性能はもちろんハイブリッド車の方が優秀ですので、加速性能を重視するならハイブリッド車も魅力的です。ハイブリッド車のおすすめグレードは「HYBRID X」です。

 

スポンサーリンク

スバル SUBARU XV


スバル「SUBARU XV」公式HPより

「SUBARU XV」のパワートレイン

パワートレインは、以下の2種類です。

  • 1.6Lガソリン(水平対向4気筒「FB16」型エンジン)
  • 2.0Lマイルドハイブリッド(水平対向4気筒「FB20」型エンジン+「MA1」型モーター)

 

「SUBARU XV」のおすすめグレード

「SUBARU XV」の最もおすすめなグレードは「2.0e-L EyeSight」です。

理由は、e-BOXER搭載車で比較すると、「2.0e-L EyeSight」と「2.0e-S EyeSight」及び「Advance」とはそこまで装備差はなく、かつ5~10万円程度安く購入できるからです。また、1.6L車と比較すると、燃費性能差が実燃費で2.0km/L程度あるため、減税を考慮した価格差約24万円は10年間使用すると、ほぼ消滅する可能性が高いからです。
※年間走行距離1万km、燃料代140円で計算した場合

 

■1.6Lガソリン車と2.0Lマイルドハイブリッド車はどちらがお得か!?
上記のとおり、2.0Lマイルドハイブリッド車の方がお得です。

ただ、年間走行距離が1万kmより少ない方は、1.6Lガソリン車を選択した方が安くなる可能性は高くなります。

【スバル SUBARU XV】マイナーチェンジ(2019)D型の変更点!おすすめグレードは!?D型とライバル車を比較!
今回は、2019年10月10日に発表されたスバル「SUBARU XV」のマイナーチェンジ(D型改良モデル)による変更点をまとめてみました。また、マツダ「CX-30」・トヨタ「C-HR」・ホンダ「ヴェゼル」と安全性能を徹底比較いたします!「SUBARU XV」(D型)のおすすめグレードもご紹介!

 

スポンサーリンク

RAV4・スバルXVの比較

ボディサイズの比較



トヨタ「RAV4」公式HPより
スバル「SUBARU XV」公式HPより

ボディサイズについて、比較していきます。

 

・RAV4
全長(mm):4,600(「Adventure」は4,610mm)
全幅(mm):1,855(「Adventure」は1,865mm)
全高(mm):1,685~1,690
ホイールベース(mm):2,690
車両重量(kg):1,500~1,690
最小回転半径(m):5.5~5.7
最低地上高(mm):190~200

・SUBARU XV
全長(mm):4,465
全幅(mm):1,800
全高(mm):1,550
ホイールベース(mm):2,670
車両重量(kg):1.6L車は1,410、「2.0e-L EyeSight」は1,530、「Advance」他は1,550
最小回転半径(m):5.4
最低地上高(mm):200

 

■視界は共に良いため運転しやすいが、やはり「RAV4」は少し大きい
ボディサイズは「RAV4」の方が全て大きくなっていますが、「RAV4」は視界がとても良くなっていますので、ボディサイズの割には運転しやすい印象を受けました。しかし、生活道路の様な細い道に入ると、やはり全幅の大きさが気になります。全長の長さはアイポイントが高くなっているため、そこまで気になりませんでした。

「SUBARU XV」も視界が良いため、「RAV4」よりコンパクトサイズとなっている「SUBARU XV」の方が運転しやすいでしょう。

 

■最低地上高は「RAV4」の一部グレードより「SUBARU XV」の方が余裕あり!
最低地上高は、全車20cmとなっている「SUBARU XV」と異なり、「RAV4」は「G “Z package”」と「Adventure」を除くグレードの場合、20cmを下回ります。ハイブリッド車で比較すると「RAV4」の方が10cm低いことになります。たかが10cm、されど10cm!

 

■オフロード性能は共に定評あり!
新型「RAV4」のガソリン車には、走行状況に応じて後輪トルクを左右独立で制御する世界初の「ダイナミックトルクベクタリングAWD」を採用されています。また、MUD・SAND・SNOWなど路面状況に応じて駆動力やブレーキなどを制御する「マルチテレインセレクト」も採用されており、ハイブリッド車には「TRAILモード」が採用されています。降坂時の車速を一定に保つ「ダウンヒルアシストコントロール」も設定されています。

「SUBARU XV」も、「シンメトリカルAWD」と路面状況に応じて駆動力を制御する「X-MODE」が設定されています。雪国での支持の高さが信頼の証です。

 

スポンサーリンク

燃費性能の比較


トヨタ「RAV4」公式HPより

燃費性能は、JC08モード、WLTCモード、ユーザーが投稿した実燃費を集計したe燃費の値にて比較します。
※実燃費は季節や使用環境により異なります。

補足:WLTCモードとは
JC08モードはエンジンが温まった状態からの測定結果を75%、エンジンが冷えた状態からの測定結果を25%の比率で燃費を算出していました。WLTCモードでは、エンジンが冷えた状態からの測定結果のみを使用し、乗員や積載物の重量も考慮されることになり、これまでのJC08モードよりも実燃費値に近い条件となります。

  • WLTCモード:市街地、郊外、高速道路の平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モード
  • 市街地モード(WLTC-L):信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定
  • 郊外モード(WLTC-M):信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定
  • 高速道路モード(WLTC-H):高速道路等での走行を想定

 

・RAV4

・2.0Lガソリン(「X」) ※2WD
→15.8km/L(WLTCモード)
12.72km/Le燃費より)

・2.5Lハイブリッド(「HYBRID X」) ※2WD
→25.2km/L(JC08モード)
→21.4km/L(WLTCモード)
18.55km/Le燃費より)

 

・SUBARU XV

・1.6Lガソリン(「1.6i EyeSight」、「1.6i-L EyeSight」)
→15.8km/L(JC08モード)
→11.32km/L(e燃費より)

・2.0Lマイルドハイブリッド(「2.0e-L EyeSight」、「2.0e-S EyeSight」、「Advance」)
→19.2km/L(JC08モード)
→15.0km/L(WLTCモード)
13.01km/Le燃費より)

 

燃費性能を比較すると、「RAV4」の方が圧倒的に優秀です。

「RAV4」2.0Lガソリン車のWLTCモードの数値より、「SUBARU XV」2.0Lマイルドハイブリッド車のWLTCモードの数値の方が低いというのは、燃費性能では他社からかなり劣っているスバル車全体の課題な気がします。AWDしか設定がないからだとしても、もう少し頑張ってほしかったところですね。

何れにしても、「RAV4」2.5Lハイブリッド車の圧勝です。

 

スポンサーリンク

エンジン性能の比較


トヨタ「RAV4」公式HPより

エンジン性能について、比較していきます。

その前に「出力」と「トルク」の違いについて、簡単に説明します。

  • 出力:クルマの速さ
  • トルク:クルマの加速力

簡単に書くと、「最高出力」の値が高い車は速く走れる車で、「最大トルク」の値が高い車は加速が速い車ということですね。ただ、エンジンやモーターの特性、空力性能や車両重量などにより加速性能は全く異なりますので、単に”トルクの値が大きいから加速が速い”というわけではありません。

 

・RAV4

・2.0Lガソリン(「Adventure」、「G」、「X」
→最高出力 126kW〈171PS〉/6,600rpm
→最大トルク 207N・m〈21.1kgf・m〉/4,800rpm

・2.5Lハイブリッド(「HYBRID G」、「HYBRID X」)
エンジン
→最高出力 131kW〈178PS〉/5,700rpm
→最大トルク 221N・m〈22.5kgf・m〉/3,600~5,200rpm
モーター(フロント)
→最高出力 88kW〈120PS〉
→最大トルク 202N・m〈20.6kgf・m〉
モーター(リア)
→最高出力 40kW〈54PS〉
→最大トルク 121N・m〈12.3kgf・m〉

→システム最高出力 163kW〈222PS〉

 

・SUBARU XV

・1.6Lガソリン(「1.6i EyeSight」、「1.6i-L EyeSight」)
→最高出力 85kW〈115PS〉/6,200rpm
→最大トルク 148N・m〈15.1kgf・m〉/3,600rpm

・2.0Lマイルドハイブリッド(「2.0e-L EyeSight」、「2.0e-S EyeSight」、「Advance」)
エンジン
→最高出力 107kW〈145PS〉/6,000rpm
→最大トルク 188N・m〈19.2kgf・m〉/4,000rpm
モーター
→最高出力 10kW〈13.6PS〉
→最大トルク 65N・m〈6.6kgf・m〉

 

あくまで参考値ですが、現時点で分かっている0-100km/h加速を整理すると、2.5Lハイブリッドが7秒台、2.0Lガソリンや1.6Lガソリンが10秒~11秒といったイメージです。

ガソリン車は、最高出力が高い「2.0Lダイナミックフォースエンジン」と発進用ギアが追加された「Direct Shift-CVT」が採用されている「RAV4」の方が優秀で、CVTにありがちな発進時や加速時のもっさり感はなく、レスポンスの良い加速感があります。

ただ、「SUBARU XV」の方が100kg程度軽いため、「RAV4」とそこまで差はない様に感じました。逆に「RAV4」は上り坂だと結構唸る(3,000回転程度の)感じでしたので、パワー不足かな?という印象を受けました。

何れにしても、加速性能は「RAV4」の2.5Lハイブリッド車が最も優秀だと感じました。マイルドハイブリッド(e-BOXER)や、トヨタの1.8Lハイブリッドとは比べ物にならない加速性能です。

静粛性は、ハイブリッド車のみならず、ガソリン車もかなり良く、エンジンが唸っていた瞬間以外はどちらも変わらないくらい静かだった「RAV4」の方が優秀です。

 

■”走り”と”燃費”を両立したいなら
”走り”と”燃費”を両立したいなら、「RAV4」の2.5Lハイブリッド車が良いでしょう。ガソリン車との燃費性能差が大きいため、お得感があります。

 

スポンサーリンク

居住性(後部座席、ラゲッジスペース)の比較


スバル「SUBARU XV」公式HPより

居住性について、比較していきます。

室内長の比較

トヨタ「RAV4」:1,890mm
スバル「SUBARU XV」:2,085mm

上記の数値のとおり、室内長は「SUBARU XV」の方が広いでしょう。「SUBARU XV」は、コンパクトSUVでボディサイズは小さいですが、車内は広い!これは素晴らしいですね。

室内幅の比較

トヨタ「RAV4」:1,515mm
スバル「SUBARU XV」:1,520mm

上記の数値のとおり、室内幅は「SUBARU XV」の方が僅かに広いでしょう。「SUBARU XV」の方が、全幅が50cm以上小さいことを考えると、この広さは素晴らしいですね。

室内高の比較

トヨタ「RAV4」:1,230mm
スバル「SUBARU XV」:1,200mm

上記の数値のとおり、「RAV4」の方が頭上スペースに余裕があります。

ラゲッジスペースの比較

トヨタ「RAV4」:580ℓ
スバル「SUBARU XV」:385ℓ(e-BOXER搭載車は340ℓ)

上記の数値のとおり、「RAV4」の方が圧倒的に広いでしょう。「SUBARU XV」のe-BOXER搭載車は、モーターの関係でラゲッジスペースが少し狭くなっています。

車内の広さ比較 まとめ

室内の広さは、数値的にはコンパクトSUVである「SUBARU XV」の方が広いところも多くありましたね。試乗した感覚では、両車同じくらい広い印象です。しかし、ラゲッジスペースを含めると圧倒的に「RAV4」の方が広いです。

つまり、家族がよく乗車するから大きいミディアムクラスSUVを選択する、というのは間違いであることがわかりますね。コンパクトSUVでも車内は広いのです。

 

快適装備の比較

トヨタ「RAV4」公式HPより

「RAV4」には、足でバックドアを開閉できる「ハンズフリーパワーバックドア」が搭載されています。「SUBARU XV」には「パワーバックドア」すら搭載されていませんので、さすが1クラス上のSUVといった感じです。

その他、「RAV4」にはコンソールボックス裏にエアコン吹出口が搭載されています。

 

「RAV4」のインテリアの質感は、「X」や「HYBRID X」を除くグレードならシートは合成皮革となっていますし、プラスチッキーな素材は少なく、質感が高い印象です。

ただ、トヨタ「カローラスポーツ」同様に、インサイドドアハンドルの質感はちょっと安っぽいかな?という感じでした。「カローラスポーツ」よりはマシだったと思いますが、少し気になりました。

「RAV4」は、後部座席足元中央の凹凸も小さく、シートの座り心地やホールド感も良かったため、「RAV4」の方が疲れにくい印象です。

やはり、快適装備や車内の質感、シートの座り心地などは1クラス上の「RAV4」に軍配が上がりそうです。

 

スポンサーリンク

安全性能の比較


スバル「SUBARU XV」公式HPより

安全性能について、比較していきます。
下表に各車の安全装備を整理しています。同機能の装備を同行に示しています。

RAV4SUBARU XV
オートマチックハイビームアダプティブドライビングビーム
レーントレーシングアシスト(車線中央走行支援)ツーリングアシスト、車線逸脱抑制、車線逸脱警報、ふらつき警報
プリクラッシュセーフティプリクラッシュブレーキ
ドライブスタートコントロールAT誤発進(後進)抑制制御
インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)後退時ブレーキアシスト
リヤクロストラフィックオートブレーキスバルリヤビークルディテクション
ブラインドスポットモニタースバルリヤビークルディテクション
ブラインドコーナーモニター、コーナービューモニター
※ナビオプション
サイドビューモニター
レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)全車速追従機能付クルーズコントロール
ステアリング連動ヘッドランプ
ロードサインアシスト
先行車発進告知機能先行車発進お知らせ機能
自動防眩インナーミラー
デジタルインナーミラー
パノラミックビューモニター

 

■「RAV4」が優れている点
「RAV4」は、「レーントレーシングアシスト」の車線維持支援機能が全車速域に対応しているため、スバルの「ツーリングアシスト」と同様の機能を有しており優秀です。「SUBARU XV」にも2019年10月のマイナーチェンジにて「ツーリングアシスト」が搭載されましたので、同レベルとなりました。

「RAV4」には、後方から接近する車両に対しても自動ブレーキが作動する「リヤクロストラフィックオートブレーキ」や「自動防眩インナーミラー」が搭載されている点で優秀です。

また、コネクティッドサービスにより、盗難の際の車両追跡や緊急時のSOS発信なども行えます。

さらに、ボディサイズが大きくなったことにより必須装備とも言える「パノラミックビューモニター」が2020年8月の一部改良により新たに設定されています。

 

■SUBARU XVが優れている点
「SUBARU XV」は、「オートマチックハイビーム」より先進的な「アダプティブドライビングビーム」や「ステアリング連動ヘッドランプ」が搭載されている点で優秀です。

e-BOXER搭載車には、「全車速追従機能付クルーズコントロール」に「ECOクルーズコントロール」機能が追加されており、モーターアシストと回生ブレーキを最大限活用し、より燃費に配慮した追従制御を行える機能も搭載されています。

 

上記のとおり、両者一長一短あり、「リヤクロストラフィックオートブレーキ」やコネクティッドサービスを優先すれば「RAV4」が優秀ですが、先進ライトを優先すれば「SUBARU XV」の方が優秀といえます。

何れにしても、両車トップクラスの安全性能です。

 

スポンサーリンク

価格の比較


スバル「SUBARU XV」公式HPより

価格について、比較します。

 

RAV4のおすすめグレード&価格

「RAV4」のおすすめグレードは、ガソリン車なら「X」(4WD/5人乗り)で約297万円、ハイブリッド車なら「HYBRID X」(E-Four/5人乗り)で約360万円です。

メーカーオプションの「リヤクロストラフィックオートブレーキ」、ディーラーオプションのナビキットやETC代等を約21万円足すと、「X」は約318万円「HYBRID X」は約381万円となります。
※上記の価格は税金などの諸費用を足していません。諸費用を足すと+15~25万円程度の価格になります。

 

SUBARU XVのおすすめグレード&価格

「SUBARU XV」のおすすめグレードは、ガソリン車なら「1.6i-L EyeSight」(AWD/5人乗り)で約233万円、マイルドハイブリッド車なら「2.0e-L EyeSight」(AWD/5人乗り)で約265万円です。

メーカーオプションの「アイサイトセイフティプラス」、ディーラーオプションのナビ、ETC、リアカメラ代等を加えると、「1.6i-L EyeSight」は約278万円「2.0e-L EyeSight」は約307万円となります。
※上記の価格は税金などの諸費用を足していません。諸費用を足すと+15~25万円程度の価格になります。

 

価格比較 結果

上記の価格は税金などの諸費用を足していませんが、値引き額で概ね相殺されるでしょう。

上記金額を比較すると、ガソリン車なら「SUBARU XV」の方40万円程度安く購入できることがわかります。

しかし、「RAV4」の2WD車を選択すれば23万円程度安い約296万円となり、「SUBARU XV」のガソリン車との差は18万円まで縮まり、「SUBARU XV」のマイルドハイブリッド車より11万円安くなります。

つまり、「SUBARU XV」より1クラス上である「RAV4」ですが、価格差はほとんどないことになります。

ハイブリッド車は初期購入時の諸費用が減税されますので、ガソリン車と比べて約10万円ほどお得に購入できます。マイルドハイブリッド車は6万円ほどお得です。ただ、「RAV4」のハイブリッド車はミディアムクラスSUVの中でも少し高めに設定されていますので、コンパクトSUVと比較すると50万円以上高くなります。

上記より、お得に購入するという意味では、「RAV4」なら2WDのガソリン車、「SUBARU XV」なら燃費性能でほぼ回収できるためマイルドハイブリッド車がおすすめです。

 

さらに安く購入したい場合は、新車同様の中古車も検討してみましょう。走行距離が少なくお得な中古車も多数存在しますよ。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】新車同様の中古車なら新車より60万円以上安く買える!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも多数あります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は”新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!

また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
新車同様の中古車を買う場合のメリットは何といってもその安さ!ですが、デメリットとしては、自分の付けたいオプションが選べないという点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

なので、中古車選びのポイントは、車のカラー及びメーカーオプションは妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数No1のガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数1位のガリバーがおすすめです。

中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何kmでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

■さらに!9月~10月は”27周年 大創業祭セール”でお得に購入できるチャンス!
ガリバーは、2020年9月1日~2020年10月31日の期間中、創業27周年目を記念した大創業祭セールを開催しています。

期間中は在庫台数25,000台からセール車両が大放出され、お得なクルマを購入しやすくなっています。

ただし、セール車両は先着順につき売り切れる場合があるため、お得に購入したい方はお早めに!

 

気になった車、欲しい車がある方、セール車両を購入したい方は、ガリバーに登録して探してもらいましょう!
※中古車の販売金額は申込完了ページには表示されません。登録後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!

中古車買取サービスは、中古車の買取台数ランキング1位のガリバー無料査定がおすすめです。

買取台数No1なのには、それだけの高価買取実績サービスの良さ信頼性があります。

中古車販売台数も1位でしたが、中古車買取台数も1位のガリバーは、まさに中古車業界の”トヨタ”的存在です。

 

■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由
中古車買取台数が1位ということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。

  • 買取車両の在庫期間を短くする独自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減
  • 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映
  • ディーラーの下取りと異なり、オプションやアクセサリーを買取額にプラス評価!

 

■筆者の一括査定体験談
買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。

上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

何れにしも、無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。

査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

 

私は1台目の軽自動車を売る際、ディーラーで下取りに出し「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにもガリバー無料査定を行い、現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう

※愛車の査定金額は申込完了ページには表示されません。入力後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、ミディアムクラスSUVであるトヨタ「RAV4」、コンパクトSUVであるスバル「SUBARU XV」を比較しながらご紹介しました。

 

ボディサイズの大きさは気になるものの、乗り心地が良く、静粛性が高く、先進の安全装備が搭載され、快適装備が豊富な「RAV4」が最もおすすめなSUVであると筆者は考えます。

しかし、運転のしやすさを重視するなら間違いなく「SUBARU XV」の方がおすすめです。「RAV4」より安い価格で優れた悪路走破性と安全性能を誇るSUVを購入できるのも大きな魅力です。乗り心地や快適性以外で「RAV4」より劣る点はほとんどないでしょう。

車を購入する優先順位やこだわりによって、どちらが良いかは変わってくると思います。両車それぞれ良さがあり、性能は拮抗している印象です。

あなたが最も欲しいと思った車を購入する様にしてください。

 

【SUV】RAV4・CR-Vを試乗、比較してみた!おすすめSUVはどっち!?
2019年4月10日に発売された新型トヨタ「RAV4」と、2018年に発売されたホンダ「CR-V」を、加速性能・燃費性能・車内の広さ・安全性能・価格など、各項目を一気に比較します。果たしてどれほどの性能差があり、本当におすすめなSUVはどの車なのか!?徹底検証いたします。
【トヨタ RAV4 新型】試乗で分かった良点・欠点!おすすめグレードは!?
今回は、2019年4月10日に発売された新型トヨタ「RAV4」の2.5Lハイブリッド車及び2.0Lガソリン車にがっつり試乗してきましたので、良かった点や気になった点をまとめてご紹介します。また、試乗時に確認した値引き額、試乗した上で選んだ”おすすめグレード”もご紹介します。
【新型】トヨタ「RAV4」がSUVの中で"最もおすすめ"だと感じた理由5選~RAV4 フルモデルチェンジ2019
今回は、2019年4月10日に発売(フルモデルチェンジ)された新型トヨタ「RAV4」が”最もおすすめなSUVである”と感じた理由をご紹介します。加速性能、燃費性能、4WD性能、安全性能、車内の広さ、そしてなんと言っても価格が安く、コスパが良い新型「RAV4」はかなりおすすめです!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント