”新車同様の中古車”なら新車より60万円以上安く買える!
スポンサーリンク

新型マツダ MAZDA3(アクセラ) 最新フルモデルチェンジ情報2019

モデルチェンジ情報

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

今回は他の記事でも度々紹介していた、マツダ「MAZDA3(旧アクセラ)」の最新フルモデルチェンジ情報をまとめてご紹介します。

 

※2019年5月24日追記
以下の記事で、変更点をより詳細にまとめています。ライバル車と比較した上で新型「MAZDA3(マツダ3)」が”買い”な点もまとめています。

新型MAZDA3(マツダ3)は買いか!?フルモデルチェンジの変更点&ライバル車と比較してみた
2019年5月24日に発売された新型マツダ「MAZDA3(マツダ3)」のフルモデルチェンジによる(旧アクセラからの)変更点をまとめてみました。また、Cセグメントに属するライバル車、スバル「インプレッサ」、トヨタ「カローラスポーツ」、ホンダ「シビック」などと比較して”買い”かどうか!?も検証します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

東京モーターショー2017情報+追加情報(2017年10月)


「MAZDA 魁 CONCEPT」公式HPより

2017年10月に開催された東京モーターショー2017で、「マツダ 魁 CONCEPT」と呼ばれる「SKYACTIV-X」が搭載された次世代型のハッチバック車が紹介されており、次期「アクセラ」ではないかと噂されています。

また、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの長所をともに備えたともいうべき新型エンジン「SKYACTIV-X」は、2018年2月にイタリアのミラノで、将来性が期待される自動車技術に贈られる「Q Global Tech Award」を受賞しています。

そんな「SKYACTIV-X」のエンジン本体の排気量は2.0Lとなりそうで、最高出力は132kW〈180PS〉、最大トルクは224N・m〈22.8kgf・m〉と素晴らしいパワーを発揮します。

2.0Lとは別に1.5L版「SKYACTIV-X」の開発も進められているそうですが、「アクセラ」には間に合わない可能性が高そうです。

さらに、発進時にモーターアシストするマイルドハイブリッドシステムを組み合わせる予定です。これまではトヨタのハイブリッドシステム「THS」を用いていましたが、マツダ独自のハイブリッドシステムへと移行するようです。

 

スポンサーリンク

新型「MAZDA3」最新情報


マツダ公式最新情報サイトより

2018年11月に開催されたロサンゼルスモーターショー2018で、新型マツダ「MAZDA3」が世界初公開されました。

写真を見ると、エクステリアやインテリアの一部が確認できます。ぱっと見では、それほど大きく変更された印象はありませんが、細かなところでデザインが変更されています。特にインパネ・ダッシュボード付近は現行モデルと大きく異なっています。

 

新型「MAZDA3」のボディサイズ

次はボディサイズを見ていきましょう。

新型「MAZDA3」のボディサイズは、以下のサイズとなります。前モデルの「アクセラ」とボディサイズを比較してみましょう。

 

■MAZDA3 FASTBACK(新型モデル)
全長(mm):4,460
全幅(mm):1,795
全高(mm):1,440
ホイールベース(mm):2,725

■アクセラスポーツ(前モデル)
全長(mm):4,470
全幅(mm):1,795
全高(mm):1,470
ホイールベース(mm):2,700

 

■MAZDA3 SEDAN(新型モデル)
全長(mm):4,660
全幅(mm):1,795
全高(mm):1,445
ホイールベース(mm):2,725

■アクセラセダン(前モデル)
全長(mm):4,580
全幅(mm):1,795
全高(mm):1,455
ホイールベース(mm):2,700

 

ハッチバックモデルは、大きくなるどころか若干小さくなっているのは意外です。ハッチバックモデルの全高が30mm低くなっています。

セダンモデルは、全長が82mm大きくなっていますが、それ以外は現行モデルとあまり変わりありません。

 

スポンサーリンク

新型「MAZDA3」のパワートレイン

次は注目のパワートレインを見ていきましょう。

ディーゼルエンジンは現行の1.5Lと2.2Lの2種類から、1.8Lの1種類に変更されます。

ガソリンエンジンは現行の1.5Lの1種類から、1.5L、2.0L、2.5Lの3種類に変更されます。

そして最も注目されている「SKYACTIV-X」の1種類、という全5種類のラインナップになります。

しかし、日本向けには2.5Lガソリンエンジンは設定されないようで、全4種類のラインナップとなります。少し残念ですね。

「SKYACTIV-X」は以前よりご紹介しているとおり、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの長所をともに備えたともいうべき新型エンジンです。新開発エンジンの排気量は2.0Lで、マイルドハイブリッドシステムを組み合わせています。

トランスミッションは、6EC-ATと6MTが設定されます。ただし、6MTが設定されているのはハッチバックの1.5Lガソリン車と「SKYACTIV-X」搭載車のみです。セダンはAT車のみです。

 

各パワートレインのスペックは、以下のとおりです。

■1.5Lガソリンエンジン
[SKYACTIV-G1.5]

→最高出力 82kW〈111PS〉/6,000rpm
→最大トルク 146N・m〈14.9kgf・m〉/3,500rpm

 

■2.0Lガソリンエンジン
[SKYACTIV-G2.0]

→最高出力 115kW〈156PS〉/6,000rpm
→最大トルク 199N・m〈20.3kgf・m〉/4,000rpm

 

■1.8Lディーゼルエンジン
[SKYACTIV-D1.8]

→最高出力 85kW〈116PS〉/4,000rpm
→最大トルク 270N・m〈27.5kgf・m〉/1,600~2,600rpm

 

■2.0Lガソリンエンジン+モーター(マイルドハイブリッド)
[SKYACTIV-X2.0+M-Hybrid]

エンジン
→最高出力 132kW〈180PS〉/6,000rpm
→最大トルク 224N・m〈22.8kgf・m〉/3,000rpm
モーター
→最高出力 4.8kW〈6.5PS〉/1,000rpm
→最大トルク 61N・m〈6.2kgf・m〉/100rpm

 

新型「MAZDA3」の0-100km/h加速

現時点で分かっているパワートレイン毎の0-100km/h加速を見ていきましょう。

■2.0Lガソリンエンジン
[SKYACTIV-G2.0]

→AT 10.8秒
→MT 10.4秒

■1.8Lディーゼルエンジン
[SKYACTIV-D1.8]

→AT 12.1秒
→MT 10.3秒

 

2.0Lガソリンエンジンについては概ね他車と同水準ですが、1.8LディーゼルエンジンのAT車だけ極端に遅い印象です。

 

スポンサーリンク

新型「MAZDA3」の燃費性能

パワートレイン毎の燃費性能を見ていきましょう。
※2WD車、WLTCモードの数値

■1.5Lガソリンエンジン
[SKYACTIV-G1.5]

→AT 16.6km/L
→MT 17.8km/L

■2.0Lガソリンエンジン
[SKYACTIV-G2.0]

→AT 15.6km/L(FASTBACK)
→AT 15.8km/L(SEDAN)

■1.8Lディーゼルエンジン
[SKYACTIV-D1.8]

→AT 19.8km/L(FASTBACK)
→AT 20.0km/L(SEDAN)

■2.0Lガソリンエンジン+モーター(マイルドハイブリッド)
[SKYACTIV-X2.0+M-Hybrid]

→AT 17.2km/L
→MT 17.4km/L

 

上記は実燃費ではないので、実際はもう少し(2.0km/L~3.0km/L程度)落ちると思われます。

 

新型「MAZDA3」の安全装備

安全装備を見ていきましょう。

新型「MAZDA3」で追加となる安全装備は、以下のとおりです。

  • スマート・ブレーキ・サポートが自転車検知機能が追加
  • ドライバー・モニタリング
  • フロント・クロス・トラフィック・アラート(前側方接近車両検知)
  • スマート・ブレーキ・サポート(後進時左右接近物)
  • クルージング&トラフィックサポート
  • 交通標識認識システムに”制限速度を超えた場合、表示や警報音でお知らせする機能”が追加
  • デイタイム・ランニング・ライト
  • ニーエアバッグ

 

■ドライバー・モニタリング
「ドライバー・モニタリング」は、従来の「i-ACTIVSENSE」の「ドライバー・アテンション・アラート」とは異なり、ステアリング操作ではなくカメラでドライバーの状態をチェックし、眠気や疲れを検知し注意喚起を行います。

 

■フロント・クロス・トラフィック・アラート
「フロント・クロス・トラフィック・アラート」は、前方左右の死角からの車両を検知する機能です。前モデル(アクセラ)では、後方の車両を検知する「リア・クロス・トラフィック・アラート」のみ装備されていました。

 

■クルージング&トラフィックサポート
「クルージング&トラフィックサポート」は、追従走行機能とステアリングアシスト機能を組み合わせた機能ので、アクセルとブレーキを自動調整して適切な車間距離を維持するだけでなく、ステアリング操作を支援して、走行する車線を維持することが可能です。

ただ、ステアリングアシスト機能はAT車:約55km/h未満、MT車:約30~55km/hのみの対応となっており、約60km/h以上で走行中に作動する「レーンキープ・アシスト・システム(LAS)」は車線逸脱抑制機能(車線中央維持機能ではない)となっていますので、全車速域で車線中央維持機能があるトヨタの「レーントレーシングアシスト」やスバルの「ツーリングアシスト」よりは劣る感じです。

 

■エアバッグ
エアバッグシステムも、新たにニーエアバッグが追加されます。

 

スポンサーリンク

新型「MAZDA3」のラゲッジスペース

ラゲッジスペースを見ていきましょう。

 

■MAZDA3 FASTBACK(新型モデル)
容量(L):358

■アクセラスポーツ(前モデル)
容量(L):364

 

■MAZDA3 SEDAN(新型モデル)
容量(L):450

■アクセラセダン(前モデル)
容量(L):419

 

ボディサイズの関係で、セダンモデルはラゲッジ容量が拡大される一方、ハッチバックモデルは若干狭くなるようです。

 

新型「MAZDA3」の価格

価格帯は以下のとおりです。

■1.5Lガソリンエンジン
[SKYACTIV-G1.5]

→約222万円~約255万円

■2.0Lガソリンエンジン
[SKYACTIV-G2.0]

→約252万円~約277万円

■1.8Lディーゼルエンジン
[SKYACTIV-D1.8]

→約279万円~約328万円

■2.0Lガソリンエンジン+モーター(マイルドハイブリッド)
[SKYACTIV-X2.0+M-Hybrid]

→約320万円~約369万円

 

前モデルと比較すると30~40万円程度価格が上がっている印象ですね。

そして、最も注目されている「SKYACTIV-X」は、かなりお高い設定となっています。価格設定が高すぎると「良い車なんだけど価格が高い」という最近のホンダ車みたいにならないか心配ですね。

マツダの車は、走り・燃費性能・安全性能・質感が高いけど比較的安いということに魅力があったかと思いますので、価格設定が気になるところです。

 

新型「MAZDA3」の新装備

新型「MAZDA3」には、新開発の8.8インチ「マツダ コネクト」が搭載されるようです。これまでの7インチサイズから、かなり大きくなりますね。さらに「Apple CarPlay」や「Android Auto」にも対応可能となっています。

また、車両の安定性を向上させる「G-ベクタリング コントロール プラス 」も新たに採用されています。これは「CX-5」や「CX-8」にのみ設定されていた機能ですね。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】新車同様の中古車なら新車より60万円以上安く買える!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも多数あります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は”新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!

また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
新車同様の中古車を買う場合のメリットは何といってもその安さ!ですが、デメリットとしては、自分の付けたいオプションが選べないという点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

なので、中古車選びのポイントは、車のカラー及びメーカーオプションは妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数No1のガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数1位のガリバーがおすすめです。

中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何kmでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

■さらに!9月~10月は”27周年 大創業祭セール”でお得に購入できるチャンス!
ガリバーは、2020年9月1日~2020年10月31日の期間中、創業27周年目を記念した大創業祭セールを開催しています。

期間中は在庫台数25,000台からセール車両が大放出され、お得なクルマを購入しやすくなっています。

ただし、セール車両は先着順につき売り切れる場合があるため、お得に購入したい方はお早めに!

 

気になった車、欲しい車がある方、セール車両を購入したい方は、ガリバーに登録して探してもらいましょう!
※中古車の販売金額は申込完了ページには表示されません。登録後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!

中古車買取サービスは、中古車の買取台数ランキング1位のガリバー無料査定がおすすめです。

買取台数No1なのには、それだけの高価買取実績サービスの良さ信頼性があります。

中古車販売台数も1位でしたが、中古車買取台数も1位のガリバーは、まさに中古車業界の”トヨタ”的存在です。

 

■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由
中古車買取台数が1位ということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。

  • 買取車両の在庫期間を短くする独自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減
  • 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映
  • ディーラーの下取りと異なり、オプションやアクセサリーを買取額にプラス評価!

 

■筆者の一括査定体験談
買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。

上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

何れにしも、無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。

査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

 

私は1台目の軽自動車を売る際、ディーラーで下取りに出し「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにもガリバー無料査定を行い、現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう

※愛車の査定金額は申込完了ページには表示されません。入力後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、マツダ「MAZDA3(旧アクセラ)」のフルモデルチェンジ情報をご紹介しました。

 

Cセグメント車好きとしては、ワクワクしてしょうがないニュースです。

発売されれば、筆者はもちろん即試乗しに行きます!

がっつり試乗してきました!試乗した上での感想は以下の記事にまとめています。

【MAZDA3(マツダ3)】試乗で分かった良点・欠点!おすすめグレードは!?
今回は、2019年5月24日に発売された新型マツダ「MAZDA3(マツダ3)」の1.5Lガソリン車及び1.8Lディーゼル車にがっつり試乗してきましたので、良かった点や気になった点をまとめてご紹介します。また、試乗時に確認した値引き額、試乗した上で選んだ”おすすめグレード”もご紹介します。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント