”新車同様の中古車”なら新車より60万円以上安く買える!
スポンサーリンク

【ホンダ フリード】マイナーチェンジ2019による変更点~新グレード「CROSSTAR(クロスター)」とは?

モデルチェンジ情報

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

今回は、2019年10月18日に行われたホンダ「フリード」のマイナーチェンジによる変更点をまとめてみました。

最大の変更点は、クロスオーバースタイルの新グレード「CROSSTAR(クロスター)」が追加されたことですが、その他何が変わったのか!?

また、ノーマルグレードと新グレード「CROSSTAR(クロスター)」の違いも徹底比較してみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ホンダ「フリード」マイナーチェンジによる変更点


ホンダ「フリード」公式サイトより

2019年10月18日に行われたホンダ「フリード」のマイナーチェンジによる変更点は、以下のとおりです。

 

■エクステリア

  • フロントグリル及びバンパーなどのデザインを変更

■インテリア

  • ウォールナット調パネルの採用
  • 「FREED+」にもインテリアカラー「モカ」を採用
  • インテリアカラー「ベージュ」の廃止

■安全性能

  • 「Honda SENSING」の全車標準装備化
  • 「後方誤発進抑制機能」を新たに搭載
  • 「標識認識機能」は英語併記(止まれ/STOP)の標識にも対応
  • 「ACC<アダプティブ・クルーズ・コントロール>」は前走車がいなくなった際の加速移行時間の短縮
  • 「LEDアクティブコーナリングライト」を新たに搭載
  • ホンダのミニバン初となる、ブレーキ操作ステップダウンシフト制御を採用(ガソリン車のみ)

■グレード構成

  • クロスオーバースタイルの新グレード「CROSSTAR(クロスター)」が追加
  • 4WD車(ガソリン車)に3列7人乗り仕様が追加

■ボディカラー

  • 新色「シーグラスブルー・パール」、「プレミアムクリスタルオレンジ・メタリックⅡ」の採用
  • 「ブルーホライゾン・メタリック」、「シトロンドロップ」、「コバルトブルー・パール」、「ホワイトオーキッド・パール」、「モダンスティール・メタリック」、「プレミアムスパークルブラック・パール」、「フォレストグリーン・パール」の廃止
  • 「シルバーミストグリーン・メタリック」、「プラチナホワイト・パール」、「スーパープラチナグレー・メタリック」、「ミッドナイトブルービーム・メタリック」の追加

 

最大の変更点は、クロスオーバースタイルの新グレード「CROSSTAR(クロスター)」が追加されたことでしょう。

エクステリアデザインなども変更されていますが、2モーター式である1.5L i-MMDハイブリッドシステムの搭載などが噂されていたことを考えると、小ぶりな改良となっています。

「Honda SENSING」の全車標準装備化や「後方誤発進抑制機能」の搭載は嬉しいですが、ライバル車であるトヨタ「シエンタ」と比較して考えると、「オートハイビーム」も付けてほしかったところです。また、「新型N-WGN」にも搭載されている「渋滞追従機能付ACC」が今回「フリード」に搭載されなかったことも、「フリード」が「N-WGN」より上位モデルであることを考えると残念ですね。

ただ、「Honda SENSING」各機能の微調整やブレーキ操作ステップダウンシフト制御の採用など、運転をアシストする機能は確実に進化しています。

 

スポンサーリンク

ホンダ「フリード」新旧フロントマスク比較!


ホンダ「フリード」公式サイトより

上の画像はマイナーチェンジ後の「フリード」、下の画像はマイナーチェンジ前の「フリード」です。

フロントグリルはスタイリッシュに、フロントバンパーはワイドになっていることが分かりますね。

明らかにカッコよくなっています!

 

スポンサーリンク

ノーマルグレードと「CROSSTAR(クロスター)」の違い


ホンダ「フリード」公式サイトより

ノーマルグレードと新グレード「CROSSTAR(クロスター)」の違いを、以下にまとめてみました。

  • メッキ仕様でノーマルグレードとは異なるデザインの専用フロントグリル
  • 専用フロントバンパー(下部にメッキ加工)
  • 専用リアバンパー(下部にメッキ加工)
  • フロントロアースポイラー
  • サイドシルガーニッシュ
  • リアロアースポイラー
  • ルーフレール
  • 専用アルミホイール
  • LEDフロントフォグライト搭載
  • 汚れの目立ちにくい専用コンビシート
  • プライウッド調インパネパネル
  • アウタードアハンドル(高輝度シルバー塗装)
  • ドアミラー(シルバー塗装)

 

特別に4WD性能が高められていたり、最低地上高が上げられたりはしていませんが、上記のとおりSUV風の装備が豊富に設定されており、カッコいいです。スポーティーな「Modulo X」とは違った良さがありますね。

7人乗りモデルはなく、6人乗りと5人乗りモデルのみの設定で、「G」グレードより約22万円ほど高い上位グレードとして設定されています。

ライバル「シエンタ」にクロスオーバースタイルのグレードは設定されていませんし、他のミニバンをみても三菱「デリカ」くらいしかありませんので、「フリード クロスター」は人気グレードとなるかもしれませんね!

 

スポンサーリンク

【おすすめ】新車同様の中古車なら新車より60万円以上安く買える!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも多数あります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は”新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!

また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
新車同様の中古車を買う場合のメリットは何といってもその安さ!ですが、デメリットとしては、自分の付けたいオプションが選べないという点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

なので、中古車選びのポイントは、車のカラー及びメーカーオプションは妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数No1のガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数1位のガリバーがおすすめです。

中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何キロでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

気になった車、欲しい車がある方は、まずはガリバーに登録して探してもらいましょう!
※登録後、ガリバーから確認の電話連絡があります。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!

中古車買取サービスは、中古車の買取台数ランキング1位のガリバー無料査定がおすすめです。

買取台数No1なのには、それだけの高価買取実績サービスの良さ信頼性があります。

中古車販売台数も1位でしたが、中古車買取台数も1位のガリバーは、まさに中古車業界の”トヨタ”的存在です。

 

■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由
中古車買取台数が1位ということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。

  • 買取車両の在庫期間を短くする独自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減
  • 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映
  • ディーラーの下取りと異なり、オプションやアクセサリーを買取額にプラス評価!

 

■筆者の一括査定体験談
買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。

上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

何れにしも、無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。

査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

 

私は1台目の軽自動車を売る際、ディーラーで下取りに出し「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにもガリバー無料査定を行い、
現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう
※入力後、ガリバーから確認の電話連絡があります。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、ホンダ「フリード」のマイナーチェンジによる変更点、ノーマルグレードと新グレード「CROSSTAR(クロスター)」の違いを徹底比較してみました。

 

「フリード」は今回のマイナーチェンジにて、スタイリッシュになり、安全性能も高められました。さらに、クロスオーバースタイルの「CROSSTAR(クロスター)」が選択できる様になったため、「シエンタ」と比較しても魅力は増したといえるでしょう。

「シエンタ」と「フリード」を以下の記事で徹底比較していますので、コンパクトミニバンの購入を検討されている方は、是非参考にしてみてください。

【トヨタ シエンタ vs ホンダ フリード】違いを試乗、比較、評価してみた【ミニバン おすすめ】
近年人気の高いコンパクトミニバンであるトヨタ「シエンタ」とホンダ「フリード」がどう違うのか!?運転のしやすさ・燃費性能・加速性能・室内の広さ・使い勝手・安全性能・価格など、各項目を隅々まで徹底比較いたします。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント