”新車同様の中古車”なら新車より60万円以上安く買える!
スポンサーリンク

【スズキ クロスビー】新色スターシルバーエディション追加!人気度を調べてみた

モデルチェンジ情報

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

今回は、2019年7月3日にスズキ「クロスビー」に追加された特別専用色「スターシルバーエディション」についてまとめてみました。

また、「クロスビー」の人気動向も合わせて調査してみてました。「クロスビー」は唯一無二のコンパクトSUVとして超人気なのか!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スズキ「クロスビー」特別専用色「スターシルバーエディション」


スズキ「クロスビー」公式HPより

2019年7月3日にスズキ「クロスビー」に追加された特別専用色「スターシルバーエディション」は、上の画像の3パターン(「クラレットレッドメタリック」、「スピーディーブルーメタリック」、「スーパーブラックパール」の3色)で、価格は他の3トーンや2トーンを同じ44,000円となっています。

他のボディカラーと違う特徴的な点は、ルーフ、ドアミラー、サイドカラーパネルにスターシルバーメタリック塗装が施されているところです。

シートカラーは、モノトーンと同じアイボリーパイピング&アイボリーカラーアクセントとなっています。シートカラーを別色にしたい場合は、3トーンや2トーンのイエローまたはオレンジを選択した方が良いでしょう。

今回追加された新色を合わせて最大で17色と、ボディカラーの選択肢が多いことも、「クロスビー」の面白いところですね。
※「HYBRID MX」は全11色

 

スポンサーリンク

スズキ「クロスビー」人気なのか!?調べてみた


スズキ「クロスビー」公式HPより

さて、新色の紹介だけでは面白くないので、スズキ「クロスビー」の人気動向も合わせて調査してみてました。

 

2018年年間「SUV」販売台数

まず、2018年年間SUV販売台数を見てみましょう。

順位車種名メーカー名販売台数
1C-HRトヨタ76,756
2ヴェゼルホンダ59,629
3エクストレイル日産50,304
4ハリアートヨタ44,952
5CX-5マツダ38,290
6CX-8マツダ30,701
7クロスビースズキ30,624
8ランドクルーザーWトヨタ29,416
9フォレスターSUBARU28,751
10CX-3マツダ17,036
11エクリプスクロス三菱11,592
12アウトランダー三菱9,143
13NX300Hレクサス8,712

1位のトヨタ「C-HR」と比べると2倍以上差がありますが、人気のマツダ「CX-8」やトヨタ「ランドクルーザープラド」と同程度売れており、スバル「フォレスター」よりも人気です。

これは人気のSUV!と言っても過言ではないでしょう。

また、同スズキの「ジムニーシエラ」、「SX4 S-CROSS」、「エスクード」などはランク外(8,712台未満)であるため、「クロスビー」の方が3倍以上人気があることが分かります。
※「ジムニーシエラ」は2018年7月にフルモデルチェンジされた新型車であるため、若干フェアではありません。

 

では、ボディサイズが近いコンパクトカーや軽自動車と比較した場合、どうなるでしょうか。

2018年年間「コンパクトカー」販売台数

まずは、コンパクトカーと比較して見てみましょう。

順位車種名メーカー名販売台数
1ノート日産136,324
2アクアトヨタ126,561
3フィットホンダ90,720
4ヴィッツトヨタ87,299
5ルーミートヨタ86,265
6タンクトヨタ73,799
7デミオマツダ48,182
8パッソトヨタ47,871
9ソリオスズキ44,884
10スイフトスズキ36,628
11クロスビースズキ30,624
12トールダイハツ25,982
13マーチ日産12,122
14ブーンダイハツ9,025

1位の日産「ノート」や2位のトヨタ「アクア」と比較してしまうと4倍以上差がありますが、同スズキの「スイフト」と近い販売台数となっており、ダイハツ「トール」よりも売れていることが分かります。

しかし、コンパクトカーと比較すると、売れていない部類に入ってしまいますかね。

ただ、同スズキの「イグニス」はランク外(8,712台未満)であるため、「クロスビー」の圧勝です。

 

スポンサーリンク

2018年年間「軽自動車」販売台数

では、軽自動車と比較して見てみましょう。

順位車種名メーカー名販売台数
1N-BOXホンダ241,870
2スペーシアスズキ152,104
3デイズ日産141,495
4タントダイハツ136,558
5ムーヴダイハツ135,896
6ワゴンRスズキ108,013
7ミラダイハツ107,283
8アルトスズキ77,241
9ハスラースズキ65,291
10N-WGNホンダ63,009
11eK三菱45,062
12キャストダイハツ42,495
13クロスビースズキ30,624
14ウェイクダイハツ28,637
15ピクシストヨタ25,627
16ジムニースズキ20,942

1位のホンダ「N-BOX」とは8倍以上、2位のスズキ「スペーシア」とは5倍以上差があります。これは、まぁ仕方ないですよね。「N-BOX」等が売れすぎていると言った方が正しいでしょう。

比較的似ているスズキ「ハスラー」とは2倍以上差があり、「ハスラー」の人気には及んでいない様です。

人気の「ジムニー」より販売台数が多くなっていますが、2018年7月にフルモデルチェンジされた新型車であり、2019年1月~5月の販売台数は「ジムニー」の方が多いため、「ジムニー」にも負けているでしょう。

 

2018年年間「スズキ車」販売台数

最後に、スズキ車全体で比較して見てみましょう。

順位車種名メーカー名販売台数
1スペーシアスズキ152,104
2ワゴンRスズキ108,013
3アルトスズキ77,241
4ハスラースズキ65,291
5ソリオスズキ44,884
6スイフトスズキ36,628
7クロスビースズキ30,624
8ジムニースズキ20,942

スズキ車全体で比較すると、売れている部類には入らないですが、売れていない部類でもなく、中間(そこそこ)といった感じでしょうか。

ただ、10車種程度ある乗用車の中で3番目に売れているという見方をすれば、やはり人気の車!と言っても過言ではないでしょう。

 

スポンサーリンク

筆者が感じたスズキ「クロスビー」が”買い”な理由


スズキ「クロスビー」公式HPより

スズキ「クロスビー」は、以下のメリットがあると筆者は考えます。

  • 全長4m以下のコンパクトなボディサイズでありながら室内スペースは広い!
    全長2,175mm、全幅1,280mmはコンパクトカー以上の広さ
  • 6速ATの1.0Lターボエンジン(1.5Lエンジン並の出力)を搭載しているため、走りもなかなか良い
  • 実燃費16.47km/Lという低燃費
  • 「グリップコントロール」や「ヒルディセントコントロール」など4WDシステムも搭載

上記のとおり、なかなか面白いクルマとなっています。

 

安全装備も、後方誤発進抑制機能や後退時ブレーキサポートなど、他のコンパクトカーやSUVにはあまり採用されていない先進装備も搭載されています。

もちろん、悪路走破性でいえば本格派の「ジムニー」には負けますし、安全性能はスバル「SUBARU XV」に完敗と、負けている点もありますが、”小さくて・広くて・安い”というスズキらしい車であり、他社にはない唯一無二のSUVであることは間違いありません。

昨今、新車の大型化が進み、SUVは特に巨大化している中で、コンパクトなSUVが欲しい!という方には、本当におすすめなクルマです。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】新車同様の中古車なら新車より60万円以上安く買える!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも多数あります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は”新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!

また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
新車同様の中古車を買う場合のメリットは何といってもその安さ!ですが、デメリットとしては、自分の付けたいオプションが選べないという点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

なので、中古車選びのポイントは、車のカラー及びメーカーオプションは妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数No1のガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数1位のガリバーがおすすめです。

中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何キロでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

気になった車、欲しい車がある方は、まずはガリバーに登録して探してもらいましょう!
※登録後、ガリバーから確認の電話連絡があります。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!

中古車買取サービスは、中古車の買取台数ランキング1位のガリバー無料査定がおすすめです。

買取台数No1なのには、それだけの高価買取実績サービスの良さ信頼性があります。

中古車販売台数も1位でしたが、中古車買取台数も1位のガリバーは、まさに中古車業界の”トヨタ”的存在です。

 

■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由
中古車買取台数が1位ということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。

  • 買取車両の在庫期間を短くする独自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減
  • 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映
  • ディーラーの下取りと異なり、オプションやアクセサリーを買取額にプラス評価!

 

■筆者の一括査定体験談
買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。

上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

何れにしも、無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。

査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

 

私は1台目の軽自動車を売る際、ディーラーで下取りに出し「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにもガリバー無料査定を行い、
現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう
※入力後、ガリバーから確認の電話連絡があります。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、スズキ「クロスビー」に追加された特別専用色「スターシルバーエディション」、「クロスビー」の人気動向をご紹介しました。

前述の通り、筆者は非常におすすめなSUVである考えています。

小さくて・広くて・安い”唯一無二のSUV「クロスビー」。

コスパが高いこと間違いなしでしょう。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント