”新車同様の中古車”なら新車より60万円以上安く買える!
スポンサーリンク

【ウェイク】特別仕様車Gターボ L VSの違い~お得なのか検証してみた結果おすすめグレードでした

モデルチェンジ情報

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

今回は、2021年5月10日に行われたダイハツ「ウェイク」のマイナーチェンジ(一部改良)による変更点をまとめてみました。

また、今回の改良に合わせて発売された特別仕様車「L“VS SAⅢ”」、「G ターボ“VS SAⅢ”」はお得なのか!?徹底検証してみました。

果たして、「“VS SAⅢ”」はおすすめグレードなのか!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ダイハツ「ウェイク」マイナーチェンジ(一部改良)による変更点


ダイハツ「ウェイク」公式HPより

2021年5月10日に行われたダイハツ「ウェイク」のマイナーチェンジ(一部改良)による変更点は、以下のとおりです。

 

  • エントリーグレード「D」にオートライトを標準装備
  • オートライトを自動再点灯する仕様に変更
  • サイドミラーを拡大
  • 特別仕様車「L“VS SAⅢ”」、「G ターボ“VS SAⅢ”」の発売

 

今回の改良における最大の変更点は、お得な特別仕様車「L“VS SAⅢ”」、「G ターボ“VS SAⅢ”」が発売されたことですが、オートライトが自動再点灯する仕様に変更されたことも地味に大きな変更です。

具体的には、ライトのスイッチをオフにして手を離すと自動的にオートの位置に戻る仕様になっています。

決してライトのオフスイッチがなくなったわけではありません。

また、オフにしても以下の条件でライトが再点灯する仕様になっています。

  • 車速が3km/hを超えた
  • 車速が3km/h以下の状態が約30秒経過した(停車時を除く)
  • 再度スイッチをオフにした
  • エンジンスイッチを再度オンにした

 

つまり新型「ウェイク」は、一時的にライトをオフにすることはできますが、オフのまま走行することはできない様になったわけです。

赤信号などで停車時に節電目的や、対向車に気を使ってライトを消灯する方もいるかと思いますが、その点は新型「ウェイク」でも引き続き消灯することができます。

日産「ルークス」の様にライトのオフスイッチをなくしてしまうクルマもある中で、一時的にオフできる余地を残している点は、良い点といえます。

何れにしても、これにより夕暮れや夜間を無点灯で走行することはなくなるため、夜間の安全性が高くなったといえるでしょう。

 

スポンサーリンク

特別仕様車「“VS SAⅢ”」はお得なのか!?


ダイハツ「ウェイク」公式HPより

では、特別仕様車「L“VS SAⅢ”」、「G ターボ“VS SAⅢ”」はお得なのか!?徹底検証してみましょう。

 

「L“VS SAⅢ”」、「G ターボ“VS SAⅢ”」の特別装備と”その価格”

まずは、ダイハツ「ウェイク」の特別仕様車「“VS SAⅢ”」の特別装備を、以下にまとめてみました。

  • LEDスタイルパック(L“VS SAⅢ”のみ)
  • ドライビングサポートパック(ステアリングスイッチ、チルトステアリング、運転席シートリフター)
  • パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック
  • 上下2段調節式デッキボード(L“VS SAⅢ”のみ)
  • ユーティリティフック、荷室床面フック、固定ベルト
  • LED室内灯(フロント・リヤパーソナルランプ、ラゲージルームランプ、バックドアランプ)
  • イージーケアフロア
  • 15インチアルミホイール(Gターボ“VS SA Ⅲ”のみ)

 

上記の内、上から4つの装備はメーカーオプション、赤色アンダーラインの装備はディーラーオプション、黄色アンダーラインの装備は通常設定できない”まさに特別装備”となっています。

イージーケアフロアは掃除がしやすい防水素材が用いられており、15インチアルミホイールは「G ターボ“VS SAⅢ”」専用のアクティブなデザインとなっています。

その他、ユーティリティフックが標準装備されているなど、アウトドアに特化した特別仕様車となっていることがわかります。

 

上記の特別装備の価格は、「L“VS SAⅢ”」ならLEDスタイルパック(60,500円)、ドライビングサポートパック(16,500円)、パノラマモニターパック(58,300円)、上下2段調節式デッキボード(30,000円前後)、ユーティリティフックとLED室内灯(30,000円前後)となっており、総額約19.5万円となります。

「G ターボ“VS SAⅢ”」ならドライビングサポートパック(16,500円)、パノラマモニターパック(58,300円)、ユーティリティフックとLED室内灯(30,000円前後)、15インチアルミホイール(60,000円前後)となっており、総額約16.5万円となります。

 

「L“VS SAⅢ”」、「G ターボ“VS SAⅢ”」は一体いくらお得なのか!?

次は、車両本体価格をみてみましょう。
※いずれも2WD車の価格

  • G ターボ“VS SAⅢ”:1,749,000円
  • G ターボ“SAⅢ”:1,705,000円
  • L“VS SAⅢ”:1,644,500
  • L“SAⅢ”:1,584,000

 

「G ターボ“VS SAⅢ”」と「G ターボ“SAⅢ”」の価格差は44,000円。

「L“VS SAⅢ”」と「L“SAⅢ”」の価格差は60,500円となっています。

 

上記の価格差、及び前述の特別装備の総額より、特別仕様車「L“VS SAⅢ”」と「G ターボ“VS SAⅢ”」はいずれもベース車より13万円前後お得であることがわかります。

そもそも両車ともに、人気のメーカーオプションであるLEDスタイルパック、ドライビングサポートパック、パノラマモニターパックをベース車に設定した価格よりも安いため、お得であることは間違いありません!

仮にユーティリティフックなどが不要だったとしても、ベース車ではなく特別仕様車「L“VS SAⅢ”」または「G ターボ“VS SAⅢ”」を選択した方が良いでしょう。

そのため、新型「ウェイク」のグレード選びは、特別仕様車「L“VS SAⅢ”」または「G ターボ“VS SAⅢ”」の2択になったと言っても過言ではないでしょう

 

スポンサーリンク

「L“VS SAⅢ”」と「G ターボ“VS SAⅢ”」どっちがおすすめ!?

新型「ウェイク」のグレードは、特別仕様車「L“VS SAⅢ”」または「G ターボ“VS SAⅢ”」の2択だと書きましたが、果たしてどっちがおすすめなのか!?

 

「L“VS SAⅢ”」と「G ターボ“VS SAⅢ”」の装備差は、以下のとおりです。

  • フードガーニッシュ(G:メッキ、L:ブラック)
  • ステアリングホイール(G:本革巻、L:ウレタン)
  • シフト(G:本革巻、L:ウレタン)
  • センターメーター(G:3眼メーター、L:1眼メーター)
  • エアコンレジスターノブ(G:メッキ、L:メッキなし)
  • インナードアハンドル(G:メッキ、L:メッキなし)
  • アルミホイール(G:15インチ、L:14インチ)

 

上記のとおり、車内外の質感に差があります。

特に大きいのは、普段目にする運転席周り(ステアリング、シフト、メーター、インパネ、ドアトリム)の質感とアルミホイールでしょう。

 

当然、ターボを搭載しているのか、していないのかも変わってきます。

燃費性能はそれほど大きな違いはない(G:16.9km/L、L:17.4km/L)ものの、加速性能は大きく異なります。

あくまで参考程度ですが、0-100km/h加速はノンターボ車が15秒前後、ターボ車が12秒前後と3秒も異なります。

多くの普通車が10~11秒前後となっていますので、ノンターボ車の加速性能がいかに低いかがわかります。

 

最後に重要な価格ですが、「L“VS SAⅢ”」が約164万円、「G ターボ“VS SAⅢ”」が約175万円となっていますので、価格差は10万円前後あることがわかります。

燃費性能の差は大きくないとはいえ、ノンターボ車の方が燃費性能が良いことは間違いないため、「L“VS SAⅢ”」を選択した方が安くなるでしょう。

しかし、価格差以上に質感差や加速性能差が大きいと筆者は考えるため、「G ターボ“VS SAⅢ”」がおすすめです。

筆者はノンターボの軽自動車を購入して、あまりの加速性能の低さに1年で買い替えて後悔した過去があります。

後悔しないという観点からも「G ターボ“VS SAⅢ”」を選択した方が無難だと筆者は考えます。

 

何れにしても、全込みで200万円前後の価格となるため、少しでも安く、お得に購入したい方は、”新車同様の中古車”も検討してみましょう。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】”新車同様の中古車”なら、新車より50万円以上安い!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より50万円以上安く買えるケースも多数あります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は”新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!

また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
”新車同様の中古車”を買う場合のメリットは何といってもその「安さ」が魅力ですが、デメリットは「自分の付けたいオプションが選べない」という点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

そのため、中古車を選ぶ際は車のカラー及びメーカーオプションを妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数No1のガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数1位のガリバーがおすすめです。

中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何kmでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

■さらに!2021年4月~6月は”夏得キャンペーン”でお得に購入できるチャンス!
ガリバーは、2021年4月26日~2021年6月30日の期間中、夏得(なっとく)キャンペーンを開催しています。

期間中はセール車両が大放出され、お得なクルマを購入しやすくなっています。

ただし、セール車両は先着順につき売り切れる場合があるため、お得に購入したい方はお早めに!

 

気になった車、欲しい車がある方、セール車両を購入したい方はガリバーに登録して探してもらいましょう!

※中古車の販売金額は申込完了ページには表示されません。登録後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!

中古車買取サービスは、中古車の買取台数ランキング1位のガリバー無料査定がおすすめです。

買取台数No1なのには、それだけの高価買取実績サービスの良さ信頼性があります。

中古車販売台数も1位でしたが、中古車買取台数も1位のガリバーは、まさに中古車業界の”トヨタ”的存在です。

 

■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由
中古車買取台数が1位ということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。

  • 買取車両の在庫期間を短くする独自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減
  • 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映
  • ディーラーの下取りと異なり、オプションやアクセサリーを買取額にプラス評価!

 

■筆者の一括査定体験談
買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。

また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。

上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

何れにしも、無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。

査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

 

私はスズキ「スペーシア カスタム」を売る際、ディーラーで下取りに出した後にガリバーの無料査定を知り、「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにもガリバー無料査定を行い、現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう

※愛車の査定金額は申込完了ページには表示されません。入力後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、ダイハツ「ウェイク」のマイナーチェンジ(一部改良)による変更点、特別仕様車「L“VS SAⅢ”」と「G ターボ“VS SAⅢ”」がお得なのか徹底検証してみました。

 

非常にお得な特別仕様車が発売された新型「ウェイク」は、実質大幅値引きが行われたといえる状況です。

「ウェイク」といえば、他の軽スーパーハイトワゴンより室内高が圧倒的に高く、積載量も大容量となっていることが魅力です。

質感や装備の豪華さ、走りや乗り心地、安全性能や燃費性能ではホンダ「N-BOX」やダイハツ「タント」、スズキ「スペーシア」に負けるため、室内の広さを最も重視する方に非常におすすめの軽自動車といえるでしょう。

軽スーパーハイトワゴンの購入を考えている方は、今回の改良を機に新型「ウェイク」も検討してみましょう。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント